規範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

規範(きはん、: norm)とは、「~である」と記述される事実命題に対し、「~べきである」と記述される命題ないしその体系をいう。法規範や社会規範がその典型であり、道徳倫理も規範の一種である。社会学において人間社会集団におけるルール慣習慣習法参照)のひとつでもある。規範についての規範はメタ規範という。

概要[編集]

社会規範は歴史的な発展を紐解けば、社会全体の利益という目的に沿っているものであり、風習よりも合理化されている場合が多い。この社会規範に従った行動は同調行動と呼ぶ。しかし、時間の経過とともに、その本来の機能が忘れ去られて、社会的行為の調整としての機能を果たすこともしばしばである。また個人においては外部規範の内面化がおき、道徳となる。なお法律は、国家における規範に基づいて制定される。

哲学においてはたとえば「」「」「」のそれぞれ「思惟」「意志」「感情」に対応したものが挙げられる。規範に関するを規範学(: normative science: normative Wissenschaft: science normative)と言う。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 国崎敬一「規範と心と言葉 日本社会における心治主義という病弊(I) 規範とはどういうものか(1) Norm, Mind and Words(I) What is norm ?(1) (PDF) 」 、『松山大学論集』第19巻第3号、松山大学、2007年8月、 139-163頁、 ISSN 0916-3298NAID 110006625603、2010(平成22年)-08-15閲覧。
  • 小林 盾「社会規範の数理社会学にむけて (PDF) 」 、『理論と方法』第17巻第2号、数理社会学会、2002年3月、 183-194頁、 doi:10.11218/ojjams.17.183ISSN 1881-6495、2010(平成22年)-08-15閲覧。
  • 吉田 勇「社会規範としての「誠意」について (PDF) 」 、『法社会学』第1996巻第48号、日本法社会学会、1996年、 199-203頁、 doi:10.11387/jsl1951.1996.199ISSN 0437-6161、2010(平成22年)-08-15閲覧。
  • 榑松 かほる「近現代日本教育史の視点から「規範」と教育の問題を考える (PDF) 」 、『教育哲学研究』第2005巻第91号、教育哲学会、2005年5月、 23-28頁、 doi:10.11399/kyouikutetsugaku1959.2005.23ISSN 1884-1783、2010(平成22年)-08-15閲覧。