行為障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

行為障害(こういしょうがい、conduct disorder)とは、反復し、持続する反社会的、攻撃的、反抗的な行動パターンを特徴とし、年齢相応の社会規範規則を大きく逸脱しているものを指す。それ故、通常の子どもっぽい悪戯や青年期の反抗に比べてより重篤である。これは「非行」という司法行政的な概念で論じられてきた範疇のものを多く含んでいる。但し反発の反社会的、あるいは犯罪的行為は、持続しなければ、それ自体では行為障害とは診断されない。

症状[編集]

1.人や動物に対する攻撃性

しばしば人と喧嘩したり、脅迫したり、威嚇したり、動物に対して残虐な仕打ちをする。

2.所有物の破壊

他人の所有物の破壊 放火など

3.嘘をつくことや窃盗

繰り返し嘘をついたり、盗みを行なう。

4.重大な規則違反

学校のズル休みや、家出など

これらの行為が6ヶ月の間持続した場合、行為障害と診断される。

背景[編集]

次のような要因が多面的、かつ複雑に影響し合っている。

  • 個人の要因
  • 家庭の要因
  • 社会文化的要因

対応[編集]

個々に応じて家庭、学校、地域、行政が独自の役割を果たしながら、社会全体として相互に連携し合っていかなければならない。

関連項目[編集]