神経衰弱 (精神疾患)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Neurasthenia
分類及び外部参照情報
ICD-10 F48.0
ICD-9 300.5
MeSH D009440
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

神経衰弱(しんけいすいじゃく、: Neurasthenia)は、1880年米国医師であるベアードが命名した精神疾患の一種である。

症状として精神的努力の後に極度の疲労が持続する、あるいは身体的な衰弱や消耗についての持続的な症状が出ることであり、具体的症状としては、めまい、筋緊張性頭痛、睡眠障害、くつろげない感じ、いらいら感、消化不良などが出る。当時のアメリカでは都市化や工業化が進んだ結果、労働者の間でこの状態が多発していたことから病名が生まれた。明治以前の日本人にとって、「神経」という存在は全く新しい概念であり、日本の伝統医学に存在すらしていないものだった。1874年医制が敷かれたことによって西洋医学が正式な医学として普及され、日本でも「神経」という概念が広まった。その後、戦前の経済成長期の日本で米社会と同じような状況が発生したことから、近代化社会がもたらす文明の病・過労の病として病名が輸入され日本でも有名になった。

病気として症状が不明瞭で自律神経失調症神経症などとの区別も曖昧であるため、現在では病名としては使われていない。

関連項目[編集]