否認

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
精神分析学のシリーズ記事 
精神分析学
photograph

否認(ひにん, Denial)とは、一般的には申し立てが事実ではないと主張すること[1]。精神分析家ジークムント・フロイトはこれを防衛機制として挙げ、人がそれを受け入るにはあまりにも不快な事実に直面した際に、圧倒的な証拠が存在するにも関わらず、それを真実だと認めず拒否することである[1][2][3]

これは以下の形態をとり得る。

  • 単純な否認: 不快な事実について、その現実をすべて否定する
  • 最小化(ミニマリゼーション): 事実については認めるが、その重大性については否認する(否認と合理化の組み合わせ)。
  • 投影: 事実と重大性ともに認めるが、責任については他者を責めることで否認する

キューブラー=ロスモデル(死に至る段階)においては、否認は第1の段階である。

種別[編集]

現実を否認[編集]

欺瞞を利用することで事実を避けるものである。事実を否認する人は、自分自身や他の人にとって苦痛となりえる事実を避けるために、典型的には嘘を使用する。

責任の否認[編集]

以下の形を取り得る。

  • 非難: 犯罪性を直接的に、他人に転嫁する声明を出す。
  • 最小化: その行動による効果・結果について、現実よりも害が少ないと見せる。
  • 正当化: 取った選択について、それがその状況においては正しい選択であったと主張する。
  • 退行: 当人の年齢についてふさわしくない行動を取る(たとえば泣くなど)[4]

DARVO[編集]

ハラスメントでは、広範な攻撃行動が用いられる。一般には相手を妨害・動揺させるような行動が取られる。

DARVOとは虐待者の共通の戦略を示すアクロニムであり、虐待を否認(Deny)、被害者を攻撃(Attack)、攻撃者と被害者の逆転(Reversing Victim and Offender)することである。これにはガスライティング被害者攻撃などが含まれる。

アディクションにおいて[編集]

否認の概念は嗜癖(アディクション)の理解において大変重要である[5][6]否認は病的防衛機制として、病気利得を得るために(つまり、依存を続ける言い訳として)なされる。

  • 「世の中、面白くないことばかりだ」  (世の中のせいで依存し続ける)
  • 「私はかわいそうな人なの」(だから依存し続けても仕方ないの)
  • 「人間は誰だって死ぬんだ」(だから依存し続けても同じだ)
  • 「使っていれば落ち着くんだ」(だから依存し続けるメリットがある)
  • 「法律に違反しているわけではない」(だから依存し続けてもよい)

嗜癖における否認の三段階として、以下が挙げられる[5]

第一の否認:「自分は大丈夫!」
嗜癖であることを認めると、嗜癖行為をこれ以上行えなくなってしまうため、嗜癖であることを認めない[5]。その有害性を過小評価・歪曲し、自らの問題性を否認する。
「少し多めに買い物をしても、返せないほどの借金があるわけではない」、「タバコ吸っていても、自分は今まで癌になっていない」、「あいつはウィスキーだけど、俺はビールだからアル中ではない[6]」「マリファナは害が少ないから、やっても大丈夫」など。
第二の否認:「いつでもやめられるから大丈夫!」
嗜癖は認めるが、セルフコントロール不能であることを認めない[5]
「自分の意思でいつでもやめられるから大丈夫!」。 周囲の者すら「最近はパチンコに行く回数が減ったから大丈夫」などと否認をすることもある。
第三の否認:「やめさえすれば大丈夫!」
嗜癖とセルフコントロール不能ともに認めるが、嗜癖のもとになった問題の存在を認めない[5]。嗜癖によって嗜癖対象以外にも生じてしまった問題を否認する。周囲との人間関係やコミュニケーション、経済問題やその人の内面などに問題があることを否認する。
「酒さえやめれば、元通りいくらでも働ける」、「クスリをやめさえすれば、俺も家族も問題はない」など。また「パチンコさえしなければ、申し分なくいい人なのに」と周囲者が「第三の否認」をすることもある。

治療において[編集]

12ステップのプログラムにおいて否認の概念は、第1、第4、第5、第8、第10ステップの基礎をなしており、そこでは否認を放棄・逆転することがうたわれている。否認や最小化の能力は、その当人がその問題行動を継続することを可能にするものである(イネーブリング[5]。それが残っていることは、嗜癖治療が効果を示さない理由の一つに挙げられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b “denial”. Oxford English Dictionary (Online, U.S. English ed.). Oxford University Press. http://www.oxforddictionaries.com/us/definition/american_english/denial 2014年5月24日閲覧。. 
  2. ^ Niolon, Richard (2011年4月8日). “Defenses”. Richard Niolon. 2014年5月24日閲覧。
  3. ^ Freud, Sigmund (1925). "Die Verneinung".
  4. ^ Sirri, L.; Fava, G.A. (2013). “Diagnostic criteria for psychosomatic research and somatic symptom disorders”. International Review of Psychiatry 25 (1): 19–30. doi:10.3109/09540261.2012.726923. PMID 23383664. 
  5. ^ a b c d e f 山本由紀; 長坂和則 『対人援助職のためのアディクションアプローチ: 依存する心の理解と生きづらさの支援』 中央法規出版、2015年10月2日、Chapt.1.2。ISBN 978-4805852538 
  6. ^ a b 信田さよ子 『依存症』 文芸春秋、2000年6月ISBN 978-4166601080 

さらに読む[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]