性別威圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

性別威圧性別規範の威圧。男性に社会が決めた「男らしさ」を求め、女性には「女らしさ」や男性への追従を求めるもの。

小児期[編集]

性別の個々の表情は、多くの場合、小児期に両親や教師など他の大人によって威圧される。性別威圧は子供のジェンダーの割り当てられた性別に、男らしさや女らしさを植えつけるものである。 性別威圧は子供に性別を意識させるプロセスとされる。 子どもたちはジェンダー規範を教えられた後、仲間や長老とともに他の人を威圧し始めることもある。[1] 第二に、父親と母親の両方が娘より息子に対し頻繁に性別の境界を強制するとされる。[1]

青年期[編集]

成人期[編集]

トランスジェンダー、両性具有、および性別曖昧な個人[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Kane, E. 2006. "No Way My Boys Are Going to be like That!" Parents' Responses to Children's Gender Nonconformity. Gender and Society, 20(2), 149-176.