ビデオスルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビデオスルー (Video through) は、なんらかの理由によって上映放送されずに直接パッケージ販売される映像作品を指す業界用語。DVDスルーともいう。

概要[編集]

劇場公開やテレビ放送を目指して製作されたものの、なんらかの理由によって上映・放送されずに直接ビデオグラムで発売される映像作品のことを主に指す。特にDVDで発売されるものに関しては、「ビデオスルー」ではなく「DVDスルー」の呼称が用いられることもある。ネット配信業者は「オリジナルビデオ」に「ビデオスルー」が含めている場合がある。

なお、「ビデオスルー」も「DVDスルー」も和製英語である。英語では、メディアの規格によってDirect-to-videoVHSの場合)、direct-to-DVDdirect-to-iTunesdirect-to-digitalmade-for-video、またはstraight-to-videostraight-to-DVDなどと呼ばれるが、これらには最初から劇場公開を意図していない作品も含まれる。

オリジナルビデオなどとの違い[編集]

最初から劇場公開を意図していないオリジナルビデオ(実写)やOVA(アニメ)とは、事情が異なる場合が多い。

映画において、日本市場においてビデオスルーになる主な理由は、興行収入が期待できないと判断された場合や、劇場公開が取り止めの作品となった場合などである。また、第二次世界大戦の時期に製作され、劇場公開されなかった一部の作品も該当する。劇場配給にはかなりの経費を要するため、製作国で興行的に失敗した作品や、製作国ではヒットしても日本の市場に合わないと考えられる作品は、劇場配給に要する多額の経費を回収できないと判断され、リスクの回避する目的で劇場公開されない。『ホテル・ルワンダ』(第77回アカデミー賞3部門ノミネート[1])や『ヒックとドラゴン2』(第72回ゴールデングローブ賞アニメ映画賞受賞[2])など、海外の映画賞で高い評価を受けた作品も例外ではなく、日本での劇場公開を求めて映画ファンによる署名運動が発生したこともある[1][3]。一方、劇場配給を行わないことはビデオ (DVD) を販売するうえで営業的に不利に働くため、劇場公開の実績を作る目的で、配給にかかる経費が低予算で済むミニシアターなどの小さな映画館1か所でのみ短期間の上映(単館上映)をして、パッケージに「劇場公開作品」と記載して販売するケースもある。グレーゾーンとの批判もあるが虚偽の記載ではないため、問題にされないのが現状である。

アメリカ合衆国には独立製作スタジオが多く、映画やテレビドラマの製作そのものは行われたものの大手配給会社や大手ネットワークの買い付けにかからないなどの理由から、結果としてビデオスルーになる作品も少なくない。

テレビ番組におけるビデオスルー[編集]

テレビ番組に関しても、放送中止となったエピソードを放送されずに直接ビデオ化される例が存在する(放送直前に発生した愛知長久手町立てこもり発砲事件の影響で未放送となったテレビドラマセクシーボイスアンドロボ』(日本テレビ制作)の第7話「人生やり直せるハンバーグ」などが該当する[4])。

脚注[編集]

  1. ^ a b “「ホテル・ルワンダ」の公開が決定!署名運動実る”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2005年10月4日). https://eiga.com/news/20051004/3/ 2019年12月11日閲覧。 
  2. ^ 『ヒックとドラゴン2』東京アニメアワードでついに日本初上映!”. シネマトゥデイ(2015年2月23日作成). 2019年12月11日閲覧。
  3. ^ “「ヒックとドラゴン2」日本公開を求める署名運動にまさかの監督本人降臨 → 突然のサプライズにファン大歓喜!”. ねとらぼ (アイティメディア). (2014年9月8日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1409/08/news159.html 2019年12月11日閲覧。 
  4. ^ セクシーボイスアンドロボ NEWS”. 日本テレビ放送網(2007年7月25日作成). 2019年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]