東京高等造園学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京高等造園学校(とうきょうこうとうぞうえんがっこう)は、東京農業大学地域環境科学部造園科学科の前身となった、造園教育専門の私立各種学校。多くの造園家、造園関係の従事者を育成し輩出した(東京農業大学の人物一覧参照)。

概要[編集]

関東大震災後の公園緑地復興のため、造園家・造園技術者の必要性と造園技術の普及を痛感した上原敬二井下清らが中心となり、龍居松之助らを迎えて1924年に開校した。上原が自宅を抵当に入れて資金を捻出、初代校長となる。

場所は、渋谷にあった東京高等農学校(現・東京農業大学)の一角を借りていたほか、夜間部(1年で廃止)発足時は、講師の自宅を教室代わりにしたという。

当初は2年制で、入学資格を旧制中学校卒業程度として発足させた。1942年に東京農業大学に吸収され、同大学専門部緑地科に再編された。戦後の新制東京農業大学発足に当たって、農学部造園学科となって現在に続いている。

参考文献[編集]

  • 『代造園学80年のあゆみ―東京高等造園学校から東京農業大学造園科学科へ』東京農業大学出版会、2006年