認知障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

認知障害(にんちしょうがい、Cognitive disorders) とは、精神疾患のひとつで、主に学習、記憶、理解、問題解決に障害をきたしている状態であり、健忘認知症せん妄などの疾患が含まれる。不安障害気分障害精神病においても認知や記憶の不全をもたらすが、DSM-IV-TRではこれらでは認知機能問題が主な症状ではないため、認知障害には含まれないとしている[1]

原因は種類によって様々ではあるが、最も多いケースは脳の記憶部へのダメージである[2][3][4]。治療法は原因によって様々である。 薬物やセラピーは最も一般的であるが、種類によっては鎮静はできても治療方法が存在しないことがある(健忘など)[3][4]

分類[編集]

せん妄[編集]

認知症[編集]

認知症は、加齢もしくは外傷によって引き起こされ、患者の記憶が一部または全体が忘れ去られる。老年期においては一般的ではあるが、それに限定されない。 認知症によって別種の認知障害が引き起こされることも珍しくはない[1]。 加齢による認知症は不可逆なものであるため、記憶と認知の機能低下は生涯的なものである[1]。認知症はミニメンタルステート検査(MMSE)などのによってスクリーニング可能である。[1]

健忘[編集]

健忘症の患者は長期記憶を保つことに障害がある。前向性健忘とは、直近の出来事を記憶することが困難な状況であり、これは脳の海馬を損傷したケースに一般的である[4]逆向性健忘も海馬損傷によって引き起こされるが、これは過去の記憶が欠乏している状況である[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Guerrero, Anthony (2008). Problem-Based Behavioral Science of Medicine. New York: Springer. pp. 367–79. 
  2. ^ Torpy, Janet (2008). “Delirium”. The Journal of the American Medical Association 300 (19). 
  3. ^ a b Torpy, Janet (2010). “Dementia”. The Journal of American Medical Association 304 (7). 
  4. ^ a b c d Cicerelli, Saundra. Psychology. Upper Saddle River: Pearson Prentice Hal. 

外部リンク[編集]