挑戦的行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

挑戦的行動(ちょうせんてきこうどう、Challenging behaviour)は、「本人または周囲の身体的安全を危険に晒したり、一般的なコミュニティ施設の利用について喫緊に制限・拒否されるほどの強度・頻度・期間がある、文化的に非常識な行動」「通常我々は、当人のそのサービスに対しての行為は、かなりの間続くと考えている。その深刻な挑戦的な行動は、過渡的なものではない」と定義されている[1]

挑戦的行動は、とりわけ学習障害[2]認知症患者、その他精神疾患者、後天的頭部外傷児童に多く見られるが、しかし全ての人で起こり得る。

分類[編集]

挑戦的行動には、次のものが一般的である。

原因[編集]

挑戦的行動の原因には多様な要素が考えられ、以下が挙げられている。

  • 生物学的 - 痛み、薬、感覚刺激の欲求
  • 社会的 - 退屈、社会的関係の模索、何かのコントロール必要性、コミュニティ規範についての知識欠如、スタッフやサービス係の無反応に対して
  • 環境的 - ノイズや光などの身体的要因、欲してるモノや活動に対してのアクセス獲得
  • 心理的 - 疎外感、孤独感、切り捨て感、レッテル、ディスエンパワーメント、人々の負の期待

学習障害と挑戦的行動は相関性があり、障害が重いほど一般的であり、有病率は5-15%ほどであった[2]。これらの児童は虐待を受けていることが一般的である[2]


行動反応サイクル[編集]

挑戦的行動は以下のサイクルで発生すると確認されている。

  • Trigger
  • Escalation
  • Crisis
  • Recovery

このサイクルの分析によって、トリガーを最小化したり、もっと適切なトリガーへの反応方法や、行動がもたらす結果の予測方法を教わるなど、もっと適切な反応方法をアドバイスする戦略の基礎となる。行動分析オペラント条件づけポジティブ行動支援などの行動戦略では、類似したアプローチで挑戦的行動を分析し記録する。最近ではEidetic Model of Growth (EMG) が有望な結果とされている。

脚注[編集]

  1. ^ Emerson, E. 1995.[要文献特定詳細情報] cited in Emerson, Eric (2001). “Challenging behaviour”. Challenging Behaviour: Analysis and Intervention in People with Severe Learning Disabilities. Cambridge: Cambridge University Press. p. 3. ISBN 978-0-521-79444-2. http://books.google.com/books?id=uxCoJkKlCygC&pg=PA3. 
  2. ^ a b c NG11: Challenging behaviour and learning disabilities: prevention and interventions for people with learning disabilities whose behaviour challenges (Report). 英国国立医療技術評価機構 . Introduction. http://www.nice.org.uk/guidance/NG11/. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]