アスペルガー症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アスペルガー症候群
Asperger syndrome
Seated boy facing 3/4 away from camera, looking at a ball-and-stick model of a molecular structure. The model is made of colored magnets and steel balls.
アスペルガー症候群の人たちは特異的な興味を持つ。上の少年は分子構造に魅惑を感じている。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学
ICD-10 F84.5
ICD-9-CM 299.80
OMIM 608638
DiseasesDB 31268
MedlinePlus 001549
eMedicine ped/147
Patient UK アスペルガー症候群
テンプレートを表示

ICD-10におけるアスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger Syndrome)、DSM-IVにおけるアスペルガー障害(Asperger disorder)とは、コミュニケーションや興味について特異性が認められるものの言語発達は良好な、先天的なヒトの発達における障害[1][2][3]。2013年のDSM-5、およびのちのICD-11では、本診名はなく自閉症スペクトラム障害の中に位置づけられる。 日本ではアスペと略されることもある[4](ただし、侮蔑的な意味合いを含む場合がある)。

特定の分野への強いこだわりを示し、運動機能の軽度な障害が見られることもある。自閉症スペクトラム障害のうち知的障害および言語障害をともなわないグループを言う[5][3]。DSM-IVへのアスペルガー障害の診断の追加は過剰な診断の流行をもたらした[6]

発生原因は不明[1]。特異性や特徴に該当する部分が多いことに気づいて不安感を持った本人が、医療機関に相談したときに診断されたことを本人自身が受け入れた事例のみである。効果が示されたと広く支持される治療法はない。放っておくとうつ病強迫性障害といった二次障害になることがあるとの指摘もある[7]

定義

精神医学的障害の一種である

分類

世界保健機関によるICDとアメリカ精神医学会によるDSMは、DSM-IVやDSM-5の序文に示されるように連携をとりつつ改訂されており、ICD-10とDSM-IVが相互に補うかたちである。そうした中で2013年に先にDSM-5が出版された。

一方でICD-10DSM-5では、分類体系が一致していないことに留意すべきである[5]。ICD-10においてアスペルガー障害 (AD) は、広汎性発達障害(PDD)の中に分類され、自閉症スペクトラム障害(ASD)の一種であると分類している[5]

一方でアメリカ精神医学会は、神経発達症のひとつであり連続モデルであるとしている[5]。そのため改定されたDSM-5においてはASの診断名が削除され、代わりに自閉症スペクトラム障害の重症度にて記載するようになった[5][9]。ASは自閉症スペクトラム障害の一つの型であるとされる[5]

世界保健機関、アメリカ合衆国、日本などにおける公的な文書では、(古典的)自閉症とは区別して取り扱われる。

また、高機能自閉症(HFA, 知的障害のない自閉症)とASが、どの程度重複しているかは不明である[10][11]

特徴

古典的自閉症とアスペルガー症候群の比較[3]

特徴としては以下が挙げられる。

古典的自閉症とASの共通点[3]
古典的自閉症とは異なる点[3]
  • ASでは、IQは少なくとも70以上であり、知能の遅れはない
  • 古典的自閉症では、知能の遅れが認められる

社会的コミュニケーションの困難

アスペルガーの人は、多くの非アスペルガーの人と同様か、またはそれ以上に強く感情の反応をするが、何に対して反応するかは常に違う。彼らが苦手なものは「他人の情緒を理解すること」「言葉やジェスチャーの裏に隠された意味を理解すること(非言語コミュニケーション)を図ること」である。しかし手話のように目で見て理解する事は可能なため、身体的動作の細かな意味を理解して、記憶することで瞬時の判断を賄うことが可能である。

例として、教師がアスペルガーをもつ子供に(宿題を忘れたことを問いただす意味で)「犬があなたの宿題を食べちゃったの?」と尋ねると、その子は押し黙ってしまう。この時、教師に自分は犬を飼っておらず、普通犬は紙を食べないことを説明する必要があるのかどうかを考え、教師の表情や声のトーンから暗に意味していることを理解できないのである。教師がこの子は宿題のことをうやむやにしようとしている、反抗的である、と考えたりしてしまう場合もある。

上記の例のように、アスペルガーをもつ子供は、言われたことを額面どおり真に受けることが多い。これは「言葉の名称」や「意味する表現方法」を知らない場合に多かったり言われた言葉と同じ言い方で聞き返す癖があることや、抽象的な言われ方では納得の出来ない性格などが原因で、客観的には額面どおりに真に受けていると思われることもあるため判断をするには長期的な付き合いが必要となる。成長の上で問題となるのは、親や教師が励ますつもりで「テストの点数など、さほど大事ではない」などときれいごとばかり言ったり、反対に「テストで点数を取れなければ、何も買いあたえない」など現実的なことばかり言い聞かせたりすること、つまり極端な教育をすることである。結果的に持つべき水準からかけ離れた観念を持って行動してしまう危険性がある。しかし、子供が並大抵の努力では叶いそうもない目標を立てていたと知ったときに、ほとんど肯定する気配もなく協力をしないことも水準からかけ離れた観念を持つ過程となってしまう場合がある。

彼らは、“大人の発言には掛け値がある”という疑いを持ちにくく、持ったとしても、はたして掛け値がどのくらいなのかを慮ることが困難であるため、発言者の願望を載せて物事を大げさに表現すると狙った効果は効き過ぎることになる。職場で『報告・連絡・相談』の必要な状況下で伝言をする際に、「聞いた時の声色、声の質、使用された言語、を丸ごと真似をするだけの実況中継報告はしない」と彼らは批判の声を立て、要点を伝える際に彼らの主観でどう解釈したのか伝える時の言語を僅かながら変えることでも非現実的な伝わり方が多く、妄想が酷いと解釈される場合がある。

  • 120%確実だと約束するなら
  • とっくの大昔に過ぎている事

アスペルガー症候群の人間は、それ以外の人々が心理社会的モラトリアムを経由して獲得できると言われる「自我同一性」の獲得が困難とされる[12]。自分が過去から連綿と続いている存在であるという認識を持つことが出来ず[12]中庸の考えを持たないため、極端で観念的な思考に走りやすい傾向がある[13]被害妄想対人恐怖などを起こすこともあり[14]統合失調症と誤解されるような病的な精神状態になってしまうこともある[14]。精神に混乱をきたし、自分の世界に引きこもる、その混乱を周囲に対する怒りに置き換える、などの傾向を見せる[14]

非自閉症の人(NT:neurotypical, 典型的な精神の人)は、他者の仕草や雰囲気から多くの情報を集め、相手の感情や認知の状態を読み取ることができる。この能力が自閉症の人には欠けており、他者の心を読むことが難しい(心の理論の欠如)。そのような、仕草や状況を読み取れない人は他人が微笑むようすを見ることはできても、その微笑みがなにを意味しているかが理解できない。多くの場合、彼らにとって「行間を読む」ことは、困難ないし不可能である。最悪の場合、対人コミュニケーションにおいて、表情を読みとることができない。つまり、人が口に出して言葉で言わなければ意図していることが何かを理解できないのである。しかし、彼らはボディーランゲージなどを通して相手に伝えることは可能である。とはいえ、この種の能力差は、健常者から深刻な障害をかかえるケースにまでわたってスペクトラム(連続体)状に分布している。したがって、アスペルガー症候群に分類されるケースにおいても、表情や他人の意図を読み取ることに不自由のない人もいる。また、彼らはしばしばアイコンタクトが困難である。ほとんどアイコンタクトをせず、それをドギマギするものだと感じる場合が多い。その一方で、他人にとって不快に感じるくらいに、じっとその人の目を見つめてしまうようなタイプもいる。アイコンタクトなどにおいて、相手から発せられるメッセージを理解しようと努力しても、この障害のために相手の心を解読しそこねることが多い。たとえば初対面の人に挨拶をする際に、社会的に受け入れられている通常の手順で自己紹介をするのではなく、自分の関心のある分野について一人で長々と話し続けることもある。

他人に自分の主張を否定されることに強く嫌悪感を覚えるという人もいる。このことは学校などで学習上の大きな障害となる。例えば、教師が生徒にいきなり答えさせ、生徒:「これは○○だと思います」、先生:「違うよね、これは××だよ」というように、否定して答えやヒントを教えるような方法は、アスペルガーの人には相当な苦痛やストレスとなる。しかし、多くの成人は、忍耐力のなさと動機の欠如などを克服し、新しい活動や新しい人に会うことに対する耐性を発達させている。

これらのことは子供時代や、大人になってからも多くの問題をもたらす。アスペルガーの子供はしばしば学校でのいじめの対象になりやすいとの指摘がある。理由として彼ら独特の振るまいや言葉使い、興味対象、身なり、そして彼らの非言語的メッセージを受け取る能力の低さを持っていることがおもな原因とされる。彼らに対し、前述の言動やアスペルガー症候群という病気自体が理解できず、アスペルガー症候群患者に対する嫌悪感を持つ人が多いとされている。このため教育の場である学校において、今後はサポート体制の確立や自立の支援、他の子供への理解を深めさせる、といった総合的な支援策が必要になるという指摘がある。

「アスペルガー症候群」という一つのカテゴリーであっても、人によって障害の度合いは千差万別である。例えば、学校の友達とうまく話せたり、話をうまくまとめられるなど、いたって軽度な場合もある。また、上手く話せず、それでもよい友達に巡り会えたから必死で耐えているというように、自閉度が中度–重度なこともある。この障害はカナータイプの自閉症などと違い、一見「定型発達者」に見えるために、周りからのサポートが遅れがちになったりすることが問題となっている。

狭い興味と反復行動におかれた長所と短所

アスペルガー症候群は興味の対象に対して、きわめて強い、偏執的ともいえる水準での集中を伴うことがある。例えば、1950年代のプロレスや、アフリカ独裁政権の国歌、マッチ棒で模型をつくることなど、社会一般の興味や流行にかかわらず、独自的な興味を抱くケースが見られる。しかし、これらの対象への興味は、一般的な子供も持つものである。両者の違いは、その異常なまでの興味の強さにある。アスペルガー児は興味対象に関する大量の情報を記憶することがある。

また一般的に、順序だったもの、規則的なものはアスペルガーの人を魅了する。これらへの興味が物質的あるいは社会的に有用な仕事と結びついた場合、実り豊かな人生を送る可能性もある。例えば、コンピューターに強い興味を持って取りつかれた子供は、大きくなって卓越したプログラマーになるかもしれない。それらと逆に、予測不可能なもの、不合理なものはアスペルガーの人が避ける対象となる。突然のアクシデントや、論理的に話し合いのできない感情的な人間なども、その例である。

彼らの関心は生涯にわたることもあるが、いつしか突然変わる場合もある。どちらの場合でも、ある時点では通常1〜2個の対象に強い関心を持っている。これらの興味を追求する過程で、彼らはしばしば非常に洗練された知性、ほとんど頑固偏屈とも言える集中力、一見些細に見える事実に対する膨大な(時に、写真を見ているかのような詳細さでの)記憶力などを示す。ハンス・アスペルガーは、彼の幼い患者を『小さな教授』と呼んでいた。その13歳の患者は、自分の興味を持つ分野に網羅的かつ微細な、大学教授のような知識を持っていたからである。

臨床家の中には、アスペルガーの人がこれらの特徴を有することに全面的には賛成しない者もいる。たとえばWing と Gillberg はアスペルガーの人が持つ知識はしばしば理解に根付いた知識よりも表層だけの知識の方が多い場合がある、と主張している。しかし、このような限定はGillbergの診断基準を用いる場合であっても、診断とは無関係である。

アスペルガーの児童および成人は、自分の興味のない分野に対しての忍耐力が弱い場合が多い。学生時代、「とても優秀な劣等生」と認識された人も多い。これは、自分の興味のある分野に関しては他人に比べてはるかに優秀であることが誰の目にも明らかなのに、毎日の宿題にはやる気を見せないからである(時に、「興味のある分野であってもやる気を見せなかった」という報告もあるが、それは他人が同じ分野だと思うものが本人にとっては異なる分野だからだと思われる。例えば、数学に興味があるが答えが巻末に載っている受験数学を自分で解くことに興味が相対的に変化し、日本語の旧字体に興味はあるが国語の擬古文の読解問題には興味が持てない、など)。ノートやテスト用紙に文字を手書きすることを、快く思う子ども、またそうでない子どももいる。一方、学業において他人に勝つことに興味を持ったために優秀な成績をとる人もおり、これは診断の困難さを増す。

社会適応

知能は平均以上で、学校の成績も良かったアスペルガー症候群を持つ成人が、職場では適応障害を起こすことがしばしば見られる[15]。これはコミュニケーションの特異性(空気を読むことが出来ない、会話が一方通行になりがち、あいまいな指示が理解できない、白黒はっきりつけたがる、一般人の持つ常識が備わっていない、同時並行に複数の業務をこなすことができない、急な変更にうまく対応できない、細部に注意が集中し全体像把握が苦手)が理由である。

感覚過敏

アスペルガーの人は他のさまざまな感覚、発達、あるいは生理的異常を示すこともある。その子供時代に細かな運動能力に遅れをみせることが多い。特徴的なゆらゆら歩きや小刻みな歩き方をし、手をぶらぶら振るなど(常同行動)、衝動的な指・手・腕の動きもしばしば認められ、チック症を併発している場合も多い。

アスペルガーの人は感覚的に多くの負荷がかかっていることがある。音やにおいに敏感だったり、あるいは接触されることを好まなかったりする。突然大きい声でまくしたてられたり、頭を触られたり、髪を触られるのを好まない人もいる。音に神経質すぎて不眠を訴える人も多い。これが子供の場合、教室の騒音が彼らに耐えられないものである場合など、学校での問題をさらに複雑にすることもある。 別の行動の特徴として、やまびこのように、言葉やその一部を繰り返す反響言語(エコラリア)と呼ばれる症状を示す場合がある。

宮尾益知はアスペルガー症候群の感覚面での特徴として、「ちょっとした態度や言葉で著しく傷つき、それがトラウマとなりやすい」「幻覚や妄想じみたこだわりを見せる傾向がある」「過去のトラウマから、第三者にとってはちょっとしたことでもフラッシュバックを起こして大騒ぎをする」「大変まじめで、それゆえに壊れやすい」という見解を出している[16]

インターネット依存症

アスペルガー症候群の人物は、インターネット依存症になりやすい。2019年に発表された日本の研究によると、インターネットの依存度をテストするYIAT(Young's Internet Addiction Test)において、70点以上をインターネット依存症とした時、一般人口と比較してアスペルガー症候群では約3.72倍、アスペルガー症候群に加えてADHDと診断されたものでは約6.89倍もその割合が大きかった[17]。なお、ADHDのみの場合は、約4.31倍であった[17]

原因

出生前の要因

ミクログリア仮説

生理学的特徴

2012年の京都大学の神経化学研究チームの発表によると、アスペルガー症候群の者は対人相互作用などに強く関係する上側頭溝・紡錘状回・扁桃体・内側前頭前野・下前頭回などの脳全体に占める割合が、通常人と比べ相対的に低いことがわかった[25]

診断

鑑別疾患として、社交不安症強迫症スキゾイドパーソナリティ障害が挙げられる[5]

他の精神疾患と誤診される可能性があるとの意見や報道がある[26]。誤診されやすいものとして統合失調症スキゾイドパーソナリティ障害統合失調型パーソナリティ障害強迫性パーソナリティ障害ADHDナルコレプシーびっくり病が挙げられている[27]

DSM-IVの編纂委員長アレン・フランセスによれば、DSM-IVからアスペルガー障害として従来の自閉症ほど重い障害ではない人々を含めたが、社会支援などが推し進められると、診断された人がまた支援を求めて循環を起こし思いがけなく診断が増加した[6]。アメリカや韓国では大幅に増加し、診断されている約半数が診断基準を満たしていない[28]

併発しうる疾患

睡眠障害

近年では、アスペルガー症候群を含む発達障害睡眠障害との関連性が発見されてきた[29]。睡眠障害といっても、ナルコレプシー睡眠時無呼吸症候群などの先天的な障害ではなく、睡眠相後退症候群非24時間睡眠覚醒症候群などの概日リズム睡眠障害不眠症過眠症などの後天的な障害のことである。毎日の睡眠は、脳を整理・形成する働きを持っており、脳の働きや思考メカニズムが定型発達者とは異なるアスペルガー症候群の場合、睡眠障害は非常に起こしやすい二次障害である。睡眠障害は、一度なるとどんどん悪化してしまう傾向があり、難治性であるために、睡眠障害を起こさないように就寝や起床の時間を規則正しく生活することが重要であるとともに、症状がみられた場合は早急に治療をすることが必要である(「睡眠障害#診断と治療の原則」も参照)。睡眠外来の診察を受ける際は、アスペルガーなどの発達障害をもっていることを申告することが望ましいとされる。

なお、日本で唯一「子どもの睡眠と発達医療センター」を設置している兵庫県立リハビリテーション中央病院の三池輝久医師は、「幼児期の睡眠こそが、潜在している発達障害の発症を左右させる原因である。」との、まったく逆の展開も発表している。

精神疾患

一部のアスペルガー症候群の人は、その特異性から他者とコミュニケーションがうまくいかずに、頻繁にイライラしたり落胆することが多い。このような状況が長年に渡って続くことにより、二次障害としてうつ病などの精神障害を引き起こすことが確認されている。

このような二次障害を予防するためには、アスペルガー症候群に定型発達者と同じコミュニケーション方法を望んだり、興味の対象を無理に広げさせたりしないことが重要である。アスペルガー症候群の人はほとんどの場合が、自分の行動が自分の意思によるものだということを強く認識している場合が多く、それを否定されると多大なストレスがのしかかることが多いのである。

身体的な疾患

治療・管理

治療法はない。日本では、アスペルガー症候群、自閉症、学習障害、ADHDといった発達障害の子供に対して個々のニーズに合わせて支援するシステムが出来ており、特別支援教育特別支援学級)がある[30]

また、「応用行動分析 (ABA)」・「自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子供に対する治療と教育 (TEACCH)」・「デンバー治療モデル」・「グリーンスパン・モデル (DIR)」などの治療プログラムの有効性も確認されている[31]。なお、二次的な症状として不安やうつ症状などがみられる場合、それらの症状に効果のある心理療法を追加し本人をサポートする(「不安障害#治療」・「うつ病#治療」・「強迫性障害#治療」も参照)[32]

しかし、狭い興味の中で彼らが興味を示した人から改善するための助言を気を許せる表現などの工夫を用いた言い方によって受けた時に偶然にも納得できる指摘として解釈した場合には、その情報を取り入れて自分を変えることに執着心を持つ場合がある。これは治療ではないが人間関係の中で「これは自分の悪い部分だ」と気づく事があり、それを治す事に拘りを持つ傾向もある人がいる。

治療薬

2019年現在、治療薬や症状を緩和する薬として、正式に承認されている薬は存在しない。うつ病や不安障害といった二次障害を含めた症状を軽減する薬として、抗うつ薬抗不安薬抗精神病薬気分安定薬などを処方する場合がある。

研究段階としては、オキシトシンを投与が効果があるという研究があるが、まだ臨床では認められていない[33]。双極性障害に処方される非常に使い方の難しい薬(最適治療量と中毒量が近い)ではあるが、炭酸リチウムには認知を改善する(自分を客観的に見られるようになる)作用があり、人格障害でもアスペルガー症候群でも作用するという。また、自閉症と同様の治療として漢方薬での治療[34]や、鍼治療による治療[35]もある。アフリカ睡眠病の治療薬として開発された、スラミンなども自閉症向けに研究されている[36]

援助の方針

アスペルガー症候群は、特定の分野については驚異的なまでの集中力と知識を持ち、「空気を読む」行為が苦手、細かい部分にこだわる、感情表現が困難といった特徴を持つ。新聞のスポーツ欄にある野球選手の打率を毎日覚えてしまうなどの驚異的な記憶力を示すこともあるが[37]「電話をかけながらメモが取れない」「券売機で切符が買えない」など一般人ができる普通の行為ができない障害を持つこともある。コミュニケーションの特異性(空気を読むことができない、会話が一方通行になりがち、あいまいな指示が理解できない、白黒はっきりつけたがる、一般人の持つ常識が備わっていない)、同時並行に複数の業務をこなすことができない、急な変更にうまく対応できない、細部に注意が集中し全体像把握が苦手等のためである。以上の性質からアスペルガー症候群を持つ成人は、接客やチームワークを必要とする仕事には元来向いていない。アメリカの大部分の調査結果によると、アスペルガー症候群の成人の75-80%はフルタイムの仕事に就いていない[38]。アスペルガー症候群を持つ成人に必要な職場での支援は、スケジュールや手順を明示する、指示代名詞を使わない、複数のことを同時に頼まない、ジョブコーチをつけるなどである。

アスペルガー症候群の人は、現代社会に対し、非常に適応しにくい困難さをかかえている。あちこちで衝突が起こり、引きこもりになっていることも少なくない。自分自身に強いコンプレックスを抱え、二次障害でうつ病を発病したり、自殺志願を持つ人も決して少なくない。そういうアスペルガー症候群の人に援助をする必要が急がれている。発達障害者支援センターなどをはじめ、少しでもアスペルガー症候群の人が社会で暮らしやすいよう、地域活動支援センターデイケアなどの設備を整える必要が早急に問われている。最も必要なことがこの障害を理解し、受け入れる環境的素地を作り上げることである。

2019年現在、関連書籍が多数発売されたり、主にNHKでアスペルガー症候群についての番組や特集が組まれることが増え、社会認知はある程度は進んだと言える。しかしながら、身体障害やダウン症候群など、目に見える障害ではなく、またアスペルガー症候群の人と実際に話してみても、障害を持っている人間とはわからない場合も多く、外見もごくごく普通であることがほとんどなので、自らカミングアウトしない限り、「変わり者」程度の認識しか持たれないケースが多く、これが障害を抱える本人にとっての苦痛になっている。他人とのコミュニケーション能力の障害ゆえ、対人関係での衝突や確執が多く生まれることがあり、これもまた障害を持つ本人に苦痛を与える大きな要因となっている。相手が理解をしてくれない限り「変な奴」と見られ、いじめの対象になったり、周りから嫌われたり、仕事上の足手まといのような存在に思われることもあり、非常に難しい障害であると言える。また、場合によっては本人が、障害そのものに大変なコンプレックスを抱いていることもある。それゆえに定型発達者と同じように、無理矢理外に出ようとすることもある。 当然ながらこれは、自分自身を肉体的・精神的に追い詰めることでもあるため、場合によっては、それがうつ病などの二次障害を発症する原因になってしまう可能性もある。

大きな問題は、この障害に対する福祉制度がまだ未熟であることにある。2005年に発達障害者支援法が制定され、障害者自立支援法に発達障害も範疇に入ることが2010年代に入って決められた。また、アスペルガー症候群の人も精神障害者保健福祉手帳を持てることにはなっているが(自治体の裁量で持てない場合もある。発行基準は一元化されていない)、働くことや他人との関わりに困難を抱えている人は多い。ただ、行政の側でも発達障害を持つ人を雇った企業へ助成金を支給するなどの取り組みは行なわれている。しかし、働く意欲のあるアスペルガー症候群の人が、対人関係や精神衛生上の問題をクリアした上で就労できる時代にはまだなっていない。

アスペルガー症候群を持つ人に対する支援の成否は人によって異なる。例えば、「この人にはこう支援して人生がうまくいくようになった」というケースがあった場合でも、それが他のアスペルガーの人に当てはまるとは限らない。人によってどういったところにハンデがあるかは千差万別だからである[39]。「障害」だからと一律に皆を福祉で養おうとすると、働く意欲や、労働の中での他者との良好な人間関係や、収入など、実りある人生の可能性を奪ってしまう場合もあり得る。発達障害を抱えながらも、周囲のサポートを得て一般企業で働いている人たちは多い[40]。しかし、働きたいのに働けない人、またつまずくのが怖くて社会に出られない人も多くいる。その人その人に合ったきめ細やかな対応、社会の中での居場所の確保が求められている[41]

アスペルガ-症候群が苦手とされる職業は、接客業、とっさの対応が大切な業務、様々な作業を担当する事務、コミュニケーションが大事な仕事、などの、人の心を理解し、器用で効率よく場の空気を読んで、想像力を働かせ、臨機応変な対応をする業務が苦手とされる[42]

ICD-10 の F80 から F89,F90 から F98 に 当たる発達障害が精神障害の一部として制度上併記され、市町村の保健所などで、専門医による診断書を提出の上で、症状や他の発達障害・疾患との合併など総合的な状態を熟慮し精神保健福祉手帳が交付されるケースが近年増加してきたが、保健所で所定の書式による診断書の提出で、障害者サービス受給者証、もしくは自立支援医療受給者証の交付も行われており、これにより一般的な障害者福祉サービス(家事援助、行動援護など)を受けることができる。障害者福祉サービスには就労移行支援の利用も含まれ、就労移行支援訓練所を利用することにより原則2年間まで職業訓練を受けることができる。利用に当たっては、障害者サービス受給者証、自立支援医療受給者証、精神保健福祉手帳のいずれかが必要である。

また、金銭面の管理が極めて難しく、社会生活に支障をきたしている場合、判断能力が十分でない人が地域で自立した生活を送るための日常生活自立支援事業における、各地の社会福祉協議会が行う援助事業サービスに「権利擁護」があり、利用者はそれぞれ、以下の必要な援助を受けるための契約を協議会と結ぶ。福祉サービスの利用援助、苦情解決制度の利用援助、住宅改造、住居の貸借、日常生活上の消費契約や住民票の届出ほか行政手続に関する援助など、日常的なお金の管理(預金の払い戻し・解約・預け入れなど)金銭管理などの権利擁護の制度を使用するケースもある。これらの福祉サービスは、他の発達障害においても診断の上で関係機関に申請し、認定されれば利用できるのは同様である。

疫学

アスペルガー症候群は性別との相関関係があり、4倍程度男性に多い[43]。アスペルガー症候群の者は全人口の1%程度とされるが[43]、男性の1.6%、女性の0.4%はアスペルガー症候群と言う計算になる。知的障害を伴わない自閉症である高機能自閉症とアスペルガー症候群には強い遺伝的な要素がある[44]。G.R.テロングとJ.T.ダイアーは高機能自閉症の人がいる家族の3分の2が、一等親血縁者か二等親血縁者にアスペルガー症候群の者がいることを発見した[45]

Sarah Cassidyらによる、英国の患者を対象とした臨床コホート研究による報告によると、アスペルガー症候群を持つ成人では、一般成人の9倍以上の自殺リスクがあり、社会的孤立や排除、失業等で二次的うつ病の危険因子を生ずることが多く、自殺リスクを低減するための適切なサポートが必要であると言う[46]

社会的状況

周囲への影響

アスペルガー症候群を持つ成人が周りに大きな影響を与えることがある。例えばカサンドラ症候群というのは、アスペルガー症候群の夫(パートナー)と情緒的な相互関係が築けないために妻に生じる、身体的・精神的症状である。杉山登志郎はアスペルガーの独身率(特に男性の)が高いことに言及している[47]。レオ・カナー自身が自閉症児の両親の離婚率の高さに言及もしている。[48]

アスペルガー症候群を「障害」とすることについての議論

主にアメリカの学会などで、アスペルガー症候群そのものは障害ではなく、治療すべき対象ではないという議論がある[49]。また、そもそもアスペルガー症候群を「シンドローム」(症候群)であるとか、「ディスオーダー」(障害)とすべきでないという主張もある[50]

スティグマ

2001年5月にソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (日本)ビデオスルーで「アスペルガー 死の団欒」と名づけて発売する予定だった外国映画(原題は「Absence of the Good」、1999年のアメリカ映画)が、抗議を受けて発売中止となった。原題にはアスペルガーという単語は使われておらず(直訳しても「良心の不在」程度にしかならない)、登場人物にもアスペルガー症候群らしい人物は存在しないと考えられる[51]

また、2008年頃から相次いで医師によるアスペルガー症候群の解説書が刊行されていることについて、医師たちの執筆動機の一つには、あたかもアスペルガー症候群の人物が犯罪を起こしやすいかのような解釈への対処がある。この背景には、一部の少年事件の加害者がアスペルガー症候群だと報道されたことが挙げられる。しかし、アスペルガー症候群の人物が犯罪を起こしやすいというデータは確認されておらず、鑑別所少年院の中の該当者は2%程度とされている。また、犯罪を起こしたケースについても、対人コミュニケーションスキルの不足から、当人が世の中の仕組みをよく理解できていないことによって軽微な犯罪が引き起こされてしまったケースがほとんどである[52]

歴史

この診断名は、オーストリア小児科医ハンス・アスペルガーにちなんでつけられた[5][53]

1944年ハンス・アスペルガーは「小児期の自閉的精神病質」という題で4例の子どもについての論文を発表した。前年の1943年にはアメリカの精神科医レオ・カナーが早期乳幼児自閉症に関する論文を発表し、カナーの論文がその後、長く英語圏で影響を持つようになり、アスペルガーの論文は顧みられることが少なかった。日本ではアスペルガーの論文は比較的早く紹介されたが、イギリスやアメリカの影響が強くなり、忘れられがちとなった。

英語圏では1981年にイギリスの児童精神科医のローナ・ウィングというがアスペルガーの業績を再評価したことがきっかけとなり、広く知られるようになった。ウィングは多数例から、自閉症とは診断されていなくても、社会性コミュニケーション想像力の3つの面で同時に障害をもつ子どもたちがいることに気づいた。当時は、自閉症の診断は言語による意思疎通が限定されており、対人的関心が非常に乏しい子どもに対してのみ行われ、言葉による意思疎通が可能か、一方的でも対人的関心がある場合は自閉症とは診断されなかった。ウィングは三つ巴の障害を持ちながら自閉症と診断されない子どもたちの一部が、アスペルガーの報告した症例に似ていることからアスペルガー症候群の診断名が適切であると考えた。

1981年以降は、世界的にも注目されるにいたり、国際的な診断基準であるICD-10アメリカ精神医学会の診断基準(DSM-IV)にもその概念が採用された。

アスペルガー症候群と犯罪などとの関係

アスペルガー症候群を含む精神障害者の犯罪率は健常者の3分の1と極めて低い[要出典]。ただ、定型発達者と同様に、多くの事例の中には、後述のような特異なケースも存在する。一部のアスペルガー症候群の人が、一部の健常者と同様に、反社会的な行動をとることがあると考える人々もいるが、充分な検証はなされておらず、アスペルガー症候群が事件を誘発した背景の一つなのか、周辺事情に過ぎないのか、判断はきわめて難しい[要出典]。また、心身の成長と共に、前述の症状が消えて行くケースも見られる[要出典]

一方で、アスペルガー症候群の暴力性や犯罪性などに関して研究が行われている。米国で行われた研究では、犯罪を犯す前にアスペルガー症候群と診断された青年たちは、一般比較群の犯罪者に比べて対人犯罪は2倍程度高く、対人暴力や学校における妨害行為が多く、財産犯や謹慎処分を受けた暴力は少なかったという結果が出ている[56]。児童精神科医の清水康夫らが研究した児童の他害行為において、アスペルガー症候群の児童は、他害行為において「たたく」、「ものを投げる」、「蹴る」、「人を突き飛ばす」などの項目が一般保育園児童と比べて頻度が高かった[57]。精神科医の杉山登志郎らが、あいち小児保険医療総合センターで継続的な関わりを持っている平均年齢9歳の265名では、素行障害・犯罪で警察に逮捕されたものは11名(4.2%)であった[58]。また、精神科医のタンタムがアスペルガー症候群の60名について長期的な調査を行い、司法関係の情報が得られた54人の対象者を分析した結果、ほぼ半数の24名が少なくとも1回は犯罪事件を起こしていることが明らかになった[59]

犯罪親和性

社会学者の井出草平は、元家裁調査官の藤川洋子らの家庭裁判所に送致される少年犯罪の中でアスペルガー症候群が占める割合を調べたデータ[60]と、DSM-5に掲載されている有病率を基にして、アスペルガー症候群の犯罪親和性を求めた[61]。それによるとアスペルガー症候群の犯罪親和性は5.6倍で、ADHDの1.1倍や知的障害の2.2倍に比べて高いことがわかった[61]。また、井出は家庭裁判所の医務室技官だった児童精神科医の崎濱盛三による調査[62]を利用して同様にして、アスペルガー症候群の犯罪親和性を求めた[63]。その結果、アスペルガー症候群の確診での犯罪親和性は12.6倍、疑診も含めると28.6倍となった[63]

諸外国では特別病院の入所者を対象とした調査がなされている。スラッグらのイギリスの特別病院の入所者を対象にした調査[64]からは犯罪親和性は2.8~3.6倍と導かれ、イギリスのヘアの調査[65]からもほぼ同様の値となる[66]。さらにスウェーデンの特別病院の入所者を対象にした調査[67]でも、アスペルガー症候群の数値は類似したものとなっている[68]。スウェーデンの研究ではスウェーデンの犯罪の背景に少なくとも13%ほど広汎性発達障害が関係していると結論付けており[69]、そのデータから犯罪親和性を求めると犯罪親和性は10倍以上あったことがわかった[70][71]

再犯に関して

精神科医の市川宏伸らがによると、都立梅ヶ丘病院に通院歴のある自閉症スペクトム障害(広汎性発達障害)の者で、計18件の触法行為が認められた13の症例について、18件の触法行為の内11件が医療機関の受診後になされていて、触法行為後に入院することになった5件の触法行為の後に4件で再犯が認められた[72]。このことに関して、自閉症スペクトラム障害者(広汎性発達障害)の触法行為に対して、根拠があり有効である治療法の報告がなく、医師それぞれの試行錯誤によって治療方針が決められているという精神科医療の技術的な問題が1つの原因であるとされる[72]。精神科医のウォルフはアスペルガー症候群には犯罪行為に繋がる特性があると言い[73]、治療を行っても劇的な変化が起こる可能性は低いことを指摘してる[74]。また精神科医の山崎晃資らによる研究報告書では、アスペルガー症候群(広汎性発達障害者)の触法行為は、現実検討を欠く精神状態で行われているものではなく、アスペルガー症候群(広汎性発達障害)それ自体、あるいは知能の低さから触法行為が生じていると考えられ、薬物療法による改善は期待されにくいとされた[75]

責任能力

アスペルガー症候群が初めに大きく取り上げられたのは、2000年(平成12年)の豊川市主婦殺人事件である。「人を殺してみたかった」という供述は社会を震撼させた。昭和大学教授の加藤進昌は「近年は調書漏洩事件を含め、アスペルガーの診断がやや安易に乱発されている。ただし、アスペルガー障害が犯罪に直結するというような理解は誤りであり、いくつかの動機が理解しがたい「突き抜けた」犯罪で、その障害特性との関連が注目されるという意味である。」と指摘している[76]

以下に挙げるものは、主に社会に大きな影響を与えた凶悪事件である。

精神鑑定がなされ、1回目の鑑定では「分裂病質人格障害か分裂気質者」と出されたが、「犯行時はアスペルガー症候群が原因の心神耗弱状態であった」と出された2回目の鑑定を認定し、2000年12月26日に名古屋家庭裁判所は医療少年院送付の保護処分が決定した。2回目の鑑定医師団には児童精神医学の専門医が鑑定団の一人として加わっていた。アスペルガー症候群は先天性の発達障害であり、知能と言語能力に問題のない自閉症の一種である。対人関係の構築に困難があるため、二次的な障害として社会生活に対する不適応がみられることがある。
この事件は、文部省(当時)に広い範囲における高機能自閉症児に対する早期の教育支援が必要であることを認識させ、後に特別支援教育として制度化されることになった。
1回目の鑑定を行なった発達障害の知識を有する精神科医はアスペルガー症候群ではないと判定していたため、別人が行なった2回目の鑑定に対して異議を唱えていた。処分決定後には、2回目の鑑定関係者もアスペルガー症候群ではなかったことを認めた。
加害者の補導後、加害者がアスペルガー症候群との診断を受けたことから、西日本新聞は、「加害少年は自閉症」と1面トップで報道した。これに対し、日本自閉症協会は、「自閉症に対する偏見を助長しかねない」「自閉症と事件に因果関係はない」と抗議声明を発表。特に全国にあるアスペルガー症候群の子をもつ保護者の会の反発は強く、各報道機関に「アスペルガーという名称を使用しないでほしい」と要望する出来事まで起きた。一方、アスペルガー症候群への理解を深めるための本が出版されたり、「自分はアスペルガー症候群」と名乗る人が出たりして、社会的な関心が広まったという側面もある。
大阪地裁は「アスペルガー症候群の影響を考慮すべきでない」「可能な限り刑務所に服役させることで社会秩序維持に役立つ」とし、検察側の求刑懲役16年に対して懲役20年の判決を言い渡した。これに対し一部の障害者団体は「無理解、偏見に基づく判決だ」と非難している。その後、2013年2月26日に大阪高裁(松尾昭一裁判長)で開かれた控訴審では一審判決を破棄し、懲役14年を言い渡した。裁判長は「一審は(発達)障害の影響を正当に評価しておらず、不当に重い」と指摘した[80]

佐世保小6女児同級生殺害事件[81]宇治学習塾小6女児殺害事件の犯人もアスペルガー症候群を持っていたとされる。

海外の例では、有名なハッカーであるゲイリー・マッキノン[82]サンディフック小学校銃乱射事件の犯人であるAdam Lanza[83]サンタバーバラ乱射事件の犯人であるElliot Rodger[84]などはアスペルガー症候群を持っていたとされる。

著名人・関連作品

アスペルガー症候群の著名人

自閉症スペクトラムの診断基準の一部を満たす著名人は多く、研究者や偉人に対する「変わり者の天才」というステレオタイプの形成を助けてきた。ただし、アスペルガー症候群のような高機能な自閉症の存在が知られるのはここ数十年、特に一般に認知されてきたのは1980年代以降であるため、その多くは残された記録から見た専門家による推測であり、正式な診断ではない。疑いがあるが、診断されなかった者たちについて残された記録をもって推測することの是非について論争が絶えない。

アスペルガー症候群等の診断を受けていることを公表している著名人(ADHDや学習障害を併発している場合も含まれる)
アスペルガー症候群とされることがある歴史上の人物

以下は杉山登志郎(2011)『発達障害のいま』(講談社)p.66より引用。なお、これらの人物が医師から診断を受けていたわけではないく後世からの推測に過ぎない。

学者・政治家
文学者・芸術家

アスペルガー症候群の特徴を題材にした作品

アスペルガー症候群の特徴を題材にした作品の表記であって、単に作中にアスペルガー症候群の人物が登場するだけの作品は記載しない。

モーツァルトとクジラ
アスペルガー症候群である主人公と、広汎性発達障害の女性との恋愛を描いた映画。
音符と昆布
味覚障害を患いながらもフードコーディネーターとして働く主人公の前に突然現れた、アスペルガー症候群の姉との姉妹愛を描いた映画。
メアリー & マックス
いじめられっ子の孤独な少女と、アスペルガー症候群である孤独なおじさんの、20年間にわたる文通の物語。
恋する宇宙
天体に関して人並み以上に詳しいアスペルガー症候群の主人公と、童話作家を目指す女性との、切ない恋愛を描いた映画。
マイネーム・イズ・ハーン
アスペルガー症候群の主人公が、信仰する宗教の違う女性と結婚するも、それが原因で子供は差別を受けて命を落としてしまう。絶望し妻に責められた主人公が旅に出る物語。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
アメリカ同時多発テロ事件で父親を失った少年が、対人関係に問題をもつアスペルガー症候群の疑いを持ちながらも、知らない人との交流を重ねていく上で立ち直っていく物語。
シンプル・シモン
物理とSFが大好きで、気に入らないことがあるとすぐドラム缶にこもってしまうアスペルガー症候群の主人公が、唯一の理解者である兄の恋愛をぶち壊してしまい、新たな兄の彼女を作るまでの話。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b Autism Spectrum Disorder”. 米国国立メンタルヘルス機構 (2015年9月). 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ 市川宏伸「成人アスペルガー症候群への対応と支援」(日本精神神経学会)[リンク切れ]
  3. ^ a b c d e サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 21-22.
  4. ^ https://dot.asahi.com/dot/2018030800018.html
  5. ^ a b c d e f g h B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』(3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.31.5。ISBN 978-4895928526 
  6. ^ a b アレン・フランセス『〈正常〉を救え―精神医学を混乱させるDSM-5への警告』大野裕(監修)、青木創(翻訳)、講談社、2013年10月、232-233頁。ISBN 978-4-06-218551-6 Saving Normal, 2013.
  7. ^ a b c d e f g h i サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 139-141.
  8. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011, Chapt.2.
  9. ^ a b 299.80 Asperger's Disorder”. DSM-5 Development. American Psychiatric Association. 2010年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月21日閲覧。
  10. ^ “Current trends in psychological research on children with high-functioning autism and Asperger disorder”. Current Opinion in Psychiatry 18 (5): 497–501. (2005). doi:10.1097/01.yco.0000179486.47144.61. PMID 16639107. 
  11. ^ “Examining the validity of autism spectrum disorder subtypes”. J Autism Dev Disord 38 (9): 1611–24. (2008). doi:10.1007/s10803-008-0541-2. PMID 18327636. 
  12. ^ a b 宮尾益知 2010, p. 156.
  13. ^ 宮尾益知 2010, p. 156-157.
  14. ^ a b c 宮尾益知 2010, p. 157.
  15. ^ 池上正樹. “成績優秀なのに仕事ができない“大人の発達障害”急増の真実”. 「引きこもり」するオトナたち【第11回】 (DIAMOND ONLINE). http://diamond.jp/articles/-/6222 2015年4月15日閲覧。 
  16. ^ 宮尾益知 2010, p. 146-147.
  17. ^ a b 宋龍平, 牧野和紀, 藤原雅樹, 廣田智也, 大重耕三, 池田伸, 壺内昌子, 稲垣正俊: 自閉症スペクトラム障害に併存するインターネット依存症のスクリーニング,および介入の必要性. 精神経誌 121(7): 556-561, 2019
  18. ^ Boukhris T, Sheehy O, Mottron L, Bérard A. (2016-02-01). “Antidepressant Use During Pregnancy and the Risk of Autism Spectrum Disorder in Children.”. JAMA pediatrics. 170 (2): 117-124. doi:10.1001/jamapediatrics.2015.3356. PMID 26660917. http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2476187. 
  19. ^ Christensen J, Grønborg TK, Sørensen MJ, Schendel D, Parner ET, Pedersen LH, Vestergaard M. (2013-04-24). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. JAMA. 309 (16): 1696-1703. doi:10.1001/jama.2013.2270. PMC: 4511955. PMID 23613074. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681408. 
  20. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-04-24). “Risks of in utero exposure to valproate.”. JAMA. 17 (3): 84. doi:10.1001/jama.2013.4001. PMC: 3685023. PMID 23613078. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681385. 
  21. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-9). “Prenatal valproate exposure is associated with autism spectrum disorder and childhood autism.”. The Journal of pediatrics. 163 (3): 924. doi:10.1016/j.jpeds.2013.06.050. PMID 23973243. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476%2813%2900809-3. 
  22. ^ Wood A. (2014-7). “Prenatal exposure to sodium valproate is associated with increased risk of childhood autism and autistic spectrum disorder.”. Evidence-based nursing. 17 (3): 84. doi:10.1136/eb-2013-101422. PMID 23999195. http://ebn.bmj.com/content/17/3/84.long. 
  23. ^ Singh S. (2013-08-20). “Valproate use during pregnancy was linked to autism spectrum disorder and childhood autism in offspring.”. Annals of internal medicine. 159 (4): JC13. doi:10.7326/0003-4819-159-4-201308200-02013. PMID 24026277. https://annals.org/article.aspx?articleid=1726872. 
  24. ^ Smith V, Brown N. (2014-10). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. Archives of disease in childhood. Education and practice edition. 99 (5): 198. doi:10.1136/archdischild-2013-305636. PMID 24692263. http://ep.bmj.com/content/99/5/198.long. 
  25. ^ 佐藤 特定准教授 (2012年8月15日). “自閉症スペクトラム障害でミラーニューロン回路の不全”. 京都大学. 2015年4月15日閲覧。 - 京都新聞2012年8月18日付27面、産経新聞2012年8月18日22面、日本経済新聞2012年8月19日34面、毎日新聞2012年8月18日29面、掲載内容。
  26. ^ 読売新聞 シリーズこころ「統合失調症」相次ぐ誤診 2008年12月26日
  27. ^ 『精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える』適正診断・治療を追求する有志たち、シーニュ、2010年5月。ISBN 978-4990301422
  28. ^ Frances, Allen; Batstra, Laura (2013). “Why So Many Epidemics of Childhood Mental Disorder?”. Journal of Developmental & Behavioral Pediatrics 34 (4): 291–292. doi:10.1097/DBP.0b013e31829425f5. PMID 23669874. 
  29. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/403964/041000096/
  30. ^ 自閉症及びアスペルガー症候群の児童生徒への特別支援教育 (PDF)”. 東條吉邦 (2003年2月). 2014年9月14日閲覧。
  31. ^ サリー・オゾノフ、ジェラルディン・ドーソン、ジェームズ・マックパートランド 田中 康雄・佐藤 美奈子(訳) (2004).みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症 星和書店、110-111頁。
  32. ^ サリー・オゾノフ、ジェラルディン・ドーソン、ジェームズ・マックパートランド 田中 康雄・佐藤 美奈子(訳) (2004).みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症 星和書店、148頁。
  33. ^ “自閉症障害治療、ホルモンを投与 東大など臨床研究”. 日本経済新聞. (2014年11月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H1Q_R01C14A1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  34. ^ 飯田 誠『自閉症は漢方でよくなる!(健康ライブラリ)』講談社、2010年10月21日。ISBN 978-4062596558
  35. ^ 「発達障害での小児はり効果を検討 ADHDの薬剤投与で個性抹殺の懸念も 日本小児はり学会特別講演会」『ナラティブメディカ』、ナラティブ出版、2015年5月、 45-48頁。
  36. ^ “Single dose of century-old drug approved for sleeping sickness reverses autism-like symptoms in mice”. ScienceDaily. (2014年6月17日). http://www.sciencedaily.com/releases/2014/06/140617102457.htm 2016年5月8日閲覧。 
  37. ^ あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか もしかしてアスペルガー症候群!? PHP文庫 加藤進昌PHP研究所 2011年 978-4-569-67490-2
  38. ^ Marcia Scheiner (2011年). “Tackling the Unemployment Crisis for Adults with Asperger Syndrome”. AUTISM SPECTRUM NEWS. http://asperger-employment.org/wp-content/uploads/2011/04/ASTEP-Article-ASN-Fall-2011-1.pdf 2015年4月15日閲覧。 (英語)
  39. ^ 発達障害児、地域でサポート 集団行動通じて社会性育成 静岡産経新聞 2014年7月12日
  40. ^ 発達障害児の母、かの子さんへ (下)読売新聞 2014年4月7日
  41. ^ 発達障害を支える (5)働く体験通じ「適職」知る読売新聞 2014年1月4日
  42. ^ “第32回「心に残る医療」体験記コンクール [一般の部・読売新聞社賞] 発達障害と向き合って”. ヨミドクター (読売新聞). (2014年3月28日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95380 2016年5月8日閲覧。 
  43. ^ a b 加藤進昌 (PDF) 『社会問題から見た心の病:「アスペルガー障害」』 日本神経精神薬理学会、2008年1月http://www.asas.or.jp/jsnp/pdf/topics/12_200801.pdf2015年4月15日閲覧 
  44. ^ 榊原洋一『ササッとわかる アスペルガー症候群との接し方』講談社、2009年、16頁。
  45. ^ テンプル・グランディン (2001年11月). “天才とは普通でないことかもしれない。アスペルガー、高機能自閉症の学生への教育”. AUTISM RESEARCH INSTITUTE. 2015年4月15日閲覧。
  46. ^ 紫音裕 (2014年7月24日). “成人期アスペルガー症候群で高い自殺リスク-ランセット誌”. 医療NEWS. QLifePro. 2015年4月15日閲覧。
  47. ^ 杉山登志郎・岡南・小倉正義『ゲフテッド 天才の育て方』学研、2009年、34頁。
  48. ^ Divorce among parents of children with autism: dispelling urban legends” (2013年11月). 2016年5月31日閲覧。
  49. ^ 'Surplus suffering': differences between organizational understandings of Asperger's syndrome and those people who claim the 'disorder'”. Taylor & Francis Group. 2016年5月8日閲覧。
  50. ^ Autism and Asperger syndrome: an overview”. Scientific Electronic Library Online. 2016年5月8日閲覧。
  51. ^ 発売中止に関するお詫び”. 新着情報. LD親の会「けやき」 (2001年4月18日). 2009年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月5日閲覧。
  52. ^ 加藤進昌『ササッとわかる「大人のアスペルガー症候群」との接し方』講談社、2009年。ISBN 978-4062847223
  53. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011.
  54. ^ Wing, Lorna. Asperger syndrome: a clinical account.
  55. ^ アスペルガー症候群を知っていますか?”. 東京都自閉症協会. 2013年5月5日閲覧。
  56. ^ Cheely, Catherine A.; Carpenter, Laura A.; Letourneau, Elizabeth J.; Nicholas, Joyce S.; Charles, Jane; King, Lydia B. (2012-9). “The prevalence of youth with autism spectrum disorders in the criminal justice system”. Journal of Autism and Developmental Disorders 42 (9): 1856–1862. doi:10.1007/s10803-011-1427-2. ISSN 1573-3432. PMID 22187108. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22187108. 
  57. ^ 片山知哉、小澤武司、武部正明、中村泉、日戸由刈、五十嵐まゆ子、岩佐光章、本田秀夫 et al.「高機能広汎性発達障害にみられる反社会的行動の成因の解明と社会支援システムの構築に関する研究 高機能広汎性発達障害の幼児における他害行為の実態と親の意識-YRCの早期介入例の調査- | 文献情報 | J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター」『高機能広汎性発達障害にみられる反社会的行動の成因の解明と社会支援システムの構築に関する研究 平成17年度 研究報告書』2006年、 136–149。
  58. ^ 杉山, 登志郎 (2003-10). “高機能広汎性発達障害にみられる行為障害と犯罪 (特集 自閉症とともに生きる) – (自閉症をどう捉えるか)”. そだちの科学 (1): 42–46. https://ci.nii.ac.jp/naid/40006604760. 
  59. ^ M.ラター, E.ショプラー,高木隆郎(翻訳).『自閉症と発達障害研究の進歩』. 星和書店, 2000, 「生涯にわたる奇矯さと社会的孤立:精神科的、社会的、および法的側面」 ISBN 978-4-7911-0411-6.
  60. ^ 藤川, 洋子 (2005-12). “青年期の高機能自閉症・アスペルガー障害の司法的問題–家庭裁判所における実態調査を中心に (特集1 成人の高機能自閉症・アスペルガー症候群)”. 精神科 7 (6): 507–511. https://ci.nii.ac.jp/naid/40007103421. 
  61. ^ a b 井出 2014, pp. 53–54.
  62. ^ Genzo, Toichi; Takashi, Okada; Seizo, Sakihama (2004). “非行事例の鑑別における児童精神科医の関与の必要性-広汎性発達障害が疑われた事例の調査をもとに- | Article Information | J-GLOBAL” (英語). 日本児童青年精神医学会総会抄録集 45th: 206. ISSN 1349-077X. https://jglobal.jst.go.jp/en/detail?JGLOBAL_ID=200902258841257129. 
  63. ^ a b 井出 2014, pp. 55–56.
  64. ^ Scragg, P.; Shah, A. (1994-11). “Prevalence of Asperger's syndrome in a secure hospital”. The British Journal of Psychiatry: The Journal of Mental Science 165 (5): 679–682. doi:10.1192/bjp.165.5.679. ISSN 0007-1250. PMID 7794327. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7794327. 
  65. ^ Dougal Julian Hare,Judith Gould,Richard Mills,Lorna Wing. A preliminary study of individuals with autistic spectrum disorders in three special hospitals in England. 2000
  66. ^ 井出 2014, p. 165.
  67. ^ Soderstrom, Henrik; Nilsson, Agneta (2003-7). “Childhood-onset neuropsychiatric disorders among adult patients in a Swedish special hospital”. International Journal of Law and Psychiatry 26 (4): 333–338. doi:10.1016/S0160-2527(03)00048-7. ISSN 0160-2527. PMID 12726808. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12726808. 
  68. ^ 井出 2014, pp. 165–166.
  69. ^ Anckarsäter, Henrik; Nilsson, Thomas; Saury, Jean-Michel; Råstam, Maria; Gillberg, Christopher (2008-1). “Autism spectrum disorders in institutionalized subjects” (英語). Nordic Journal of Psychiatry 62 (2): 160–167. doi:10.1080/08039480801957269. ISSN 0803-9488. http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/08039480801957269. 
  70. ^ Kadesjö, B.; Gillberg, C.; Hagberg, B. (1999-8). “Brief report: autism and Asperger syndrome in seven-year-old children: a total population study”. Journal of Autism and Developmental Disorders 29 (4): 327–331. ISSN 0162-3257. PMID 10478732. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10478732. 
  71. ^ 井出 2014, p. 169.
  72. ^ a b 市川宏伸,桑原斉.『広汎性発達障害と触法行為に関する医療機関における実態調査』. 2006.厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 高機能広汎性発達障害にみられる反社会的行動の成員の解明と社会支援システムの構築に関する研究 .一般社団法人 日本自閉症協会.
  73. ^ Coid, J. W. (1989-12). “Psychopathic disorders” (英語). Current Opinion in Psychiatry 2 (6): 750. ISSN 0951-7367. https://journals.lww.com/co-psychiatry/Citation/1989/12000/Psychopathic_disorders.8.aspx. 
  74. ^ アミー・クライン, サラ・S・スパロー, 山崎晃資. 『総説 アスペルガー症候群』. 東京, 明石書店, 2008, 「児童期のシゾイド・パーソナリティとアスペルガー症候群」 ISBN 978-4-7503-2779-2.
  75. ^ 山崎晃資,『高機能広汎性発達障害の診断マニュアルと精神医学的併存症に関する研究』. 2005, 平成17年度厚生労働省科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)分担研究報告書.
  76. ^ 社会問題から見た心の病「アスペルガー障害」、2015年7月11日閲覧。
  77. ^ 「人を殺してみたかった」著 藤井 誠二(双葉社)より
  78. ^ 西日本新聞2003年9月20日朝刊。北海道新聞2006年10月19日夕刊。
  79. ^ “全文表示 - 発達障害者に求刑超え異例判決 「社会秩序のため」に賛否分かれる : J-CASTニュース”. J-CASTニュース. http://www.j-cast.com/2012/07/31141344.html?p=all 
  80. ^ “2審は求刑下回る懲役14年 発達障害の殺人で大阪高裁”. 日本経済新聞. (2013年2月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG26040_W3A220C1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  81. ^ 草薙厚子『追跡!「佐世保小六女児同級生殺害事件」』、講談社
  82. ^ Profile: Gary McKinnon”. BBC News (2012年12月14日). 2016年5月8日閲覧。
  83. ^ Terrence McCoy. “Study: ‘Significant’ statistical link between mass murder and autism, brain injury”. Washington Post. 2016年4月1日閲覧。
  84. ^ Elizabeth Laugeson (2014年5月26日). “Asperger’s is an unlikely cause for California killer’s violence”. The Conversation. http://theconversation.com/aspergers-is-an-unlikely-cause-for-california-killers-violence-27194 
  85. ^ 「火星の人類学者」 オリバー・サックス著
  86. ^ Lane, Megan (2004年6月2日). “What Asperger's syndrome has done for us”. BBC.co.uk. 2007年11月8日閲覧。
  87. ^ Herera, Sue (2005年2月25日). “Mild autism has 'selective advantages'”. MSNBC. 2007年11月8日閲覧。
  88. ^ 時事通信 (2013年12月8日). “S・ボイルさん、アスペルガー告白=英国の「奇跡の歌姫”. Yahoo!ニュース. http://news.yahoo.co.jp/pickup/6099914 2015年4月15日閲覧。 
  89. ^ ヴァインズのクレイグ、自閉症の一種と診断”. BARKS. 2016年1月1日閲覧。
  90. ^ Lester, Paul (2008年9月11日). “Asperger's, allergies and aubergines”. London: guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/music/2008/sep/11/popandrock 2008年9月17日閲覧。 
  91. ^ Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2015年4月15日閲覧。(英語)
  92. ^ 高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症) : ナグレオブログ 非効率なLifeHacker”. 南雲玲生 (2008年6月5日). 2016年5月8日閲覧。
  93. ^ 「そだちの科学」(日本評論社)2011年10月号
  94. ^ NHK総合テレビ首都圏ネットワーク』2011年10月6日
  95. ^ スピルバーグ、学習障害を告白 診断は5年前…子ども時代は理解がなく、イジメも”. シネマトゥデイ. 2016年4月1日閲覧。
  96. ^ A syndrome for success”. 2005年6月19日閲覧。
  97. ^ The Telegrafh 電子版 2011年4月9日 “ Knowing I have Asperger's is a relief ”『アスペルガーだと知ることは救いだ』
  98. ^ a b Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2016年5月8日閲覧。
  99. ^ NHK「福祉ネットワーク」2011年11月24日 Diversity 発達障害(2)-私の“取扱説明書”-
  100. ^ 岡野高明、ニキリンコ『教えて私の「脳みそ」のかたち大人になって自分のADHD、アスペルガー障害に気づく』花風社、2002年。ISBN 978-4-907725-48-8
  101. ^ Johnson, Richard (2005年2月12日). “A genius explains”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/weekend/story/0,,1409903,00.html 2007年11月8日閲覧。 
  102. ^ 「ザ!世界仰天ニュース 脳の不思議スペシャルパート7」2009年7月22日放送分より
  103. ^ Ex-Hacker Adrian Lamo Institutionalized for Asperger’s”. Wired (2010年5月20日). 2010年5月23日閲覧。
  104. ^ Roth, Daniel (2005年11月14日). “Torrential Reign”. Fortune. pp. 91–96. http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/2005/10/31/8359146/index.htm 2006年11月6日閲覧。 
  105. ^ テンプル・グランディン『自閉症の才能開発』学習研究社、1997年。ISBN 9784054007796
  106. ^ 沖田×華『毎日やらかしてます。〜アスペルガーで漫画家で〜』ぶんか社ISBN 978-4821143382
  107. ^ さかもと未明、 星野仁彦『奥さまは発達障害』講談社ISBN 978-4062201506
  108. ^ 炎上上等!? お騒がせブログアイドル・倉持結香の本音に迫る日刊サイゾー、2008年4月28日。
  109. ^ 「アスペルガーは私の誇り」 グレタ・トゥーンベリさんが投げかける「障がい」の意味 | ハフポスト”. web.archive.org (2019年9月29日). 2019年9月29日閲覧。

参考文献

  • サイモン・バロン=コーエン 『自閉症スペクトラム入門 脳・心理から教育・治療までの最新知識』、2011年8月。ISBN 978-4805835234 
  • 宮尾益知『大人のアスペルガー症候群』日東書院、2010年6月。ISBN 9784528019034 - 宮尾は発達行動小児学科、小児精神神経学、神経生理学の専門家。発達障害研究の第一人者の一人とされる。
  • アミー・クライン 編『総説アスペルガー症候群』小川真弓 訳、明石書店、2008年5月。ISBN 978-4-7503-2779-2
  • 杉山登志郎『発達障害のいま』〈講談社現代新書〉、2011年7月。ISBN 978-4-06-288116-6
  • M.ラター,E.ショプラー 高木隆郎訳 (2000/5/1). 『自閉症と発達障害研究の進歩』. 星和書店. ISBN 4791104110. 
  • 井出草平 (2014/10/15). 『アスペルガー症候群の難題』. 光文社. ISBN 4334038239. 

関連項目

外部リンク