ドリアン・グレイの肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドリアン・グレイの肖像の押絵

ドリアン・グレイの肖像』(ドリアン・グレイのしょうぞう、The Picture of Dorian Gray、1890年)は、オスカー・ワイルド唯一の長編小説(novel)作品。三度、映画化された。

あらすじ[編集]

友人の画家バジルのモデルとなった美青年ドリアン・グレイは、逆説家ヘンリー卿が紡ぎ出す自分の若さと美への賞賛、及び奔放な生活こそ最高の芸術だとする言葉に酔わされ、バジルの描いた肖像画を前にして、肖像画のほうが歳をとればいいのにと言いだす。

ヘンリー卿の言うとおりの生き方を始めたドリアンは、若い舞台女優シヴィルと恋に陥り婚約をする。しかし本当の恋を知ったため平凡な女優に成り下がってしまったシヴィルをドリアンは幻滅し捨ててしまう。その日、ドリアンはバジルから貰い受けた自分の肖像画が醜くなっていたのを見て驚く。シヴィルが自殺したのにヘンリー卿とオペラを見に行くドリアンをバジルは非難し、例の肖像画に変わったことはなかったかと問う。図星をつかれて驚いたドリアンは肖像画を屋根裏部屋に隠す。

それから20年後、バジルは、ドリアンの奔放な官能主義に関するうわさの真偽を確かめるため、彼の家を訪ねた。ドリアンは噂を否定せず、自分の正体を見せると言って例の肖像画を見せる。醜く変貌した肖像画を見て責めるバジルをドリアンは逆上し殺してしまい、その死体の始末を、かつて悪徳を共有したがゆえの弱みを握っている科学者に強いる。

罪におののくドリアンは麻薬に溺れアヘン窟に出入りするようになり、そこである男に殺されそうになる。それは姉の仇をとらんとしていたシヴィルの弟ジェイムズだった。ジェイムズはドリアンの若さを見て人違いを謝るが、直後ドリアンがふしぎと老いないことを聞き知り、郊外で催されたパーティーまでドリアンを追いかけてくる。しかしジェイムズはそこで兎狩りの誤射により死ぬ。

安堵したドリアンは心を入れ替えようとするが、ヘンリー卿に一笑に付される。いよいよ醜悪になった肖像画を見てドリアンは、改心も偽善と好奇だけのことではないかと思う。この肖像画こそ自分の良心だと知ったドリアンは絵を破壊せんとする。悲鳴を聞いて駆けつけた者らが見たのは、美青年の肖像画と醜い老人の死に姿だった。

登場人物[編集]

ドリアン・グレイ
金髪碧眼の美青年。
バジル・ホールウォード
ドリアンの肖像画を描いた画家。
ヘンリー・ウォットン(愛称:ハリー)
バジルの友人で、逆説的見識を持っている。その言葉に惑わされてドリアンは悪徳を重ねていく。
シヴィル・ヴェイン
女優。
ジェイムズ・ヴェイン
シビルの弟。
アラン・キャンベル
ドリアンとかつて悪徳の行為を共にした科学者。
ロード・ファーマー
ヘンリーの叔父。
ビクトリア
ヘンリーの妻。

映画[編集]

1945年 - 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray)
1970年 - 『ドリアン・グレイ/美しき肖像』(The Secret of Dorian Gray)

2009年 - 『ドリアン・グレイ』(Dorian Gray)

TVドラマ[編集]

1976年-『ドラマ・ドリアングレイの肖像』(BBC Play of the Month-The Picture of Dorian Gray) 日本未放映。
1982年 -『美女ドリアン・グレイの秘密<別題:幻想(まぼろし)のドリアン・グレイ>』(The Sins of Dorian Gray)

舞台[編集]

日本での上演作品[編集]

1996年版[編集]

同名タイトルで宝塚歌劇団星組によって舞台化作品が上演され、1996年9月19日 - 30日に宝塚バウホール、1997年1月22日 - 29日に日本青年館で上演された。作・演出は中村暁

主な配役
  • ドリアン・グレイ:紫吹淳
  • シビル・ヴェイン/ヘティ(二役):月影瞳
  • ヘンリー・ウォットン卿:湖月わたる
  • バジル・ホールウォード:久城彬

2015年版[編集]

2015年8月16日 - 18日・9月1日 - 6日には新国立劇場中劇場、8月22日 - 26日には森ノ宮ピロティホール、8月29日・30日にはキャナルシティ劇場にて、同名タイトルの舞台化作品が上演。脚本はG2、演出はグレン・ウォルフォード。主演は中山優馬[1]

主な配役

韓国での上演作品[編集]

ドリアン・グレイ』のタイトルで、2016年にミュージカル化。脚本がチョ・ヨンシン、演出・脚色がイ・ジナ、作曲がキム・ムンジョンが担当[2]

主な配役
  • ドリアン・グレイ - キム・ジュンス
  • シヴィル・ヴェイン - ホン・ソヨン
  • ヘンリー・ウォットン - パク・ウンテ

主な日本語訳[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]