規範文法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

規範文法(きはんぶんぽう)とは、ある言語の話者が従うべき文法規範のことであり、文法的に正しいか正しくないかを判断する。

近代語は一般に、貴族の言葉遣いなど社会的に優位な方言を元に、文法を人工的に整えて成立する。このため正しさを判断する基準となる文法が生まれ、これを規範文法と呼ぶ。権威のある辞書に正誤の根拠が求められることが多い。

現代の言語学は規範的ではなく記述的であり、実際に使われる言語を調べて法則性を見出す科学である。これを記述文法と呼ぶ。誤用に対しては、批判するのではなく、何故そのような変化が生じるのかに注目する。このため、現代の言語学者はしばしば規範文法の考え方を批判する[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Pinker, Steven (1994), The Language Instinct (言語を生み出す本能) 

関連項目[編集]