古田東朔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古田 東朔(ふるた とうさく、1925年5月23日 - )は、日本国語学者東京大学教養学部名誉教授

人物[編集]

愛媛県生まれ。東京大学国文科卒、福岡女子大学助教授を経て、1964年同教養学部助教授、教授となり1986年定年退官。

国文学者古田拡児童文学者古田足日

著書[編集]

編著[編集]

  • 『国語概説』木之下正雄、上村孝二共著 くろしお出版 1959
  • 『国語学史』築島裕共著 東京大学出版会 1972
  • 『小学読本便覧』第1-8巻 編 武蔵野書院 1978-2007
  • 『新国語概説』山口明穂鈴木英夫共著 くろしお出版 1981
  • 『日本言語文化論』編著 放送大学教育振興会 1985
  • 『日本の言語文化』編著 放送大学教育振興会 1991
  • 『日本語学概論』編著 放送大学教育振興会 1991
  • 『近世蘭語学資料第4期 和蘭文法書集成』全16巻 松村明共編 ゆまに書房 2000
  • 『旺文社標準国語辞典』第6版 監修 旺文社 2001
  • 『現代国語辞典』松枝茂夫と監修 改訂版 日本文芸社 2002

参考[編集]

  • 古田東朔教授略歴・著述目録 東京大学教養学部人文科学科紀要 1987