発達検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

発達検査(はったつけんさ)とは、主に乳幼児や小学生の発達の度合いを調べ、養育に役立てるための検査である。知能検査性格検査などとともに、心理検査の一種である。

具体例[編集]

検査名 著者 出版社 所要時間 適用年齢
遠城寺式乳幼児分析的発達検査法 遠城寺宗徳 15分 4歳8か月まで
乳幼児精神発達診断法(津守式) 津守真 20分 7歳まで
新版K式発達検査 京都市児童福祉センター 京都国際社会福祉センター 30分 成人まで
Kは京都の頭文字。子供にとって、遊ぶような感覚でテストできる。
日本版デンバー式発達スクリーニング検査(JDDST-R)[1] 15~20分 6歳まで
精研式CLAC-II(一般用) 40~50分 2歳~12歳まで
自閉症児の特徴をつかみ、療育に役立てる。健常児はダイヤグラムが円状に整っているが、自閉症児はギザギザの星型になる。
精研式CLAC-III(行動療法用) 60分以下 3歳~12歳まで
フロスティッグ視知覚発達検査 30~40分 4歳~7歳11か月まで
脳卒中などの成人にも使用可
KIDS(キッズ)乳幼児発達スケール 10~15分程度 0歳1か月~6歳11か月の乳幼児
運動、操作、理解言語、表出言語、概念、対子ども社会性、対成人社会性、しつけ、食事
Marie(まりゑ)乳児発達診断検査 佐藤誠中村博志松田浩平ほか 千葉テストセンター 10~15分程度 新生児~1歳の乳児
刺激、運動、身辺自律、認知、言語、社会性の6領域から発達段階を診断的にスクリーニングして乳児の療育に役立て乳児の発達を促す
ウズギリス・ハント発達尺度 40~60分 2歳まで
絵画語彙発達検査(PVT) 個別15分、集団20分 3歳0か月~10歳11か月
「語いの理解力」の発達を測定する

脚注[編集]

  1. ^ デンバーII においては、旧デンバーにあったノームの誤りは訂正されたとの報告を新版の著者からの説明を受けました。

関連項目[編集]

参考文献[編集]