精神病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Psychosis
分類および外部参照情報
診療科 精神科
ICD-10 F20-F29[1]
ICD-9 290-299
OMIM 603342 608923 603175 192430
MedlinePlus 001553

精神病(せいしんびょう、: Psychosisサイコシス)とは、妄想幻覚を特徴とした症状である[2][3]。こうした症状は、統合失調症の症状であったり、また他が原因として症状を呈している場合には、精神病性障害(psychotic disorder)とも呼ばれる。以上が現行の医学的な用法である。健康な人でも生涯において5.8%が精神病体験をしている[4]

伝統的な分類では、精神病(psychoses)と神経症(neuroses)とに分類されてきたが、このような旧来の分類は不正確な診断をもたらし、より正確な診断を行うために分類が発達してきた[5]。この意味では、精神病とは様々な精神障害の総称であり、一般的には神経症と対比し、より重い症状を意味する[6]。主に内因性の精神障害を指し、統合失調症躁うつ病などが含まれる[7]

また、口語的に広く精神の病的な状態を表す用語として、この精神病の語が使われることがある。これについては、現行の医学的な定義である精神障害を参照。

定義[編集]

精神病とは、精神的な病気全般を表すmental diseaseやmental illnessの口語的な訳である。現行の医学的な定義では、精神障害のことである。

他に医学的定義を挙げる。

精神病理学における精神的な病気全般[編集]

1世紀ほど前に研究された精神病理学(psychopathylogy)に発端がある。

精神病という名称は1835年ジェームス・プリチャード英語版によって「生活の所作の中で礼儀と礼節どおりに振る舞う」ことができない人々を説明するために作られた[8]。 1859には、ハインリッヒ・ノイマンが、精神病はそれ以上に分類できず単一であると主張したが[9]、後に研究が続き、1899年にエミール・クレペリン、精神病を、統合失調症躁うつ病(今で言う双極性障害)とに二分した[10]。感情に問題がある場合と、そうでないものを分けたのである[9]

カール・ヤスパースも、てんかんを加えた3つを「大精神病」と呼び、「精神障害を伴う既知の身体疾患」「精神病質」とともに精神疾患のカテゴリーとした。

クルト・シュナイダーは、精神疾患一般を精神病と呼んだ。

伝統的な分類であり、神経症(neuroses)と精神病(psychoses)分類である[5]。神経症が、不安といった不適応行動が特徴で、入院するほどでもない場合が多い[5]。精神病は、より重篤な状態であり、行動や思考の障害が激しい[5]。しかしながら、このような旧来の分類は不正確な診断をもたらし、次に述べるICD-10DSM-IVによる厳密な区別によって、より正確に診断できるようになった[5]。この流れは、クレペリンによる分類を基礎とした流れでもある[9]

現行の診断基準における妄想や幻覚の症状[編集]

精神病の現在的な定義は、厳密には当人に現実検討ができない幻覚や妄想である[3]。もう少し広義には、当人が幻覚や妄想が存在していることを、いくらかは洞察している状態である[3]。アメリカでは過去にさらに広い定義で使用され、統合失調症が過剰診断された[3]。世界保健機関のICD-10は、精神病あるいは精神病性の定義に触れ、妄想や幻覚のような症状であるとしている。

世界保健機関 (WHO)『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)の第5章の「精神と行動の障害」には、F1x.5精神病性障害(Psychotic disorder)の診断コードが用意されている。

アメリカ精神医学会(APA)による『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版 (DSM-IV) においては、妄想や幻覚のような精神病症状を持つ様々な障害が用意されている。

なお、精神障害である場合には、重症であることも同時に要求される。

症状[編集]

精神病に陥った人々は、幻覚妄想緊張病(カタトニア)、思考障害などを一つ以上経験する。また社会的認知の障害も発生する[11][12]

思考障害とは、意識的思考の根本的な障害であり、一般的には発言や執筆への不全として分類されている。この障害を持つ患者は、統合が緩み、発言や執筆の意味内容が、断絶し解体したものになる。重症ケースでは会話の内容が不可解となり、それは「言葉のサラダ(ワードサラダ)」状態として知られている。

ワードサラダの例:「ヤキトリが上がると核抑止力が不真面目になるが、そのままロールケーキを検索しつつ電球から飛び込んだ。完全に新しいものが生まれたのです。」

精神病と原因[編集]

精神病の原因には、内因・外因・心因がある。これらが複数重なって精神病が発症することもある。この3つに環境因も加えることがある。診断には先に外因性を除外する必要があり、つまり医学的あるいは薬理学的に症状が生じていない場合に、心因性などとなる。

DSM-IVでは、35歳すぎの発症は、外因性の可能性を気づかせるとし、非聴覚性の幻覚の9割が、物質誘発性か一般身体疾患によるものであるとしている。

正常な精神病体験[編集]

世界保健機関(WHO)のデータから、18か国31,261人のデータを分析し、健康な人でも生涯において5.8%が精神病体験をしている[4]

外因性精神病[編集]

外因性精神病は、原因が非心因性に認められる精神病である。日本では従来、外因性精神病は器質精神病(広義)と呼ばれ、次の4分類がなされてきた。

  • 器質精神病(狭義)

中枢神経細胞自体の障害によるものである。

器質精神病(狭義)・症状精神病は、ICD-10ではF00〜F09に、DSM-IV-TRでは「〜による精神病性障害 (293.xx)」にそれぞれ該当する。原因は以下のようなものである
  • 症状精神病
感染などの脳以外の身体疾患によって現れる。
今日では精神病に含めない。ICD-10のG-40, 41の神経疾患である。

物質誘発性精神病性障害[編集]

ICD-10では、「向精神薬の使用による精神と行動の障害」のF1x.5精神病性障害に、DSM-IV-TRでは、物質関連障害の物質誘発性精神病性障害にそれぞれ該当する。原因となりやすい物質は、アルコールや、アンフェタミンのような覚醒剤、鎮静催眠剤のような医薬品である。中毒あるいは離脱に伴って短期的に生じる。

ICD-10では、向精神薬誘発性精神病の状態は、アンフェタミンやコカイン精神病の場合のように短期的なものであり、誤ってより深刻な統合失調症のような状態が診断されれば、悲惨な影響を与えると注意している。DSM-IVでは、覚醒剤、大麻、アヘンの中毒あるいは、アルコール、鎮静催眠剤の離脱において、現実検討ができる、光、音、幻視は、物質誘発性精神病性障害ではない。中毒あるいは、離脱である。4週間以上にわたる場合は、別の原因を考慮せよとしている。

アルコールが直接原因ではなく、ニコチン酸チアミンの不足によって起こる。
特に大量のメタンフェタミン(覚醒剤)を使用していた場合、被害妄想や無秩序な思考や幻覚といった精神病の症状を呈する[13]。使用後1週間以内にその症状は消失するとされている[13]。脆弱性のある個人の、精神病エピソードの症状を突発させたり強めたりする[14]
大麻乱用後に起こることがあるとされている仮説の精神病。大麻との因果関係を示すエビデンスはなく、疾患単位は確立されていない。
過感受性精神病は、抗精神病薬の多用によって精神病が起きやすくなった状態である[15]

心因を主とする精神病[編集]

心因性精神病は、ストレスなどの心的要因によって起こった、精神の強い反応である。反応精神病では、人格の解体・現実検討能力の著しい障害が見られる。ICD-10では、症状に応じて急性一過性精神病性障害 (F23) や感応性妄想性障害 (F24) などに含める。一ヶ月以内に症状が治まる場合、DSM-IV-TRでは短期精神病性障害に含めることになる。

内因を主とする精神病[編集]

内因性精神病は、原因が脳自体にあると思われるが、いまだに原因が明確には解明されていない精神病である。たとえば内因性精神病の代表である統合失調症は、先天的な脆弱性のあるところに環境的な要因が加わって発症するとされている。

内因性精神病と心因性精神病は、ICD-10では「統合失調症、統合失調症様障害と妄想性障害 (F20-F29)」に、DSM-IV-TRでは「統合失調症および他の精神病性障害」にそれぞれ含まれ、症状に応じて細分類がなされる。

危険因子[編集]

世界保健機関は2004年に以下のように報告している。コカインとアンフェタミンの使用の高い率が高い国では、一般集団と比較して統合失調症の患者において、使用率が2倍から5倍の間で高く、いくつかの仮説につながっている[16]。ニコチンにおいても統合失調症の患者では喫煙率が高いが、そのような仮説は提唱されていない[16]。しかし、ニコチンが軽い精神刺激薬であることを考えると驚くべきことではないと世界保健機関は報告している[16]。またなんらかの精神障害を有している場合には、アルコール依存症の比率は一般集団の2.3倍である[17]

2015年にBMJに掲載されたシステマティック・レビューは、毎日のタバコの喫煙が、精神病の危険性を増加することを見出している[18]

予防[編集]

認知行動療法(CBT)についてはハイリスクグループの発病リスクを減らせるというエビデンスが存在し[19]英国国立医療技術評価機構(NICE)はハイリスクグループに対してCBTによる予防が推奨されると2014年に勧告した[20]

またNICEは、発症防止、予防を目的とした抗精神病薬の投与は行ってはならないと勧告している[21]

議論[編集]

一方で、他の手法による精神病への早期介入(Early intervention)の効果は、まだ結論が出ていない[22]。早期介入によって短期的な成果はもたらされるものの、5年間を通した評価では利益は小さいという意見もある[23]

アットリスク精神状態[編集]

アットリスク精神状態(At risk mental state, ARMS)とは、 精神病または統合失調症の形成リスクが高いとみなされる臨床的状態[24]。この状態は、かつては前駆症状や精神病の症状発生時として治療されていたが、しかし現在ではそういった見解は主流ではなくなった。

未症状時点での専門的サービスを初めて導入したのは豪州メルボルンThe Pace Clinic[25][26]であり、それはまた世界各国で試みがなされている[27][28][29][30] この概念をどのように臨床に導入するかについて研究が多々行われている[31][32][33][34]

アレン・フランセスは早期発見は素晴らしいアイデアだが、精度の低い診断と、危険な非定型抗精神病薬の投薬という誤った組み合わせであり、ほぼ確実な生物学的検査と、危険性と利益の比率が良い治療法という2点が満たされる必要があるとしている[35]

福祉制度[編集]

原則として障害年金の認定の対象とならないが、臨床症状から判断して精神病の病態を示しているものについては、統合失調症または躁うつ病に準じて取り扱うことになっている[36]

中毒精神病の語は、厚生省保健医療局長通知「精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について」において説明される用語であり、「精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準の説明」によると精神作用物質の摂取によって引き起こされる精神および行動の障害を指す。精神作用物質とは、有機溶剤などの産業化合物、アルコールなどの嗜好品、麻薬、覚醒剤、コカイン、向精神薬などの医薬品など。

脚注[編集]

  1. ^ icd10online
  2. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Introduction.
  3. ^ a b c d アレン・フランセス 『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』 金剛出版、2014年3月、122頁。ISBN 978-4772413527Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5®, The Guilford Press, 2013.
  4. ^ a b McGrath, John J.; Saha, Sukanta; Al-Hamzawi, Ali; Alonso, Jordi; Bromet, Evelyn J.; Bruffaerts, Ronny; Caldas-de-Almeida, José Miguel; Chiu, Wai Tat et al. (2015). “Psychotic Experiences in the General Population”. JAMA Psychiatry 72 (7): 697. doi:10.1001/jamapsychiatry.2015.0575. PMID 26018466. 
  5. ^ a b c d e ヒルガードの心理学第15版 2012, p. 794.
  6. ^ 伊藤正男; 井村裕夫; 高久史麿編 『医学書院医学大辞典』 (第2版) 医学書院2009年2月、1540頁。ISBN 978-4260005821http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=54705 
  7. ^ 大辞林第三版「精神病」、『コトバンク』、朝日新聞社2014年6月21日閲覧。
  8. ^ S.ジオラ・ショーハム、ジオラ・ラハーブ『犯罪と逸脱のスティグマ(烙印)理論:カインから現代まで』藤田弘人、神戸博一訳 文化書房博文社 1998年、ISBN 4830108258 p.62.
  9. ^ a b c エドワード・ショーター 『精神医学の歴史』 木村定(翻訳)、青土社、1999年10月、133、136。ISBN 978-4791757640、A History of Psychiatry: From the Era of the Asylum to the Age of Prozac, 1997
  10. ^ 西園昌久、(編集)神庭重信、黒木俊英 「うつ病の多様性と力動的理解」『現代うつ病の臨床』 創元社、2009年、12-28頁。ISBN 978-4-442-11423-1
  11. ^ Fusar-Poli, P.; Deste, G.; Smieskova, R.; Barlati, S.; Yung, AR.; Howes, O.; Stieglitz, RD.; Vita, A. et al. (Jun 2012). “Cognitive functioning in prodromal psychosis: a meta-analysis”. Arch Gen Psychiatry 69 (6): 562–71. doi:10.1001/archgenpsychiatry.2011.1592. PMID 22664547. 
  12. ^ Brown, EC.; Tas, C.; Brüne, M. (Jan 2012). “Potential therapeutic avenues to tackle social cognition problems in schizophrenia”. Expert Rev Neurother 12 (1): 71–81. doi:10.1586/ern.11.183. PMID 22149657. 
  13. ^ a b 世界保健機関 2004, p. 44.
  14. ^ 世界保健機関 2004, p. 95.
  15. ^ 『過感受性精神病』 伊豫雅臣(監修)、中込和幸(監修)、星和書店、2013年5月ISBN 978-4791108404
  16. ^ a b c 世界保健機関 2004, pp. 174-175.
  17. ^ 世界保健機関 2004, p. 169.
  18. ^ Gurillo, Pedro; Jauhar, Sameer; Murray, Robin M; MacCabe, James H (2015). “Does tobacco use cause psychosis? Systematic review and meta-analysis”. The Lancet Psychiatry 2 (8): 718–725. doi:10.1016/S2215-0366(15)00152-2. PMID 26249303. http://www.thelancet.com/journals/lanpsy/article/PIIS2215-0366(15)00152-2/fulltext. 
  19. ^ Stafford, MR; Jackson, H; Mayo-Wilson, E; Morrison, AP; Kendall, T (Jan 18, 2013). “Early interventions to prevent psychosis: systematic review and meta-analysis”. BMJ (Clinical research ed.) 346: f185. doi:10.1136/bmj.f185. PMC 3548617. PMID 23335473. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3548617. 
  20. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.3.
  21. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.3.2.
  22. ^ Marshall M, Rathbone J (2006). “Early intervention for psychosis”. Cochrane Database Syst Rev (4): CD004718. doi:10.1002/14651858.CD004718.pub2. PMID 17054213. http://bjp.rcpsych.org/content/196/5/343. 
  23. ^ van Os J, Kapur S (August 2009). “Schizophrenia”. Lancet 374 (9690): 635–45. doi:10.1016/S0140-6736(09)60995-8. PMID 19700006. http://xa.yimg.com/kq/groups/19525360/611943554/name/Schizophrenia+-+The+Lancet.pdf. 
  24. ^ Yung AR, McGorry PD, McFarlane CA, Jackson HJ, Patton GC, Rakkar A (1996). “Monitoring and care of young people at incipient risk of psychosis”. Schizophr Bull 22 (2): 283–303. doi:10.1093/schbul/22.2.283. PMID 8782287. http://schizophreniabulletin.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=8782287. 
  25. ^ http://www.orygen.org.au/contentPage.asp?pageCode=ATRISK#paceclin
  26. ^ Yung AR, McGorry PD, McFarlane CA, Jackson HJ, Patton GC, Rakkar A (1996). “Monitoring and care of young people at incipient risk of psychosis”. Schizophr Bull 22 (2): 283–303. doi:10.1093/schbul/22.2.283. PMID 8782287. http://schizophreniabulletin.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=8782287. 
  27. ^ Broome MR, Woolley JB, Johns LC (August 2005). “Outreach and support in south London (OASIS): implementation of a clinical service for prodromal psychosis and the at risk mental state”. Eur. Psychiatry 20 (5-6): 372–8. doi:10.1016/j.eurpsy.2005.03.001. PMID 16171652. 
  28. ^ PRIME
  29. ^ (COPE)
  30. ^ Emory University
  31. ^ Yung AR, Phillips LJ, Yuen HP (March 2003). “Psychosis prediction: 12-month follow up of a high-risk ("prodromal") group”. Schizophr. Res. 60 (1): 21–32. doi:10.1016/S0920-9964(02)00167-6. PMID 12505135. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0920996402001676. 
  32. ^ McGorry PD, Yung AR, Phillips LJ (October 2002). “Randomized controlled trial of interventions designed to reduce the risk of progression to first-episode psychosis in a clinical sample with subthreshold symptoms”. Arch. Gen. Psychiatry 59 (10): 921–8. doi:10.1001/archpsyc.59.10.921. PMID 12365879. http://archpsyc.ama-assn.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12365879. 
  33. ^ Morrison AP, French P, Parker S (May 2007). “Three-year follow-up of a randomized controlled trial of cognitive therapy for the prevention of psychosis in people at ultrahigh risk”. Schizophr Bull 33 (3): 682–7. doi:10.1093/schbul/sbl042. PMC 2526150. PMID 16973786. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2526150. 
  34. ^ Schäfer Amminger, Papageorgiou Harrigan, Cotton McGorry, Berger (2008). “Indicated Prevention of Psychotic Disorders with Long-Chainomega-3 Fatty Acids: A Randomized, Placebo-Controlled Trial”. Schizophrenia Research 102: 252. doi:10.1016/s0920-9964(08)70758-8. 
  35. ^ Frances, A. (November 2009). “Whither DSM-V?”. The British Journal of Psychiatry 195 (5): 391–392. doi:10.1192/bjp.bp.109.073932. PMID 19880926. http://bjp.rcpsych.org/content/195/5/391.long. 
  36. ^ 国民年金・厚生年金保険障害認定基準について 社会保険庁年金保険部長通知 昭和61年3月31日 2011年7月17日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]