認知の歪み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

認知の歪み(にんちのゆがみ、Cognitive distortion)とは、誇張的で非合理的な思考パターン(irrational thought pattern)である。これらは精神病理状態(とりわけ抑うつ不安)を永続化させうるとされている。

この概念は精神科医アーロン・ベックが基礎を築き、彼の弟子のデビッド・D・バーンズがその研究を引き継いだ。最も有名なのはバーンズが1989年に著した『フィーリングGoodハンドブック』であり、これらの認知パターンを学び、かつ除去する方法を記している[1]

こういった思考パターンは、その個人に現実を不正確に認識させ、ネガティブな思考や感情を再強化させうるとされている[2]。バーンズは、気分や感情は事実ではなく、逆に「歪んだ考え方がマイナスの気分を生み出す」と述べている[3]

種類[編集]

バーンズは以下の10パターンを挙げている。

  • 全か無かの思考 [3]
  • 行き過ぎた一般化 [3]
  • 心のフィルター [3]
  • マイナス思考 [3]
  • 論理の飛躍 [3]
  • 拡大解釈、過小解釈 [3]
  • 感情の理由づけ [3]
  • ~すべき思考 [3]
  • レッテル貼り [3]
  • 誤った自己責任化(個人化) [3]

スプリッティング(全か無かの思考)[編集]

スプリッティングともされ、グレーがなく、物事を全てを白か黒かで認識するという、誤った二分法を用いること。オール・オア・ナッシング(all-or-nothing)であり、少しでもミスがあれば完全な失敗だと考える[3]。真実でも、真実らしくもない場合でも、常に("always")、すべて("every")、決して("never")などといった言葉を使うのが特徴。

とりわけスプリッティングは境界性パーソナリティ障害自己愛性パーソナリティ障害の人らに一般的である[4]

~すべき思考[編集]

他人に対し、その人が直面しているケースに関係なく、彼らは道徳的に「すべきである」「しなければならない」と期待しすること[3]

これを、アルバート・エリスは"must"に掛けて"musturbation"と命名し[5]、デビッド・D・バーンズは、「should構文(should statements)」と[5]、心理療法家Michael C. Grahamは「世界を現実と違った形に期待している」と呼んだ[6]

  • 「人は、他人に尽くさなければならない」
  • 「私は、全ての人に愛されなければならない」
  • 「絶対にミスをしてはならない」

行き過ぎた一般化[編集]

行き過ぎた一般化(Overgeneralization)とは、経験や根拠が不十分なまま早まった一般化を下すこと。 ひとつの事例や、単一の証拠を元に、非常に幅広く一般化した結論を下すことである。たった一回の問題発生だけで、その問題は何度も繰り返すと結論付けてしまう[7][2]

  • 「彼女は今日挨拶をしてくれなかった、きっと私を嫌っているに違いない」

心のフィルター[編集]

選択的抽象化(selective abbreviation)ともされ、物事全体のうち、悪い部分のほうへ目が行ってしまい、良い部分が除外されてしまうこと[8]

  • 「試験において100問中、17問も間違えた、自分は落第するに違いない」[8]

マイナス化思考[編集]

マイナス化思考(Disqualifying the positive)では、上手くいったら「これはまぐれだ」と思い、上手くいかなかったら「やっぱりそうなんだ」と考える[9]。良い事があったことを無視してしまうばかりか、それを悪い方にすり替えてしまう[9]

バーンズによれば、認知障害の中でも最もたちが悪いという[9]

結論の飛躍[編集]

「心の読みすぎ」と「先読みの誤り」の二種類が存在する[10]

  1. 心の読みすぎ(Mind reading)とは、他人の行動や非言語的コミュニケーションから、ネガティブな可能性を推測すること。当人に尋ねることなく、論理的に起こりうる最悪のケースを推測し、その予防措置を取ったりする[10]
  2. 先読みの誤り(Fortune-telling)とは、物事が悪い結果をもたらすと推測すること。悲劇的な結論に一足先にジャンプしてしまう[10]

拡大解釈、過小解釈[編集]

「針小棒大に言う」ともされる。失敗、弱み、脅威について、実際よりも過大に受け取ったり、一方で成功、強み、チャンスについて実際よりも過小に考えている[11]

感情の理由づけ[編集]

感情の理由づけ(Emotional reasoning)とは、単なる感情のみを根拠として、自分の考えが正しいと結論を下すこと[12]。ネガティブな感情は、物事の真実を覆い隠し、人間に、その感情にリンクした考えのほうを現実らしく経験させる[12]。感情によって作り出された「認知」が、正しいかどうか常に検証することにより、この「心の監獄」から抜け出すことができる[12]

レッテル貼り[編集]

行き過ぎた一般化のより深刻なケースである[13]。偶発性・外因性の出来事であるのに、それを誰かの人物像やこれまでの行動に帰属させて、ネガティブなレッテルを張ることである[13]。間違った認知により誤った人物像を創作してしまうことであり、これは自分、他人を問わない[13]

このようなことになるのは、レッテル貼りというのは、ある事象を言語で記述する際に、人の行動を評価する強力な説明能力を持っているからである。

  • 単に「失敗した」ではなく、「自分は全くダメな人間だ」や、「あいつはろくでなしだ」と考える[13]

個人化[編集]

パーソナライゼーション(persionalization)。自分がコントロールできないような結果が起こった時、それを自分の個人的責任として帰属させることである[14]。これは称賛的なものあれば、非難的なものも含む[14]

認知の改善[編集]

精神障害における
予防・治療・リハの連続体[15]

  1. 全体的
  2. 選択的
  3. 指示的




  1. 症例特定
  2. 早期介入
  3. 根拠に基づく治療
  4. 再発防止
  5. 技能訓練
  6. 援助付き雇用
  7. 認知の改善
  8. 包括的ケアマネジメント

認知の改善(Cognitive restructuring, CR)は認知の歪みを特定し、これを打ち破るための治療であり、うつ病患者に多くに用いられる[16]。認知の改善は、自動思考 (automatic thoughts)を除去することを目的としており、それは個人に機能不全やネガティブ視点をもたらす思考である[17]アーロン・ベックデビッド・D・バーンズが開発した認知行動療法(CBT)は、この技法を中核とする心理療法である[18]

自己愛的防衛[編集]

誇張および最小化は、ナルシストが自己の精神的痛みを管理し防御するのに用いる方法として一般的である[19][20].

脚注[編集]

  1. ^ Burns, David D. (1989). The Feeling Good Handbook: Using the New Mood Therapy in Everyday Life. New York: W. Morrow. ISBN 0-688-01745-2. 
  2. ^ a b Grohol, John (2009年). “15 Common Cognitive Distortions”. PsychCentral. 2009年7月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m デビッド・D・バーンズ 2004, p. 35.
  4. ^ Mary C. Zanarini, Jolie L. Weingeroff, and Frances R. Frankenburg (April 2009). “Defense Mechanisms Associated with Borderline Personality Disorder”. J Pers Disord 23 (2): 113–121. doi:10.1521/pedi.2009.23.2.113. 
  5. ^ a b デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 32-33.
  6. ^ Graham, Michael C. (2014), Facts of Life: ten issues of contentment, Outskirts Press, pp. 37, ISBN 978-1-4787-2259-5 
  7. ^ デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 25-26.
  8. ^ a b デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 26-27.
  9. ^ a b c デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 27-28.
  10. ^ a b c デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 28-30.
  11. ^ デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 30-31.
  12. ^ a b c デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 31-32.
  13. ^ a b c d デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 33-34.
  14. ^ a b デビッド・D・バーンズ 2004, p. 34.
  15. ^ ロバート・ポール・リバーマン 『精神障害と回復:リバーマンのリハビリテーション・マニュアル』 星和書店、2011年3月26日、405頁。ISBN 978-4791107650 
  16. ^ Martin, Ryan C.; Dahlen, Eric R. (2005). “Cognitive emotion regulation in the prediction of depression, anxiety, stress, and anger”. Personality and Individual Differences 39 (7): 1249–1260. doi:10.1016/j.paid.2005.06.004. 
  17. ^ デビッド・D・バーンズ 2004, p. 21.
  18. ^ Rush, A.; Khatami, M.; Beck, A. (1975). “Cognitive and Behavior Therapy in Chronic Depression”. Behavior Therapy 6 (3): 398–404. doi:10.1016/S0005-7894(75)80116-X. 
  19. ^ Millon, Theodore; Carrie M. Millon; Seth Grossman; Sarah Meagher; Rowena Ramnath (2004). Personality Disorders in Modern Life. John Wiley and Sons. ISBN 0-471-23734-5. http://books.google.com/?id=QPa1NAEACAAJ. 
  20. ^ Thomas, David (2010). Narcissism: Behind the Mask. ISBN 978-1-84624-506-0. http://books.google.com/?id=Q_KkcQAACAAJ. 

参考文献[編集]

  • デビッド・D・バーンズ 『いやな気分よ、さようなら : 自分で学ぶ「抑うつ」克服法』 (2版) 星和書店、2004年4月ISBN 9784791102068 

関連項目[編集]