堀井新治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

初代 堀井 新治郎(〈しょだい〉ほりい しんじろう、1856年10月14日9月16日 - 1932年7月19日、のち堀井 元紀)は、明治大正時代の日本発明家。謄写印刷資器材製造の堀井謄写堂(のち堀井謄写堂株式会社、1985年ホリイ株式会社に商号変更、2002年倒産)創設者。日本に謄写版印刷技術を初めて持ち込み、印刷用品を製造販売した。

概要[編集]

原紙をヤスリ板の上に置き、鉄筆で書いて製版する謄写版は、米国においてエジソンが1880年に開発し特許を取得していた。シカゴの事務用品販売会社が1887年にエジソンと製造販売のライセンス契約を結び販売していた米国の謄写印刷商品「ミメオグラフ」を元に、これに「謄写版」の日本名を与えて1894年(明治27年)1月に同様の印刷器材を日本で初めて製造。同年販売を開始した。

経歴[編集]

1856年安政3年)9月16日新暦10月14日)、菱田弥左衛門の次男として近江国蒲生郡駕輿丁村(現・滋賀県蒲生郡竜王町駕輿丁)に生まれた。

内務省勧農局紅茶伝習所に入り、緑茶再生法伝習所等を経て、1879年明治12年)8月13日、岐阜県御用係となり、その後、農商務省製茶巡回教師になる。1883年(明治16年)8月、滋賀県蒲生郡岡本村(後の朝日野村。現・東近江市蒲生岡本町)で代々醸造業を営む堀井家の養子となり、亡夫との息子耕造(のち2代目新治郎、仁紀)を持つ堀井ヒデと結婚して、第38代新治郎となる[1][2]。当時の日本では、1865年に開発されたヘクトグラフ(コンニャク版)が軽印刷として一般に用いられていた。巡回教師活動では多くの資料を用意する必要があり、より多部数の印刷に耐える軽印刷技術に強い関心を持っていた。

新治郎は1893年(明治26年)1月にすべての職を辞し、経済困窮の中、シカゴ万博視察を主目的に簡易印刷の情報収集と技術の習得を兼ね、同年3月に渡米した。

渡米時における謄写印刷技術の状況[編集]

米国シカゴの事務用品販売会社A・B・ディック社がエジソンとライセンス契約を結び1887年から製造販売していた謄写器セット「ミメオグラフ」(1889年のA・B・ディック社広告)
ホリイが1987年まで販売していた「ミリアグラフ」(長野県・旧木沢小学校)

アメリカ合衆国では既にトーマス・エジソン1880年、原紙(stencil paper)を細かく溝を切った金属のヤスリ板(finely grooved steel plate)の上に置き、鉄筆(smooth pointed steel stylus)で筆記して製版する謄写版技法を考案して同年米国特許(US patent 224665)を取得していた[3][4]1884年にはこの謄写版の使用に適したワックス原紙をアルバート・ブレイク・ディックが開発[4]。ディックはエジソンと製造販売のライセンス契約を結び、自らがシカゴで経営する事務用品販売会社A・B・ディック社から1887年、同社が商標登録した「ミメオグラフ」(Mimeograph)[5][6][4]の商品名で、謄写版用品セットの販売を開始した。

ミメオグラフは木箱の中に印刷用のスクリーン付き木枠および鉄筆、ワックス原紙、原紙用修正液、インクローラー、インクなど謄写版の資器材をセットにしたもので[4]、鉄筆手書き製版用の0番から5番、タイプライター製版専用の12番、鉄筆・タイプライター兼用の20~25番のラインナップを用意していた[4]。新治郎渡米前年の1892年には累計出荷台数が8万セットを超え[4]、新しい軽印刷技術として謄写印刷が国内外で急速に普及していた。

英国でもデイビット・ゲステットナー(David Gestetner)が、ペン先に微小歯車を設けたペン「シクロスタイル」で原紙に筆記して製版する謄写印刷「ゲステットナー原紙複写機」(Gestetner stencil duplicator)を考案して1881年に特許を取得していた[4]。一連の用品を木箱にセットした「ネオ・シクロスタイル」(Neocyclostyle)を1884年から発売[4]していたほか、1891年には謄写原紙を用いて高速印刷を行う世界初の輪転謄写機を開発して販売を始め、謄写版は安価で高速印刷を実現する印刷技術として注目を集めていた。

帰国後[編集]

シカゴ万博の開催地でA・B・ディック社の本社があるシカゴで半年あまり滞在し、1893年10月に帰国[7]した新治郎は、国内で入手できる資材でA・B・ディック社製ミメオグラフと同様の印刷器具を自作し、3か月後の1894年(明治27年)1月[8]、ミメオグラフと同じ「蠟引きした原紙をやすり上におき、鉄筆で書いて製版する方法」について、自身の発明とうたって"duplicator"を訳した「謄写版」の名で発表した[9][10]

A・B・ディック社のミメオグラフでは、ヤスリ板上における紙と同様のスムーズな運筆を実現するため、細密用を除くほとんどの種類の鉄筆の先端に極小の鉄球部を設けていたが、日本においては字画数の多さに対応するため、A・B・ディック社の細密用鉄筆に倣い、運筆性を犠牲にして鉄球部のない鋭利な鉄筆を用いた。このため製版(ガリ切り)には一定の技能が要求されることになり、オリジナルのミメオグラフに比べ簡便さに欠け、一定の習熟修練を経なければならないスタイルとなった。

新治郎は謄写印刷資器材を製造販売する「謄写堂」(のち堀井謄写堂)を設立。「ミリアグラフ」(Myriagraph)の商品名で同年7月から製造販売を開始した。翌月勃発した日清戦争に伴って陸軍省がミリアグラフを購入したことで普及に弾みがつき、1895年(明治28年)3月12日に「謄写印刷紙」として日本の特許(2499号)を取得した[11]

堀井謄写堂のその後[編集]

A・B・ディック社のミメオグラフは、のち内田洋行が輸入代理店となって日本でも販売された。新治郎が創業した堀井謄写堂は、昭和謄写堂(現・株式会社ショーワ)、ホース(林商店、のちテクノハヤシ株式会社)とともに、戦前の国内謄写版メーカーの一角を成した。さらに戦後にかけて、萬古(VANCO、バンコ株式会社)、プラス(プラス株式会社)、サカタ(阪田産業、現・サカタインクス株式会社)、ヴィナス(女神インキ工業株式会社)、ライオン(ライオン事務器株式会社)など数多くの同業者とともに一定のシェアを維持した。

PPC複写機の普及による1970年代の謄写版衰退を受け、国内謄写版メーカーのほとんどはこれまでのノウハウを生かして既に手がけていた、もしくは本業であった事務用品や印刷用インキなどのメーカーとしてそれぞれ転換していったが、堀井謄写堂は謄写版用品の製造販売を継続。また家庭の年賀状用途を狙って1977年に発売開始された理想科学工業の簡易シルクスクリーン印刷器「プリントゴッコ」に対抗し、ボールペン原紙(ホワイトミリア原紙)をセットにしたB6判樹脂製簡易謄写器「マィプリンター」や、プリントゴッコ同様にスクリーンと原紙を一体化し、紙に圧着印刷する簡易シルクスクリーン印刷器「マィプリンター・いろいろ」や「マィプリンター・ピカイチくん」などのマィプリンターシリーズを1987年まで発売して追随を図ったが、成功しなかった。

ワードプロセッサパーソナルコンピューターの普及で事務現場のOA化が進む中、1985年、商号をホリイ株式会社に改称。ミリアグラフやマィプリンターなどの謄写版用品事業は1987年に打ち切り[12]、事務機器販社に転換した。しかし経営陣である創業家の堀井一族が1998年ごろから始めた不動産業が失敗し、損失が積み重なった上に堀井家がこれを放置したことから[12]、負債が約87億円に拡大して資金繰りが急速に悪化。2002年9月3日に二度目の不渡りを出し、同年9月25日東京地裁から破産宣告を受け倒産した[12]。清算で売却された東京都千代田区の旧本社ビル(現・神田中央通ビル)には、現在も「謄写版発祥の地」と題した金属製の記念プレートが壁面に残されている。

年譜[編集]

  • 1856年安政3年)9月16日 - 菱田家次男として誕生。
  • 1879年(明治12年)8月13日 - 岐阜県御用掛に就任。
  • 1883年(明治16年) - 堀井ヒデと結婚し、堀井家第38代家主堀井新治郎となる。
  • 1893年(明治26年)
  • 1月 - 官職を退任。
  • 3月 - 渡米する。
  • 4月 - 耕造らが東京神田鍛冶町に転居。
  • 1895年(明治28年)3月12日 - 謄写版印刷紙について特許取得。
  • 1916年(大正5年)5月8日 - 緑綬褒章を受章する。
  • 1917年(大正6年) - 新治郎が「元紀」と改名し、息子の耕造が「新治郎」を名乗る。
  • 1922年(大正11年)4月29日 - 帝国発明協会優等賞を受賞する。
  • 1929年(昭和4年) 10月16日 - 帝国発明協会特等賞を受賞する。
  • 1932年(昭和7年)7月19日 - 死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「謄写版の発明家堀井新治郎苦闘伝」p.8、日統社編、日統社、1932年
  2. ^ 「謄写印刷(ガリ版印刷)の歴史 堀井新治郎親子」山形謄写印刷資料館
  3. ^ http://edison.rutgers.edu/patents/00224665.PDF
  4. ^ a b c d e f g h "Antique Copying Machines" Early Office Museum
  5. ^ http://edison.rutgers.edu/NamesSearch/SingleDoc.php3?DocId=CA035A
  6. ^ http://edison.rutgers.edu/NamesSearch/SingleDoc.php3?DocId=LB024149
  7. ^ 「謄写版の発明家堀井新治郎苦闘伝」p.7、日統社編、日統社、1932年
  8. ^ 「謄写版の発明家堀井新治郎苦闘伝」p.14、日統社編、日統社、1932年
  9. ^ 資材を国内で調達できるものに置き換えている以外、基本構造および原理はエジソンの米国特許およびA.B.ディック社製「ミメオグラフ」と同一の典型的な「模倣品」といえる。しかし堀井は日本国内においてこれを自身の発明品と主張しており、本来の発明者であるエジソンや販売権を持つA.B.ディック社に対し、製造販売にあたって何らかの断りを入れたという記録は無い。
  10. ^ 昭和初期に存在した、企業経営者および政治活動家を取り上げた非売品の評伝リーフレット出版配布を業とした「日統社」と称する企業が1932年に発行した小冊子「謄写版の発明家堀井新治郎苦闘伝」(日統社)(国立国会図書館デジタルコレクション)においては、鉄筆による謄写版技法やタイプライター用原紙の開発はいずれも新治郎が世界初と思わせる記述を行っている。しかし同書は謄写版発明の独自性を示す内容については一切説明していないほか、謄写版考案以前の1875年のエジソンの発明(「エレクトリック・ペン」)については言及しながら、新治郎渡米の6年前から販売を開始し、シカゴ訪問時には現地で年間2万セット近くを販売していた鉄筆・ヤスリ板製版によるミメオグラフについては言及を避けており、「而してそれ等は未だ完成の域に達せず、のみならず価格不廉の為、到底一般人の使用に堪え得るものではなかつた」(同書p.7)などと、国外における実際の状況とは異なる記述が各所にあり、資料としての信憑性は低い。
  11. ^ 「特許意匠商標登錄許可竝收入」農商務省、『官報』第3521号 p.359、内閣官報局、1895年3月29日
  12. ^ a b c 「時流に消えた紙の手触り ガリ版発明の老舗・ホリイ倒産(神田発)」『朝日新聞』東京本社版2002年11月14日付朝刊37面、朝日新聞東京本社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]