木村彰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 彰一(きむら しょういち、1915年1月5日 - 1986年1月18日)は、ロシア文学者。

生涯[編集]

ドイツ文学者・木村謹治の子として秋田県に生まれる。1937年、東京帝国大学言語学科卒業、八杉貞利にロシヤ語を学ぶ。1941年、東京外事専門学校(現・東京外国語大学)教授、1947年、北海道帝国大学助教授、1952年、教授、55年、北大附属スラヴ研究施設長、57年、東京大学文学部助教授、1961年から一年間、ポーランド留学、1962年、東京大学教養学部教授、1966年、教養学科ロシア分科創設に伴い主任、1972年、文学部にロシア文学科が創設され主任教授となり、同時に比較文学比較文化専攻課程主任、74年退官し、名誉教授。早稲田大学教授となる。

東大では創設が遅れたロシア文学の専攻課程だが、ロシア語、ロシア文学、またポーランド語を学んでその創設に参加した。

著書[編集]

  • ロシア・ソヴェート文学史 中央公論社、1958
  • ロシア文法の基礎 白水社、1964
  • 博友社ロシア語辞典 博友社、1975
  • 古代教会スラブ語入門 白水社、1985

編著・共著[編集]

  • 新撰ロシヤ語讀本 八杉貞利北垣信行共編 愛育社、1948
  • ロシヤ文法 八杉貞利 岩波書店、1953
  • ロシア・ソビエト文学 毎日新聞社、1961(毎日ライブラリー)
  • ロシアの文学 池田健太郎 明治書院、1966
  • ロシア基本語辞典 監修 白水社、1969
  • ロシア文学史 北垣信、池田健太郎 明治書院、1972
  • ポーランド語の入門 吉上昭三 白水社、1973
  • 白水社ポーランド語辞典 共編 白水社、1981
  • ロシアの言語文化 川端香男里共編著 放送大学教育振興会、1985

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • ロシア・西欧・日本 木村彰一教授還暦記念論文集 朝日出版社、1976

参考文献[編集]