エスタブリッシュメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エスタブリッシュメント英語: Establishment)とは、「社会的に確立した体制・制度」やそれを代表する「支配階級」を言う。政治学では、政治を「エスタブリッシュメント間の抗争」と捉える。

概要[編集]

エスタブリッシュメントが抗争するときの手段は、

  1. オピニオンリーダー
  2. 浸透

の2つだとされる。

アメリカ[編集]

  • アメリカではしばしば、WASP(ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント)とアイビー・リーグ(米国東部私立大学連合)がエスタブリッシュメント勢力とされる。
  • カーター政権で国家安全保障担当大統領補佐官を務めたブレジンスキーは、2004年の著書『The Choice』のなかで、「WASPの没落のあとに、アメリカ社会で支配的エリートになったのはユダヤ社会である」と述べた[1]
  • 西部邁評論家)は2017年の著書で、巨大金融資本軍産複合体がアメリカ国家を実質的に牛耳っていると述べた[2]
  • 白人主義団体の幹部マット・パロットは2017年4月、「エリートはケンタッキー州パイクビル一帯の白人を見捨てた」、「白人やユダヤ人のエリートはパイクビルの産炭地の白人を虐げている」と述べた[3]
  • 自ら白人民族主義団体「伝統主義青年ネットワーク」を創設した造園業マシュー・ハインバック(Matthew Heimbach)[4]は2017年4月、「共和党が白人労働者のことなど真剣に考えていないことが明らかになり始めた。彼らが代弁するのはウォール街と大企業だ」、「政治と経済のエリートは都市だけで暮らし、どの特定の土地にも根ざしていない」と述べた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 馬渕睦夫『「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!』ワック株式会社、2014年、132頁。
  2. ^ 西部邁 『ファシスタたらんとした者』 中央公論新社、2017年、248頁。
  3. ^ a b 金成隆一「トランプの時代」、『朝日新聞』2017年8月29日
  4. ^ 山奥でインタビューに応じた白人民族主義団体の指導者マシュー・ハインバック氏」、『朝日新聞』2017年8月29日2017年8月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]