エスタブリッシュメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エスタブリッシュメントとは、「社会的に確立した体制制度」やそれを代表する「支配階級」を言う。

概説[編集]

エスタブリッシュメントが抗争するときの手段は、

  1. オピニオンリーダー
  2. 浸透

の2つだとされる。

イギリス[編集]

イギリスにおけるエスタブリッシュメント層には王室貴族ジェントリといった領主層の他、枢密院議員、上級公務員、弁護士、学者、イングランド国教会の聖職者、金融業者、実業家、職業軍人および専門家が含まれる[1][2]

アメリカ[編集]

  • アメリカ合衆国ではしばしば、WASP(ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント)とアイビー・リーグ(米国東部私立大学連合)がエスタブリッシュメント勢力とされる。
  • カーター政権で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたブレジンスキーは、2004年の著書『The Choice』のなかで、「WASPの没落のあとに、アメリカ社会で支配的エリートになったのはユダヤ社会である」と述べた[3]
  • 西部邁評論家)は2017年の著書で、巨大金融資本軍産複合体がアメリカ国家を実質的に牛耳っていると述べた[4]
  • 白人主義団体の幹部マット・パロットは2017年4月、「エリートはケンタッキー州パイクビル一帯の白人を見捨てた」、「白人やユダヤ人のエリートはパイクビルの産炭地の白人を虐げている」と述べた[5]
  • 自ら白人民族主義団体「伝統主義青年ネットワーク」を創設した造園業マシュー・ハインバック(Matthew Heimbach)[6]は2017年4月、「共和党が白人労働者のことなど真剣に考えていないことが明らかになり始めた。彼らが代弁するのはウォール街大企業だ」、「政治と経済のエリートは都市だけで暮らし、どの特定の土地にも根ざしていない」と述べた[5]
  • 2022年5月、歴史人口学者のエマニュエル・トッドは次のように述べた。「超富裕層が国家をコントロールしているのは、むしろ米独仏の方です。」[7]、「(米国には)中枢がない…米国の“脳内”は、雑多なものが放り込まれた“ポトフ”のようです。…米国では誰が権力を握っているのか分からないのです。/思想的にも、ミアシャイマーのような冷静な現実主義者がいる一方で、米国には国務次官のビクトリア・ヌーランドのような、反トランプで、断固たるロシア嫌いのネオコンもいて、破滅的な対外強硬策を後押ししています。」[8]
  • 同年7月、国際政治・米国金融アナリストの伊藤貫は次のように述べた。「ネオコン族は現バイデン政権でも、外交政策決定の中枢部にいる。バイデン家は過去40年間、ウォールストリートのユダヤ系金融業者から100億円以上の政治資金を受け取ってきたから、イスラエル・ロビーとネオコンの要求に従順である。」[9]

オーストラリア[編集]

オーストラリアでは、主要政党およびその政党の背後にある支持勢力を指してエスタブリッシュメントと言う。アミール・アベディは著書 "Anti-political Establishment Parties: A Comparative Analysis"[10]において労働党保守連合自由党国民党による政党連合)をエスタブリッシュメント政党(establishment parties)と呼んでいる。

カナダ[編集]

カナダはイギリスとアメリカの両方から影響を受けたこともあって、エスタブリッシュメントも双方の特徴を受け継いでおり、特に政治任用職にある者や商才に長けた者を指す。フランス語圏においては地元のカトリック教会指導者がエスタブリッシュメントとして大きな地位を占めた。一方、英語圏においては、家族盟約英語版(1830年代にアッパー・カナダで政策決定機関を支配していたエリート層)が最初のエスタブリッシュメントとされる。

ジャーナリストのピーター・C・ニューマンは、1975年に上梓した "The Canadian Establishment"において、現代のカナダのエスタブリッシュメント層としてカナダの富裕層(個人または家族)を挙げた。ニューマンが挙げた人物は、いずれもメディアや公共交通の分野の大物であり、ニューマンはこういった旧家のいくつかは21世紀までその地位を保つだろうと指摘した[要出典]

イギリス系米国人ジャーナリストのピーター・ブリメロウは、ニューマンがエスタブリッシュメントだとした層は新興勢力に取って代わられつつあると指摘している。ブリメロウは著書 "The Patriot Game" において、カナダ人のみの幸福を追求するカナダ人本位のナショナリズムの伸張によって政治的・官僚的・学術的エスタブリッシュメントは揺るがされており、その元凶は利己的で無分別なカナダ自由党であると指弾したうえで、このカナダ人本位のナショナリズムは、カナダの政治的・文化的エリート全体に蔓延する病気であると主張している[11]

アイルランド[編集]

アイルランドにおいて、メディアや文化、宗教におけるエスタブリッシュメント層を指して「オフィシャル・アイルランド(Official Ireland)」という語が使われる[12]

香港[編集]

香港の政治において、政党やコミュニティ、商工会の他、中国共産党香港返還後の香港政府に忠実な層を建制派と呼び(そうでない者から呼ばれるだけでなく、しばしば自称する)、これがエスタブリッシュメントにあたる。建制派という語は2004年に初めて使われた[13]。香港返還以前は、イギリスに忠実な層を指して保皇党と呼んだ。

パキスタン[編集]

パキスタンでは、国政を左右するパキスタン軍やそれに連なる諜報機関および政府高官をエスタブリッシュメントという。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jones, Owen (2014年8月26日). “The establishment uncovered: how power works in Britain”. The Guardian. https://www.theguardian.com/society/2014/aug/26/the-establishment-uncovered-how-power-works-in-britain-elites-stranglehold 
  2. ^ Peter Hennessy, The great and the good: An inquiry into the British establishment (Policy Studies Institute, 1986).
  3. ^ 馬渕睦夫『「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!』ワック株式会社、2014年、132頁。
  4. ^ 西部邁 『ファシスタたらんとした者』中央公論新社、2017年、248頁。 
  5. ^ a b 金成隆一「トランプの時代」『朝日新聞』2017年8月29日。
  6. ^ 山奥でインタビューに応じた白人民族主義団体の指導者マシュー・ハインバック氏」『朝日新聞』2017年8月29日、2017年8月30日閲覧。
  7. ^ エマニュエル・トッド「日本核武装のすすめ」『文藝春秋』2022年5月号、101頁
  8. ^ エマニュエル・トッド「日本核武装のすすめ」『文藝春秋』2022年5月号、103頁
  9. ^ 伊藤貫「三十年間、ロシアを弄んできたアメリカ」『表現者クライテリオン』2022年7月号、63-64頁
  10. ^ Abedi, Amir (2004). Anti-political Establishment Parties: A Comparative Analysis - Amir Abedi - Google Buku. ISBN 9780415319614. オリジナルの2016-12-25時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161225084343/https://books.google.com/books/about/Anti_political_Establishment_Parties.html?id=B8oPfqRUqOYC&redir_esc=y 2015年5月13日閲覧。 
  11. ^ Stewart, Gordon (4 June 1988). “The Patriot Game: National Dreams & Political Realities by Peter Brimelow (review)”. The Canadian Historical Review 69 (2): 273–274. https://muse.jhu.edu/article/573245/summary. 
  12. ^ Elaine Byrne, "OFFICIAL IRELAND" McGill Summer School 2019.
  13. ^ Sonny Shiu-Hing Lo, Steven Chung-Fun Hung, and Jeff Hai-Chi Loo. "The Democratic Alliance for the Betterment and Progress of Hong Kong as Flagship of China’s United Front Work." in China's New United Front Work in Hong Kong (Palgrave Macmillan, Singapore, 2019) pp. 43-75.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]