穏健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

穏健(おんけん、: Moderate)とは、特に政治宗教における、急進的英語版ないし過激な観点の、拒否を示すイデオロギーの分野である[1][2]

穏健派とは、過激な観点や大幅な社会変動を避ける主流・本流の位置を占める人であると考えられており、また、アメリカ合衆国の政治においては、左右の政治的スペクトルにおける、中道を占める人であると考えられている。

歴史[編集]

アリストテレスは、富裕層貧困層の過激派、或いは、少数の権力者たちや僭主たちの特別な権益よりも、中道に支配された、調停的・融和的な政治を好んだ[3]

政治[編集]

宗教[編集]

出典[編集]

  1. ^ Schmid, Alex P. (2013). “Radicalisation, De-Radicalisation, Counter-Radicalisation: A Conceptual Discussion and Literature Review”. Terrorism and Counter-Terrorism Studies (The International Centre for Counter-Terrorism) 4 (2). doi:10.19165/2013.1.02. 
  2. ^ “Types of social movements”. Encyclopædia Britannica. https://www.britannica.com/topic/social-movement/Types-of-social-movements 2020年1月10日閲覧. "Social movements may also be categorized on the basis of the general character of their strategy and tactics; for instance, whether they are legitimate or underground. The popular distinction between radical and moderate movements reflects this sort of categorization.". 
  3. ^ Aristotle, Sir Ernest Barker, R. F. Stalley (1998), Politics, Oxford University Press, p. xxv, ISBN 978-0-19-283393-8, https://books.google.com/?id=QWsJDMvIV7sC&pg=PR26 
  • Calhoon, Robert McCluer (2008), Ideology and social psychology: extremism, moderation, and contradiction, Cambridge University Press, ISBN 978-0-521-73416-5 

関連項目[編集]