ドリアン・グレイ症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドリアン・グレイ症候群(ドリアン・グレイしょうこうぐん、: Dorian Gray syndrome ; DGS)とは、個人的な外見や肉体に基づく極端な自尊心に特徴付けられる、社会文化的現象を指し示す言葉である。これには心理的成熟の必要性と、肉体老化に対処する困難が付随している。ドリアン・グレイ症候群は、重複して組み合わさった3つの症状に特徴付けられており、それは醜形恐怖症自己愛的性格特徴・発育遅滞という診断上の標識である。これに加えしばしば性倒錯が見られる[1]

出典[編集]

  1. ^ Uwe Gieler et al. eds., Clinical Management in Psychodermatology (2008) pp. 46-47

参考文献[編集]

  • Brosig B.(2000) The "Dorian Gray Syndrome" and other fountains of youth. Paper presented at the Continuous Medical Education Board of the Landesärztekammer Hessen, Clinical Pharmacology Section, on 29. 4. 2000 in Bad Nauheim, FRG.
  • Brosig B, Kupfer J, Niemeier V, Gieler U. The "Dorian Gray Syndrome": psychodynamic need for hair growth restorers and other "fountains of youth." Int J Clin Pharmacol Ther. 2001 Jul;39(7):279-83.
  • Brosig, B., Euler, S., Brähler, E., Gieler, U. (2005) Das Dorian Gray Syndrom. In: Trüeb, R. A. (Hg.) : Smart aging. Darmstadt, Steinkopff (in press).
  • Euler, S., Brähler, E., Brosig, B. (2003): Das Dorian-Gray-Syndrom als „ethnische Störung“ der Spätmoderne. Psychosozial 26, 73-89.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]