鹿島則文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿島 則文(かしま のりぶみ、天保10年1月13日1839年2月26日) - 明治34年(1901年10月10日)は、幕末明治時代の神職

鹿島神宮大宮司であった鹿島則孝の長男として生まれる。通称は布美麿、矗之輔。は桜宇。儒書安井息軒に学び、また、自ら皇典を究め国事に奔走、文久3年(1863年)に鹿島に文武館を創設したが、1865年慶応元年)、その思想や行動により幕府に忌まれ八丈島に流される。1869年(明治2年)赦免、神領会所(鹿島神領の役場)が廃止されるのに伴ってその建物を学問所「稽照館」とした。1873年(明治6年)鹿島神宮大宮司、1884年(明治17年)神宮大宮司に任じられ、祭儀の復興、林崎文庫の整備、神宮皇學館皇學館大学の前身)の拡充、『古事類苑』の出版などに尽力した。1898年(明治31年)、内宮炎上の責を負い辞職し帰郷。1901年(明治34年)10月10日、63歳で病没。茨城県鹿島郡鹿島町三笠墓地に葬る。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]