正書法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正書法(せいしょほう、Orthography)とは、言語を文字で正しく記述する際のルールの集合のことである。「正書法」を示す英語のOrthographyは、ギリシア語ορθός(orthos、「正しい」)とγραφή(graphe、「書くこと」)から来ている。現在では、スペリング句読点などの約物の打ち方、大文字小文字の使い分けなども含んだ意味となっている。正書法はタイポグラフィとは別個のものである。

基本的には書き言葉(文語など)が話し言葉(口語など)に対して保守的で変化しにくいのに対して、話し言葉は変化が速く、ギャップが生まれ、これを一致させるために生み出されるものである。発音と文字の対応が1対1か、せめて1対多であれば、混乱が起きないのに、日本語のように多対多であることが正書法をめぐる議論を生むことになる。 例えば、日本語では助詞の「は」や「へ」などが発音が「わ」や「え」なのにかかわらず、古い表記法を残している。また、「おう」は「おう」(例:追う)であり、「おお」(例:王)でもあるが、表記上は区別されない。

表音文字を用いている英語やフランス語などのつづりにも文字と発音のギャップはある。ジョージ・バーナード・ショーがghotiでfishと同じように発音すべきだと皮肉ったのは、ghでlaughの[f]、oでwomenの[i]、tiでnationの[∫]の音を表すからである。ただし英語では、アメリカとイギリスでつづりが違う少数の単語(例 defenseとdefence,centerとcentre)を除き、個々の単語のつづりはほぼ1語1通りに統一されている。

日本語ではある語を漢字で表記するか仮名で表記するかが定まっていないことが多く(例 「時雨」と「しぐれ」、「怪我」と「けが」,「言葉」と「ことば」、「煙草」と「たばこ」と「タバコ」、「癌」と「がん」と「ガン」)文体や文脈、字数制限、個人の好みなどによって選択される。また送り仮名の用い方にもゆれが多く、送り仮名を使うかどうかも決まっていない語(例「行う」と「行なう」、「話」と「話し」、「問」と「問い」、「締め切り」と「締切り」と「締切」)が多いため、音声的に同一の語に対していくつもの表記が存在することがある。さらには同一の語に対して使う漢字も複数あることがあり(例 「ほうれい線」:「法令線」、「豊麗線」、「豊齢線」、「頬齢線」)、これらの要素が重なって多くの異表記を生む(例 「引き金」、「引金」、「引きがね」「引き鉄」、「引鉄」、「弾き鉄」、「弾鉄」、「弾き金」、「弾金」、「銃爪」)。

単語が組み合わされて語句・文になると日本語の表記はさらにさまざまになる。例えば「たくさんのたまごをうむにわとり」という音声的に同一の語句の書き方は「たくさんの卵を産む鶏」「沢山の卵を産むにわとり」「たくさんの玉子を生むニワトリ」「沢山のタマゴを生む鶏」・・・など50通り以上あり、どれが正しいとも言えない。またカタカナで表される外来語は表記が複数あるものが非常に多い(例「ユニホーム」、「ユニフォーム」;「バイオリン」、「ヴァイオリン」;「ティッシュ」、「ティシュー」、「ティッシュー」;「スパゲッティ」、「スパゲッティー」、「スパゲッテイ」、「スパゲティー」、 「スパゲテイ」;「ロサンジェルス」、 「ロスアンジェルス」、「ロサンゼルス」、「ロスアンゼルス」;「ドーキンズ」,「ドーキンス」;「ウッディ」、「ウッディー」、「ウディ」;「コルビュジエ」、「コルビュジェ」、「コルブジェ」、「コルブジエ」、「コルビジエ」、「コルビジェ」、「コルビュゼ」 )。このように日本語には厳密な意味での正書法が存在しない。このような公用語は世界にあまり例がない。このような状態なので日本語のデータをコンピュータで処理する場合には他の言語に比べ非常に複雑な処理が必要になる。また日本語の辞書や事典で単語を検索する場合、記載されている表記と違う表記で検索すると、「たらいまわし」のように別の表記の再検索を求められる(例「ヴァイオリン→バイオリン」)など、その語を見つけるのに手間取ることが多く、最悪の場合見出しを見つけられないことがある。


関連項目[編集]

関連項目[編集]