場面緘黙症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Selective Mutism (SM)
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学
ICD-10 F94.0
ICD-9-CM 309.83 313.23
MedlinePlus 001546
eMedicine ped/2660
MeSH D009155

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)、選択性緘黙(せんたくせいかんもく、: Selective Mutism)とは、家庭などでは話すことができるのに、社会不安(社会的状況における不安)のために、学校や幼稚園といったある特定の場面・状況では話すことができなくなる症状が続く状態のことをいう。 幼児期に発症するケースが多い。

症状[編集]

概要[編集]

場面緘黙症とは、ある特定の場面・状況でだけ話せなくなる症状が続く状態のことである。

子供が自宅では家族らと問題なく会話をしていても、学校や幼稚園など家の外では全く、あるいはそれほど話さず、誰とも話さないという例は多い。そして、その子供は非常に内気な様子に見え、グループでの活動に入りたがらなかったりする。

脳機能そのものに問題があるわけではなく、行動面や学習面などでも問題を持たない。

また、強い不安により体が思うように動かせなくなる緘動(かんどう)という症状が出る場合もある。

単なる人見知り恥ずかしがり屋との大きな違いは、症状が大変強く、何年たっても自然には症状が改善せずに長く続く場合があるという点である。

発症率[編集]

現状ではあまり明確になっていない。

1998年の調査では小学校低学年では全体の2%がこの症状を持っているという報告がされた (Kumpulainen et al., 1998)。また、性別では女の子の方が男の子より1.5~2倍の割合となっている (Steinhausen and Juzi, 1996)。

アメリカの精神医学誌The Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatryの2002年の調査では、その発生率は1000人中7人の割合とされた。

診断[編集]

場面緘黙症の判断基準について、2つの主流の分類を以下に示す。

ICD-10[編集]

選択性緘黙とは、話す際に著しい、感情的に断固とした選択性があるのが特徴であり、子供がある若干の状況で言語能力を示すが、別の(定義可能な)状況では話すことができないものである。この障害は、通常、社交不安障害引きこもり過敏症または治療に対する抵抗などを含む、際立った個性機能と関係している。

ただし以下は除外する:

DSM-IV[編集]

  • 他の状況では話すことができるにもかかわらず、ある特定の状況(例えば学校のように、話すことが求められる状況)では、一貫して話すことができない。
  • この疾患によって、学業上、職業上の成績、または社会的な交流の機会を持つことを、著しく阻害されている。
  • このような状態が、少なくとも一ヶ月以上続いている。(これは、学校での最初の一ヶ月間に限定されない。)
  • 話すことができないのは、その社会的状況において必要とされている話し言葉を知らなかったり、また、うまく話せない、という理由からではない。
  • コミュニケーション障害(例えば吃音症)では説明がつかず、また、広汎性発達障害統合失調症またはその他の精神病性障害の経過中経過中にのみ起こるものではない。

付随する問題[編集]

場面緘黙児のほとんどは、それ以外になんらかの不安に関連した病名を診断されている。多く見られるのが、社交不安障害分離不安障害、完全主義的傾向、強迫的傾向などである[1]。また、病名はないが、特徴的な問題も含めて以下に挙げる。

社交不安障害[編集]

社交不安障害の子供は、他人からの否定的な評価を恐れ、自分が何かみっともないことを言ったり、したりするのではないかと過度に気を遣う。具体的には、友達と遊ぶのを避けたり、人前で食べられなかったり、公衆トイレが使えなかったりする。

原因[編集]

場面緘黙症の子供の多くは、先天的に不安になりがちな傾向がある[2]。また、内向的な性格であることが多く、これは扁桃体と呼ばれる領域が過剰に刺激されることによると考えられている[要出典]

場面緘黙症の原因が虐待ネグレクト心的外傷によるものであるとは限らない。場面緘黙症の子供は、全く話すことができない状態に症状が進行するケースもあり得るが、ほとんどの場合、場面によっては話すことができる。

両親の母語が異なる子供や、言語の異なる外国に暮らす子供、幼少期に外国語にさらされた子供は、話すことが要求された言語について自信を失ってしまうことがある。いずれの場合も子供は内向的な性格を示すが、このような言葉の問題によるストレスは、子供を緘黙症にしてしまうのに十分な不安の原因となる。

治療[編集]

場面緘黙症は、必ずしも年齢とともに自然に改善されていくわけではない。そのため、低年齢のうちに治療を受けることがとても重要である。そのままにしておくと、周りの人はその子は話さない子と考えるため、緘黙症状そのものが強化されてしまい、話すことがますます難しくなってしまう。 治療法の例として段階的暴露療法などがある。

出典[編集]

  1. ^ Viana AG, Beidel DC, Rabian B (2009). “Selective mutism: a review and integration of the last 15 years”. Clin Psychol Rev 29 (1): 57–67. doi:10.1016/j.cpr.2008.09.009. PMID 18986742. 
  2. ^ わざと話さないわけじゃない。専門家に聞く、場面緘黙(かんもく)について知っておきたいこと”. 2016年4月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]