アレクサンドル・グリボエードフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・グリボエードフ

アレクサンドル・グリボエードフロシア語: Александр Сергеевич Грибоедовアレクサンドル・セルゲーヴィッチ・グリボエードフ, Alexander Sergeyevich Griboyedov, 1795年1月15日 - 1829年2月11日)は、帝政ロシアの外交官・作家・作曲家。

名門貴族の出身であり、モスクワ大学の法学部・文学部を卒業している。フランス語、ドイツ語、英語などヨーロッパの言語に加えアラブ語など多くの言語を操った。1812年祖国戦争に参戦。その後外交官となる。

代表作である智慧の悲しみは1816年、あるパーティーでサンクトペテルブルクの人たちが外国人に対して平身低頭している姿を見て、グリボエードフが憤慨したのをきっかけに作られた。

1829年シャーハーレムから逃げ出してきたアルメニア人少女数名を、ロシア大使館にかくまい、シャーの引渡し要求も拒否した。この出来事を、第二次ロシア・ペルシア戦争後にロシア帝国とガージャール朝ペルシャの間に結ばれた不平等なトルコマーンチャーイ条約の象徴だとみなした熱狂的なイスラム教の暴徒が大使館に押し入り、グリボエードフは惨殺された上、斬首された。

作品[編集]

日本語訳[編集]

  • 『智慧の悲しみ』小川亮作訳 岩波文庫、1954
  • 倉橋健訳:『知恵の悲しみ』(世界文學大系89 古典劇集2 所収)筑摩書房
  • 米川正夫訳:『知恵の悲しみ』(ロシア・ソビエト文学全集01 所収)平凡社

参考文献[編集]

・『ロシアの演劇ー起源、歴史、ソ連崩壊後の展開、21世紀の新しい演劇の探求』

 2013年 マイヤ・コバヒゼ著  生活ジャーナル