コンテンツにスキップ

岩淵悦太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩淵 悦太郎
(いわぶち えつたろう)
人物情報
生誕 (1905-12-14) 1905年12月14日
日本の旗 日本
福島県西白河郡白河町
(現・白河市
死没 (1978-05-19) 1978年5月19日(72歳没)
日本の旗 日本
後腹膜肉腫
出身校 東京帝国大学
子供 岩淵匡国語学者
学問
研究分野 音韻史
研究機関 東京帝国大学
旧制大阪高等学校
旧制第一高等学校
東京女子高等師範学校
文部省教科書局
国立国語研究所
博士課程指導教員 橋本進吉(東京帝国大学助手時代)
称号 国立国語研究所名誉所員
主な業績 大型電子計算機(コンピュータ)の日本語研究への導入
(国立国語研究所所長として)
主要な作品中等文法
新しい国語(以上、教科書編纂)
岩波国語辞典
『国語史論集』
『語源のたのしみ』
影響を受けた人物 東條操旧制静岡高等学校
学会 国語学会
主な受賞歴 従三位(没後追叙)
テンプレートを表示

岩淵 悦太郎(いわぶち えつたろう、1905年12月14日 - 1978年5月19日)は、日本国語学者。専門は音韻史[1]

人物

[編集]

福島県白河市出身[2]京北中学校旧制静岡高等学校東京帝国大学文学部を卒業。第一高等学校教授を経て、国立国語研究所の所長を務めた。「岩波国語辞典」(共編)などで知られる。国語学者の岩淵匡は実子。

著書

[編集]

出典:「岩淵悦太郎略年譜ならびに著述目録

単著

[編集]
  • 国語概説 師範学校教科書 1948
  • 新しい口語文法 新日本辞書出版社 1948
  • 新漢字辞典 大日本図書 1958.9
  • 大日本図書国語辞典 1963
  • 国語の力を増しましょう 日本リーダーズダイジェスト社 1963
  • 現代の言葉 正しい言葉づかいと文章 講談社ミリオン・ブックス 1965
  • 「現代日本語 - ことばの正しさとは何か」1970年 筑摩書房
  • 「国語の心」1973年 毎日新聞社
  • 語源散策 毎日新聞社 1974 のち河出文庫 
  • 語源のたのしみ 1-5 毎日新聞社 1975-77 のち河出文庫  
  • 国語史論集 筑摩書房 1977.10
  • 「日本語を考える」講談社学術文庫、1977年
  • 「日本語対談」1978年 筑摩書房
  • 「言葉を考える - 日本語を動かすものは何か」1990年 創拓社

共編著

[編集]
  • これからの国語 当用漢字現代かなづかいの研究 釘本久春,宮本敏行共著 誠文堂新光社 1947
  • 新輯國文學 關宦市,鶴見誠,丸野彌高共編 雪溪書房 1948.12
  • 圖表國文法 昭和23年版 武藏野書院 1948.5
  • ことばの現代風景 筑摩書房 1955
  • 雨月物語の解釈と文法 宮本三郎共著 明治書院 1957 3
  • 広報のはなしことば 宮地裕共著 警察図書出版 1959
  • 悪文 日本評論新社 1960
  • 話し聞く 日本評論新社 1961
  • 岩波国語辞典 西尾実共編 岩波書店 1963
  • 名づけ 柴田武共著 筑摩書房 1964
  • 幼児言語教育法 村石昭三共編 東京書籍 1971
  • 新・日本語講座 4 日本語の歴史 飛田良文共編 汐文社 1975
  • 新・日本語講座 1 現代日本語の単語と文字 西尾寅弥共編 汐文社 1975
  • 幼児の用語 用例集 村石昭三共編 日本放送出版協会 1976
  • 表記・文法指導事典 藤原宏共編 第一法規出版 1977.11

脚注

[編集]
  1. ^ 白河から始まる日本語研究 日本語研究者・岩淵悦太郎の業績を紹介 白河市と共催で企画展と講演会”. TOPICS. 専修大学 (2023年3月16日). 2023年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ2023年5月2日閲覧。
  2. ^ 斎藤達哉「国語学者・岩淵悦太郎と「平家」」『専修国文』第100号、専修大学日本語日本文学文化学会、2017年1月、15-39頁、doi:10.34360/00001031 

参考文献

[編集]

外部リンク

[編集]
先代
西尾実
国立国語研究所所長
第2代:1960年 - 1976年
次代
林大