八杉貞利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八杉 貞利(やすぎ さだとし、1876年9月16日 - 1966年2月26日)は、日本ロシア語学者

来歴[編集]

東京府生まれ。

1888年明治20年)8月、高等師範学校附属小学校高等科(現・筑波大学附属小学校)卒業。1894年(明治27年)に高等師範学校尋常中学科(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。第一高等学校を経て、東京帝国大学言語学科卒業ロシア留学し、比較言語学スラブ比較文法を学ぶ。

1903年東京外国語学校教授となり、東京帝大、早稲田大学講師を務め、米川正夫中村白葉昇曙夢木村彰一などのロシア文学者を育成した。生物学史学者の八杉龍一は息子。

1960年紫綬褒章受章。1965年、賜銀杯一組。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『外国語教授法』(宝永館書店、1901年
  • 『詩宗プーシキン』(時代思潮社、1906年
  • 『露西亜及露西亜人』(富山房、1914年
  • 『露西亜語学階梯』(大倉書店、1916年
  • 『簡易日露会話』(大倉書店、1917年
  • 『露西亜語文法』(大倉書店、1922年
  • 『初等露西亜語文法』(大倉書店、1926年
  • 『自修新ロシヤ語』(太陽堂、1930年
  • 『かなつき日露会話』(大阪屋号書店、1932年
  • 『ロシヤ語発音五時間』(大学書林、1932年)
  • 『新集初等ロシア語讀本』(大倉書店、1932年)
  • 『露語発音講話』(橘書店、1934年
  • 『自修露西亜語文法・会話』(大阪屋号書店、1939年
  • 『新解ロシヤ語文法』(白揚社、1939年)
  • 『ロシヤ語発音学』(三省堂、1941年
  • 『露和辞典』(岩波書店、1947年
  • 『露語新読本』(白揚社、1947年)
  • 『基礎ロシヤ語』(大学書林、1948年
  • 『自修新ロシヤ語講話』(第一出版、1949年
  • 『八杉ロシヤ語教本』(第一出版、1961年
  • 『ろしや路 八杉貞利日記』(図書新聞社、1967年

共著[編集]

  • 『新舊露西亞語會話の實例と練習』(太陽堂書店、1942年井上敬一共著
  • 『日露会話と作文の基礎』(白水社、1950年渡辺四郎共著
  • 『会話からはいるロシヤ語』(白水社、1953年)井上敬一共著
  • 『ロシヤ文法』(岩波書店、1953年)木村彰一共著
  • 『新県居雑記』(吾妻書房、1970年和久利誓一

翻訳[編集]

  • 『露語発音解説』(トドロヰチ)(丸善、1914年)
  • 『請願人』(サルトゥイコフ)(新潮社、1924年)
  • 『智のための悲哀』(グリボイエードフ)(三田書店、1924年) のち「智慧の悲しみ」と改題
  • トルストイの思ひ出』(アレクサンドラ・トルスタヤ 深見尚行共訳)(岩波書店、1930年)
  • 『トルストイ全集 第20巻 日露戦争に就て』(深見尚行)(岩波書店、1931年)
  • 『新訳露和大辞典』(アレクサンドロフ 鈴木於菟平、松本圭亮共訳)(大倉書店、1933年)

記念論集[編集]

  • 『ロシヤ文化の研究 八杉先生還暦記念論文集』(岩波書店, 1939

関連項目[編集]