佐藤通次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 通次(さとう つうじ、1901年5月26日 - 1990年7月3日)は、日本のドイツ語学者、保守思想家、皇學館大学学長名誉教授

略歴[編集]

山形県川西町生まれ。旧制山形高等学校を経て、1926年京都帝國大學文学部独文科卒。九州帝國大學法文学部助教授文部省教学錬成所員、大日本言論報国会理事。1944年に「ゲーテノ生命体験」で九大文学博士

戦後は、言論報国会理事のため公職追放となり[1]、追放解除後の1955年亜細亜大学教授1965年皇學館大學教授、1973年から1980年まで同学長、名誉教授。ゲーテ、シラーニーチェなどの翻訳のほか、神道皇道思想を追求し続けた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『独和言林』 白水社 1936
  • 『孝道序論』 白水社 1937
  • 身体論』 白水社 1939
  • 『皇道哲学朝倉書店 1941(現代哲学叢書)
  • 『勤労の哲理 日本勤労叢書』 目黒書店 1942
  • 『ファウスト論』 丁子屋書店 1942
  • 『学問の厳粛性』 富山房 1943
  • 『佐藤ドイツ語講座』 全3巻 白水社 1950-1951
  • 『ドイツ常用五千語』 白水社 1950
  • 『ドイツ広文典』 白水社 1951
  • 『この道 調和の哲学』 元々社 1955(民族教養新書)
  • 『坤心談話集』 第1-4 理想社 1960-1965
  • 仏教哲理』 理想社 1968
  • 『言の林 言の原点と解釈』 日本教文社 1976
  • 『続言の林 言の原点と解釈』 日本教文社 1979.6
  • 皇学の旨趣』 皇學館大学出版部 1980.3
  • 神道哲理』 理想社 1982.2
  • 『言の林 続続 言の原点と解釈』 日本教文社 1982.6

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『ドン・カルロス 西班牙の太子』 シルレル 独逸文学叢書 岩波書店 1927 のち文庫
  • ヘルマンとドロテア』 ゲーテ 岩波文庫 1932
  • 『浪漫的悲劇オルレアンの乙女』 シルレル 岩波文庫 1938 のち『オルレアンの少女』
  • ヴィルヘルム・マイステルの修業時代 ゲーテ全集』 丁字屋書店 1948 のち角川文庫
  • 『美しき魂の告白』 ゲーテ 日本教文社 1949(世界文庫)
  • 『ミニヨン』 ゲーテ 日本教文社 1949(世界文庫)
  • 『ライネケ狐、アビロイスの歌 ゲーテ全集』 丁字屋書店 1949
  • 若きヴェールテルの悩み』 ゲーテ 角川文庫 1949、のち改版
  • 『ゲーテ詩抄』 酣燈社 1950(詩人全書)
  • ツァラトゥストラはかく語りき』 ニーチェ 角川文庫 1952、のち改版
  • 『ゲーテ抒情詩抄』 元々社 1954(民族教養叢書)
  • 『生きぬくための知恵』 K.O.シュミット 日本教文社 1958
  • ファウスト』上・下 ゲーテ 旺文社文庫 1967-1968

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、542頁。NDLJP:1276156 

外部リンク[編集]