認知の歪み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

認知の歪み(にんちのゆがみ、Cognitive distortion)とは、誇張的で非合理的な思考パターン(イラショナル・ビリーフ, irrational belief)であり、これらは精神病理状態(とりわけ抑うつ不安)を永続化させうるとされている。

この概念は精神科医アーロン・ベックが研究の基礎を築き、彼の弟子のデビッド・D・バーンズがその研究を引き継いだ。最も有名なのはバーンズが1989年に著した『フィーリングGoodハンドブック』(和書は『いやな気分よ、さようなら』)であり、これらの認知パターンを学び、かつ除去する方法を記している[1]

こういった思考パターンは、その個人に現実を不正確に認識させ、ネガティブな思考や感情を再強化させうるとされている[2]

種類[編集]

  • 全か無かの思考 [3]
  • 極度の一般化 [3]
  • 心のフィルター [3]
  • マイナス思考 [3]
  • 論理の飛躍 [3]
  • 拡大解釈、過小解釈 [3]
  • 感情の理由づけ [3]
  • ~すべき思考 [3]
  • レッテル貼り [3]
  • 誤った自己責任化(個人化) [3]

スプリッティング(全か無かの思考)[編集]

とりわけスプリッティングは境界性パーソナリティ障害自己愛性パーソナリティ障害の人らに一般的である。

認知の改善[編集]

精神障害における
予防・治療・リハの連続体[4]

  1. 全体的
  2. 選択的
  3. 指示的




  1. 症例特定
  2. 早期介入
  3. 根拠に基づく治療
  4. 再発防止
  5. 技能訓練
  6. 援助付き雇用
  7. 認知の改善
  8. 包括的ケアマネジメント

認知の改善(Cognitive restructuring, CR)は認知の歪みを特定し、これを打ち破るための治療であり、うつ病患者に多くに用いられる[5]。認知の改善は、自動思考 (automatic thoughts)を除去することを目的としており、それは個人に機能不全やネガティブ視点をもたらす思考である[6]アーロン・ベックデビッド・D・バーンズが開発した認知行動療法(CBT)は、この技法を中核とする心理療法である[7]

自己愛的防衛[編集]

誇張および最小化は、ナルシストが自己の精神的痛みを管理し防御するのに用いる方法として一般的である[8][9].

脚注[編集]

  1. ^ Burns, David D. (1989). The Feeling Good Handbook: Using the New Mood Therapy in Everyday Life. New York: W. Morrow. ISBN 0-688-01745-2. 
  2. ^ Grohol, John (2009年). “15 Common Cognitive Distortions”. PsychCentral. 2009年7月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j デビッド・D・バーンズ 2004, p. 35.
  4. ^ ロバート・ポール・リバーマン 『精神障害と回復:リバーマンのリハビリテーション・マニュアル』 星和書店、2011年3月26日、405頁。ISBN 978-4791107650 
  5. ^ Martin, Ryan C.; Dahlen, Eric R. (2005). “Cognitive emotion regulation in the prediction of depression, anxiety, stress, and anger”. Personality and Individual Differences 39 (7): 1249–1260. doi:10.1016/j.paid.2005.06.004. 
  6. ^ デビッド・D・バーンズ 2004, p. 21.
  7. ^ Rush, A.; Khatami, M.; Beck, A. (1975). “Cognitive and Behavior Therapy in Chronic Depression”. Behavior Therapy 6 (3): 398–404. doi:10.1016/S0005-7894(75)80116-X. 
  8. ^ Millon, Theodore; Carrie M. Millon; Seth Grossman; Sarah Meagher; Rowena Ramnath (2004). Personality Disorders in Modern Life. John Wiley and Sons. ISBN 0-471-23734-5. http://books.google.com/?id=QPa1NAEACAAJ. 
  9. ^ Thomas, David (2010). Narcissism: Behind the Mask. ISBN 978-1-84624-506-0. http://books.google.com/?id=Q_KkcQAACAAJ. 

参考文献[編集]

  • デビッド・D・バーンズ 『いやな気分よ、さようなら : 自分で学ぶ「抑うつ」克服法』 (2版) 星和書店、2004年4月ISBN 9784791102068 

関連項目[編集]