パイロット版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パイロット版(パイロットばん)は、ある公表予定のものに先んじて製作されるものの事。主に映画テレビドラマ等の映像作品に対して、先行して製作された映像媒体を指すが、それ以外においてもこの用語が使用されている場合がある。英語のpilotには試写、試験等の意味が含まれている。ビデオ撮影が主流になる以前はフィルムで撮影されていたため、パイロット・フィルムとも呼称されていた。 そのため、ビデオ全盛の現在でも当時の名残でパイロット・フィルムと表現する場合もある。

パイロット版のみに終わり、本編やシリーズが製作されないこともあり、製作されたとしてもパイロット版とは異なる第1話が作られることもある。

テレビドラマにおけるパイロット版[編集]

比較的分かり易いアメリカのテレビドラマを例にとると、今日ではいろいろな放送形態が存在するが、かつてはアメリカにおけるテレビドラマは三大ネットワークNBCCBSABC)により放送されるのが主流だった。その場合、ドラマはネットワーク放送局で百パーセント制作されることはほとんどなく、映画会社制作プロダクションと共同制作されるのが普通である。従って、コマーシャルの放送料としてスポンサーから入る資金は、放送局を通じて映画会社やプロダクションに分配されてドラマが作られることになる。連続ドラマの制作にあたっては、放送局、スポンサーおよび制作側の代表(エグゼクティブプロデューサープロデューサーディレクター脚本家など)による会議の後にまず第1話分が作られる。通常これをパイロット版と呼ぶ。パイロット版が完成すると再び代表者が集まって試写を行い、必要があれば手直しをされた後、2話以降の制作が開始されて連続放送となる。

1960年代までは、60分枠の連続ドラマの場合、同じ時間のパイロット版が作られるのが普通だった。しかし、それ以降になると90分や120分枠のものが作られるようになった。これらのパイロット版はテレビ映画として放送され、視聴者の反応を見た上で、さらに手直しをされて連続ドラマの制作となるか、視聴率が低く評判も悪かった場合には制作が中止される。

日本の近年のテレビドラマでは、パイロット版はあまり製作されないが、かつては製作されており、特撮作品においては割と良く知られている。特殊な例としては『世にも奇妙な物語』で製作された単発の話が後に数作単独のドラマや映画になっているがこれは後述の単発テレビ映画のシリーズ化の例とみなせるだろう。

パイロット版が連続テレビシリーズの第1話となっている場合、細部に違いが出る事も多く、日本でも放映された海外ドラマでは『スタートレック』『刑事コロンボ』などは、パッと見でも第1話だけかなり違いの目立つ作品として知られている。また日本のテレビアニメ特撮番組でも、第1話や当初の数話分を作った後に細部を直す為、違いが目につく事がある。

これとは別に、単発のテレビ映画として作られたものが好評だったため、連続ドラマ化されることもある。この場合、最初に作られたテレビ映画をパイロット版と呼ぶことが多い。しかし劇場用映画がヒットしたため、それを連続ドラマ化して放送した場合は、たとえスタッフやキャストが共通していても、元の映画をパイロット版とは呼ばないのが普通である。

パイロット番組[編集]

パイロット番組(ぱいろっとばんぐみ)は、映画テレビドラマなどでいうパイロット版と似たもので、テレビ番組がレギュラー化される前に制作されるもの。放送局内部で検討材料とするためだけに制作されるものと、視聴者の評判をリサーチするために特別番組として単発で放送されるものがある。

バラエティではNHKが定期的に制作しており、午後8時台など民放でいうゴールデンタイムで単発放映され、そのうちの一部はレギュラー放送化される。近年は特定の季節・時期を選んで「NHK番組たまご」としてシリーズでパイロット版を放送し、その後視聴者の意見を反映してレギュラー化する試みがされている。また、Eテレ(教育テレビ)では、複数のミニ番組のパイロット版をプレゼンテーション形式で披露する番組『青山ワンセグ開発』→『Eテレ・ジャッジ』がある。

民放ではパイロット番組は土・日曜の午後、あるいは深夜帯に放送されることが多い。

テレビアニメにおけるパイロット版[編集]

テレビアニメにおいては、上記の「パイロット番組」として放映されるもののほか、スポンサーや広告代理店、放送局へのセールスを目的とした原則非公開のパイロット版の両方が存在する。アニメ番組の場合、単発の放送だけでは制作費の回収は困難であるため、「パイロット番組」として放送されるものは少ないのが特徴である(放映された例としては『アニメ三銃士』など)。集英社は1980 - 1990年代にかけて、ファンイベント向けに自社発行雑誌に掲載されている未アニメ化漫画のアニメ作品を製作・公開し、結果的にパイロット版となったものがある(『きまぐれオレンジ☆ロード』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『こどものおもちゃ』など)。

本放送に際し、放送局決定後に局のプロデューサーの意向も含めキャストが変更される例が多く見られるが、『ドラえもん(第2作1期)』のパイロット版のように、全くキャストの変更がない例も存在する。

近年では、日本や韓国などの製作会社(東映アニメーションマッドハウス等)が原作者や版権元に許可を取った上での製作、テレビ局の関係者に試写公開や業界団体のレイティング公開がされる事が多い。

マンガにおけるパイロット版[編集]

日本のマンガ雑誌においては、連載マンガが安定した人気を得られるかどうかは出版社にとっての死活問題である。このため、特に新人作家や連載経験が少ない作家、人気の凋落から回復してきた作家などの読み切りマンガを雑誌本誌や増刊号などに(時には複数回)掲載し、読者アンケートの結果等によって人気を得られる見込みが立った場合は、そのマンガの世界観を洗練して連載を開始することがある。

読み切り作品をほとんどそのまま連載作品に昇格させる場合もあれば、大胆な設定変更の上で連載作品に作り直す場合もある。いずれの場合でも作品タイトルは改題されることもされないこともある。有名なもので『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』、『高校鉄拳伝タフ』は読み切り作品からそのまま連載作品に昇格したものであるが、読み切り時はそれぞれ『WIZARD!!』、『男純情恋歌』というタイトルであった。逆に『北斗の拳』は読み切り作品とは「北斗神拳の存在」と「主人公の名前」くらいしか共通点がないが、そのままのタイトルで連載となった。

あるいは、読み切り作品をベースにメディアミックスを仕掛け、他の媒体の製作者と漫画家・担当編集者が共同で作り上げた作品世界観を元に他媒体の事実上のコミカライズ版を連載するケースもある(例:『コードネームはセーラーV』→『美少女戦士セーラームーン』、『ビビデ・バビデ・ぶーりん!!』→『とんでぶーりん』など)。

これらのような読み切りマンガの事もパイロット版と考えることができる。

連載作品がヒットして単行本になった場合、こうしたパイロット版がそのまま連載の1(〜数)話目として組み込まれたり、あるいはオマケとして収録される場合があるが、全くなかった事にされて収録されない場合もある。その場合、パイロット版が掲載されていた本誌や増刊号の古本が高値で取引される場合がある。

関連項目[編集]