内村祐之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内村祐之(1934年)

内村 祐之(うちむら ゆうし、1897年11月12日 - 1980年9月17日)は、日本医学者精神科医。専攻は臨床精神医学・神経病理学。東京大学名誉教授日本学士院会員。プロ野球コミッショナー

来歴・人物[編集]

初期[編集]

1897年(明治30年)11月に、キリスト教思想家として著名な内村鑑三を父、内村の4度目の妻内村静子を母として、東京府に誕生する。

祖父宜之と父鑑三と共に、7歳(1905年1月)の時の記念撮影
12歳頃(1910年頃)の内村と家族

学生時代[編集]

獨逸学協会学校中等部から第一高等学校東京帝国大学に進む。学生野球界では特に一高時代に、早稲田慶應義塾を久しぶりに撃破するなど名だたる左腕投手として名を馳せた。1918年には15年ぶりの全国制覇を果たした。

1919年(大正8年)4月初めの、一高と三高の試合はマスコミに派手に取り上げられた[1]

1921年(大正10年)4月7日に東京帝国大学3年生の時に東京ステーション・ホテルで久須美美代子と婚約をする。仲人は父鑑三の先輩伊藤一隆だった。内村はスター選手だったので、マスコミに取り上げられて波紋を呼んだ[2]

1923年(大正12年)春に、東京帝国大学を卒業して、精神科を志望して東大医局に入局した。しかし、約一ヵ月後に、呉教授に申し出て、東京府立松沢病院の医員になった。父の鑑三は祐之にワルター・スピールマイヤーの『精神系の組織病理学』を卒業記念に贈った[3]。 それと平行して、学生野球の指導も行っていた。

結婚直後の27歳の内村と妻美代子と父鑑三と母静子、1924年12月

1924年(大正13年)11月29日伊藤一隆の媒介と大島正健の司式の元で、東京ステーション・ホテルで久須美美代子と結婚式を挙げる。

その後、北海道大学から招聘があったが、北海道大学には精神科講座の準備が整っていなかったので、1925年(大正14年)から文部省の海外研究員として2年間ドイツのミュンヘンに留学する。カイゼル・ウィルヘルム研究所(マックスプランク研究所)でスピールマイヤーに師事する[4]。 その際クレペリンクレッチマーなどとも交流をもった。内村の留学中の1926年(大正15年)妻美代子は長女正子を出産する。

大学教授・病院長時代[編集]

1927年(昭和2年)にドイツ留学から帰国する。同年9月に北海道に渡る。1928年北海道帝国大学教授に就任。 1928年7月13日に次女桂子が生まれる。その直後7月27日に内村鑑三夫妻が札幌に来る。札幌独立教会の牧会を行う。 1930年(昭和5年)3月には、父の危篤の際一家で上京し、父の臨終についての詳細な記録を記した。それらは「父の臨終の記」として残されている[5]。 また、3月28日に父内村鑑三が死去すると、内村の希望で東大医学部で偉業を達成した人物の脳の研究のため鑑三の解剖を行う。

その後1936年に東京帝国大学医学部教授(1949年まで東京都立松沢病院院長兼任、学部長も務める)となる。

東大在職中に財団法人神経研究所を設立、晴和病院を開設した。偉業を達成した人物の脳の研究や双生児の研究で多くの業績を残した。定年退官後は国立精神衛生研究所長などを務める。

戦争中には軍部の要請でソロモン群島に派遣され、戦地の精神医療体制についてアドバイスを与えた。また、空襲で松沢病院が消失して、患者にも犠牲者を出す。1945年終戦の年に母静子が亡くなる。

その一方1939年から1943年までは東大野球部長、1943年六大学野球連盟理事長として戦時下の学生野球の対応に尽力する。

戦後[編集]

戦後は、東京裁判A級戦犯になった大川周明の精神鑑定と治療を行う。内村は大川を梅毒性精神障害と診断した[6]。 また、帝銀事件平沢貞通や、婦女連続殺人事件の小平義雄などの精神鑑定を行った[7]

1949年に法律改正により、東京大学教授と松沢病院院長を兼任できなくなったので、松沢病院を退職した。さらに、1958年に東京大学教授を退職した後、神経研究所の創設に努力した。

野球人生[編集]

一方野球では、混乱の続くプロ野球界で最高委員を務めるなど、野球界にも多大な影響を与え、いわゆるV9巨人黄金時代の川上哲治監督に大きな影響を与えたといわれるアル・キャンパニスの『ドジャースの戦法』を翻訳したのも内村である。

1962年5月、日米の野球に精通した人物として内村は日本野球機構第3代コミッショナーに就任。サンフランシスコ・ジャイアンツへ野球留学中にメジャー出場した南海ホークス村上雅則の保有権を南海・ジャイアンツ両球団が争った際には1965年シーズン終了を以て南海に復帰させるという妥協案を提示して解決された。第1期の任期満了間近の1965年4月、内村は札束競争にまみれてプロ野球界に入ってくる新人選手をうれい、新人研修制度を行おうと提案したが、オーナー陣の激しい抵抗にあい、自らコミッショナーの職を降りた。おおむねコミッショナーはオーナー側寄りであると批判されている中、オーナー側と対立してコミッショナー職を辞したのは内村1人である。このとき、「どんな医者でも完治の見込みがなければ患者を見放すものだよ」とコメントし、自分を推薦しておきながらその提案を飲まないオーナー陣を痛烈に批判した。

後にコミッショナーを務めた下田武三によると、コミッショナーの職を辞した後は一度たりとも球場に足を踏み入れず、存命中は特別表彰による殿堂入りも拒否したという。

このように、コミッショナーとしては思うように手腕を発揮できなかったが、日米の野球に精通した知識人として日本の野球の近代化に貢献した点が評価され、没後3年を経過した1983年、特別表彰として野球殿堂入りした。

家族[編集]

著書[編集]

  • 時局性アンモン角変化の病因に就て、1929、東京帝国大学が受理した学位論文 [8]
  • 世界最強チームアメリカ野球物語 羽田書店、1949
  • 精神医学者の摘想 同盟出版社、1950 中公文庫、1984
  • 精神鑑定 創元社、1952
  • 天才と狂気 創元社、1952
  • わが歩みし精神医学の道 みすず書房、1968
  • 精神医学の基本問題 医学書院、1972 創造出版、2009
  • 日本の精神鑑定 監修、みすず書房、1973
  • 鑑三・野球・精神医学 日本経済新聞社、1973
  • アメリカ野球物語 ベースボール・マガジン社、1978

共著・編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「野球もできる、学問もできる」と一高の投手として内村の顔写真が新聞に掲載された。:内村美代子(1985)、190-199ページ
  2. ^ 6月22日の朝日新聞には「内村選手に鑑三翁の嫁選び、眼鏡にかないしみよ子嬢、神にかしずく目白の才嬢」と題する写真入りの五段抜きの記事が掲載された。内村美代子(1985年)、199ページ
  3. ^ 父内村鑑三は「魂の医師の次に、心の医師が内村家に出るのはいいことだ」と心から喜び、また「心の悩みを解決するのは宗教と医学との共同作業だ」と言っていた。:内村美代子『晩年の父内村鑑三』(1985年),22-23ページ
  4. ^ 斎藤茂吉が前年に同じ研究所で同じスピールマイヤーに師事していたので、出発前に内村夫妻宅を訪れている。:内村美代子(1985年)40ページ
  5. ^ 関根正雄『内村鑑三』195ページ
  6. ^ 『日本史有名人の子孫たち』314-316ページ
  7. ^ 内村美代子(1985年)27ページ
  8. ^ 博士論文書誌データベース

参考文献[編集]

関連項目[編集]