ゴールデングローブ賞 アニメ映画賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴールデングローブ賞のアニメ映画賞は、2007年開催の第64回ゴールデングローブ賞から設置された[1]


2009年11月17日、ハリウッド外国人映画記者協会はノミネート選考対象作品が13作以上あれば5作、9作以上あれば3作品、8作以下なら作品賞で選考するという新ルールを発表した。また、長編アニメ映画を「本編が70分以上で、実写パートが25%未満の作品」と定義した[2]

第72回より風立ちぬ (2013年の映画)の影響で、アメリカ国内で公開されていないアニメ作品は選考対象外としていたが、制作国で上映されていれば同賞にノミネートされる権利を得ることができるよう改正されることになった[3]

受賞とノミネート一覧[編集]

備考:

作品名
2006 カーズ *
ハッピー フィート
モンスター・ハウス *
2007 レミーのおいしいレストラン
ビー・ムービー
ザ・シンプソンズ MOVIE
2008 ウォーリー[4]
ボルト *
カンフー・パンダ *
2009 カールじいさんの空飛ぶ家
くもりときどきミートボール
コララインとボタンの魔女 3D *
ファンタスティック Mr.FOX *
プリンセスと魔法のキス *
2010 トイ・ストーリー3
怪盗グルーの月泥棒 3D
ヒックとドラゴン *
イリュージョニスト *
塔の上のラプンツェル
2011 タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
アーサー・クリスマスの大冒険
カーズ2
長ぐつをはいたネコ *
ランゴ
2012[5] メリダとおそろしの森
フランケンウィニー *
モンスター・ホテル
ガーディアンズ 伝説の勇者たち
シュガー・ラッシュ *
2013[6] アナと雪の女王
クルードさんちのはじめての冒険 *
怪盗グルーのミニオン危機一発 *

出典[編集]

  1. ^ Ball, Ryan (2006年1月30日). “Golden Globes in Toon for ’07”. Animation Magazine. http://www.animationmagazine.net/article.php?article_id=4980 2006年6月13日閲覧。 
  2. ^ “ゴールデングローブ賞 長編アニメーション候補作3枠から5枠に拡大”. アニメ!アニメ!. (2009年11月25日). http://animeanime.jp/news/archives/2009/11/35_4.html 2010年12月24日閲覧。 
  3. ^ “『風立ちぬ』が影響 ゴールデン・グローブ賞、ルール改正!”. (2014年8月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0065273 2014年8月10日閲覧。 
  4. ^ 2008 Golden Globe Awards Nominations”. goldenglobes.org. 2008年12月15日閲覧。
  5. ^ The 70th Annual Golden Globe Awards (2013)”. HFPA. 2013年1月15日閲覧。
  6. ^ the 2014 Golden Globe awards”. 2013年12月13日閲覧。