衝動制御障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衝動制御障害
Impulse control disorder
分類及び外部参照情報
ICD-10 F63
ICD-9 312.3
MeSH D007174
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

衝動制御障害(しょうどうせいぎょしょうがい、Impulse control disorder、ICD)は、精神疾患の1つである。この障害には、間歇性爆発性障害窃盗症病的賭博放火症などが含まれる。

この障害の原因である衝動性は、取るに足らない目先の利益の追求であり、長期的には全く無益な行動であるといえる。この衝動性障害は、以下のような症状を含む。

分類[編集]

抜毛症はDSM-5より強迫性障害に移動された。

ICDにてその他に分類される障害[編集]

治療[編集]

薬物療法[編集]

精神療法[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]