謄写版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
A・B・ディック社が1887年に発売を開始した「ミメオグラフ」。謄写器(スクリーン付き木枠)、鉄筆、ヤスリ板、原紙、修正液、インク、ローラーなど一式を木箱に収めたセットで販売し、日本の堀井謄写堂(ホリイ)など各国の後発メーカーもこの商品スタイルを模倣した(A・B・ディック社広告、1889年
1900年ごろ、北ベルゲン郡教育委員会で使用されていたミメオグラフのセット一式(ノルウェーライカンゲル市
1981年に始まった戒厳令下のポーランドで、自主管理労組「連帯」メンバーが使用した謄写器。「ヴロツワフの枠」と呼ばれた
最後に使用した時の原紙が版胴に張り付いたまま保存されている最初期のゲステットナー社製シクロスタイル輪転謄写機(ヘンドリック・コンサイエンス遺産図書館、ベルギー)
第二次世界大戦中にレジスタンスが地下新聞などの発行に使用していた輪転謄写機やタイプライター(ベルギー国立レジスタンス博物館)
1967年発売開始のロネオ865型電動輪転謄写機(左端、南アフリカ国立文化歴史博物館)
レックスロータリー1050型電動輪転謄写機(1971年発売)。末期の輪転謄写機はトレイを収納すると立方体になるデザインが一般的だった。自主管理労組「連帯」が1980年代に使用したもので、高速印刷ができる地下活動用の電動輪転謄写機は多くが西側から密輸で持ち込まれた(グダニスク造船所BHPホール、ポーランド)
日本では謄写ファックスが普及する20世紀後半まで、19世紀のミメオグラフ登場時と同じ手書き製版が主流だった。1987年まで製造販売されたホリイの「ミリアグラフ」(旧木沢小学校校舎、長野県飯田市

謄写版(とうしゃばん、英語:Mimeograph)は、印刷方法の1つ。孔版印刷の1種である。日本では俗にガリ版(がりばん)ともいう。

歴史[編集]

欧米でヘクトグラフ(コンニャク版1869年開発)やオフセット印刷(1875年開発)などの新しい印刷技術が次々と生み出されていたさなかの1874年、ロンドンに留学中のイタリア人法学生、エウジェニオ・デ・ズッカート(Eugenio de Zuccato)が考案し商業化された「パピログラフ」(Papyrograph)が謄写版の始まりとされる[1][2][3]。パピログラフは、ニスを塗った紙に腐食性のインクを用いたペンで描画することで製版を行うもので、ズッカートはさらにタイプライターを用いて同様の原理で製版する技術について、1895年に米国特許を取得した[4]

米国の発明家、トーマス・エジソン1875年、「エレクトリック・ペン」を使用する製版印刷技術「オートグラフィック印刷」(Autographic Printing)を開発した[5]。これは湿式電池を電源として駆動するペンの先端から、毎秒50往復の速度で射出される針によってワックスを塗布した原紙を穿孔して製版するものであった。

ミメオグラフ[編集]

さらにエジソンは1880年、電源を要するエレクトリック・ペンに代わる新しいオートグラフィック印刷技法として、原紙(stencil paper)を細かく溝を切った金属のヤスリ板(finely grooved steel plate)の上に置き、鉄筆(smooth pointed steel stylus)で筆記して製版する謄写版印刷技法を考案し、同年2月17日付で米国特許(US patent 224665)を取得した[6]

鉄筆とヤスリ板を用いたこの謄写版に適したワックス原紙は1884年、アルバート・ブレイク・ディック(Albert Blake Dick)によって開発された。ディックが米国・シカゴで経営するA・B・ディック社は、エジソンと製造販売のライセンス契約を結んだ上で「ミメオグラフ」(Mimeograph)と命名して商標を登録。1887年から製造販売を開始した[7][8]

ミメオグラフは鉄筆やヤスリ板、印刷用の木枠付きスクリーン(謄写器)、ローラー、インク、原紙、原紙用修正液など印刷に必要な資器材一式を木箱に収めたセットで[3]、鉄筆製版用、タイプライター製版用、鉄筆・タイプライター兼用のラインナップを用意し、謄写版の完成形となった。累計出荷台数は1892年には8万セット、1899年には20万セットを超えて[3]「ミメオ」は国内外で急速に普及し、謄写版印刷を示す一般名詞ともなった。

シクロスタイルと輪転謄写機[編集]

一方、英国ではハンガリー出身のデイビット・ゲステットナー(David Gestetner)が1881年、「シクロスタイル・ホイール・ペン」(Cyclostyle wheel pen)を考案して特許を取得した[3]

ペン先には1インチあたり140個(140dpi)相当の細かい歯を持つ微小な鉄製の歯車を取りつけていて、金属板上にセットされた木枠に挟んで固定したワックス原紙に微細な穴を穿孔して製版したのち、謄写器の木枠に原紙をセットしインクローラーを用いてインクを圧着印刷するもので[3]、製版器具の違いを除けばミメオグラフとほぼ同様の謄写版印刷技法である。

ゲステットナーは器具に改良を加えた「ネオ・シクロスタイル」の製造販売を1884年に始め[3]1890年代後半まで、木箱に用品一式を収めたミメオグラフに類似したセット形式で発売した[3]

さらに1891年、製版した原紙を巻き付けたシルクスクリーン付きの版胴(ドラム)と、印刷用紙を原紙に圧着させる圧胴を回転させて印刷する、世界初の謄写版用輪転印刷機(輪転謄写機)の発売を開始した。当初は単胴であったが、版胴を交換しながら印刷を繰り返すことで多色印刷も可能であった。まもなく版胴を複胴とした2色印刷機も開発した。

謄写版の普及発展[編集]

A・Bディック社のミメオグラフとゲステットナーの輪転謄写機によって、これまで多額の資本投下による本格的な印刷設備の整備が不可欠であった高速印刷が、低コストで簡便に行えるようになり、類似した印刷器具を製造販売する後発業者が続出。謄写版は代表的な軽印刷技術として世界中に普及した。1917年ロシア革命における革命運動家の活動に大きく寄与した[9]ほか、第二次世界大戦中の欧州戦線ではレジスタンスによる地下新聞の発行にも活躍した。

日本では、1893年にA・B・ディック社の地元で開催されたシカゴ万博を視察した堀井新治郎が、翌1894年1月、A・B・ディック社製ミメオグラフに倣って製作した自作の印刷用品セットに「謄写版」と命名し、自身の発明品とうたって発表。「ミリアグラフ」(Myriagraph)の商品名で同年7月から販売した。

製版技術は大きく変化した。1887年のミメオグラフ発売当初は鉄筆とヤスリ板を用いた手書き製版からスタートしたが、欧米では筆記器具として広く普及していたタイプライターで原紙を打刻する製版手法がまもなく主流となり、輪転謄写機と組み合わせて一般に多用された。

また、第二次世界大戦後に普及したボールペンを鉄筆代わりに用いて簡便に製版する「ボールペン原紙」や、紙原稿を赤外線で反射投影して感熱紙に複写する米国3Mの感熱複写機「サーモファックス」(Thermofax、1950年発売開始)などを使用し、熱によって原紙のワックスを溶解して製版する感熱製版も出現した。

謄写ファックスの登場[編集]

1956年にはファクシミリ技術を応用し、ドラムの一端に紙原稿、他端にカーボンブラックを混ぜて導電性を持たせた塩化ビニル製または紙製の「電子謄写原紙」を巻き付けてモーターで高速回転させ、原稿側では光電管で紙の黒白を読み取って電気信号に変換し、同時に原紙側では針から原紙に放電し、電気スパークによって穿孔製版する放電式の電子謄写製版機(electrostencil machine)が登場[10]した。紙に鉛筆やペンなどで筆記したものや既存印刷物を貼り合わせたりした版下がそのまま即座に製版できることから、1970年代にかけて広く普及した[11]

特に日本では、和文タイプライターによる謄写印刷(タイプ印刷)が印刷業を除き一般ではほとんど行われず、欧米と異なり20世紀後半に入っても、なお19世紀のミメオグラフ登場時と同様に手書きで原紙を切る「ガリ版」による印刷が主流であったため、レックスロータリー(Rex-Rotary、デンマーク)社製電動輪転謄写機の日本代理店だった事務用品販社、文祥堂(東京都中央区)が1964年ごろから同社製電子製版機「エレクトロレックス」(ELECTRO-REX)の輸入を開始[12]したことなどを皮切りに、原紙切りの技能が問われることがない謄写ファックス印刷が企業や官公庁、学校を中心に一気に普及した。外国各社の製品に加え、国内各社からも電子謄写製版機が1970年代にかけて次々と発売され、ゲステットナーやレックスロータリーのほか、ゲーハー(Geha)、ロネオ(Roneo)などの外国製や国内各メーカー製の電動輪転謄写機との組み合わせで広く用いられた。

衰退と消滅[編集]

謄写版は1960年代後半から、事務用PPC複写機の普及に伴い、スピリット複写機など他の軽印刷技術や感熱複写機とともに衰退。需要の激減に伴って原紙をはじめとする資器材の商業生産・流通が途絶したことから、過去の技法となった。日本ではPPC複写機の普及が比較的遅かったため、1980年代半ばまで、国内で特異に普及していたジアゾ複写機とともに、主に謄写ファックス印刷の形で用いられ続けた。

謄写版における謄写器のスクリーンと原紙を一体化し、フラッシュバルブの熱によって製版した孔版印刷器「プリントゴッコ」(理想科学工業製、1977年-2008年)や、デジタル化によって、サーマルヘッドによる感熱製版から輪転印刷までの機能を1台の機体にまとめ、PPC複写機並みの簡便な操作で印刷できるようにした孔版印刷機「リソグラフ」(理想科学工業製)および「デュープリンター」(デュプロ製)が謄写版の技術を継承していると見なされている。

原理[編集]

製版方法の違いや、メーカーから工業的に供給された原紙などの資機材が謄写版用として特化していたことを除けば、スクリーン印刷と同様の印刷技法であるが、スクリーン印刷においてメッシュが担っている「版」と「版の保持」という2つの機能が、原紙と、謄写器側のスクリーンにそれぞれ分離している点が謄写版の最大の特徴である。

製版[編集]

製版は、パラフィン、樹脂、ワセリン等の混合物を塗り乾かした薄葉紙、あるいは可塑性ニトロセルロースのワックスを浸潤させた不織紙などで作られた「ロウ紙(ロウ原紙)」と呼ばれる原紙(stencil)を、専用の金属製あるいはプラスチック製のヤスリ板(鑢盤、textured backing plate)の上に載せ、先の尖った棒やヘラ状の金属を木の軸に固定した鉄筆(stylus)で強く押し付けて行われる。鉄筆でヤスリに押しつけられた原紙のワックスは、ヤスリ目の形に削られてインクが透過する微細な穴を構成する。

ヤスリ板上の原紙に鉄筆を走らせる際の擬音から、日本では謄写版を「ガリ版」と俗称した。製版作業は「原紙を切る」(cutting a stencil)あるいは「ガリを切る」などと呼ばれた。

放電式製版機(謄写ファックス)においては、ヤスリ目の代わりに放電により同様の微細な穴を形成させる。またタイプライターで直接原紙に打刻することで、活字による鮮明な版を作る手法も一般的に行われた。また資器材の流通が滞るようになった謄写版の最末期には、謄写ファックスより画質が落ちるものの、コンピューター用のドットインパクトプリンターを使用し、タイプライター用原紙に打刻製版する代用手法も一部で行われた。

印刷[編集]

印刷を行う謄写器は、製のスクリーンを張った木枠が刷り台にヒンジで取り付けられている。枠をはね上げてスクリーンの刷り台側に原紙を固定したのち、用紙をセットした刷り台に接するよう下ろし、スクリーン上からインクを付けたローラーを移動させ圧着させることで、インクが原紙の穴を透過して紙に転写される。輪転謄写機においてはスクリーンを張った版胴に原紙を巻き付け、版胴内部よりインクを供給しながら紙に圧着回転させることで同様の転写が行われる。

初期のインクはラノリンを主体につくられたが、のちにターキーレッドオイルを使用した水中油滴エマルジョンが主体となった。版の耐久度は、薄い金属箔を用いた特殊な原紙を除いて比較的低く、一般的に数百枚程度の印刷で、線に囲まれた文字内の小さな「島」部分(a、b、d、e、gなど)の原紙ワックス部分が剥落するなどして印刷品質が突然極度に低下し、事実上印刷不能となる。

主要メーカー[編集]

アメリカ[編集]

  • A・B・ディック(A.B.Dick) - アルバート・ブレイク・ディックが1883年、製材所としてシカゴに開業した後、すぐに事務用品製造販売業に転換。エジソンとのライセンス契約のもと、ミメオグラフおよび鉄筆や原紙など謄写版印刷関連用品を供給し、20世紀における米国を代表する印刷・事務用品メーカーの1社に成長した。ミメオグラフ販売開始の1887年には謄写版用のモデル0平台謄写機を発売し、1901年には輪転謄写機「ロータリー・ミメオグラフ」を発売。同社製ミメオグラフは内田洋行が代理店契約を結び日本にも輸入された。1926年イリノイ州ナイルズに本社移転。謄写版に並行してより簡便なスピリット複写機の製造販売も手がけたほか、オフセット印刷機も数多く製造販売し、特にABディック350型および同360型オフセット印刷機は、ITEKグラフィックス製プレート製版機との組み合わせで1960年代から1980年代にかけての米国の軽印刷業界に好んで用いられるベストセラーとなった。のち英国の電器メーカー子会社を経てナショナル・エレクトリック・シグナリング・カンパニー(NESCO)の地域事業会社となり、2004年に清算。1970年代半ばに社長を務め1977年に退任したジョン・ステットソンは、1979年まで第12代米空軍長官を務めた。

イギリス[編集]

  • ゲステットナー(Gestetner) - 1881年にシクロスタイルを考案したデイビット・ゲステットナーが"Gestetner Cyclograph Company"としてロンドンに設立。1906年にはロンドン北部のトッテナム・ヘイルにゲステットナー工場を開設。1891年の輪転謄写機開発以降、数多くの輪転謄写機を製造販売し、各国に供給する国際サービス網を確立した。1990年代まで従業員数千人の規模を維持し、153カ国で活動した。工業デザイナーの草分けとして知られるレイモンド・ローウィがデザインした、ゲステットナー66型輪転謄写機は同社の輪転謄写機を代表する製品となり、現在大英博物館に収蔵されている。1995年、グループ中心企業のインターナショナル・ゲステットナー社がリコー子会社となり、レックスロータリーなどとともにNRG Group PLCに統合された。2007年にRicoh Europeに改称。欧州、北アフリカ、中東を営業エリアとしてリコーが製造するリコー、ゲステットナー、レックスロータリー、サビン、ラニエールなどの各ブランドのプリンター・複写機製品を販売している。
  • ロネオ(Roneo) - ゲステットナー社の社員でネオ・シクロスタイル製品の北米営業担当だったオーガストス・デイビット・クラバー(Augustus David Klaber)が独立して1893年、ネオスタイル社(Neostyle Company)として米国ニューヨークで創業した。1898年に輪転謄写機の製造販売を開始。まもなくゲステットナー社との間で商標権を巡って争いとなり[13]、"Rotary Neostyle"を略したロネオ(Roneo)に改称した。1907年、英国ロンドンのラムフォードに新工場を建設。「ロネオ」はミメオグラフとならんで謄写版の代名詞となる世界的な謄写機メーカーに成長した。ラムフォード工場は1962年にノーフォーク州ノリッジに移転するまで、数多くの手動および電動の輪転謄写機を製造。また第一次世界大戦中の英国軍向け弾薬製造や、豪華客船クイーン・メリー号およびクイーン・エリザベス号の内部防火扉の製造も手がけた。1966年ヴィッカースエンジニアリンググループ傘下に入ったのち、1980年以降は仏アルカテル子会社となり、1990年ごろまでロネオブランドのPPC複写機を製造した[14]

デンマーク[編集]

  • レックスロータリー(Rex-Rotary) - 1925年創業。手動および電動の輪転謄写機メーカーとしてゲステットナーなどとならび日本など各国に製品を供給した。のちインターナショナル・ゲステットナー社傘下に入った。1995年リコーによるゲステットナー買収にともないリコー子会社となり、NRG Group PLCに統合された。

日本[編集]

  • ホリイ(堀井謄写堂、のちホリイ株式会社、2002年倒産)
  • 昭和謄写堂(現・株式会社ショーワ)
  • ホース(林商店、のちテクノハヤシ株式会社)
  • 萬古(VANCO、現・バンコ株式会社)
  • プラス(現・プラス株式会社
  • サカタ(阪田産業、現・サカタインクス株式会社
  • ヴィナス(現・女神インキ工業株式会社)
  • ライオン(現・ライオン事務器株式会社
  • 富士(松井謄写版製作所)
  • シャチ(大島鑢製作所、のち大島工業株式会社、2017年廃業)- 謄写版用ヤスリ板メーカー
  • 理想社(現・理想科学工業株式会社)- 謄写版用インキメーカー
  • 四国謄写堂(現・株式会社四国わがみ)- 謄写版原紙メーカー

脚注[編集]

  1. ^ David Owen (2008) Copies in Seconds, page 42, Simon & Schuster, Google book preview
  2. ^ 1878: Library Journal 3:390 Advertisement via Google Books
  3. ^ a b c d e f g "Antique Copying Machines" Early Office Museum
  4. ^ Eugenic de Zuccato (1895) Patent US548116 Improvement for stencils from typewriting
  5. ^ http://edison.rutgers.edu/patents/00180857.PDF
  6. ^ http://edison.rutgers.edu/patents/00224665.PDF
  7. ^ http://edison.rutgers.edu/NamesSearch/SingleDoc.php3?DocId=CA035A
  8. ^ http://edison.rutgers.edu/NamesSearch/SingleDoc.php3?DocId=LB024149
  9. ^ ウラジーミル・ボンチ・ブルエーヴィッチ(Бонч-Бруевич, В. Д.)「ロシア初のミメオグラフ(Первый русский мимеограф)」 『プロレタリア革命(Пролетарская революция)第二巻』、1921年。
  10. ^ 「探検!デジタル印刷機 vol.2」『子供の科学』2015年10月号p.32、株式会社誠文堂新光社
  11. ^ 謄写ファックス 「印刷用語集」、一般社団法人 日本印刷産業連合会
  12. ^ 「感謝を乗せて知的航海:文祥堂創業80周年記念社史」p.62 文祥堂創業80周年記念事業社史プロジェクト編、文祥堂、1994年
  13. ^ In Re Neostyle Manufacturing Company, Ld.'s,TradeMark. "The Reports of Patent, Design and Trade Mark Cases" Vol.XX.,No. 12.,pp.329-336, The Intellectual Property Office, UK, 1903.
  14. ^ Heritage: Roneo, Roneo, wherefore art thou Roneo? Romford Revorder, 26 May 2018.

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]