冷泉為紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
冷泉為紀

冷泉 為紀(れいぜい ためもと、嘉永7年1月11日1854年2月8日) - 明治38年(1905年11月24日[1])は、日本歌人上冷泉家21代当主。父は冷泉為理。子は冷泉為系

明治17年(1884年7月7日伯爵を授かり、明治23年(1890年)より貴族院議員を務めた。明治31年(1898年)から死去まで神宮大宮司をつとめた。

栄典[編集]

位階
勲章等

主な著作[編集]

  • 『祭典作法 全』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  3. ^ 『官報』第5249号「叙任及辞令」1900年12月28日。
  4. ^ 『官報』第6722号「叙任及辞令」1905年11月25日。
  5. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  6. ^ 『官報』第6722号「叙任及辞令」1905年11月25日。
日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
冷泉家初代
1884年 - 1905年
次代:
冷泉為系