ハロー効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハロー効果(ハローこうか、:halo effect)とは社会心理学の現象で、ある対象を評価をする時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められる(バイアス)現象のこと。後光効果ハローエラーともいう。例えば、ある分野の専門家が専門外のことについても権威があると感じてしまうことや、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことが挙げられる。ハロー効果は、良い印象から肯定的な方向にも、悪い印象から否定的な方向にも働く[1][2]

ハロー効果という言葉が初めて用いられたのは、心理学者エドワード・ソーンダイクが1920年に書いた論文「A Constant Error in Psychological Ratings」である。ハローとは聖人の頭上に描かれる光輪のことである[2]

ハロー効果が起こる原因は、物事の一面だけで判断することで、即断が可能になるからである。原始的な時代ではこの考え方は生存に有利であり、それが遺伝的に受け継がれていると考えられている[2]

あばたもえくぼ」、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざは、この効果を表している。[1]

画像処理用語[編集]

画像処理用語としてシャープフィルタを用いて境界線の滲みを補正した際に現れる白縁が光輪に見える事からハロー効果またはハロー現象と呼ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ a b 後光効果”. コトバンク. 2016年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c ハロー効果:その定義とWebユーザーエクスペリエンスへの影響”. U-Site (2013年11月9日). 2016年10月21日閲覧。

関連項目[編集]