感応精神病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
感応精神病(フォリアドゥ)
Folie à deux
Induced delusional disorder
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学, 心理療法
ICD-10 F24
ICD-9-CM 297.3
DiseasesDB 34350
eMedicine med/3352
MeSH D012753

感応精神病、またはフォリアドゥ (仏:Folie à deux、フランス語で二人狂い)とは、精神障害妄想性障害 の一つ。

一人の妄想がもう一人に感染し、複数人で同じ妄想を共有することが特徴である[1]

同一の妄想を二人以上で共有する場合はfolie à trois(三人狂い)、folie à quatre(四人狂い)、folie en famille(家族狂い)、folie à plusieurs (多人数狂い)などとフランス語では呼ばれるが、英語または日本語では何人であっても「フォリアドゥ」と呼ばれる。精神医学における最新の分類では共有精神病性障害(DSM-IV、297.3)または誘導妄想性障害ICD-10、F.24)の名称が使用されるが、一般的な文献では旧来の「フォリアドゥ」の名称が使用される。最初の症例は19世紀にフランスの精神科医 シャルル・ラゼーグfr:Charles Lasègue)とジャン=ピエール・ファルレfr:Jean-Pierre Falret)によって報告されたため、かつては「ラゼーグ・ファルレ症候群」(Lasegue-Falret syndrome)とも呼ばれた[2][3]

日本では1904年に森田療法で知られる森田正馬が土佐のとある山村における犬神憑きの感染について報告した「精神病の感染」が初出。

分類[編集]

この精神病は、二人または複数の個人が親密な関係を持ちつつも、他の人々とは社会的・物理的に隔離されている、または関心を持たずに生活している場合によく発病する。

どのような経緯で妄想が複数人の間において共有されるに至ったのかによって、フォリアドゥはいくつかの副分類に分けられる。

  • Folie imposée(押し付け狂い)とは、まず上位の人物 (危険因子、'primary'、'inducer'、'principal'などと呼ばれる) が精神病の発症によって妄想を形成し、他の個人または人々(受容者、 'secondary'、'acceptor'、'associate'などと呼ばれる)にその妄想を事実として押し付ける(インポーズする)ものである。この場合、受容者を危険因子と引き離すだけで受容者が妄想を持たなくなることがある。病院でそれぞれ別の部屋に入るだけで、押し付けられた妄想は消え去り、投薬なしで寛解する。
  • Folie simultanée(同時狂い)とは、二人の人間が個別に精神を病み、お互いに影響を与え合って同一または極めて似通った妄想を共有するに至る、または「病みやすい」タイプの人間が二人いたことがお互いに引き金となりあって同じ妄想を抱くに至る、ものである[4]

分類上、精神病である「妄想」「フォリアドゥ」と、精神病ではない「思い込み」の区別は明確ではない。あまりに多くの人が、単なる噂によって明らかに間違った「真実」を信じこんてしまっており、しかもそのために精神的な苦痛を受けているが、あまりに多くの人が信じてしまっているがゆえに、そのような「妄想」は逆に「合理的」だと見なされているからである。そのため、現在の『精神障害の診断と統計マニュアル』では、ある人が抱く「妄想」が、大元が「その人の属するカルチャーまたはサブカルチャー」に由来する場合は、その人を(精神病であり治療の対象である)「妄想状態」だと診断すべきではない、と述べている(妄想を参照)。このような「妄想」は「フォリアドゥ」ではなく「集団ヒステリー」に分類される。

関連する事象[編集]

1960年代末に軍で使われた無力化ガスの一種BZガスによってフォリアドゥに似た現象が引き起こされたとの報告があり[5][6]、南アメリカのアマゾン川流域に住む先住民族が幻覚剤として使っているアヤワスカでも同様の現象が起こるとの報告がある(Ralph Metzner, 1999).[7]

症例[編集]

フォリアドゥの例としてイギリスで良く知られているのが、2008年にイギリスで双子の姉妹ウルスラ・エリクソンとサビーナ・エリクソンが起こした事件(en:Ursula and Sabina Eriksson)である[8]。スウェーデンからイギリスにやって来たウルスラは、高速道路で突然大型トラックの前に飛び出し、死亡した。直後にサビーナが姉妹と同じ行動をとって車の前に飛び出したが、こちらは怪我をしただけで生還した。その後の調査でサビーナはフォリアドゥの「secondary」であったことが判明。「primary」であったウルスラの影響を受けて妄想状態にあったのである。サビーナは警官に「私たちはスウェーデンでこう言っていたわ…事故が起こるときは1回だけでは終わらない、いつもそれ以上起こる…おそらく2回」[9]と話した。しかし、「2回」と言っていたのにもかかわらず、病院から退院した日、公衆の面前で近くにいた男性を刺殺し3度目の事件を起こした[10][11][12]。彼女は明らかに異常な言動をしていたにもかかわらず、精神鑑定を受けないまま、怪我の治療が済んだだけで退院したのであった。この事件はBBCのドキュメンタリー『Madness in the Fast Lane』で詳細に取り上げられ、特に高速道路に二人が飛び出すシーンの映像はテレビで見た700万人の視聴者とyoutubeで見た数百万人の視聴者を震撼させた。

もう一つのケースはマーガレットとミッチェル夫妻のケースである。二人とも34歳で、似通った妄想を共有していたことからフォリアドゥと判明した。二人は誰かが家の中に入って来て、ほこりをまき散らしたり勝手に服や靴を着られたりすると思い込んでいた。加えて言うと、彼らが示した他の兆候はフォリアドゥとは別に情動感染が作用していることを示唆していた[13]

映画など[編集]

サスペンス・ホラー映画の終盤で「これまでのことは実は登場人物たちが見ていた幻覚または妄想だった」つまりフォリアドゥと判明する、と言うネタバレ展開が多いので注意。さらに捻って、映画の最終盤で「フォリアドゥと思わせつつも実は…?」のような展開もある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dr. Nigel Eastman in the BBC documentary 'Madness In The Fast Lane'”. Documentarystorm.com (2010年9月24日). 2010年10月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月31日閲覧。
  2. ^ Berrios G E (1998) Folie à deux (by W W Ireland). Classic Text Nº 35. History of Psychiatry 9: 383–395
  3. ^ Arnone, Danilo; Anish Patel, Giles Ming-Yee Tan (2006-08-08). “The nosological significance of Folie à Deux: a review of the literature”. Annals of General Psychiatry 5: 11. doi:10.1186/1744-859X-5-11. ISSN 1744-859X. PMC 1559622. PMID 16895601. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1559622. 
  4. ^ Dewhurst, Kenneth; Todd, John (1956). “The psychosis of association: Folie à deux.”. Journal of Nervous and Mental Disease 124: 451–459. doi:10.1097/00005053-195611000-00003. 
  5. ^ Incapacitating Agents”. Brooksidepress.org. 2011年5月31日閲覧。
  6. ^ Medscape Access”. Emedicine.com. 2011年5月31日閲覧。
  7. ^ Hallucinogenic Drugs and Plants in Psychotherapy and Shamanism”. Journal of Psychoactive Drugs (1998年). 2013年1月16日閲覧。
  8. ^ TV Review: Madness In The Fast Lane – BBC1”. The Sentinel (2010年8月11日). 2010年8月31日閲覧。
  9. ^ TV Preview: Madness In The Fast Lane – BBC1, 10.35 pm”. The Sentinel (2010年8月10日). 2010年8月31日閲覧。
  10. ^ Why was Sabina Eriksson free to kill?”. The Sentinel (2009年9月3日). 2010年8月31日閲覧。
  11. ^ Could M6 film of killer have saved victim?”. The Sentinel (2009年9月7日). 2010年8月31日閲覧。
  12. ^ Madness In The Fast Lane Archived 2010年10月1日, at the Wayback Machine. Retrieved 3 February 2011.
  13. ^ This case study is taken from Enoch and Ball's 'Uncommon Psychiatric Syndromes' (2001, p181)

参考資料[編集]

  • Halgin, R. & Whitbourne, S. (2002) Abnormal Psychology: Clinical Perspectives on Psychological Disorders. McGraw-Hill. ISBN 0072817216
  • Enoch, D. & Ball, H. (2001) Folie à deux (et Folie à plusieurs). In Enoch, D. & Ball, H. Uncommon psychiatric syndromes (Fourth edition). London: Arnold. ISBN 0340763884
  • Wehmeier PM, Barth N, Remschmidt H (2003). “Induced delusional disorder. a review of the concept and an unusual case of folie à famille”. Psychopathology 36 (1): 37–45. doi:10.1159/000069657. PMID 12679591. 
  • Hatfield, Elaine, Caccioppo, John T., & Rapson, Richard L. (1994). Emotional contagion (Studies in Emotional and Social Interaction). Cambridge, UK: Cambridge University Press. ISBN 0-521-44948-0. 
  • Metzner, Ralph, editor. Ayahuasca: Human Consciousness and the Spirits of Nature. New York, NY: Thunder's Mouth Press. ISBN 1-56025-160-3.