後藤朝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後藤朝太郎

後藤 朝太郎(ごとう あさたろう、1881年明治14年)4月16日 - 1945年昭和20年)8月9日[1])は、日本の明治時代後期から昭和時代前期の言語学者東京帝国大学講師[1]日本大学教授[2][3][4]は「石農」[3][4]。「支那通」として知られた[4]

略歴[編集]

愛媛県に生まれた[2]広島県人・後藤榮太郎の二男[3][4]第五高等学校を経て、1907(明治40)年、東京帝国大学文科大学文学科(言語学)卒業[5]。同年の卒業生には言語学者の金田一京助がいた[5]

著述業を営み、文部省台湾総督府朝鮮総督府嘱託[4]。東京帝国大学、東京高等造園学校各講師、日本大学教授[1]日本庭園協会、東京家庭学院各理事、日本文明協会、東洋協会各評議員などをつとめた[4]

敗戦の年、1945(昭和20)年8月9日交通事故で死亡。暗殺されたという説もある[1]

人物[編集]

趣味は支那山村水郭行脚、書道、支那工芸[3][4]書家としても活動した。宗教は臨済宗[3][4]。住所は東京市小石川区小日向台町[3][4]。1914年に分家、東京在籍[3][4]

著書、編著は110冊を越える[6]。主な著書に『文字の研究』『支那風物誌』など。大陸へ渡り、当時の中国の風俗や文化を取材しながら、本を何冊も執筆している。中国大陸への関心が高かった当時は広く読まれた。また、第二次世界大戦前にとどまらず、戦時中も現地人になりすまし、庶民が行くような飯屋にかよって大衆料理に舌鼓を打ったり、知名の人士との交流を絶やすことはなかった。

家族・親族[編集]

後藤家
親戚
  • 妹・キクヨの夫・福井菊三郎毛皮商、福井商店代表社員)[7]

著作[編集]

  • 1902年 - 『漢字音の系統』、六合館
  • 1910年 - 『文字の研究』、成美堂書店
  • 1915年 - 『文字の沿革 建築編』、成美堂書店
  • 1923年 - 『文字の智識』、紅玉堂書店
  • 1927年 - 『支那風俗の話』、大阪屋号書店 (2009年大空社より再刊)
  • 1925年 - 『歡楽の支那』、北隆館
  • 1928年 - 『阿片室 支那綺談』、万里閣書房
『お隣の支那』、大阪屋号書店
  • 1929年 - 『翰墨談』、富士書房
  • 1931年 - 『翰墨行脚』、春陽堂
『時局を縺らす支那の民情』、千倉書房
  • 1937年 - 『支那民俗の展望』、富山房 (2002年に大空社より再刊)
『文房至宝』、雄山閣
『隣邦支那』、今日の問題社
  • 1938年 - 『最新支那旅行案内』、黄河書院
『長江千里』、高陽書院
  • 1942年 - 『南洋の華僑』、高山書院
『支那書道』、黄河書院
  • 1943年 - 『文字講話』、黄河書院
『文字史』 - 高山書院

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 後藤 朝太郎とはコトバンク。2019年7月31日閲覧。
  2. ^ a b 『現代青年補習読本教授参考書 農村後期用 巻2』24頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第11版 上』コ142頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第12版 上』コ109頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月31日閲覧。
  5. ^ a b 『東京帝国大学一覧 從大正元年 至大正2年』学士及卒業生姓名 文学士 文学科206頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月21日閲覧。
  6. ^ 劉家鑫「後藤朝太郎・長野朗子孫訪問記および著作目録」『環日本海論叢』第14号、1998年、28-47頁。
  7. ^ 『人事興信録 第14版 下』フ11頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 從大正元年 至大正2年』東京帝国大学、1913-1924年。
  • 東京開成館編輯所著『現代青年補習読本教授参考書 農村後期用 巻2』東京開成館、1935年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 三石善吉「近代日本と中国-27-後藤朝太郎と井上紅梅」『朝日ジャーナル』14(32)、40-47、1972-08-11(竹内好・橋川文三編『近代日本と中国』朝日選書、1974年所収)。
  • 石川泰成「後藤朝太郎の支那学の構想」『九州產業大学国際文化学部紀要』第19号、1-8頁、2001年。

外部リンク[編集]