ヴィルヘルム・ヴント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wilhelm Wundt
Wilhelm Wundt.jpg
1902年
生誕 (1832-08-16) 1832年8月16日
Neckarau near Mannheim, Grand Duchy of Baden, German Confederation
死没 1920年8月31日(1920-08-31)(88歳)
Großbothen, Saxony, Germany
研究分野 Experimental psychology, Cultural psychology, philosophy, physiology
研究機関 ライプツィヒ大学
教育 ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク
(MD, 1856)
論文 Untersuchungen über das Verhalten der Nerven in entzündeten und degenerierten Organen (Research of the Behaviour of Nerves in Inflamed and Degenerated Organs) (1856)
博士課程
指導教員
カール・エーヴァルト・ハッセ
他の指導教員 ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ
ヨハネス・ペーター・ミュラー
博士課程
指導学生
Oswald Külpe, Hugo Münsterberg, James McKeen Cattell, G. Stanley Hall, Edward B. Titchener, Lightner Witmer, James Mark Baldwin
主な業績 Experimental psychology
Cultural psychology
Structuralism
Apperception
影響を
受けた人物
ゴットフリート・ライプニッツ, イマヌエル・カント, グスタフ・フェヒナー, ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルト
影響を
与えた人物
エミール・クレペリン, ジークムント・フロイト, モーリッツ・シュリック
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヴィルヘルム・マクシミリアン・ヴント(Wilhelm Maximilian Wundt、1832年8月16日 - 1920年8月31日)は、ドイツ生理学者哲学者心理学者実験心理学の父と称される。哲学者のマックス・ヴント(ドイツ語)は息子である。

生涯・人物[編集]

バーデン地方およびプファルツ地方に近接するドイツ中南部のマンハイムネッカラウ牧師の子として生まれる。12歳の時、テュービンゲン大学に入学。高校時代に落第して転校したくらい高校時代まで学校嫌い・勉強が嫌いであったが、[1]ハイデルベルク大学医学部に入学してからは猛勉強をする。1857年に同大学を卒業。1858年から5年間、ヘルムホルツの助手をつとめる。1862年から私講師として「自然科学から見た心理学」「生理学的心理学」といったタイトルの講義を担当する。1873年『生理学的心理学綱要』の前半を出版する。翌1874年、スイスチューリッヒ大学の哲学の正教授となる。さらに翌1875年ライプツィヒ大学の哲学教授として招かれ、その地に腰をすえる。

それまでの哲学的な心理学とは異なる実証的な心理学を構想し、実験心理学最初の書である「感覚知覚説貢献」(1858-1862)を著し、ライプツィヒ大学の哲学教授を務めていた1879年には、世界でももっとも初期の実験心理学の研究室を運用したと言われており、心理学史の多くではこの時をもって、" 新しい学問分野として心理学が成立 " したとされている。[2][3][4] その実験室にはヨーロッパアメリカ日本から多くの研究者が集まることになった。1881年には『哲学研究』という名の冊子を発刊し、これは後に『心理学研究』と改称され継続。ヴントの心理学研究室での成果を中心とした諸論文を掲載し、心理学の発展に寄与した。

ヴントは実験室のあるライプツィヒ以外の地に移住することはなく、その地にて88歳で死去した。生涯に書いた著作のページ数の総計は5万ページ以上だと言われている。

ヴントの学説[編集]

ヴントは、心理学は経験科学であるとし、形而上学を攻撃した。心理学は直接経験の学であると論じている。心理学と物的科学の差別は経験を眺める見地にあるのであって、扱う「経験」の定義そのものが違うのではないとした。そこでヴントは、心理学の研究法は自己観察(内観)にあるとした。しかし、彼は二元論者であり、精神と肉体は別物、並行して存在する物とした(精神物理的並行)。また、心理学の目標は、心を簡単に分析して、それらの質から成り立っている各種の形式を決定することであると述べた。つまり、自分の精神の内面を観察する内観という方法を用いて意識を観察・分析し、意識の要素と構成法則を明らかにしようとしたのだ。ゆえに、ヴントの心理学は要素主義と呼ばれる。さまざまな感覚(心的要素の働き)が統覚によって統合されるとした。

ヴントの残した足跡からの実験的方法は今日まで発展を続けているが、後の学派、ゲシュタルト心理学行動主義心理学から反発を受けることになる。

また、ヴントはハイマン・シュタインタールモーリツ・ラーツァルスと共に「民族心理学 [5]」を創始したとも評価されている。 ヴントはメトロノームを使った実験をおこない、感情の三次元説を展開した。意識的感情は快と不快、弛緩と緊張、鎮静と興奮に沿って変化すると結論づけた[6]

  • 反応の4類型

アメリカの心理学への影響[編集]

アメリカ心理学の祖はウィリアム・ジェームズ(1842-1910)で、ヴントがライプツィヒに移った1875年にはすでに生理学心理学の講義を始めていた。ジェームズは実験家ではなかったが、ドイツの実験的手法をアメリカに移入するとともに、「人間の行動は環境に対する適応の問題であり、意識は新しい環境に対する調整作用である。」(『心理学原理』(1890年))など、心の機能的意味を強調することで、アメリカ的色彩を生んだのである。

アメリカの学生は多くがヴントの下で学び、帰米して、各地方に実験場を開設した。それで表面上はドイツ的であったが、内容はヴントよりむしろフランシス・ゴールトンに近いものであった。

東北大学のヴント文庫[編集]

東北大学教授千葉胤成は、ドイツ留学中に丁度売りに出されていたヴントの蔵書を購入し、日本に持ち帰った。この蔵書は東北大学図書館に「ヴント文庫」として所蔵されている。

脚注[編集]

  1. ^ 図解雑学心理学入門16頁
  2. ^ 正確には1879年に実験室が建設されたわけではなく、それ以前からヴントが私的に使っていた実験室が、1879年の秋からのカリキュラム編成の変更によって、正式に大学の授業の場として使われはじめた、ということであったらしい。(Bringmann,1980, The establishment of Wundt's laboratory: An archival and documentary study.) アカデミーの世界に正式に組み込まれた、ということである。いずれにせよその意義は変わらない。
  3. ^ ちなみに、本人は自身が心理学者であると思って仕事をしていた訳ではなかった。後世の人が実験心理学の祖として解釈した。
  4. ^ 1875年には、アメリカで初の心理学の講義を開始し、研究室を設けた:「訳者あとがき」 W. ジェームズ『心理学〈上〉』今田寛訳、岩波文庫。1992年。ISBN 400336404X。334-335ページ。ドイツのヴントが研究室を用意したのは、この4年後の1879年である。日本はドイツ医学の影響が強く、ヴントの紹介が先であった。
  5. ^ Völkerpsychologie
  6. ^ ジェレミー・スタンルーム 伊藤綺訳『図説 世界を変えた50の心理学』2014年 原書房 14頁

関連事項[編集]