自己愛的防衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自己愛的防衛(じこあいてきぼうえい、: Narcissistic defences)とは、自らの理想的な側面が保護され、その限界が否認されるプロセスである[1]。そうした人々は、硬直的で融通が利かない傾向がある[2]。彼らは意識的・無意識的にかかわらず、しばしばの感情に駆られる[3]

成り立ち[編集]

自己愛的防衛は生起する最も早期の防衛機制であり、それは否認歪曲投影を含んでいる[4]ナルシストに広く見られる、人や状況を全て良いか悪いか、白か黒かの観点から見る分裂スプリッティング)は、また異なる防衛機制である[5]。ナルシストに典型的な、自身を過度に評価する自己愛的防衛は、発達のいかなる段階の前にも生じうる[6]

一連の防衛[編集]

ナルシストは痛みを伴う感情を排出するために、一般的に以下の一連の防衛を実行する[7][8]

  1. 無意識的抑圧
  2. 意識的否認
  3. 歪曲 (誇張最小化を含む) と虚言
  4. 投影 (誰か他者を非難する)
  5. 自らの歪んだ考えを支持してくれるであろう、共依存的な友人の助けを一人か二人以上呼ぶ

フロイト[編集]

ジークムント・フロイトは、自己愛的防衛に特に注目していないが[9]、『ナルシシズム論』において言及している。フロイトは自己愛的退行を、対象喪失に対する防衛的応答と見なした[10]

クライン[編集]

メラニー・クラインは、ナルシシズムにおける投影性同一視と、対象が傷つくことを知覚することに背く躁的防衛を強調した[11]クライニアンにとって、ナルシシズムにおける躁的防衛の核心は、ハンナ・シーガルが支配・征服・軽蔑という感情の三つ組と呼んだものの中に存在する[12]

ロゼンフェルド[編集]

ハーバート・ロゼンフェルドは、自我対象分離を意識化することへの自己愛的防衛手段として、投影性同一視と組み合わさった万能の役割を観察した[13]

カーンバーグとコフート[編集]

クラインに引き続いて、特にオットー・カーンバーグハインツ・コフートアメリカの学派を含め、対象関係論否認投影性同一視、過度の理想化などのメカニズムの分析を通じて、自己愛的防衛について探求した[14]。カーンバーグは自己愛的防衛の肯定的側面を重要視し、他方コフートもまた、スムーズな成熟過程を経るよう互いにうまくやるために、幼い時期における自己愛的な態勢の必要性を強調した[15]

脚注[編集]

  1. ^ Shaw J.A. (1999). Sexual Aggression, American Psychiatric Publishing, pp. 28-9.
  2. ^ Gerald Alper, Self Defence in a Narcissistic World (2003) p. 10
  3. ^ Patrick Casement, Further Learning from the Patient (1990) p. 132
  4. ^ Barry P.D., Farmer S. (2002). Mental Health and Mental Illness, p. 175.
  5. ^ Lubit R. (2002). "The long-term organizational impact of destructively narcissistic managers", Academy of Management Executive, 16(1), 127-138.
  6. ^ Ken Wilber|Wilber K., Engler J., Brown D. (1986). Transformations of Consciousness: Conventional and Contemplative Perspective of Development, Boston: New Science Library, New York City, NY, p. 150
  7. ^ Millon, Theodore; Carrie M. Millon, Seth Grossman, Sarah Meagher, Rowena Ramnath (2004). Personality Disorders in Modern Life. John Wiley and Sons. ISBN 0-471-23734-5. http://books.google.co.uk/books?id=mHnbLYVAn9kC&pg=PT209. 
  8. ^ Thomas D Narcissism: Behind the Mask (2010)
  9. ^ Elsa Schmid-Kitsikis, "Narcissistic Defenses"
  10. ^ Freud, Metapsychology, p. 258
  11. ^ James S. Grotstein, "Foreword", in Neville Symington, Narcissism: A New Theory (London 1993), p. xii
  12. ^ Hanna Segal, Introduction to the Work of Melanie Klein (London 1964), p. 70
  13. ^ Jean-Michel Quinodoz, The Taming of Solitude (2004), p. 168
  14. ^ Schmid-Kitsikis
  15. ^ Heinz Kohut, The Analysis of the Self (Madison 1971) p. 215

参考文献[編集]

  • Adamson, J./Clark, H. A., Scenes of Shame (1999)
  • Federn, Paul, "Narcissism in the structure of the ego", International Journal of Psychoanalysis (1928) 9, 401-419.
  • Green, André, Life narcissism, death narcissism (Andrew Weller, Trans.), London and New York: Free Association Books (1983).
  • Grunberger, Béla (1971), Narcissism: Psychoanalytic essays (Joyce S. Diamanti, Trans., foreword by Marion M. Oliner). New York: International Universities Press.
  • Tausk, Viktor (1933), "On the origin of the "influencing machine" in schizophrenia" In Robert Fliess (Ed.), The psycho-analytic reader. New York: International Universities Press. (Original work published 1919)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]