インフルエンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インフルエンサーinfluencer)は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと[1][2]。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる[2]

英語でinfluencerは、「影響者」を意味している[3][補足 1]

ブログ利用者が急増した2007年頃から頻繁に使用される言葉になった[1]。ブログ利用者の中には数千・数万の読者を持つカリスマブロガーと呼ばれる人物が現れ、その人物が発信した情報が数十万人単位に広まり、大きな宣伝効果を持つようになった[4]。そのことが、購買行動に影響を与えるようになった[1]。2010年頃には、企業側がインフルエンサーを活用した宣伝、インフルエンサー・マーケティングに取り組むようになっていった[2][5]

インフルエンサー・マーケティングが成立した背景には、ジャーナリストのマルコム・グラッドウェルが2002年に発表した『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』がベストセラーになったこともあって、広告よりも口コミの方が顧客獲得単価が高いという認識が産業界に広まったことがある。しかし、インフルエンサーはあくまで個人に過ぎず、その言動をスポンサーがコントロールするようなことができない。そのため、インフルエンサーの不適切な言動によって製品のイメージに傷がつくこともあり、マーケティング手法としては諸刃の剣になりうる。また、インフルエンサーとメーカーとの関係によってはステルスマーケティングとの線引きが難しいケースがあり、政府機関による規制の対象となりうる[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ 感染症のインフルエンザinfluenza)もラテン語の流行から来ており、語源は同じである。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『インフルエンサー』- 日本大百科全書ウェブ版
  2. ^ a b c 『ワンクリック解説 インフルエンサー・マーケティング 1』 - 日経産業新聞 2010年1月7日 3ページ
  3. ^ influencerとは - weblio
  4. ^ 『ワンクリック解説 インフルエンサー・マーケティング 3』 - 日経産業新聞 2010年1月15日 3ページ
  5. ^ 『週刊ダイヤモンド 97巻 9号』- 133-136ページ
  6. ^ 奥谷海人 (2017年11月6日). “Access Accepted第554回:インフルエンサーマーケティングという魅力的な綱渡り”. 4Gamer.net. 2017年11月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『日経産業新聞』 各バックナンバー
  • 『週刊ダイヤモンド』 97巻 9号

外部リンク[編集]