ズートピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ズートピア
Zootopia
Zootopia logo.svg
英語版ロゴ
監督 リッチ・ムーア
バイロン・ハワード
ジャレド・ブッシュ(共同監督)
脚本 ジャレド・ブッシュ
フィル・ジョンストン
原案 バイロン・ハワード
リッチ・ムーア
ジャレド・ブッシュ
ジョシー・トリニダード
ジム・リアドン
フィル・ジョンストン
ジェニファー・リー
製作 クラーク・スペンサー
製作総指揮 ジョン・ラセター
出演者 ジニファー・グッドウィン
ジェイソン・ベイトマン
イドリス・エルバ
音楽 マイケル・ジアッチーノ
主題歌 英語版
シャキーラTry Everything
日本語版
Dream Amiトライ・エヴリシング[1]
編集 ファビアンヌ・ローリー
ジェレミー・ミルトン
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 Newworldmap.svg ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年3月4日
日本の旗 2016年4月23日[2]
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000 [3]
興行収入 $1,023,784,195[4] 世界の旗
$341,268,248[4]アメリカ合衆国の旗
¥7,680,000,000[5] 日本の旗
テンプレートを表示

ズートピア』(原題:Zootopia)は、2016年アメリカ合衆国コメディアドベンチャー映画である[6]ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオにより3Dコンピュータアニメーション方式で製作され、2016年2月7日に初公開された。

2017年アニー賞アカデミー賞(いずれもアニメ作品賞)受賞作品[7][8]

概要[編集]

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとしては『ベイマックス』に次ぎ、1937年公開の『白雪姫』から数えて第55作目となる作品で、動物の手で築かれ、肉食動物草食動物が共に暮らす大都会「ズートピア」を舞台に、夢を信じる新米ウサギ警察官ジュディ・ホップスと、夢を忘れたキツネ詐欺師ニック・ワイルドの2人を主人公に据え、連続行方不明事件を解決する中で変わってゆく2人の関係を軸に、その中であぶり出される人種差別欺瞞などといった大都市の社会問題を描いている[9]

制作陣は、エグゼクティブ・プロデューサーにジョン・ラセター、プロデューサーにクラーク・スペンサー、監督に『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワード、『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーア、助監督にはジャレド・ブッシュと、ディズニーのみならずアメリカのアニメ製作において数々の業績を残してきた人物が起用された他、劇中の音楽は『カールじいさんの空飛ぶ家』でアカデミー賞を獲ったマイケル・ジアッチーノが担当する。構想はバイロン・ハワードが『ロビンフッド』(ディズニーが1973年に製作した映画)のような作品を作りたいと考えたことに始まり[10]2013年の製作発表後より、1億5000万ドルの費用が投じられ、技術改良と長期のフィールドワーク、度重なる脚本の変更を経て、2016年2月7日にハリウッドのエル・キャピタン劇場でプレミアが行われた。その後ベルギーでの同年2月10日上映を皮切りに、同年3月4日には北米を始めとする世界各地で上映が開始された。日本ではゴールデンウィークに合わせて同年4月23日より公開された[11][12]。日本上映時のキャッチコピーは、「そこは、動物たちの〈楽園〉のはずだった・・・[13]

同時期に公開された『カンフー・パンダ3』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が全世界において数々の記録を更新する中、本作もそれに肩を並べた。最終的には10億2378万ドルの興収を上げ、2016年の映画としては全世界興行収入2位を記録した[14]。日本においても、公開3週目にして『名探偵コナン 純黒の悪夢』を抜いて興行ランキング1位を取り、それ以降も動員数の増加が続くなど、異例の傾向を見せた[15][16]。最終興行成績は76億8000万円となり、日本で公開された映画としては同年4位となった[17][18]

世界観[編集]

本作では、動物[補 1]が進化し、動物が高度な文明を築いた世界が舞台となっている[19]。その中でもタイトルになっている「ズートピア」は肉食動物草食動物が共存する巨大都市で、製作に当たっては各種専門家の手を借り、「動物が造り上げた都市」として大小様々な種類の動物が暮らせるよう細かな設定が作られている。擬人化された動物の登場人物はスマートフォンを使い、自動車を運転する。このほか、ストーリーに関わる要素として脱税[20]や免許センター[21][22]、朝夕の交通渋滞[23]といった概念も存在し、現実味を帯びた舞台設定を持つ[19]

ズートピアという街を特徴付ける設定が、「市内は気候や暮らす動物のために12のエリアに分けられている」というもので、その中でもサハラ・スクエア、ツンドラ・タウン、レインフォレスト地区、リトル・ローデンシア、サバンナ・セントラルの5つが作中に登場する。

サハラ・スクエア(Sahara Square)

砂漠の動物たちが暮らすエリアで、地域の中心部はモンテカルロドバイを元にデザインされている。砂漠の暑い昼間を避けて夜行性となる動物たちのためにカジノ付きホテルなどのナイトアクティビティを充実させているという設定で、街の見た目やネオンには赤や橙色などといった暖色系の色合いが用いられている。オープニングには巨大なヤシの木を模したホテルが登場するほか、その他の地形や建物は砂丘と砂城をモチーフにした構造物で構成されている[24]。後述のツンドラ・タウンと隣接しているが、境界の壁には大きな空調設備を有し、ツンドラ・タウンを冷やした廃熱でサハラ・スクエアを熱するという設定になっている[25]

ツンドラ・タウン(Tundratown)

寒冷地域の動物たちが暮らすエリア。ロシア建築を模したタマネギ状のドームを持つ建物や、ホッキョクグマの住処である氷の洞窟をモデルにした氷雪マンション、動く歩道の代わりとなる流氷ブロックがあり、そのほとんどが雪と氷によって構築されている。降雪量を降雪機により周期的に調節することで気候を調整し、決して雪が溶けないように設計されている他、街の彩りはCGデザイナーにより巧みに配置されたネオンサインで賄われる。プロダクション・デザイナーのデヴィッド・ゲッツによると、作中の登場人物でマフィアのボスであるミスター・ビッグに触発されてイメージを作り上げたという。 サハラ・スクエアとの境界には巨大な空調の壁が配置される(前述)[25][26]

レインフォレスト地区(Rainforest District)

その名の通り、熱帯雨林をモデルとしたエリア。川から吸水して湿気を生み出す巨大な人工樹木を中心に構成され、周辺には根のようなパイプが張り巡らされる。地区内は常にスプリンクラーのような装置で濡らされ、湿気の多く汚い環境は、ストーリー・ヘッドのジョシー・トリニダードによると、ここに住む登場人物の一人、マンチャスの内面をも反映しているという。この地域は直上方向に形成されているため、高低差は300mにもおよび[25]、作中で出てくるレインフォレスト地区の道路もループ橋が多用されている他、跳ね上げ橋も登場する。前述の通りズートピアの他地域に比べて複雑な環境を有し、ミステリアスな雰囲気も有する。コンピュータグラフィックの製作に当たっては、複数のレイヤに分けて作業したり、枝をグループ分けするなどの工夫が取られた[27]

リトル・ローデンシア(Little Rodencia)

齧歯類など小動物が暮らす地域で、街はミニチュアの様相を呈し、大きな動物が誤って入り込まないよう、高い柵と小さなトンネルで囲まれている。街並みはブルックリンを参考にして考案され、前述の地域とは違い、気候ではなく居住する動物のサイズを考慮して構築されている[25]。ズートピアの中心部にほど近い位置に所在。製作に当たっては、他の地域とのサイズ差を演出するために、街並みの原寸大の模型を配置した上でロサンゼルスの街並みを背景として写真に撮り、それを更にコンピューターグラフィックで再現するという手法をとっている[28]

サバンナ・セントラル(Savanna Central)

ズートピアの中心地域でダウンタウンを含む。様々な種類の動物が暮らすサバンナがモデルとなっており、劇中の鉄道駅「セントラル・ステーション」はその中でも肉食動物と草食動物が隔てなく集まる水飲み場をイメージして作られ、ズートピア内外から様々な動物が集うエリアという設定になっている[25]。駅とその周辺は監督のバイロン・ハワードが最も好きだと語る場所で、ヨーロッパと北米を組み合わせた先進的なデザインとされている。ダウンタウン地域は動物が種類関係なく混在する場所で、オープニングには出て来ず、主人公ジュディの「初仕事」の場としてようやく登場する。デヴィッド・ゲッツは、ダウンタウンのスケール感が統一されず、ざわついた大都会の雰囲気は、様々な時代の歴史を含ませることで表現出来るとした[29]

この他、主人公ジュディの故郷でズートピアから340キロ離れた農業が盛んな田舎町「バニーバロウ(Bunnyburrow)」や、ゾウが経営するジャンボサイズパーラーの「ジャンボウ・カフェ」、謎の施設クリフサイドの建つ人気の無い地域「MeadowLands」など、劇中に登場するあらゆる舞台においてズートピアという街の特徴を際立たせるための詳細な設定と共に構築されている。製作段階で脚本が変わる中で設定が使用されなかった地域や建物もあり、ジュディの実家で275匹の兄弟姉妹が暮らす様子[30]や、「捕食者と被捕食者が区別される」という当初の案の下で考案された、束縛される肉食動物たちが本来の自分に戻れる彼ら専用の脱法アミューズメントパーク「ワイルド・タイムズ」[31]などが設定図画に残されている。

ストーリー[編集]

田舎町バニーバロウに暮らすウサギの少女ジュディは、「よりよい世界を作るため」と警察官になることを夢見ていたが、両親を含めた周囲はウサギが警察官になることに否定的であった。しかし15年後、彼女は警察学校を首席で卒業し、ウサギ初の警察官が誕生したことを祝うライオンハート市長によって市中心部へ配属される。

初日、ジュディの所属課では肉食動物ばかり14人が行方不明となる事件の捜査を行うことになる。ズートピア警察署(ZPD)の署長ボゴは、サイやゾウといった屈強な署員を捜査に充てるが、ジュディには駐車違反の取締を命じた。不満を感じながら取締をしていると、ゾウの店で巨大アイスの販売を拒否されるキツネの親子ニックフィニックを見かける。彼女はアイスを売るよう店に説得し2人に感謝されるが、実は親子ではなくアイスを転売して金儲けする詐欺師コンビであった。ジュディはニックを問い詰めるが、自身の生い立ちを否定する言葉を返される。

ある日、ジュディが駐車違反の取締をしていると、花屋で強盗事件が起こる。命の危険が迫るネズミの女性を助けつつ、犯人のデュークを逮捕するが、職務放棄に加え、ただの球根のために危険な追跡をしたとしてボゴに咎められる。彼女は警察らしい仕事をしたいと食い下がるが、ボゴは自分が配属を決定した訳ではないと更に責め立てる。そこへ、オッタートン夫人が夫エミットの捜索をボゴに直訴すべく、ベルウェザー副市長と共に来署する。これを見たジュディは自分がその捜査をすると言うが、これがボゴの逆鱗に触れ、「48時間以内に解決できなければクビ」と告げられる。

ようやく警察らしい仕事を得たジュディは、僅かな証拠からニックが事情を知っているとにらむ。彼を脱税の証拠で脅して捜査に協力させ、聞き込みの末、あるリムジンの車内でエミットの免許証を見つけるが、そこでホッキョクグマ達に誘拐され、車の所有者ミスター・ビッグの邸宅へ連れて行かれる。彼は制裁として2人を氷漬けにしようとするが、娘がジュディに助けられていたことが分かると、エミットがリムジンでミスター・ビッグの家に行く途中に失踪したことを明かし、当時の運転手マンチャスを紹介する。マンチャス曰く、エミットは「夜の遠吠え」という言葉を残して凶暴化し、彼を襲ってどこかへ行ったという。しかし直後にマンチャスまで凶暴化し、2人に襲いかかる。

ジュディの連絡でボゴ達が現場へ来るが、なぜかマンチャスは消えていた。「動物が野性に戻るはずがない」と言い張るボゴはジュディに改めてクビを言い渡すも、ニックの仲裁により難を逃れる。帰路、ボゴとのやりとりからジュディの境遇を知ったニックは、キツネとして差別を受けた幼少の記憶を語る。

その後2人は交通カメラでマンチャスの行方を追うことにし、ベルウェザーにカメラの映像を見せてもらうと、マンチャスを捕らえて謎の施設へ向かうシンリンオオカミが写っていた。2人は「夜の遠吠え」は彼らのことだと考え、施設へ赴く。そこでは捜索対象の14人とマンチャスが凶暴化した状態で収容されており、その主犯が肉食動物である自身の信用低下を恐れたライオンハートであることも判明する。ジュディの連絡により彼は逮捕され、市長の座を退く。行方不明事件を解決したジュディは、ニックの働きを見て警察官になるよう勧めるが、無意識のうちに記者会見で肉食動物に対し差別的な発言をしてしまい、ニックに絶縁される。更に、凶暴化事件は止まず、世論も街から肉食動物を追い出す方へ傾き、混乱に陥る。自分にも差別や偏見の心があったことに気づいたジュディは、これを後悔し故郷へ帰る。

実家で両親の手伝いをしていると、幼少期に自分をいじめていたギデオンと再会し、和解の言葉を交わす。そこでジュディは昔から知る花が「夜の遠吠え」と呼び慣わされていることや、それを口にしたウサギが凶暴化して母を襲ったという話を聞く。凶暴化事件の原因が「夜の遠吠え」であると気付いたジュディは、ズートピアへ戻ってニックに過ちを詫び、事件解決へ再び手を組む。

ミスター・ビッグと共にデュークを問い詰めると、球根の買主ダグの存在が明かされる。彼は「夜の遠吠え」から抽出した毒薬を弾丸にして肉食動物へ撃ち込み、凶暴化させていたのである。2人は格闘の末ピストルと弾丸を証拠として持ち出す。ZPD目前となったとき、急ぐ二人の前にベルウェザーが現れる。不審に思ったジュディは、彼女が事件の黒幕であると気付く。彼女は草食動物を虐げる肉食動物に憎悪を抱き、ダグを使って世間が肉食動物に対して恐怖を抱くよう仕向けていた。逃げ場を失った2人を見たベルウェザーはニックに毒薬を撃ち込み、発見者を装って警察に通報する。毒に犯されたニックはジュディの首に噛み付く。

しかしジュディはおどけた様子で死んだふりをし、ニックも何事もなかったように笑う。実はニックが弾丸をジュディが実家から持ってきたブルーベリーと入れ替えていたのである。2人の演技に騙されたベルウェザーはその場で逮捕され、オッタートン夫妻も毒の治療法が確立されたことで"再会"を果たす。こうして、肉食動物凶暴化事件は無事解決された。

その後、ニックはジュディの勧め通りに警察学校を卒業し、キツネ初の警察官となる。勤務初日、ニックはボゴにジュディと共に暴走車の取締に向かうよう言い渡される。

登場キャラクター[編集]

主人公[編集]

ジュディ・ホップス(Judith Laverne "Judy" Hopps[補 2][32]
アナウサギの女性。バニーバロウから上京してきたズートピア初のウサギの新米警察官。最初は9歳だったが、就職時は24歳。劇中の役職はZPDのシティ・センター第1分署[注 1]に所属する巡査。故郷では両親と275匹の兄弟と共に暮らしていた。両親からはジュージューと呼ばれる[注 2]
幼い頃からズートピアで警察官として働くことを夢見ており、当時からいじめっ子のギデオン・グレイにも立ち向かう勇敢さを見せるが、両親には「ウサギはニンジン作りをするのが幸せ」と言われ続けていた。警察ではぞんざいな扱い[補 3]を受けるも、最初に言い渡された駐車違反の取締ではボゴに言われた「1日100台」に対して「昼までに200台」を達成させるなど、どんな仕事でも努力を欠かさない。勤務中は録音機能があるニンジン型のペンを持ち歩き、ニックやベルウェザーの発言を録音して捜査に役立てる。また、上京時に両親からもらったキツネよけスプレーも持ち歩いていたが、記者会見でのトラブルの際にニックに指摘され、絶縁される理由の一つとなる。
ニックと初めて会った時に詐欺師とは知らずアイス代を肩代わりしてしまったり、ナチュリストクラブのヌーディストがあられもない姿を晒すのを直視できなかったりと初心であったが、ニックと関わる内にオオカミの気をそらすために遠吠えの真似を思いついたり、ニックと共にベルウェザーを欺くための芝居をするなど、機転が利くようになる。
ニック・ワイルド(Nicholas Piberius "Nick" Wilde[補 4][33]
アカギツネの男性。32歳[補 5]。身長4フィート、体重80ポンド、自宅の住所はCypress Grove Lane 1955番地[補 6]。フィニックと手を組み、15ドルの巨大アイスを溶かして2ドルの小さなアイスとして転売することを生業とする詐欺師で、ズートピアのあらゆる情報に精通する。アイスの転売で12歳の頃から毎日200ドルを稼いでいたと言い張るが、納税申告書には何も書いていなかった。この発言はジュディのニンジン型のペンによって録音され、これを取り返すべくジュディの捜査に協力することとなる。
過去には肉食動物で初めてジュニアレンジャースカウトの団員になろうとしたが、「キツネは信用に値しない」として誓いの儀式で口輪をはめられるいじめを受け、心に傷を負う。以来、偏見や差別に抗わず周囲の見る目の通りの生き方に甘んじる人生を送ってきた。その生い立ちから夢や希望は既に捨て去っており、ズートピアに夢を持って上京してくる者達を冷ややかな目で見る。
会った当初からジュディをバカにして「にんじん」や「うさぎ」などと呼ぶが、途中から嘲笑の意図はなくなった。ジュディからZPDの警察官になる事を勧められ、最終的には警察学校を卒業しキツネ初の警察官となった。

ズートピア警察署(ZPD)[編集]

ボゴ署長(Chief Bogo)
アフリカスイギュウの男性。ZPD署長[34]。常に威圧的な態度を取り、動物種ごとのステレオタイプにとらわれた言動をしがちであるが、市長と副市長には頭が上がらない様子を見せる。ガゼルのファンだが、クロウハウザーに見つかった時は隠し通そうとしていた。
最初は望まず配属されてきたジュディをぞんざいに扱い、駐車違反の取締ばかりをやらせた上、ニックと初めて顔を合わせたときは、他のズートピアの住民と同じくキツネに対する偏見を持って接していたが、連続行方不明事件が解決された後は態度を改める。
ベンジャミン・クロウハウザー(Benjamin Clawhauser)
チーターの男性。ZPDの受付担当。人当たりが良く、同僚とも仲が良いが、食欲旺盛で大変な肥満体。ドーナツが大好物。歌手のガゼルの大ファン。
マクホーン(Officer McHorn)
クロサイの男性。ZPDの警察官。朝礼の場ではジュディの隣に座っている。他の署員と同様にジュディのことをぞんざいに扱う向きがあり、デューク追跡の時も「お前には無理だ!」と叫んでいた。
ズートピア警察学校の教官(Drill Instructor)
ホッキョクグマの女性。言葉遣いは辛辣で、警察学校ではジュディの失敗に「命はない!」と叱責していたが、後に彼女の猛特訓の積み重ねに感銘を受ける。

市役所[編集]

レオドア・ライオンハート市長(Mayor Leodore Lionheart)
ライオンの男性。ズートピア市長。「誰でも何にでもなれる」というズートピアのスローガンを作った張本人で、ズートピアが楽園であることの維持を第一に考え、種に関係なく警察官になれるプログラムを立てたのも彼である。その初の卒業生としてジュディを市中心部へ配属するが、署長のボゴはそれを快く思っていなかった。部下であるベルウェザーには横柄に接する。
肉食動物の住民が次々と凶暴化した時は、住民に不安を与えないように、また肉食動物である自身の信用低下を避けるために彼らを監禁していたが、結果的にそれが行方不明事件とみなされ、事件の黒幕として容疑をかけられてしまう。
ドーン・ベルウェザー副市長(Assistant Mayor Dawn Bellwether)
ヒツジの女性。ズートピア副市長の役職を与えられているが、実態はライオンハートの秘書で、まともな部屋は与えられず、いつも忙しくこき使われている。本人曰く、自分が副市長になれたのは市長の「ヒツジ票集め」のため。 度々ライオンハートに「クサイウェザー」と呼ばれているが、一度「ライオナラ市長」と言い返したところ、その日は一日大変なことになったという[補 7]。ライオンハートの収監後は彼女が市長となる。
ジュディを「小さな動物の誇り」と讃え、何かと気遣ってみせるが、実際はライオンハートを始め、少数派ながら自らを虐げる肉食動物に対して恨みを募らせていた。それが高じてダグ達を利用し、「夜の遠吠え」の毒で肉食動物を凶暴化させ、ズートピアの住民に肉食動物を排斥するよう仕向けていた。それが連続行方不明事件の元凶であり、ジュディにそれを暴かれたことで、逮捕される。本作のディズニー・ヴィランズ

バニーバロウ[編集]

スチュー・ホップス(Stu Hopps)
ジュディの父親。バニーバロウでニンジンなどの栽培をしている。バニーバロウでニンジン農家として暮らすことがウサギにとって一番の幸せと考えており、ジュディが上京して警察官になることを不安に思っていた。娘がギデオンにいじめられていたことからキツネやイタチなどの肉食動物には疑念を抱いていたが、ジュディの影響で考え方を変え、ギデオンと共同で商売をするようになる。
畑に虫除けとして植える青い花「ミドニカンパムホリシシアス」に動物を凶暴化させる毒が入っていることをジュディに教える。
ボニー・ホップス(Bonnie Hopps)
ジュディの母親。夫と同様、ジュディが上京することを不安に感じ、途中で退職して帰郷した時も気を遣う。
ギデオン・グレイ(Gideon Grey)
アカギツネの男性。ジュディからはフルネームで呼ばれている。ジュディが幼い頃はバニーバロウのガキ大将で、ジュディの頬に爪を立てて傷を負わせる程であったが、成人後は改心し、ジュディと再会したときに深く謝罪する。バニーバロウでパイ職人として働いており、ジュディの両親が営む店にもお菓子を卸している。パティシエとしての腕は、ジュディの両親が「町一番」と称している。
ミドニカンパムホリシシアスという花の俗称が「夜の遠吠え」であることをジュディに伝え、彼女が再びズートピアに戻るきっかけを作る。

ニックの知人[編集]

フィニック(Finnick)
フェネックの男性。劇中で名前は明かされない。ニックの共犯者で相棒だが、口が悪い。普段からバンの中で暮らし、「仕事」の時もニックを助手席に乗せ自分が運転している。
非常に背が低く、ベビーカーにも問題なく乗れるほど。ニックの息子だと偽り、ゾウの着ぐるみを着て赤ん坊の真似をしていたが、実際の声はかなり低い[35]。40代とされている[補 8]
フラッシュ(Flash Slothmore)
ミユビナマケモノの男性。免許センター[補 9]の職員で、ニックの親友[補 10]。ジュディとニックがヤックスから得たナンバープレート番号を元に自動車の所有者を割り出し、情報提供をする。言動から動作まで何もかもスロースペースで行い、昼に免許センターを訪れたジュディ達が帰る頃には夜になっていたほどである。エンディングでは、スピード違反で捕まってしまう。
ニックはフラッシュに会った際に必ず「フラッシュ、フラッシュ、ダッシュで行こうぜ!」[注 3]という挨拶をしている。
エミット・オッタートン(Emmitt Otterton)
カナダカワウソの男性。花屋を経営しており、妻と2人の子供がいる。ズートピアの連続行方不明事件の被害者のひとりであったが、ニックから買ったアイスを手にしているところを監視カメラに捉えられたのが捜査開始のきっかけとなる。
日頃よりミスター・ビッグの家へ花を届けていたことから親交が深く、家族同然の待遇を受けていたが、彼に会いにいくべくマンチャスの運転するリムジンに乗っていたところをダグに撃たれ、凶暴化した。その後施設に収容されていたところをジュディに発見される。
デューク・ウィーゼルトン(Duke Weaselton)
イイズナの男性。口が悪く、海賊版DVDで生計を立てている。球根を花屋から盗み、ジュディに逮捕されるが、後にその球根が「夜の遠吠え」であり、タグに高額で売るために盗んだことが判明する。
Weaseltonという名字はウェーゼルトン公爵(アナと雪の女王の悪役)のパロディで、彼が「ウィーゼルタウン」と呼び間違えられていた一方、こちらは「ウェーゼルトン」と呼び間違えられる。ウェーゼルトン公爵のファーストネームもデュークである。声優ネタでもあり、英語版・日本語吹替版共にウェーゼルトン公爵と同じ声優が担当する。
ミスター・ビッグ(Mr. Big)
トガリネズミの男性。リムジン会社を保有しており、ニックも「ツンドラタウンの闇のボス[注 4]」として恐れていた。手下に複数のホッキョクグマを付けており、邸宅でのシーンやエンディングでは、彼らのうち最も背が高い手下の手に載せられた椅子に座って登場する。過去に祖母の葬式に使うウールの絨毯をニックから購入したが、実際はスカンクの尻の毛でできたもので、これを祖母への侮辱として彼に怨恨を抱いていた。
エミットやニックのようなビジネスパートナーは家族同然としてホームパーティーに招くなど手厚くもてなすが、自らを侮辱したものや裏切ったものとは絶縁したり、「氷漬け」にするなど残酷な対応をする。娘の結婚式の日にリムジンに忍び込んだニックとジュディも氷漬けにしようとするが、ジュディが娘の命の恩人と知り、捜査に協力する。
ゴッドファーザー』のヴィト・コルレオーネマーロン・ブランド[36]を元にしたキャラクターである[補 11]
ケビンとレイモンド(Kevin / Raymond)
いずれもホッキョクグマの男性で、ミスター・ビッグの手下。劇中の台詞はない。ケビンは黒地に黄色のラインが入ったスウェットを着ており、鼻に絆創膏を付けている。レイモンドは黒地に青色のラインが入ったスウェットを着ており、ドル記号を模したネックレスを付けている。
エミットの免許証を探しにリムジンの車内へ入ったニックとジュディを捕らえ、2人でミスター・ビッグの元へ連れて行く。その後、ミスター・ビッグの指示に従い彼らを氷漬けにしようとする。

ズートピアの住民[編集]

ヤックス(Yax)
ヤクの男性。劇中で名前は明かされない。ナチュリストクラブのオーナーで、エミットもそこへヨガを習いにきており、ジュディの聞き込みに協力するきっかけとなる。「動物は自然が一番」と常に裸でおり、体も洗わず、いつも周囲にハエをたからせている。
部下のナンギを「ゾウは記憶力がいい」と持て囃すが、ニックとジュディにエミットの服装や乗っていったリムジンの色、ナンバーを詳しく伝えたのはヤックスである。
オッタートン夫人(Mrs. Otterton)
カナダカワウソ。行方不明となったエミット・オッタートンの妻で、度々ZPDを訪れてはボゴへの面会を要求していた。
フルー・フルー(Fru Fru)
ミスター・ビッグの娘。リトル・ローデンシアでデュークが蹴り飛ばしたドーナツのモニュメントの下敷きになりかけたところをジュディに助けられ、後にニックとジュディがミスター・ビッグの制裁から逃れるきっかけとなる。
ニックとジュディがミスター・ビッグに誘拐された日に結婚式を挙げており、前述の件から、身ごもった子供にジュディと名付けた。
ガゼル(Gazelle)
美しき実力派ポップスターのガゼル。ジュディが上京する際に聴いているのは彼女の楽曲である。ズートピアで肉食動物の排斥運動が起きたときは、中立の立場でテレビのインタビューに答えていた。
マッジ・ハニー・バジャー(Dr. Madge Honey Badger)
ラーテルの女性医師。日本語吹替版では単に「ドクター」と呼ばれ、スタッフロールでは「秘密施設の医師」と表記される。ライオンハートから住民が凶暴化する原因を究明するよう迫られ、生物学的要素が原因にあることを示唆する。
マンチャス(Mr. Manchas)
ブラックジャガーの男性。ミスター・ビッグが経営するリムジン会社の運転手。客として乗せていたエミットが凶暴化して彼を襲い、右目に怪我を負う。
ジェリー・ジャンボウ・ジュニア(Jerry Jumbeaux Jr.)
アフリカゾウの男性。アイスクリーム店経営者。ニックにアイスキャンディーの販売を拒否するが、ジュディから調理の際に鼻にカバーを付けていない[注 5]など、衛生状態を指摘される。
ダグ(Doug)
ヒツジの男性。地下鉄の廃駅にある廃車体を研究室とし、そこで「夜の遠吠え」を球根から育て、その花から動物を凶暴化させる毒薬を作っている。手下にウールターとジェシーという2匹のヒツジがいる。
ピーター・ムースブリッジ(Peter Moosebridge)
ニュースキャスターのヘラジカの男性。一部の国ではオリジナルキャラクターに変更されており、日本ではタヌキ(後述)、ブラジルではジャガー、オーストラリア・ニュージーランドではコアラ、中国ではジャイアントパンダとなっている。
声優のピーター・マンスブリッジはカナダのテレビ局CBCで長年ニュースキャスターを務めるベテランで、キャラクター名も彼の名前とmoose(ヘラジカ)をかけている。
マイケル・狸山(たぬやま) (Michael Tanuyama)
タヌキの男性。ズートピアのニュースキャスターで、日本語吹替版のみ登場。声優の芋洗坂に合わせて同じフレームの眼鏡に頭には葉っぱ、背中に編み笠を背負っている。
アパートの大家(Landlady)
ココノオビアルマジロの老婆で、ジュディが住むアパート「グランド・センザンコウ」の大家。赤縁の眼鏡をかけている。
バッキー・オリックス=アントラーソン/プロンク・オリックス=アントラーソン(Bucky/Pronk Orix-Antlerson)
バッキーはクーズーで角が曲がっており、プロンクはオリックスで角がまっすぐ。アパートでジュディの部屋の隣室に同居している二人の男性。部屋では2人で頻繁に喧嘩をしたり、ジュディの独り言に反応して壁の向こうからちょっかいを出してくる。ジュディ曰く「うるさいお隣[注 6]」。
ジャレド・ブッシュはTwitterにてこの二人の関係を同性婚と明かしている[37]
プリシラ(Priscilla)
免許センター職員のナマケモノで、フラッシュの女性同僚。フラッシュや他のナマケモノ同様ゆっくりと動く。
アングリームース(Angry Mouse)
パーキングメーターがわずか30秒オーバーしただけで駐禁を取られ、ジュディに文句を言う男性。

声優[編集]

役名 英語 日本語
ジュディ・ホップス ジニファー・グッドウィン 上戸彩
幼いホップス デラ・サバ 稲葉菜月
ニック・ワイルド ジェイソン・ベイトマン 森川智之
幼いニック キャス・スーシー 長谷川斗輝
ボゴ署長 イドリス・エルバ 三宅健太
ベルウェザー ジェニー・スレイト 竹内順子
クロウハウザー ネイト・トレンス 高橋茂雄 (サバンナ)
ボニー・ホップス ボニー・ハント 佐々木優子
スチュー・ホップス ドン・レイク 大川透
ヤックス トミー・チョン 丸山壮史
ライオンハート市長 J. K. シモンズ 玄田哲章
オッタートン夫人 オクタヴィア・スペンサー 根本圭子
デューク・ウィーゼルトン アラン・テュディック 多田野曜平
ガゼル シャキーラ Dream Ami
フラッシュ レイモンド・パーシ 村治学
フィニック トミー・タイニー・リスター 白熊寛嗣
ナンギ ギータ・レディ 込山順子
ジェリー・ジャンボーJr. ジョン・ディマジオ 遠藤純一
Mr.ビッグ モーリス・ラマーシュ 山路和弘
フルー・フルー リー・レイサム 近藤唯
マンチャス ジェシー・コーティ 河本邦弘
マッジ・ハニー・バジャー ケイティ・ロウズ 槇原千夏
ギデオン・グレイ フィル・ジョンストン 武田幸史
ダグ リッチ・ムーア 岩城泰司
ピーター・ムースブリッジ ピーター・マンスブリッジ (なし)
マイケル・狸山 (なし) 芋洗坂係長
警察学校の教官 トリシア・カンニングハム 田村聖子
アパートの大家 ジョシー・トリニダッド 込山順子
バッキー・オリックス=アントラーソン バイロン・ハワード 白熊寛嗣
プロンク・オリックス=アントラーソン ジャレド・ブッシュ 河合みのる
アングリームース メリッサ・グッドウィン・シェパード 厚切りジェイソン
マクホーン マーク・ライノ・スミス 遠藤純一
プリシラ クリステン・ベル 近藤唯

日本語版スタッフ[編集]

  • 字幕版
  • 吹替版
    • 翻訳 - 竹本浩子
    • 翻訳監修 - ジェームズ・ハバート
    • 演出 - 岩見純一
    • 日本語版制作 - HALF H・P STUDIO
    • Disney Character Voices International,Inc.

製作[編集]

発案[編集]

Byron Howard
Rich Moore
監督のバイロン・ハワードとリッチ・ムーア(2015年アヌシー国際アニメーション映画祭の資料映像より)[38]

通常、WDAS(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ)では監督が発案部長のジョン・ラセターと社長のエドウィン・キャットマルに提案したアイデアの中から製作する映画を決定している[39]。この頃ラセターは、当時並行して製作が進んでいた『シュガー・ラッシュ』や『ベイマックス』のような新しい世界観のものに対し、『ピノキオ』などのような"クラシカルな"ディズニー映画を現代の観客向けに作ることを考えていた[40]。特に『ロビン・フッド』のような、擬人化され、服を着た動物が活躍する映画を好んでいた彼は、『塔の上のラプンツェル』で共同監督を務めたバイロン・ハワードの擬人化された動物の表現方法に共感し、ハワードを監督に起用してこれに沿った案を作ってもらうことにした[40]。ハワードもまた『ロビン・フッド』のような映画を作りたいと考えており、これに着想を得て[41][10]「擬人化され、服を着た動物が活躍する」物語の案を6つ提示した[39]

ハワードの案を見たラセターは複数の案の中から世界観と登場人物を抜き出し、それを組み合わせるという形で、後に『Savage Seas(野生の海)』へと進化する案を提示した。『Savage Seas』はジェームズ・ポンドをイメージしたジャック・サベージというウサギのスパイを主役に建てたスパイ映画であったが、このストーリーについてラセターとキャットマルが実際に支持したのは序盤の「動物の都市」で展開される部分であった。そこでハワードは「ウサギの主人公」「動物の都市」という要素だけを残し、都市に暮らす他の動物にもスポットを当てて更にイメージを膨らませてゆく。最終的には、ディズニー・ストーリー・トラスト(プロジェクト構想の際に必ず面会するWDASの上層部社員)の助言により、ニックが主役でジュディが脇役を演じる警察ものへと方向性が定まり[42][43]、WDAS第55作目の長編映画として『ズートピア』が誕生した[39]

『ズートピア』の製作が初めて公表されたのは、2013年夏にディズニー公式ファンクラブ「D23」が開催したD23エキスポでのことであった[44]。ハワードの推薦によりジャレド・ブッシュを脚本家に立てた本作は、当初より2016年3月の公開と定められた[44][45](実際は公式発表に先駆けて2013年5月にジェイソン・ベイトマン出演の情報がマスコミに明かされていたが、その時は作品自体に関してはあまり語られなかった[46])。 ここでは、登場人物達が暮らす街も、人間ではなく動物が設計したと想定して作り[44]、『ズートピア』は他の「擬人化された動物が人間界や大自然の中で活躍する映画」とは違うものになるとされた。ジョン・ラセターはこの「動物が動物によって築かれた現代社会に暮らす」という考え方を大いに評価し、D23エキスポ発表の場で"赤ん坊のシンバを持ち上げるように"ハワードの名声を高めた[47]

更に、2015年3月にはリッチ・ムーアが監督となり、その補佐には脚本のジャレド・ブッシュが就くことが発表された[48]

動画技術[編集]

アニメーターらによる動物の調査はサンディエゴ動物園サファリパークウォルト・ディズニー・ワールドの「ディズニー・アニマル・キングダム」で行われ、さらにはハワードの提案で[49]ケニアへも赴いた。調査期間は合計8ヶ月におよび、様々な動物の歩き方から毛の色までも研究され[50][51]、映画に登場する動物たちは80万通りもの動きを見せることになる[51]。登場人物の毛並みをよりリアルに見せるため、取材は自然史博物館でも行われ、アニメーターらは様々な光の当たり方を確認しながらマイクロスコープを用いて間近で毛並みを確認した[51]。2010年代前半のディズニーが製作するアニメーション作品に出てくる動物の毛並みは2008年に公開された『ボルト』に使われた技術が基本となっていた。しかし、当時使用されていたコンピューターソフトウェアでは本作に必要とされる、よりリアルな毛並みに対応できなかった[51]ため、WDASの技術者がそれに向けて新ソフトウェア「iGroom」を開発した[51][52]。元々このような技術的に高度な表現はシーン別に特別な処理を行うことで対応していたが、今回は全編にわたってそういった表現が必要とされていた[52]

これにより、毛並みの向き、成形、光の当て方などを正確に表現するだけでなく、各種の動物ごとにあらゆるポーズを表現できるようになった。iGroomでは更に、「仮想レイヤ」を用いた見えない部分の毛まで考慮した毛皮の表現をも可能にした[51]。この機能は大きな頭に境界のはっきりしない斑点模様を持つチーターのキャラクター(クロウハウザー)などに使われた[51]。各キャラクターには膨大な本数の毛が用いられ、2人の主人公、ジュディとニックにはおよそ250万本前後に及ぶ。他のキャラクターではキリンが900万本、アレチネズミは48万本で、その他の小さな齧歯類でも40万本が使われ、これは『アナと雪の女王』のエルサの髪の毛と同じ本数である[51]。このことについてジャレド・ブッシュは後に、「毛との戦いだった」と語っている[52]

本作ではベイマックスに次いで2度目に3D描画システム「Hyperion(ハイペリオン)」が使用された。今回はHyperionに新たな描毛パラダイムが付加され、密集した毛でも比較的容易にリアルな描写ができるようになった[51]。シュガー・ラッシュ製作に向けて開発されたリアルタイム3Dモデラーの「Nitro(ニトロ)」も使用され、より思い通りに、自然で緻密な毛並みをスピーディーに出力出来るようになった。Nitroでは更に、ある状態から次の動作における毛並みの変化とポーズ、シルエットを同時に予測することができる[51]。『アナと雪の女王』で初めて使用された草木ジェネレーター「Bonsai(盆栽)」も使用され、熱帯からツンドラまで様々な気候の、多種に渡る樹木の葉一枚一枚に至るまでの詳細な描画を実現した[51]

登場人物について[編集]

当初はニックを中心にズートピアの街を描くストーリーで、肉食動物と草食動物は街の中でほとんど関わりを持たないという設定であった[53]。その核となる設定に、草食動物を肉食動物から守るための「制御首輪(tame collar)」があった[54]。ズートピアに暮らす全ての肉食動物にはこの制御首輪が取り付けられ、本人の興奮度によって緑→黄→赤と首輪のランプの色が変わり、最高潮(赤)に達すると電気が流れるというものである。この設定で製作されたストーリーの下で4ヶ月おきに映画業界向けの内部上映会が行われたが、寄せられた意見は総じてズートピアを「抑圧的な警察国家で、希望がない」「誰が見ても惨めで、新たな発見などない」などと評するもので、首輪には非常にネガティブなイメージがあることが判明した[54]。「製作スタッフがよく貢献してくれた」と評された[42]ストーリーではあったが、5~6回ほどの上映会を繰り返した後、フィル・ジョンストンを新たに脚本家として呼び、従来の制作陣との合意の下で2014年11月に制御首輪の設定を廃することとなった[54]

公開予定までおよそ1年半を切った2014年11月[43]、ジュディとニックの立ち位置を逆転させ、「平等主義の是非が住民自らの先入観により脅かされる大都会」ズートピアへやってきた「純真でヒロイン気質のあるお上りの女の子」ジュディに主眼を置き、それに反駁するキャラクターとして「街の平等を冷笑し不安定を助長する地元民」ニックを置くという現在のストーリーへと変更された[43]。ジュディを主役に置くという発想について、制作陣は「観客はズートピアという都市をジュディの視点、即ち『都会への憧れ』という目で見られる作品になった」と評した。通常の子供向け映画では、登場人物が自らの不遇を歌で表現するが、ジョンストンは現実味を持たせるためにあえてこのようなミュージカルシーンを採用せず、ジュディが遭遇する様々な試練や彼女の両親でその代わりとした[54]

2015年5月6日、ジェイソン・ベイトマンとジニファー・グッドウィンがそれぞれニック・ワイルドとジュディ・ホップスの役を務めることが明かされた[55]。制作陣はこの選定理由について、ベイトマンが「狡猾ながらもドライな知的さを感じられる声で、可笑しくも心のこもった演技を出来るから」と発表した。 ベイトマン本人は自らを「狡猾で皮肉な陰謀家」とし、このニック・ワイルドも彼が12歳の頃から演じてきた数々の役と似ていることについて触れた。また彼は「監督に『キミ達は、僕にどんな声を求めてるんだ?』と言ったところ、あっけにとられた顔で『やりたいように、ただ喋るんだ』と返された」とも話した[56]

一方のグッドウィンについて、ムーアは「ブレのない優しさと大きな心、そしてユーモアたっぷりの演技ができる」と語り、また人間性についても「少女ポリアンナフュリオサ大隊長を混ぜたような女性」「人はよく優しさを単純さやマヌケさと紙一重というが、彼女は『良い女性』を地で行っている。マヌケなウサギじゃないけどね」などと評している[56]。同年7月には、アラン・テュディックも声優に加わることが発表され[57]、同時に彼が演じるキャラクターが"デューク・ウィーゼルトン"であることも明かされた[58]

音楽[編集]

ズートピア
オリジナル・サウンドトラック
マイケル・ジアッチーノサウンドトラック
リリース
録音 2015年11月16日〜20日
ジャンル サウンドトラック映画音楽
レーベル ウォルト・ディズニー
テンプレートを表示

スコアの作曲は、アカデミー作曲賞受賞作家のマイケル・ジアッチーノが担当した。主題歌である「Try Everything」はシーアスターゲイトが作曲し、劇中でガゼル役のシャキーラが歌った。

# タイトル 作詞 作曲・編曲 パフォーマー 時間
1. 「トライ・エヴリシング
Try Everything」
    シャキーラ
2. 「ステージ・フライト
Stage Fright」
    マイケル・ジアッチーノ
3. 「グレイズ・アーマッド・アット・ミー
Grey's Uh-Mad at Me」
    ジアッチーノ
4. 「チケット・トゥ・ライト
Ticket to Write」
    ジアッチーノ
5. 「フォクシー・フェイクアウト
Foxy Fakeout」
    ジアッチーノ
6. 「ジャンボ・ポップ・ハッスル
Jumbo Pop Hustle」
    ジアッチーノ
7. 「ウォーク・アンド・スターク
Walk and Stalk」
    ジアッチーノ
8. 「ノット・ア・リアル・コップ
Not a Real Cop」
    ジアッチーノ
9. 「ホップス・ゴーズ(アフター)ザ・ウィーズル
Hopps Goes (After) the Weasel」
    ジアッチーノ
10. 「ザ・ナチュラリスト
The Naturalist」
    ジアッチーノ
11. 「ワーク・スローリー・アンド・キャリー・ア・ビッグ・シュティック
Work Slowly and Carry a Big Shtick」
    ジアッチーノ
12. 「ミスター・ビッグ
Mr. Big」
    ジアッチーノ
13. 「ケース・オブ・ザ・マンチャス
Case of the Manchas」
    ジアッチーノ
14. 「ザ・ニック・オブ・タイム
The Nick of Time」
    ジアッチーノ
15. 「ワールズ・ワースト・アニマル・シェルター
World's Worst Animal Shelter」
    ジアッチーノ
16. 「サム・オブ・マイ・ベスト・フレンズ・アー・プレデターズ
Some of My Best Friends Are Predators」
    ジアッチーノ
17. 「ア・バニー・キャン・ゴー・サベージ
A Bunny Can Go Savage」
    ジアッチーノ
18. 「ウィーゼル・シェイクダウン
Weasel Shakedown」
    ジアッチーノ
19. 「ラミフィケーションズ
Ramifications」
    ジアッチーノ
20. 「ユウ・フェール・フォー・イット
Ewe Fell for It」
    ジアッチーノ
21. 「スリー・トゥ・バンディット
Three-Toe Bandito」
    ジアッチーノ
22. 「スイート・フロム・ズートピア
Suite from Zootopia」
    ジアッチーノ

日本盤には、冒頭と末尾に以下のボーナストラックが収録されている。

# タイトル 作詞 作曲・編曲 パフォーマー 時間
1. 「トライ・エヴリシング」     Dream Ami
24. 「トライ・エヴリシング(ズーラシアン・フィルハーモニー・バージョン)」     Dream Ami  
25. 「トライ・エヴリシング」     ズーラシアンブラス  

日本語吹替版ではオープニングが『トライ・エヴリシング』日本語版、エンディングクレジットは同曲の英語版となっている。その後のスタッフロールの冒頭には『トライ・エヴリシング(ズーラシアン・フィルハーモニー・バージョン)』が流された後、サウンドトラックのメドレー(『ラミフィケーションズ』のアレンジ版、『スイート・フロム・ズートピア』の途中から)となる。

英語版のスタッフロールは冒頭からサウンドトラックのメドレー(『チケット・トゥ・ライト』、『スイート・フロム・ズートピア』の冒頭、『ラミフィケーションズ』のアレンジ版、『スイート・フロム・ズートピア』の途中から)が流される。

公開[編集]

本作はディズニーデジタル3-DRealD)作品として公開された。北米ではIMAX3D方式での上映も行われ、ディズニーのIMAX作品はトレジャー・プラネット以来14年ぶり、2作目となる[59][60]

一部の国ではタイトルが変更され、イギリス欧州各国では、metropolisを由来とする"Zootropolis(ズートロポリス)"に変更され、欧州公開分は音声が英語(字幕版含む)でも劇中のZootopiaが全てZootropolisに直されている[61][62] 。また、ドイツでは"Zoomania(ズーマニア)"というタイトルで公開された[63][64] 。ディズニーは変更理由について、スポークスマンが「イギリスの観客にも関心を持ってもらえるように」と述べるに留めたが[65]アイリッシュ・タイムズ紙(アイルランド)はデンマークの動物園がEU域内で"Zootopia"を商標申請しているのが直接の理由ではないかとしている[66] 。中国では国家新聞出版広電総局により海外映画の劇場公開は30日間のみとされているが、本作については2週間延ばされるという異例の対応が取られ、合計44日間公開された[67]。日本での劇場上映は他地域より大幅に遅れて2016年4月23日に始まり、『ファインディング・ドリー』公開前日の7月15日[68]に一斉終了した。

マーケティング[編集]

ティーザー動画が最初に公開されたのはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが2015年6月11日にYouTubeで公開した予告編で[69]ピクサーの『インサイド・ヘッド』公開時からこの映像が劇場予告として流されるようになった。2つ目は同年11月23日にYouTubeで(劇場予告は『アーロと少年』から)[70] 、本編中で主人公2人が免許センターへ赴きナマケモノの職員とやりとりをするシーンが公開された。本格的な予告映像は同年12月31日にYouTubeで公開された。更に、2016年3月1日にはディズニー・インフィニティ3.0用のフィギュアが発売された[71]

また、変わった形のバイラル・マーケティングも行われた。デジタルマーケティング会社のAllied Integrated Mediaは、ディズニーからの契約を受け、SNSサイトMeetup上のファーリー・ファンダム会員に、映画のハッシュタグを付けて自分のファースーツを着た写真をTwitterやInstagramで公開するキャンペーンを推進した[72][73]

日本では、上映開始前後の2016年3月25日から5月8日にかけて神奈川県横浜市とのタイアップが実施され、よこはま動物園ズーラシア横浜市交通局により「横浜市営地下鉄スタンプラリー」と「横浜市営バス×ズーラシア クイズラリー」が実施された他、本作の広告ラッピングを施した路線バス車両も1台運行された[74][75]

家庭用ソフト[編集]

『ズートピア』の家庭向けソフトはBlu-ray、Blu-ray 3D、DVDなどのデジタルHD形式で発売され、北米版は2016年6月7日、ボーナストラックとして「Scoretopia」やTry EverythingのMVなどの映像を収録したものが発売された[76]。日本版に関しては、吹替/字幕版のデジタル先行配信が同年8月10日に開始され、その後MovieNEX版(Blu-ray、DVD、デジタルダウンロード権限同梱)は8月24日に『ズートピア MovieNEX』として発売開始された。内容は北米版と同じで、本編は劇場字幕/吹替版の両方、特典映像は字幕版として収録されている[77]

本タイトルは発売初週にして販売枚数18万枚を記録し、9月5日付(8月22日~28日)の売上ランキングにて『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』(27.8万枚[78])に続きBD総合2位、BDアニメ部門では1位を獲得した[79]。また、BDアニメ部門で洋画が1位を取ったのは2015年12月14日付ランキングの『ミニオンズ ブルーレイ+DVDセット』以来8ヶ月ぶりで、この時点で2016年の洋画アニメBDの暫定1位となった[79]。翌9月12日付(8月29日~9月4日)のランキングでは、販売枚数3.8万枚で『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』(1.5万枚[80])を抜きBD総合1位を獲得した[81]。洋画がBD総合1位を獲得するのは2016年度(2015年12月14日~)のランキングでは6作品目で、アニメでは同年度初となった。

レンタルはBD/DVDともにMovieNEX発売と同日の8月24日に開始され、1週目(8月22日~28日)、2週目(8月29日~9月4日)の2週にわたりレンタル回数1位を獲得した[82][83]

興行成績[編集]

北米での上映が終了した2016年8月4日時点で、『ズートピア』の興行収入は、制作費の1億5000万ドルを大きく上回り、北米で約3億4126万ドル(米ドル、以下同じ)、その他の国と地域では約6億8251万ドルの興行収入を記録し、合計で10億2378万ドルとなった[3][4]。ディズニーのアニメーション映画で10億ドルを突破したのは、『トイ・ストーリー3』、『アナと雪の女王』に次いで史上3番目である[84]

公開二週目の3月18日には、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ作品としては『アナと雪の女王』『ベイマックス』に続き3作連続で興行収入5億ドルを突破し[85][86]、同年4月5日には、2016年に北米で公開された映画の中としては初めて国際興行収入が8億ドルを越え[87]、4月24日には更に9億ドル突破を果たした[88]。6月5日には10億ドルを突破した。国際興収10億ドルという記録は、アニメーション映画としては史上4番目、ディズニー映画としては11番目(ディズニーアニメーション映画では3番目)、そして映画史上では26番目となる[89]

全世界では『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に次ぎ2016年中2番目の興行収入を上げており、アニメーション映画としては1位[90]である。また、歴代でも同スタジオ作品としては『アナ雪』に次ぎ2番目の全世界収入[87][91]、全アニメ映画としては4位[92][93]、原作映画(小説などの原作や前作を持たない映画)としては『アバター』に続き2位[94]、更に全映画の中でも26位の成績となっている[89]

北米[編集]

アメリカ合衆国とカナダでは、公開前予想は3827スクリーンで初週末興行収入6000万~7000万ドルとされていた[95][96](予想スクリーン数の内訳は3D版が約3100スクリーン、IMAX版が365スクリーン、プレミアム・ラージ・フォーマット版が325スクリーン[96])。2016年3月31日に行われた公開前週の事前上映で既に170万ドルの収入があり、同様の公開方式ではピクサー作品を除く夏休み期間[補 12]以外のディズニー映画としては最高記録[59][97]、またアニメ作品としては歴代7位を記録した[98]

事前公開の評判は口コミで広まり、公開初日となる4月3日だけで1950万ドルの興行収入を記録し、『アナ雪』の記録を破った[59]。また、3月公開のアニメーション映画としては『アイス・エイジ2』についで歴代2位となる[99]。 更に、初週末興行収入は当初の予想を上回る7510万ドルで、全ディズニーアニメーション映画では『アナ雪』を破り1位[補 13]、3月公開のアニメーション映画では『ロラックスおじさんの秘密の種』を破り1位、アニメーション映画としては4位、3月公開の映画全体としても8位の記録となった[100][101][102]。更に、原作映画の初週末興行収入としては『インサイド・ヘッド』『アバター』に続き歴代3位となった[103]。IMAX方式では初週末366スクリーン520万ドルで、 トイ・ストーリー3の840万ドルに続き2位となった[101]

2週目の週間興行収入は5130万ドルで全体の31.6%まで下がったが、アニメーション映画としては初週終了後の占有率下降が最も少なくなった(『シュガー・ラッシュ』は2週目で占有率32.7%を記録しているが、同週に27%を記録した『LEGO ムービー』より下降率が大きい)[104]。3週目の週間興行収入も占有率28%で3720万ドルと3週連続で週間1位を記録し、同時にそれまでの総興行収入が2億ドルを突破することになった[105]。 公開後3週間目の記録としては、『アバター』の6800万ドルに次ぎ2位となり、『007 スカイフォール』の3500万ドルを越える結果となった。4週目も本作の占有率は微減に留まったが、本作より3週間遅れで公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に抜かれ、最終的に北米ではV3となった[106]

2016年6月時点では、域内にて『キャプテン・アメリカ』『デッドプール』『ジャングル・ブック』に次ぎ4位の累計興行成績を記録しているほか[107]、13週連続でトップ10入りを果たし、『アナ雪(16週)』と『アバター(14週)』に迫る結果となった[108]

北米での劇場上映は8月4日に終了し、計154日間に渡って上映された[4]。最終的な興収記録は、WDAS作品として『アナ雪』に次ぎ史上2番目[109]、2016年北米公開映画として7位[110]、またアニメーション映画としては史上10番目となった[111]

日本[編集]

日本では2016年4月23日から7月15日までの83日間に渡り公開され、最終興行成績は動員数約580万人、収入約76億8000万円となり[112][5]、2016年に日本で公開された映画としては4位となった[5]。本作は累計興収70億円突破まで62日要したが(『アナ雪』は23日、『ベイマックス』は37日)[68]、次々と新作が上映開始される中でも安定した興行収入を上げ、上映期間中全ての週末興行ランキングにおいて4位以内に残った。

字幕版(2D)と吹替版(2D・3D・4DX・MX4D)にて全国471スクリーンで公開された[113]が、他地域からはかなり遅れての公開となった[114]。初週末(4月23日・24日)の合計動員数は32万9513人、興行収入は4億4580万4900円となり、1週間前の4月16日より公開されていた『名探偵コナン 純黒の悪夢』に次いで初登場2位を記録した[113]。更に、ディズニーアニメーション映画としては『アナ雪』『ベイマックス』に次ぎ第3位のオープニング興収を記録した[88]

その後、公開2週目までは『名探偵コナン』に続き2位となっていたが、公開3週目となる5月8日までの興収が29億8776万4600円、動員は235万6413人となり、7日・8日の成績(週末興行ランキング)では『名探偵コナン』を抜き初の1位となった[115][116]。公開2週の後に週末興行ランキングが2位から1位に上がったというケースは世界的にもまれである[15]。4週目(5月14日・15日)の週末興行ランキングでは前週に続き1位を獲得、更に動員数前週比121.8%を記録したが、この週の動員数は公開初週を越えており、『アナ雪』国内公開当初と同様の動きを見せた[15][16] 。5週目の週末(5月21日・22日)でも2日間で動員37万5137人、興収5億0407万3100円を記録し、1位を維持した(両日2位の『殿、利息でござる!』は動員10万9248人、興収1億3522万8600円)。また、この週は前週より25スクリーン減少となったが、前週興収比は118%[117]となり、スクリーンアベレージ(1スクリーンあたりの平均着席率)も16.7%上昇した[118]。6週目(5月28日・29日)では、前週に比べ興行成績は下がったが、同週初登場の『オオカミ少女と黒王子』を抑えて4週連続1位となり、国内の累計興収が50億円を突破した[119]

7週目(6月4日・5日)は動員26万3766人、興収3億5060万9200円となり、国内累計興収は60億を越えた。同週初登場の『植物図鑑 運命の恋、拾いました』(動員26万4270人、興収3億4204万0700円)に僅差で及ばず2位となり、国内では最終的にV4となった[84]。ただし、興収1位は6月1日開始の『デッドプール』(24万8473人、3億8333万2900円)で、『植物図鑑』は興収3位となっている[84]。また、公開当初から成績争いを続けていた『名探偵コナン』も同日に累計興収60億円を突破したが(6月5日時点で60億2048万7600円、471万7855人)、興収では本作が上回る一方、動員数では若干後を追う形となる[120][補 14]。その後8週目(6月11日・12日)の動員数は同週初登場の『64―ロクヨン―後編』に続き2位[121]、9週目(6月18日・19日)は『植物図鑑』『ロクヨン後編』に続き3位となったが、興収では再び1位を獲得した[122][123]

6月23日には累計興収が70億円を突破[17][123]する。公開10週目(6月25日・26日)の動員数は、同週初登場の『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に続く2位となり、再び動員数の順位を上げたが[124]、公開11週目(7月2日・3日)にはそこへ同週初登場の『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が1位に入り、本作は3位[125]となった。週末興行ランキングの集計対象としては最終週となる公開12週目(7月9日・10日)は、再び同週初登場の『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』に1位に付かれ、更に順位を落として4位となったが、同週末の上位10作品で公開5週を越えているものは本作の他に『植物図鑑』(6週目)のみであった[126]。その後、予定通り7月15日に劇場上映は一斉終了となった。

中華人民共和国[編集]

中華人民共和国では、『疯狂动物城(Crazy Animal City)』のタイトルで公開され[64]、ハリウッド映画で中国において最も人気となった『ジュラシック・ワールド』(中国での総興収は2億2900万ドル)に並ぶという国内各メディアの予想を更に越える結果となった[127][128]。中国では劇場公開終了までの総興収が公開初日の62倍以上を記録し、直前に公開された『夏洛特烦恼』での最高記録61.9倍を上回った。アニメ映画では『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』の53.1倍が最高記録だった[129]。公開初日の興収は『葉問3』に続き2位の340万ドルだったが、3日目までの累計は2380万ドルに達し、 前後作を持たないアニメ映画の開始3日間の興収としては史上最高記録となったほか、アニメ映画全体およびIMAX方式のアニメ映画としては、いずれにおいても『カンフー・パンダ3』に続き開始3日間の興収が国内史上2位を記録することとなった(本作のIMAX版は278スクリーン、300万ドルの興収を記録)[64][130]

公開9日目となる土曜日には、アニメ映画として国内史上最高単日興収となる2500万ドル(前の土曜日は1060万ドルだった)となり、早々に『ベイマックス』の最終興収を抜き、中国におけるディズニーアニメ映画全体の興収トップに躍り出た[131][132]。 2週目の週末興収は5650万ドルと前週に比べ139%増加し、10日目の時点で『カンフー・パンダ3』『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』に続き中国で公開されたアニメ映画として史上3番目に1億ドルを突破した。これはアニメ映画の週末興収としては単独1位となる数値である[133]。しかし、一部のメディアでは6000万ドル以上と報じている[134]

3月中旬には『カンフー・パンダ3』とともに国内で公開された米国アニメ映画の記録(2014年、2億8600万ドル)を突破した[135]。公開17日目となる3月27日には、国内で公開されたアニメ映画全体として初めて総興収が2億ドルを突破し、全ディズニー映画としては『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に続き2番目、ハリウッド作品としては6番目である[136][137]

最終的には15億3000万で『アベンジャーズ』の14億6400万元を抜き、全ディズニー映画で1位、また国内映画史上7位となった[138][139]

その他海外[編集]

本作は、ウォルト・ディズニー・モーション・ピクチャーズが長期休み商戦を狙う目的から、各国で日にちをずらしながら公開された。2016年2月第2週には3カ国で封切りされ、最初の週末(公開1週目)である2月14日までに450万ドルの興行収入を上げた[140]。翌週には全体の36%にあたる22カ国を加え、2月21日(公開2週目)までに更に3120万ドルの興収を上げた[141]。 更に翌週の2月第4週(公開3週目)では新たに公開された国はなかったが、2月28日までに3300万ドルの追加興収を上げた[142]。公開4週目となる3月第1週にはアメリカと中国を含む45カ国で新たに公開が始まり、週末までに6470万ドルの追加興収を上げ、当時の週間国際興収ランキングで香港映画の『葉問3』に続き2位に躍り出た[130]。なお、このうち330万ドルがIMAX方式公開分にあたる[130]。 3月第3週には、前々週新規公開の45カ国だけで8930万ドルの追加興収を上げ、3月第2週比25%の増収となり、『葉問3』を抜いて1位となった[133] 。翌週も同ランキングで1位を獲得したが[143] 、その次の週には『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に抜かれ、最終的に公開5週目と6週目の結果で全世界V2となった[136]。その後4月第1週(公開第8週)には北米外総興収が5億ドルを突破した[144]

国ごとに公開1週目の結果はばらつきがあり、スペインでは310万ドル、ベルギーデンマークでは合計170万ドルとなった。ベルギーでは、オープニング興収は全ディズニーアニメ映画の中で最高額を記録した[140]。また、中国では2360万ドル、フランスでは870万ドル、ロシアでは790万ドル、ドイツでは680万ドル、香港では190万ドル、ポーランドでは160万ドルを記録し、以上の各国ではピクサーを除くディズニーアニメ映画としてオープニング収入最高記録を出した[141][130][136][145]。このほか、イギリスとアイルランドでは730万ドル、メキシコでは460万ドル、オーストラリアでは360万ドル、ブラジルでは260万ドル、イタリアでは長期休みに含まれない週末での封切りながら330万ドルとなり[141][143][136]、その内オーストラリア、スイスポルトガル南アフリカ共和国では開始週の興収で国内1位を記録した[130]

イギリスとアイルランドでは公開週から『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『カンフー・パンダ3』との接戦を強いられる中で本作は579スクリーンで760万ドル(うち事前公開250万ドル)の興収を上げるも、『ジャスティスの誕生』と僅差でオープニング興収2位に付き、国内のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのオープニング興収の記録にも一歩及ばなかった[146][147]。2週目は『ジャスティスの誕生』のほか『イーグル・ジャンプ』に後塵を拝して3位となったが、それでも占有率24%を維持した[148]

国別の興行収入では北米が最大(3億3720万ドル)となっており、その後に中国(2億3610万ドル)、更に日本(4840万ドル)、フランス(3600万ドル)、ロシア・CIS地域(3440万ドル)、イギリス(3360万ドル)、ドイツ(3220万ドル)、韓国(3110万ドル)が続く[149][150][151]。 ロシアでは『アバター』の36億ルーブルに次ぎ23億ルーブルで全映画中史上2位となった[152]。日本ではV4で最長、ロシアとドイツではV3[149][153]、中国と韓国ではV2を記録した[149][154]

批評[編集]

本作は多方面から評価を受けた[155][156][157][158]ロッテントマトではコメントのうち肯定的評価が98%を占め、8.1/10点(加重平均)を獲得し、2016年の映画としては最高評価を受けた[159]。ロッテントマトの総評コメントでは「『ズートピア』は、技術面・ストーリー面ともに素晴らしくまとめられている。その華やかで技術の粋を集めたとも言える映像により描かれる内容は、重厚で現代情勢をよく捉え、観客に様々な思考を巡らせる。それでいてテンポの良さと高いコメディ性を有し、若い観客にもずっと楽しんでもらえる作品」[注 7]とされている[160]。これは原作映画としては史上2番目に高い評価(100%評価の『ピノキオ』に次ぎ『白雪姫』『101匹わんちゃん』と同率)で、全ディズニーアニメ映画の中でも8番目に位置する(『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』が100%、『トイ・ストーリー3』『ファインディング・ニモ』が99%、『インサイド・ヘッド』『カールじいさんの空飛ぶ家』が98%)。メタクリティックでは、78/100点(39レビューに基づく偏差値)を獲得し、総評では「概ねよい評価」[注 8]とされた[161][162] 。「シネマスコア」では、A+からFの8段階評価のうち、2段目のA評価を与えられた[163]

アメリカの有名批評家ネイル・ゲンツリンガーは、米ニューヨーク・タイムズ紙面上で「面白可笑しく、抜け目なく、いろいろなことを考えさせてくれる」[注 9]と評した[164]。大衆文化誌『ローリング・ストーン』では、本作のコメディ性と共に、公開時点で世を席巻する先入観の一つ、"外人嫌いを暗に肯定する政治的レトリック"の有害性を顕わにするそのメッセージ性を評した上で、「2016年で最も破壊的な映画かもしれない」[注 10]としている[162]。米エンタメ産業専門誌『バラエティ』のピーター・ディブルージは「スタジオの"強さ"を体現している」と述べた[165]IGNの映画評論家エリック・ゴールドマンは本作を10点中9.0点(Amazing)と評価し、「『ズートピア』は、ディズニーが本気を出せば、現代と過去を如何にクールで自然に融合させられるかを象徴している。動物が立って歩いて、喋って、人間のように振る舞うのは使い古された技法だが、そこにユーモアと作品スタイル…あとは見入るように、含蓄たっぷりに時事情勢を描くそのテーマで、現代的な風を送り込んでいる」[注 11]と述べた[166]

映画評論家のマーク・ケルモードは英オブザーバー紙面上にて、本作を「とても面白くて、とても素敵な"休暇のお楽しみ"」[注 12]としている。更に、「一見すると、脅かされる存在としての草食動物が隣人にさえも恐れを感じる傍らで、肉食動物はその本能を抑えているという話だが、実際は『信頼と寛容』と『混乱と先入観』の対立を描いた"寓話"で、さも完璧な交響曲のように上手くまとめられている。憎悪に溢れ先行きも見えない世界の中で、指揮棒を振りかざすが如く愛と多様性の存在を鼓舞激励し、歓迎している。美辞麗句を並べ立てているだけのように見えるかもしれないが、決してそんなことはない。劇中でキャラクターが見せるジョークの数々は面白いし、映像技術という観点からしても素晴らしい」[注 13]とし、最後は「正真正銘、どんな年齢でも楽しめる、ファミリーにぴったりな作品。最高!」[注 14]と締めている[167]

英デイリーテレグラフ紙ではロビー・コリンが「ライオンはただヒツジにひれ伏し続けず、共に市政を司る座に就き、共生への歩みを進めた。これこそが夢にまで見た真の多様性であり、彼らの世界におけるその夢は叶った――はたしてそうだろうか。(中略)チャイナタウンのように人で溢れる街を考えて欲しい。本作は動物の世界を描いたアニメ映画としては精査に基づき『極めて現実に則った』世界を描いているのだ」[注 15]と記し、更に「『48時間』の中のニック・ノルティエディ・マーフィのように、たとえジュディとニックが見た目に愛らしさを振りまき、陽気に動き回り、観客を引き込むダブル主人公の様相を呈していたとしても、声優のグッドウィンとベイトマンの並外れた演技力に勝るものはない。2人の演技は、まるでビバップの名曲のスナップとスイングを聞きながら映像を見ているような気分になれる」[注 16]とした。そして「この映画を見れば、我々も内にある中途半端な人種観念に気付けるはずだ――それを特に強く感じる場面がある。豚がチーターに向かって『森へ帰れ!』と言い放ったのに対し、チーターが『私はサバンナ出身よ!』とうんざりしながら返すシーンだ。こうは書いたが、物語そのものは決して堅苦しいものではなく、この映画の強みの一つは、多様性の価値という複雑で微妙なテーマを若い観衆にもわかるよう噛み砕いて示しているところだ――『実際は、素敵な言葉のように簡単に行くとは限らない』――これはジュディがラストシーンで語る台詞で、更に『現実は厳しい』と断言していた。そう、その通りなのだ。だからこそ、あらゆることがもっと面白く、ハチャメチャで、美しいと感じられるのだ。この感覚を味わいたければ、『ズートピア』が一番だ」[注 17]と締めている[168]

このほか、同紙ではローザ・プリンスが登場人物のひとりであるジュディ・ホップスに着目し、ディズニープリンセスに代表されるようなディズニーアニメ作品に登場する女主人公のイメージに喜ばしい変化を与えたとし、ジュディは、ロマンスや家柄に注目されるようなキャラではなく、彼女が夢に見た職業「街に尽くす警察官」を見るべきという旨を述べた。また彼女は「本作は通常のディズニー映画に比べて女性の登場人物は少なく、せいぜい全人物の1/3程度。しかしジュディはそうした型を破った。白馬の王子様に助けてもらおうなんて思ってはおらず、むしろ自分が他人を助けることで忙しいのである。二児の母であり、ジュディの声を担当したジニファー・グッドウィンは『もし娘がいたら、ジュディを見本にさせたいくらい。あと、二人の息子にも彼女を見本にしてほしいわね』と語っている。(中略)もしかすると、今こそ女の子たちにはジュディの制服を買い与えて、お姫様ドレスなんて着せないようにした方がいいのかもしれない。もし反対されたらボゴ署長の言葉を思い出そう――『人生はミュージカル映画とは違うんだ!歌えば夢が叶う、そんな甘いもんじゃない。いい加減受け入れろ、ありのままに』――」[注 18]とも記した[169]

米エンターテインメント誌『ハリウッド・リポーター』は、日本での大ヒットについて、強力な口コミ、字幕版と吹替版あるいは3D版と4DX版のいずれも観た観客が多いこと、そしてDream Amiによる主題歌を大きな要因として挙げている[170]。また、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫は、本作の高い映像技術やわかりやすいストーリー、奥深いメッセージ性等の総合的な観点から、「ディズニー映画の中でもずば抜けた傑作」と評している他、インタビューでは鑑賞直後すぐに宮崎駿の元へ「すごいの見ちゃった!」と報告しに行ったことも語られた[171]

南京政治学院の教授である王伝宝は、中国人民軍機関誌『解放軍報』[172]にて、劇中の肉食動物と草食動物の役割の逆転を「子供でさえも理解できる常識がハリウッドによって真逆にされている」とし、本作はエンターテインメント(見えざる手)を用いた西洋的道徳とアメリカのプロパガンダの押しつけであると批難した[173][174]

受賞歴[編集]

賞と結果の一覧
式典日 部門 受賞者 結果 出典
ゴールデン・トレイラー・アワード 2016年5月4日 楽曲TVスポット部門 [注 19] "Try Everything Voice 3 Days – IMAX" ノミネート [175]
オリジナルTVスポット部門 [注 20] "Oscar Review" 受賞
劇場チェーン別上映前広告部門 [注 21] "Popcorn Club" ノミネート
ティーン・チョイス・アワード 2016年7月31日 チョイス・ミュージック(TV/映画)[注 22] 『トライ・エヴリシング』(シャキーラ ノミネート [176]
ハリウッド映画賞 2016年11月6日 ハリウッド・アニメーション賞 [注 23] 『ズートピア』 受賞 [177]
ハリウッドメディア音楽賞 2016年11月17日 オリジナル音楽賞(アニメ映画) [注 24] マイケル・ジアッチーノ ノミネート [178][179]
歌曲賞(アニメ映画) [注 25] 『トライ・エヴリシング』(シーアスターゲイト
英国アカデミー児童賞 2016年11月20日 長編作品部門 [180] バイロン・ハワード、リッチ・ムーア、クラーク・スペンサー 受賞 [181][182]
キッズ・ボート [注 26] 『ズートピア』 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 2016年12月1日 アニメ映画賞 『ズートピア』 受賞 [183]
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 2016年12月5日 声優演技賞 [注 27] ジェイソン・ベイトマン ノミネート [184]
ジニファー・グッドウィン ノミネート
長編アニメ賞 [注 28] 『ズートピア』 ノミネート
アメリカン・フィルム・インスティチュート 2016年12月8日 今年の映画トップ10 [注 29] 『ズートピア』 受賞 [185]
サンフランシスコ映画批評家協会賞 2016年12月11日 長編アニメ賞 [注 28] 『ズートピア』 ノミネート [186][187]
トロント映画批評家協会賞 2016年12月11日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 受賞 [188]
放送映画批評家協会賞 2016年12月11日 長編アニメ賞 『ズートピア』 受賞 [189]
サンディエゴ映画批評家協会賞 2016年12月12日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 ノミネート [190][191]
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 2016年12月13日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 受賞 [192]
シカゴ映画批評家協会賞 2016年12月15日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 ノミネート [193]
セントルイス・ゲートウェイ映画批評家協会賞 2016年12月18日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 受賞 [194]
米女性映画記者連盟賞 2016年12月21日 アニメ映画賞 [注 30] ジャレド・ブッシュ、バイロン・ハワード、リッチ・ムーア 受賞 [195][196]
女性キャラクター賞 [注 31] ジニファー・グッドウィン 受賞[補 15]
フロリダ映画批評家協会賞 2016年12月23日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 次点 [197]
オースティン映画批評家協会賞 2016年12月28日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 ノミネート [198][199]
オンライン映画批評家協会 2017年1月3日 長編アニメ賞 [注 28] 『ズートピア』 ノミネート [200]
ヒューストン映画批評家協会賞 2017年1月6日 長編アニメ映画賞 [注 32] 『ズートピア』 ノミネート [201][202]
ビレッジボイス映画投票 2017年1月6日 アニメ映画賞[注 30] 『ズートピア』 3位 [203]
ゴールデングローブ賞 2017年1月8日 長編アニメ映画賞 [注 33] 『ズートピア』 受賞 [204]
ゴールデントマト賞 2017年1月12日 ベスト・ワイド・リリース[注 34] 『ズートピア』 受賞 [205]
アニメ映画賞[注 35] 『ズートピア』 受賞
デンバー映画批評家協会賞 2017年1月16日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 受賞 [206]
ピープルズ・チョイス・アワード 2017年1月18日 フェイバリット・ムービー [注 36] 『ズートピア』 ノミネート [207]
フェイバリット・ファミリー・ムービー [注 37] ノミネート
フェイバリット・ムービー・ボイス [注 38] ジェイソン・ベイトマン ノミネート
ジニファー・グッドウィン ノミネート
アメリカ映画編集者協会エディー賞 2017年1月27日 長編アニメ映画編集賞 [注 39] ジェレミー・ミルトン、ファビエンヌ・ロウリー 受賞 [208]
アメリカ映像製作者組合賞 2017年1月28日 アニメ映画賞 [注 40] クラーク・スペンサー 受賞 [209]
アニー賞 2017年2月4日 長編アニメ作品賞 [注 28] 『ズートピア』 受賞 [210][211]
特別賞:長編アニメにおけるアニメーション効果 [注 41] トム・ウィックス、ヘンリック・フェルト、ピョン・ドンジュ、ラッタニン・シリナルエマーン、サム・クロック ノミネート
特別賞:長編アニメにおけるキャラクターアニメーション [注 42] デイヴ・ハーディン ノミネート
チャド・セラーズ ノミネート
特別賞:長編アニメにおけるキャラクターデザイン [注 43] コリー・ロフティス 受賞
特別賞:長編アニメ監督 [注 44] バイロン・ハワード、リッチ・ムーア 受賞
特別賞:長編アニメにおける製作設計 [注 45] デイヴィッド・ゲッツ、マティアス・レクナー ノミネート
特別賞:長編アニメにおける脚本構成 [注 46] ディーン・ウェリンズ 受賞
特別賞:長編アニメ声優 [注 47] ジェイソン・ベイトマン 受賞[補 16]
特別賞:長編アニメにおける構想 [注 48] ジャレド・ブッシュ、フィル・ジョンストン 受賞
特別賞:長編アニメにおける編集 [注 49] ファビエンヌ・ロウリー、ジェレミー・ミルトン ノミネート
AARP年間成年映画賞 2017年2月6日 子供のままでいたい大人のための映画 [注 50] 『ズートピア』 ノミネート [212]
視覚効果協会賞 2017年2月7日 長編アニメ視覚効果賞 [注 51] デイヴィッド・ゲッツ、スコット・カーサベッジ、エメスト・J・ペティ、ブラッドフォード・S・サイモンセン ノミネート [213]
長編アニメ効果シミュレーション賞 [注 52] ニコラス・バーカード、モー・エル=アリ、クラウディア・チュン・サニー、トム・ウィックス ノミネート
アフリカ系アメリカ人映画批評家協会賞 2017年2月8日 アニメ映画賞[注 30] 『ズートピア』 受賞 [214]
英国アカデミー賞 2017年2月12日 アニメ映画賞[注 30] バイロン・ハワード、リッチ・ムーア ノミネート [215]
ブラックリール賞 2017年2月16日 声優演技賞 [注 53] イドリス・エルバ ノミネート [216]
グラミー賞 2017年2月17日 映像メディア楽曲賞 [注 54] 『トライ・エヴリシング』(シーアスターゲイト ノミネート [217]
映画音声協会賞 2017年2月18日 映画音声ミキシング賞(アニメーション)[注 55] スコット・カーティス、デイヴィッド・E・フラー、ガブリエル・ガイ、ジョエル・イワタキ、ポール・マクグラス ノミネート [218]
サテライト賞 2017年2月19日 アニメ/メディアミックス映画賞 [注 56] 『ズートピア』 ノミネート [219]
国際映画音楽批評家協会 2017年2月23日 アニメ映画音楽賞 [注 57] マイケル・ジアッチーノ ノミネート [220]
アカデミー賞 2017年2月26日 長編アニメ映画賞 バイロン・ハワード、リッチ・ムーア、クラークスペンサー 受賞 [221][222]
日本アカデミー賞 2017年3月3日 優秀外国作品賞 『ズートピア』 ノミネート [223][224]
キッズ・チョイス・アワード 2017年3月11日 フェイバリット・アニメーテッド・ムービー[注 58] 『ズートピア』 ノミネート [225]
フェイバリット・フレネミーズ[注 59] ジェイソン・ベイトマン、ジニファー・グッドウィン 受賞
アメリカSFファンタジー作家協会 2017年5月20日 レイ・ブラッドベリ賞 ジャレド・ブッシュ、フィル・ジョンストン、バイロン・ハワード ノミネート [226]
サターン賞 2017年6月28日 アニメ映画賞 [注 30] 『ズートピア』 ノミネート [227]

関連書籍[編集]

日本語の主要書籍のみ掲載。特記が無い限り全て2016年刊行。

ディズニーアニメ小説版 108 ズートピア
本編の内容を小説化したもの。スーザン・フランシス著、橘高弓枝訳、偕成社刊、4月19日発売。B6版、ペーパーバック、全222頁。ISBN 978-4-03-792080-7
DISNEY ズートピア ビジュアルガイド
キャラクター、ストーリーを詳細に解説したもの。KADOKAWA刊、4月21日発売。AB版、全96頁。ISBN 978-4-04-104369-1
角川アニメ絵本 ズートピア
幼児向けに翻案し、本編のカットを用いて絵本にしたもの。KADOKAWA刊、4月26日発売。AB版、全89頁。ISBN 978-4-04-104139-0
ジ・アート・オブ・ズートピア
設定画集。英語書籍'The Art of Zootopia'の全編を日本語に翻訳したもの。ジェシカ・ジュリアス著、徳間書店刊、6月21日発売。A3変版、ハードカバー、全157頁。ISBN 978-4-19-864164-1
CD付ディズニーの英語 コレクション14 ズートピア
本編の内容を平易な英語で解説した英語学習本。石原真弓監修、KADOKAWA刊、7月14日発売。A5版、全192頁。ISBN 978-4-04-601436-8
角川アニメまんが ズートピア(上/下)
本編のカットを利用して漫画にし、MovieNEX版Blu-rayのチャプターに沿って節分けしたもの。角川書店刊、7月30日発売。全191頁。ISBN 978-4-04-104690-6 / ISBN 978-4-04-104691-3
ジュディとニックのズートピア警察署事件簿 盗まれたくさ~いチーズの謎
児童向けスピンオフ小説。英語書籍'Zootopia: The Stinky Cheese Caper (And Other Cases from the ZPD Files)'を日本語に翻訳したもの。本編直後の時間軸でジュディとニックが捜査した事件に関する短編を4話収録。グレッグ・トライン著、おおつかのりこ訳、講談社刊、9月29日発売。B6版、全191頁。ISBN 978-4-06-199585-7
英語シナリオで楽しむ[ズートピア]
英語版本編の全セリフとその日本語対訳、語彙などを紹介したもの。高橋基治監修、学研プラス刊、12月27日発売。A5版、全251頁。ISBN 978-4-05-304597-3

パロディ・オマージュなど[編集]

  • ベイマックス』では、ビルの看板にニックのシルエットが描かれている。
  • ズートピア警察学校の屋上にあるタンクは、楕円形ではあるが「隠れミッキー」になっている。
  • ジュディが電車内で操作する音楽プレイヤーに表示されているアーティスト名・楽曲名は全て実在のものをもじったものである。
  • オープニングで映るツンドラタウンに、『アナと雪の女王』のアナとエルサと同じ服を着たゾウの双子の子供がいる。また同じシーンにおいてケヴィン(ホッキョクグマ)もいる。この双子はジュディがズートピアセントラルステーションに到着した後にも存在している。
  • ガゼルのデザインは構想段階ではヒップラインが細かったが、声優を務めたシャキーラ本人の希望でヒップを大きくした[228]
  • ZPD署長室にある壁掛けカレンダーの写真は『ベイマックス』の舞台サンフランソウキョウのシルエットである。
  • ニックが街中ですれ違ったカバが押しているベビーカーにミッキーマウスのぬいぐるみが置かれている。
  • リトルローデンシアにあるケーキ屋は『アナと雪の女王』のハンスと同じ名前("HANS'S")である。
  • リトルローデンシアにあるカフェ「Lucky Cat Cafe」は『ベイマックス』でキャスおばさんが経営していたカフェと同じ名前である。
  • ウィーゼルトンが道端で売っている海賊版DVDは全てディズニー映画のパロディで、その中には当時未公開の『モアナと伝説の海』『Gigantic』[注 60]も含まれている。

誤謬[編集]

  • ジュディが両親とテレビ電話で会話を終えた後の携帯の時間を見ると、会話前の時刻より前に時間が戻っている。
  • ジュディが電子レンジ内のニンジンを見つめるシーンでは、直前まで警官の制服を着ていたにもかかわらず、私服のピンク色のシャツになっている。その後また制服に戻っている。
  • ニックの脱税を指摘するシーンでは、ジュディが持っているファイルがシーンが変わるごとに右開き、左開きの物に変化し、内部にファイリングされている紙の枚数までもが変化している。
  • 机に置かれたクロウハウザーのネームプレートの位置がシーン毎に異なる。
  • ジュディがウィーゼルトンを署内に連行するシーンでは、画面奥側にいたホッキョクグマが直後にキャビネットの横に移動している。
  • マンチャスから逃走するシーンでジュディは無線機を落としたにも関わらず、その後ボゴ署長らと会話するシーンでは無線機が腰ベルトに戻っている。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Dream Ami、ディズニー新作「ズートピア」日本語版の歌姫に抜擢”. 音楽ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  2. ^ “動物たちの“楽園”を描く、ディズニー・アニメーション最新作 『ズートピア』、2016年4月23日(土)公開決定!”. Disney Movie. http://www.disney.co.jp/movie/news/20150925_01.html 2015年12月5日閲覧。 
  3. ^ a b “‘Zootopia’ Tops the Box Office”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/03/07/arts/zootopia-tops-the-box-office.html 2016年3月13日閲覧。 
  4. ^ a b c d Zootopia (2016)”. 2016年6月20日閲覧。
  5. ^ a b c 年間映画興行ランキング『2016年、世界水準で収益を上げる日本映画が登場!』” (ja) (2016年12月24日). 2017年1月14日閲覧。
  6. ^ McNary, Dave (2015年6月11日). “ディズニーの『ズートピア』予告映像で明かされたのは動物の手で築かれた世界(Watch: Disney's ‘Zootopia’ Trailer Introduces Animal-Run World)”. バラエティ. http://variety.com/2015/film/news/disneys-zootopia-teaser-trailer-1201517794/ 2015年7月25日閲覧。 
  7. ^ 【第89回アカデミー賞】「ズートピア」に長編アニメ賞 ディズニーが5年連続”. 映画.com (2017年2月27日). 2017年2月28日閲覧。
  8. ^ アニー賞「ズートピア」6冠、ジブリ「レッドタートル」がインディペンデント作品賞に”. ナタリー (2017年2月5日). 2017年2月28日閲覧。
  9. ^ 小野寺, 系 (2016年5月3日). “『ズートピア』が鋭く照らし出す、アメリカ社会の諸問題――作品に込められたメッセージを読む”. http://realsound.jp/movie/2016/05/post-1614.html 2016年5月4日閲覧。 
  10. ^ a b Graser, Marc (2013年8月9日). “D23 Expo: Disney Reveals Animated ‘Zootopia’ for 2016”. Variety. http://variety.com/2013/film/news/d23-expo-disney-reveals-animated-zootopia-for-2016-1200576434/ 2016年8月18日閲覧。 
  11. ^ Yamato, Jen (2014年11月10日). “Disney Dates 2016 Animated Pics ‘Zootopia’ & ‘Moana’(ディズニー、2016年公開の『ズートピア』『モアナと伝説の海』公開日発表)”. deadline.com. http://deadline.com/2014/11/disney-2016-zootopia-moana-1201280412/ 2014年11月10日閲覧。 
  12. ^ Newswire, PR (2016年2月3日). “Disney's Zootopia To Be Released In IMAX® 3D Theatres Domestically And In Select International Markets Including China(ズートピア、国内及び中国など一部海外ではIMAX 3D版も公開)”. deadline.com. http://www.nasdaq.com/press-release/disneys-zootopia-to-be-released-in-imax-3d-theatres-domestically-and-in-select-international-20160203-00975 2016年2月3日閲覧。 
  13. ^ 「ズートピア」予告編 そこは、動物たちの<楽園>…のはずだった。”. シネマフロントライン. 2017年12月11日閲覧。
  14. ^ 2016 WORLDWIDE GROSSES”. Box Office Mojo. 2016年5月18日閲覧。
  15. ^ a b c Gavin J. Blair (2016年5月9日). “Japan Box Office: 'Zootopia' Climbs to No. 1 on its Third Weekend(日本興収情報:『ズートピア』3週目にして1位に上り詰める)”. The Hollywood Reporter. 2016年5月10日閲覧。
  16. ^ a b 2週連続No.1獲得で“ズートピア現象”巻き起こる! 異例の動員数122%増”. 2016年5月16日閲覧。
  17. ^ a b 『ズートピア』が興収70億円突破!今年No.1ヒットの記録更新中
  18. ^ 【国内映画ランキング】「君の名は。」V4で91億突破、「聲の形」2位、「怒り」3位!”. 映画.com (2016年9月20日). 2016年9月21日閲覧。
  19. ^ a b 『ズートピア 公式パンフレット』、2016年、2頁。
  20. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、13頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  21. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、14頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  22. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、64頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  23. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、22頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  24. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、65頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  25. ^ a b c d e 『ズートピア 公式パンフレット』、2016年、26頁。
  26. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、67頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  27. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、68, 69。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  28. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、62, 63。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  29. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、57, 58。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  30. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、55頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  31. ^ 郡司聡 『ズートピア ビジュアルガイド』 株式会社KADOKAWA2016年、72頁。ISBN 978-4-04-104369-1 C0076。
  32. ^ リッチ・ムーアのTwitterでの発言
  33. ^ Zootopia Fans Keep Asking The Director These 5 Questions, So He Answered Them(ズートピアのファンが監督にした5つの質問)
  34. ^ 『ズートピア 公式パンフレット』、2016年、8頁。
  35. ^ 『CD付 ディズニーの英語 [コレクション14 ズートピア]』 KADOKAWA2016年、10頁。ISBN 978-4-04-601436-8 C2082。
  36. ^ ジェシカ・ジュリアス 『ディズニー ジ・アート・オブ・ズートピア(日本語版)』 株式会社CLASSIX MEDIA、2016年6月30日(第1刷)、112頁。ISBN 978-4-19-864164-1
  37. ^ Twitter - Jared Bush
  38. ^ 今年のアヌシー、司会はゲンディ・タラトフスキー、湯浅政明、『ズートピア』監督陣、そしてリチャード・ウィリアムズ(Annecy Will Host Genndy Tartakovsky, Masaaki Yuasa, ‘Zootopia’ Directors, Richard Williams)”. Cartoon Brew (2015年4月30日). 2015年6月19日閲覧。
  39. ^ a b c ジェシカ・ジュリアス 『ディズニー ジ・アート・オブ・ズートピア(日本語版)』 株式会社CLASSIX MEDIA、2016年6月30日(第1刷)、9頁。ISBN 978-4-19-864164-1
  40. ^ a b ジェシカ・ジュリアス 『ディズニー ジ・アート・オブ・ズートピア(日本語版)』 株式会社CLASSIX MEDIA、2016年6月30日(第1刷)、6頁。ISBN 978-4-19-864164-1
  41. ^ ジェシカ・ジュリアス 『ディズニー ジ・アート・オブ・ズートピア(日本語版)』 株式会社CLASSIX MEDIA、2016年6月30日(第1刷)、7頁。ISBN 978-4-19-864164-1
  42. ^ a b Deitchman, Beth (Spring 2016). “The Start of Zootopia: The filmmakers behind Walt Disney Animation Studios' latest film take us on a wonderful journey through Zootopia(ズートピア公開間近:WDAS制作陣、ズートピアで我々を素敵な冒険へ)”. Disney twenty-three (Burbank: Walt Disney Company) 8 (1): 26–28. ISSN 2162-5492. OCLC 698366817. 
  43. ^ a b c How Disney Fixed a Huge Mistake With Zootopia, Just One Year Before Release(ディズニーは如何にしてズートピアの重大なミスを正したか――公開わずか1年前)”. Gawker Media (2016年1月20日). 2016年1月20日閲覧。
  44. ^ a b c Graser, Marc (2013年8月9日). “D23 Expo: Disney Reveals Animated ‘Zootopia’ for 2016(D23エキスポ: ディズニーが2016年公開予定「ズートピア」を発表)”. Variety. http://variety.com/2013/film/news/d23-expo-disney-reveals-animated-zootopia-for-2016-1200576434/ 2014年3月1日閲覧。 
  45. ^ Kilday, Gregg (2013年12月4日). “Pixar vs. Disney Animation: John Lasseter's Tricky Tug-of-War(ジョン・ラセターをかけたピクサー対ウォルトディズニーアニメーションスタジオの綱引き)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/pixar-disney-animation-john-lasseters-661752 2013年12月4日閲覧。 
  46. ^ Kit, Borys (2013年5月3日). “Disney, 'Tangled' Director Plot New Animated Feature With Jason Bateman (Exclusive)(【独占】ディズニー新作は「塔の上のラプンツェル」監督作品にジェイソン・ベイトマン出演)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/disney-tangled-director-plot-new-451665 2013年6月1日閲覧。 
  47. ^ Bahr, Lindsey (2013年8月9日). “Disney Animation preview: 'Frozen,' 'Big Hero 6' at Disney's D23; Plus 'Zootopia' announced(「アナ雪」「ベイマックス」に加え、「ズートピア」発表――D23にて)”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2013/08/09/disney-animation-d23/ 2013年8月9日閲覧。 
  48. ^ “Walt Disney Animation Studios Reveals New Zootopia Concept Art(WDAS、新作「ズートピア」のコンセプトアートを公開)”. CraveOnline. (2015年3月3日). http://www.comingsoon.net/movies/news/415933-walt-disney-animation-studios-reveals-new-zootopia-concept-art 2015年3月11日閲覧。 
  49. ^ Disney's ズートピア MovieNEX ボーナスコンテンツ『徹底リサーチ:本物の動物たち』におけるバイロンン・ハワードの発言
  50. ^ With next year’s "Zootopia", Walt Disney Animation Studios promises a different kind of talking animal movie(来年公開の「ズートピア」、ディズニーはこれまでの動物映画とは全く違うと豪語)” (2015年12月1日). 2015年12月12日閲覧。
  51. ^ a b c d e f g h i j k Lalwani, Mona (2016年3月4日). “Fur technology makes Zootopia's bunnies believable(毛並みの技術でズートピアのウサギが変わる)”. Engadget. AOL. 2016年4月14日閲覧。
  52. ^ a b c ズートピアMovieNEX Blu-ray ボーナスコンテンツ『製作スタッフを囲んで―ーアニメーションの技法』
  53. ^ ジェシカ・ジュリアス 『ディズニー ジ・アート・オブ・ズートピア(日本語版)』 株式会社CLASSIX MEDIA、2016年6月30日(第1刷)、135頁。ISBN 978-4-19-864164-1
  54. ^ a b c d ズートピアMovieNEX Blu-ray ボーナスコンテンツ『湧き出るアイデア』
  55. ^ Kit, Borys (2015年5月6日). “Ginnifer Goodwin Joins Jason Bateman in Disney Animation's 'Zootopia' (Exclusive)(【独占】ジニファー・グッドウィン、ディズニーアニメ「ズートピア」出演)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/ginnifer-goodwin-joins-jason-bateman-793927 2015年5月6日閲覧。 
  56. ^ a b Truitt, Brian (2015年6月9日). “Sneak peek: 'Zootopia' pairs unlikely pals(「ズートピア」二人の主人公はただの仲良しじゃない)”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/movies/2015/06/09/zootopia-exclusive-sneak-peek/28709913/ 2015年7月25日閲覧。 
  57. ^ Goldberg, Matt (2015年7月9日). “Alan Tudyk Confirms Voice Roles in ZOOTOPIA and MOANA(アラン・テュディック、ズートピアとモアナでの配役が決定)”. Collider.com. http://collider.com/alan-tudyk-voicing-roles-in-zootopia-and-moana/ 2015年7月9日閲覧。 
  58. ^ Disney’s ‘Zootopia’ Cages Idris Elba, J.K. Simmons, Octavia Spencer & Others(「ズートピア」声優陣――イドリス・エルバ、J・K・シモンズ、オクタヴィア・スペンサーとその他)”. Deadline (2015年10月26日). 2015年10月27日閲覧。
  59. ^ a b c D'Alessandro, Anthony (2016年3月4日). “‘Zootopia’ $70M Opening Is A Record For Original Disney Toon; ‘London’ Raises $22M; ‘Whiskey’ Trips – Friday Night B.O.(「ズートピア」開封初日に7000万ドル、ディズニーオリジナルシリーズ最高記録)”. Deadline.com. 2016年3月5日閲覧。
  60. ^ Newswire, PR (2016年2月3日). “Disney's Zootopia To Be Released In IMAX® 3D Theatres Domestically And In Select International Markets Including China(ディズニーズートピア、国内の他にも中国など数カ国でIMAD 3D版公開)”. deadline.com. http://www.nasdaq.com/press-release/disneys-zootopia-to-be-released-in-imax-3d-theatres-domestically-and-in-select-international-20160203-00975 2016年2月3日閲覧。 
  61. ^ Rosser, Stephen (2015年3月11日). “Disney's 'Zootopia' renamed 'Zootropolis' for UK(ディズニーのズートピア、UK版は「ズートロポリス」に)”. ScreenDaily (Screen International). http://www.screendaily.com/news/disneys-zootopia-renamed-zootropolis-for-uk/5084129.article 2015年3月11日閲覧。 
  62. ^ White, James (2015年3月11日). “Disney's Zootopia Is Now Zootropolis(ディズニー『ズートピア』は『ズートロポリス』に)”. Empire. http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=43677 2015年3月11日閲覧。 
  63. ^ Hoffman, Jordan (2016年3月3日). “Zootopia review – Disney's furry fable gets its claws out for the bigots(「ズートピア」感想:ディズニーの新作動物映画は偏屈的保守に牙を剥く)”. The Guardian. http://www.theguardian.com/film/2016/mar/03/zootopia-zootropolis-zoomania-review-disney 2016年3月28日閲覧。 
  64. ^ a b c Cain, Rob (2016年3月8日). “'Zootopia' Stampedes Across China to Record Box Office Results(『ズートピア』中国の映画記録を総ナメ)”. Forbes. 2016年3月9日閲覧。
  65. ^ Rosser, Michael (2016年3月11日). “Disney's 'Zootopia' renamed 'Zootropolis' for UK(ディズニー『ズートピア』、イギリス版は『ズートロポリス』に改題)”. Screen Daily. 2016年5月30日閲覧。
  66. ^ Why is Zootopia called Zootropolis here? And why is Disney being so coy about explaining the change?(なぜ我が国では「ズートロポリス」?ディズニーがやけに大人しい理由)”. 2016年3月24日閲覧。
  67. ^ Patrick Brzeski (2016年4月4日). “China Box Office: 'Batman v Superman' Sinks 78 Percent in Second Weekend, Lands in Third Place(バットマンvsスーパーマン、2週目終わりには公開初日の78%)”. The Hollywood Reporter. 2016年4月4日閲覧。
  68. ^ a b 『ズートピア』興行成績トップなのに…7・15で上映終了” (ja) (2016年6月30日). 2016年7月2日閲覧。
  69. ^ Walt Disney Animation Studio, "Zootopia US Teaser Trailer"
  70. ^ Walt Disney Animation Studio, "Zootopia Official US Sloth Trailer"
  71. ^ Hilliard, Kyle (2015年8月15日). “Good Dinosaur, Zootopia, And Peter Pan On The Way(アーロと少年、ズートピア、ピータパンは道中に)”. Game Informer. Augst 15, 2015閲覧。
  72. ^ Proof Disney Is Actually Marketing "Zootopia" To Furries(ディズニー自らケモナー向けのマーケティングをしたのは本当か)”. BuzzFeed, Inc (2016年3月2日). 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  73. ^ In Hindsight: How The Marketing Of 'Zootopia' Won Big By Getting Weird(ズートピアのマーケティング、如何にしておかしな方向へ進みながらも成功を収めたのか)”. Forbes.com LLC (2016年3月7日). 2016年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月18日閲覧。
  74. ^ ディズニー映画「ズートピア」とタイアップして、市営バス・地下鉄で2つのラリーイベントを実施!”. 横浜市交通局営業・観光企画課 (2016年3月22日). 2017年1月20日閲覧。
  75. ^ よこはま動物園ズーラシア ディズニー映画最新作「ズートピア」と横浜市交通局と特別タイアップ!”. 横浜市交通局営業・観光企画課 (2016年3月22日). 2017年1月20日閲覧。
  76. ^ 英語版公式サイト
  77. ^ 『ズートピア』には『アナと雪の女王』や『トトロ』まで隠れている? MovieNEXが8月24日発売決定&ボーナス映像が解禁
  78. ^ 【オリコン】嵐、前人未到の10年連続DVD総合首位 BDは今年度最高初動27.8万枚” (2016年8月31日). 2016年9月11日閲覧。
  79. ^ a b 【オリコン】『ズートピア』今年度洋画アニメBD暫定トップに” (2016年8月31日). 2016年9月11日閲覧。
  80. ^ 【オリコン】嵐、2週連続DVD総合1位 歴代最多の通算10作目” (2016年9月7日). 2016-09ー11閲覧。
  81. ^ 【オリコン】「ズートピア」BDで1位!” (2016年9月7日). 2016年9月11日閲覧。
  82. ^ 【TSUTAYA・レンタルDVDランキング】初登場の『ズートピア』『レヴェナント』が1、2位に続々ランクイン!” (2016年8月29日). 2016年9月11日閲覧。
  83. ^ 【TSUTAYA・レンタルDVDランキング】『ズートピア』が2週連続1位! 初登場の『テラフォーマーズ』は2位!” (2016年9月5日). 2016年9月11日閲覧。
  84. ^ a b c http://eiga.com/news/20160606/20/ 【国内映画ランキング】「植物図鑑」が大激戦を制してV、「デッドプール」3位、「高台家の人々」は5位スタート]
  85. ^ Anita Busch (2016年3月18日). “‘Zootopia’ To Cross $500M Globally Today(ズートピアが本日付で5億ドルを突破)”. 'Deadline.com'. 2016年3月19日閲覧。
  86. ^ Scott Mendelson (2016年3月18日). “Box Office: Disney's 'Zootopia' Tops $500M Worldwide(興行収入:ディズニー・ズートピアが全世界で5億ドルを記録しトップに)”. Forbes. 2016年3月19日閲覧。
  87. ^ a b Nancy Tartaglione and Anita Busch (2016年4月5日). “‘Zootopia’ Hops To $800M+ Global; Top 2016 Grosser Still Has Play To Come(『ズートピア』8億ドル突破へ"ホップ"!)”. 'Deadline.com'. 2016年4月6日閲覧。
  88. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年4月24日). “‘Jungle Book’ A $337M Offshore Beast As ‘Huntsman’ Musters $80M; ‘Zootopia’ Tops $900M Global – Intl B.O. Update(国際興行収入最新情報:ジャングルブックは3億3700万、ハンツマンは8000万、ズートピアが9億で全世界トップ)”. 'Deadline.com'. 2016年4月25日閲覧。
  89. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年6月5日). “‘Zootopia’ Hops Past $1B Global Box Office; Disney’s 11th Time Over The Mark(『ズートピア』遂に10億ドル超えへ「ホップ」!ディズニー史上11番目)”. 'Deadline.com'. 2016年6月5日閲覧。
  90. ^ 2016 WORLDWIDE GROSSES(2016年全世界興行収入)”. Box Office Mojo. 2016年5月18日閲覧。
  91. ^ Scott Mendelson (2016年5月8日). “Box Office: 'Captain America' Hits $678M Worldwide As 'Zootopia' Crosses $950M(ズートピア9億5000万突破の裏でキャプテン・アメリカも6億7800万記録)”. Forbes. 2016年5月8日閲覧。
  92. ^ Animation(興行収入:アニメ)”. Box Office Mojo. 2016年5月1日閲覧。
  93. ^ Animation - Computer(興行収入:コンピューター製作アニメーション)”. Box Office Mojo. 2016年5月1日閲覧。
  94. ^ Scott Mendelson (2016年5月8日). “Box Office: 'Captain America' Hits $678M Worldwide As 'Zootopia' Crosses $950M(ズートピア9億5000万突破の裏でキャプテン・アメリカも6億7800万記録)”. Forbes. 2016年5月8日閲覧。
  95. ^ McClintock, Pamela (2016年3月3日). “Box-Office Preview: Can 'London Has Fallen' Redeem Gerard Butler After 'Gods of Egypt'?(「『ロンドン・ハズ・フォールン』で『エジプトの神』以降のジェラルド・バトラー名誉挽回なるか?」)”. The Hollywood Reporter. 2016年3月4日閲覧。
  96. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2016年3月2日). “Disney Unleashed: ‘Zootopia’ Toon Expected To Roar Past $60M – Weekend Preview(ディズニーが明かす:アニメ映画『ズートピア』は6000万ドルを優に越える)”. Deadline.com. 2016年3月3日閲覧。
  97. ^ McClintock and Rebecca Ford, Pamela (2016年3月4日). “Box Office: 'Zootopia' Roars Friday for Huge $63M-$65M Weekend(興収情報:『ズートピア』は金曜に頭角を現す――今週末は6300万~6500万)”. The Hollywood Reporter. 2016年3月4日閲覧。
  98. ^ Brevet, Brad (2016年3月3日). “Disney's 'Zootopia' Targets March Animated Opening Record(ディズニーの『ズートピア』、3月公開のアニメーション映画1位を狙う)”. Box Office Mojo. 2016年3月5日閲覧。
  99. ^ Mendelson, Scott (2016年3月5日). “Box Office: 'Zootopia' Could Score $75M Weekend After Mammoth $19.5M Friday(興収情報:『ズートピア』金曜の1億9500万に続き週末は7億5000万確実)”. Forbes. 2016年3月6日閲覧。
  100. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年3月7日). “‘Zootopia’ $75.1M Opening Is A Record For Original Disney Toon; Pushes 2016 Past $2 Billion Mark – Monday B.O.(月曜興収情報:『ズートピア』7億5100万はディズニーオリジナルアニメ最高記録;年内20億越えに意欲)”. Deadline.com. 2016年3月8日閲覧。
  101. ^ a b Brevet, Brad (2016年3月6日). “'Zootopia' Scores Disney Animation's Largest Opening Ever(『ズートピア』オープニング収入でディズニー歴代最高記録を達成)”. Box Office Mojo. 2016年3月7日閲覧。
  102. ^ Animation Movies at the Box Office(興収で見るアニメ映画)
  103. ^ Mendelson, Scott (2016年3月6日). “Weekend Box Office: 'Zootopia' Nabs Record-Breaking $73M US Debut For $232M Worldwide Total(興収情報:『ズートピア』米7300万、全世界では2億3200万を記録)”. Forbes. 2016年3月7日閲覧。
  104. ^ Scott Mendelson (2016年3月13日). “Weekend Box Office: 'Zootopia' Snags $50M, 'Deadpool Tops $700M Global, 'Star Wars' Crosses $930M(週末興収:『ズートピア』5000万で踏みとどまる 『デッドプール』が全世界7億で1位、『スターウォーズ』9億3000万突破)”. Forbes. 2016年3月14日閲覧。
  105. ^ Anthony D'Alessandro (2016年3月20日). “‘Allegiant’ Gang Mauled By ‘Zootopia’ Animals As ‘Miracles’ Happen – Sunday Update(日曜の最新情報:『アリージェント』のギャング、『ズートピア』の動物たちに袋だたき)”. 'Deadline.com'. 2016年3月20日閲覧。
  106. ^ Anthony D'Alessandro (2016年3月27日). “‘Batman V Superman’ Opening Taking Pre-Summer, Easter & March & Warner Bros. Records — Early Sunday B.O. Update(日曜朝の最新興収情報:バットマン対スーパーマンが夏の始まり、3月、ワーナー・ブラザースの記録を勝ち取る)”. 2016年3月27日閲覧。
  107. ^ 2016 Yearly Box Office Results(2016年北米興行収入ランキング)”. Box Office Mojo. 2016年6月30日閲覧。
  108. ^ Scott Mendelson (2016年5月30日). “Box Office: Disney's 'Zootopia' Is Now The Second-Biggest Original Movie Ever(ズートピアは今やアバターに次ぐ大作)”. Forbes. 2016年5月30日閲覧。
  109. ^ Walt Disney Animation Studios”. Box Office Mojo. 2016年8月6日閲覧。
  110. ^ 2016 DOMESTIC GROSSES”. Box Office Mojo. 2016年12月29日閲覧。
  111. ^ Animation”. Box Office Mojo. 2016年8月20日閲覧。
  112. ^ 『ニモ』続編が初登場1位!『HiGH&LOW』は2位スタート【映画週末興行成績】
  113. ^ a b 『ズートピア』初登場2位 - 朝日新聞デジタルand
  114. ^ Schilling, Mark (2016年4月26日). “Japan Box Office: ‘Detective Conan’ Wins Second Weekend, Beats ‘Zootopia’(日本興収:『名探偵コナン』2週目も『ズートピア』破る)” (en-US). 2016年4月26日閲覧。
  115. ^ [映画興行成績]公開3週目で「ズートピア」が「コナン」抜き首位 - マイナビニュース・エンタメ
  116. ^ 『ズートピア』国内興収30億円突破! - 朝日新聞デジタルand
  117. ^ 『ズートピア』右肩上がりの成績でV3!2016年ナンバーワンも視野【映画週末興行成績】 - シネマカフェ
  118. ^ 映画.com - 【国内映画ランキング】「ズートピア」V3、「海よりもまだ深く」5位、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III」は10位発進
  119. ^ ディズニー映画『ズートピア』V4達成で50億円突破
  120. ^ 『名探偵コナン 純黒の悪夢』興収60億円突破 シリーズ最高更新
  121. ^ [映画興行成績]「64-ロクヨン-後編」が初登場で首位
  122. ^ http://natalie.mu/eiga/news/191518 「植物図鑑」週末動員で首位奪還、「貞子」「クリーピー」「MARS」もトップ10入り
  123. ^ a b “『ズートピア』が興収70億円突破!今年No.1ヒットの記録更新中”. ライブドアニュース. (2016年6月25日). http://news.livedoor.com/article/detail/11686243/ 2016年6月30日閲覧。 
  124. ^ “【国内映画ランキング】「TOO YOUNG TO DIE!」がクドカン史上最高の成績でV、「日本で一番悪い奴ら」は8位”. 映画.com. (2016年6月27日). http://eiga.com/news/20160627/19/ 2016年6月30日閲覧。 
  125. ^ 『アリス・イン・ワンダーランド』続編、1位初登場”. 2016年7月12日閲覧。
  126. ^ 「インデペンデンス・デイ」新作が週末動員1位、綾野剛参加の「FF」は10位に
  127. ^ Brzeski, Patrick (2016年3月6日). “China Box Office: 'Ip Man 3' Opens to $75M Amid Fraud Allegations, 'The Mermaid' First to Cross $500M(中国興収:詐欺疑惑の中『葉問3』7500万ドルでスタート 『美人魚』初の5億ドル突破か)”. The Hollywood Reporter. 2016年3月7日閲覧。
  128. ^ Jonathan Papish (2016年3月14日). “China Box Office: ‘Zootopia’ Is Setting Animation Records in China(中国興収情報:『ズートピア』アニメ映画最高記録間近)”. China Film Insider. 2016年3月15日閲覧。
  129. ^ Rob Cain (2016年4月3日). “'Zootopia' Now China's Leggiest Movie Ever, Closes In On Disney's 'Ultron' Record $240 Million”. Forbes. 2016年4月3日閲覧。
  130. ^ a b c d e Busch, Anita (2016年3月6日). “‘Zootopia’ Is Disney Animation Champ; ‘Mermaid’ Makes History; Best Picture ‘Spotlight’ Wins Big — Int’l Box Office Final(『ズートピア』ディズニーアニメの頂点に)”. Deadline.com. 2016年3月7日閲覧。
  131. ^ McClintock, Pamela (2016年3月12日). “Box Office: 'Zootopia' Roars to Record $25M Saturday in China, Nears $100M(『ズートピア』中国で土曜の興収2500万ドルに)”. The Hollywood Reporter. 2016年3月13日閲覧。
  132. ^ Tartaglione, Nancy (2016年3月12日). “‘Zootopia’ Bunny-Hopping To $100M+ In China; Sets Single-Day Animation Record(『ズートピア』1億ドル超へウサギジャンプ!アニメ映画単日興収記録更新!)”. Deadline.com. 2016年3月13日閲覧。
  133. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年3月13日). “‘Allegiant’ Pledges $26.7M; ‘Zootopia’ Hops With $83M 5th Frame – Intl B.O. Update(『アレジアント』2670万ドル、『ズートピア』は8300万ドルへ"ホップ")”. 'Deadline.com'. 2016年3月14日閲覧。
  134. ^ Rob Cain (2016年3月13日). “'Zootopia' Tramples China's Animation Record With $60 Million Weekend(『ズートピア』中国のアニメ映画興収を6000万ドルで悠々突破)”. Forbes. 2016年3月14日閲覧。
  135. ^ Rob Cain (2016年3月14日). “America's Booming Export To China: Talking Animals(アメリカのブーム中国へ:喋る動物)”. Forbes. 2016年3月14日閲覧。
  136. ^ a b c d Nancy Tartaglione (2016年3月28日). “‘Zootopia’ Nears $700M Global; ‘The Revenant’ Crosses $500M Globally – International Box Office Final(『ズートピア』全世界で7億ドル間近 『レヴェナント』も5億ドル間近)”. 'Deadline.com'. 2016年3月29日閲覧。
  137. ^ Rob Cain (2016年4月17日). “China Goes Wild For 'Jungle Book' With $50 Million Debut Weekend(『ジャングルブック』中国で初週末までの興収5000万ドル)”. Forbes. 2016年4月18日閲覧。
  138. ^ 内地总票房_电影历史票房_中国票房(大陸興収/歴代映画興収/中国全土興収)”. 2016年6月4日閲覧。
  139. ^ Scott Mendelson (2016年4月10日). “Weekend Box Office: 'Batman V Superman' Bested By 'The Boss' But Tops 'Man Of Steel'”. Forbes. 2016年4月10日閲覧。
  140. ^ a b Busch, Anita (2016年2月16日). “‘Deadpool,’ ‘Zoolander 2,’ ‘How To Be Single’ All Jump Higher – Int’l Box Office Final(『デッドプール』『ズーランダー2』――如何にして単独首位を獲得するか)”. Deadline.com. 2016年2月17日閲覧。
  141. ^ a b c Tartaglione, Nancy (2016年2月21日). “‘Deadpool’ Scores $85.3M In 2nd Offshore Frame; Nears $500M Global – Intl Box Office(デッドプールが8530万ドルを記録、全世界では5億ドル間近)”. Deadline.com. 2016年2月22日閲覧。
  142. ^ Tartaglione, Nancy (2016年2月28日). “‘Deadpool’ At $609M Global; ‘Gods Of Egypt’ Bows To $24M, ‘Zootopia’ Lands $33M 3rd Frame – Int’l B.O. Final(【『デッドプール』全世界で6億900万ドル】国内では『エジプトの神』2400万ドルとなり『ズートピア』3300万ドルに及ばず)”. Deadline.com. 2016年3月1日閲覧。
  143. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年3月21日). “‘Zootopia’ A Flash Away From $600M WW; China Welcomes ‘The Revenant’ With $31M Bow – Intl B.O. Final(『ズートピア』全世界で6億ドルを優に越える:中国では『レヴェナント』オープニング収入3100万ドル)”. 'Deadline.com'. 2016年3月21日閲覧。
  144. ^ Nancy Tartaglione (2016年4月4日). “‘Batman V Superman’ At $422.5M Offshore; ‘Zootopia’ Crosses $500M; ‘Deadpool’ Tops $750M WW – Intl Box Office Final(バットマン対スーパーマン 全世界で4億2250万ドル:ズートピア5億ドル突破 デッドプールが7億5000万ドルで首位)”. 'Deadline.com'. 2016年4月5日閲覧。
  145. ^ Kozlov, Vladimir (2016年3月9日). “Russia Box Office: 'Zootopia' Opens to Record $7.9M(ロシアでの興収:『ズートピア』オープニング収入790万ドル)”. The Hollywood Reporter. 2016年3月10日閲覧。
  146. ^ Alex Ritman (2016年3月19日). “U.K. Box Office: 'Batman v. Superman' Smashes Superhero Record(米興収情報:『バットマン対スーパーマン』スーパーヒーローシリーズの最高記録を樹立)”. The Hollywood Reporter. 2016年3月30日閲覧。
  147. ^ Charles Gant (2016年3月30日). “Batman v Superman sets superpowered record at UK box office(『バットマン対スーパーマン』イギリス史上最強の興収)”. The Guardian. 2016年3月30日閲覧。
  148. ^ Charles Gant (2016年4月5日). “Eddie the Eagle soars at UK box office while Batman v Superman crashes(『エディ・ジ・イーグル』英興収で華麗に羽ばたきスーパーマンを倒す)”. The Guardian. 2016年4月10日閲覧。
  149. ^ a b c Zootopia (2016) - International Box Office Results(『ズートピア(2016)』国際興行収入)”. 2016年6月3日閲覧。
  150. ^ Nancy Tartaglione (2016年4月17日). “‘The Jungle Book’ Packs $136.1M Offshore As WW Cume Nears $300M; ‘Batman V Superman’ At $516M Overseas – Intl B.O.(『ジャングルブック』1億3610万ドル・全世界で3億ドル間近、海外では『バットマン対スーパーマン』5億1600万ドル)”. 'Deadline.com'. 2016年4月18日閲覧。
  151. ^ Nancy Tartaglione (2016年5月8日). “‘Captain America: Civil War’ Rages Offshore With $220M 2nd Frame, $497M Cume; ‘Zootopia’ Crosses $950M WW – Intl B.O.(『シビル・ウォー』海外で2億2000万ドル、『ズートピア』全世界9億5000万ドル突破)”. 'Deadline.com'. 2016年5月8日閲覧。
  152. ^ Рейтинги фильмов - самые большие кассовые сборы(映画評価 - 歴代興行収入ランキング)”. 2016年6月4日閲覧。
  153. ^ Scott Roxborough (2016年3月21日). “German Box Office: 'Zootopia' Rules for Third Weekend; 'Divergent: Allegiant' Disappoints(独興収:『ズートピア』3週目を制す――『アリジアント』期待外れ)”. The Hollywood Reporter. 2016年3月22日閲覧。
  154. ^ Sonia Kil (2016年3月20日). “Korea Box Office: ‘Zootopia’ Retains Weekend Top Spot(韓国興収:『ズートピア』週末興行ランキング1位に)”. Variety. 2016年3月22日閲覧。
  155. ^ Whiskey Tango Foxtrot Archives(WTFアーカイブ) - BoxOffice Pro”. Box Office Pro. "December 21, 2016"閲覧。
  156. ^ Zootopia Just Broke One Of Disney's Records, Get The Details(『ズートピア』ディズニーの記録をまた一つ破る その詳細は) - CINEMABLEND”. CINEMABLEND (2016年3月6日). "December 21, 2016"閲覧。
  157. ^ 'Zootopia' is still king of the box office jungle, besting '10 Cloverfield Lane' and all other rivals(『ズートピア』未だに興収の王者、その他トップ10には『クローバーフィールドレーン』など)”. Lost Angeles Times. "December 21, 2016"閲覧。
  158. ^ Box Office: 'Zootopia' Roars to Record $25M Saturday in China, Nears $100M(『ズートピア』中国でも吠える いよいよ10億ドルへ)”. 2016年12月21日閲覧。
  159. ^ Top 100 Movies of 2016 - Rotten Tomatoes”. "December 21, 2016"閲覧。
  160. ^ Zootopia”. 2016年5月17日閲覧。
  161. ^ Zootopia reviews”. Metacritic. 2016年3月7日閲覧。
  162. ^ a b Travers, Peter (2016年3月3日). Zootopia(ズートピア)”. Rolling Stone. http://www.rollingstone.com/movies/reviews/zootopia-20160303 2016年3月4日閲覧。 
  163. ^ ‘Zootopia’ $73.7M Opening Sets Record For Original Disney Toon; ‘London’ Raises $21.7M; ‘Whiskey’ Trips(『ズートピア』7370万ドルを記録しディズニーオリジナルアニメ映画の金字塔を打ち立てる、他)”. deadline.com. 2016年4月10日閲覧。
  164. ^ Genzlinger, Neil (2016年3月3日). “Review: In Zootopia, an Intrepid Bunny Chases Her Dreams(『ズートピア』では、勇敢なウサギが夢を追う)”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/03/04/movies/zootopia-review.html 2016年3月4日閲覧。 
  165. ^ Debruge, Peter (2016年2月12日). “Film Review: ‘Zootopia’(『ズートピア』レビュー)”. Variety. http://variety.com/2016/film/reviews/zootopia-film-review-1201703504/ 2016年3月4日閲覧。 
  166. ^ Goldman, Eric (2016年2月29日). “Zootopia Review(ズートピア レビュー)”. IGN. 2016年3月6日閲覧。
  167. ^ Kermode, Mark (2016年3月27日). “Zootropolis review – Disney’s animated odd couple has a perfect chemistry(ズートロポリス:ディズニーアニメの凸凹コンビは相性バッチリ)”. The Observer (London). http://www.theguardian.com/film/2016/mar/27/zootropolis-review-disney-animated-odd-couple-mark-kermode 2016年3月28日閲覧。 
  168. ^ Collin, Robbie (2016年3月24日). “Zootropolis is the Chinatown of talking animal films - review(ズートロポリスは喋る動物映画のチャイナタウン)”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/film/zootropolis/review/ 2016年3月28日閲覧。 
  169. ^ Prince, Rosa (2016年3月16日). “Burn your princess dress: Disney's new heroine is a badass feminist rabbit(お姫様ドレスなんて燃やしちゃえ――ディズニーのニューヒロインはイカれたフェミウサギ)”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/women/life/burn-your-princess-dress-disneys-new-heroine-is-a-badass-feminis/ 2016年3月22日閲覧。 
  170. ^ Gavin J. Blair (2016年5月23日). “Japan Box Office: 'Zootopia' Passes $42M, Beats Previous Weekend Haul Again(日本映画興収:『ズートピア』日本で4200万ドルを突破 )”. The Hollywood Reporter. 2016年5月23日閲覧。
  171. ^ “ジブリ・鈴木敏夫も『ズートピア』を絶賛! 「ずば抜けた傑作!」”. cinemacafe.net. (2016年4月15日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/04/15/39720.html 2016年6月30日閲覧。 
  172. ^ 王传宝 (2016年4月6日). “疯狂动物城:看不见的手"搞"看不见的宣传(ズートピア:見えざる手は見えざる宣伝をする)”. People's Liberation Army Daily. 2016年4月10日閲覧。
  173. ^ Scott Cendrowski (2016年4月7日). “China Newspaper Calls ‘Zootopia’ American Propaganda(中国紙、ズートピアをアメリカのプロパガンダ扱い)”. Fortune. 2016年4月10日閲覧。
  174. ^ Scott Cendrowski (2017年2月12日). “【聖林裏表】ディズニー映画「ズートピア」は米のプロパガンダ!? ハリウッドで米中摩擦”. Fortune. 2016年2月13日閲覧。
  175. ^ The 17th Annual Golden Trailer Award Nominees(第17回「ゴールデン・トレイラー・アワード」ノミネート対象作品)”. GoldenTrailer.com. 2016年10月27日閲覧。
  176. ^ Vulpo, Mike (2016年5月24日). “Teen Choice Awards 2016 Nominations Announced: See the "First Wave" of Potential Winners(TCA2016ノミネート作品発表: 勝者候補の"ファースト・ウェーブ"を見てみよう)”. E!. 2016年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月25日閲覧。
  177. ^ The Jungle Book, Zootopia, & Craft Artists to be Honored(『ジャングル・ブック』『ズートピア』『模型作家』受賞)”. Hollywood Film Awards (2016年10月6日). 2016年10月23日閲覧。
  178. ^ Justin Timberlake & Alexandre Desplat Among Winners At Hollywood Music In Media Awards(ジャスティン・ティンバーレイク、アレクサンドル・ディスプラット――ハリウッドメディア音楽賞の受賞者と共に)”. 2016年11月18日閲覧。
  179. ^ McNary, Dave (2016年11月2日). “‘La La Land’ Scores Three Hollywood Music in Media Nominations(ラ・ラ・ランド、3部門で受賞)”. Variety. 2016年11月3日閲覧。
  180. ^ Animated Feature
  181. ^ Foster, Elizabeth (2016年10月19日). “Horrible Histories, TrueTube lead BAFTA Children’s noms (黒歴史:TrueTubeがBAFTAの子供投票を不正操作)”. Kidscreen. 2016年10月23日閲覧。
  182. ^ 2016 Children's BAFTA Kids' Vote - Film”. British Academy of Film and Television Arts (2016年11月21日). 2016年12月2日閲覧。
  183. ^ New York Film Critics Circle Awards: See the full list of winners(ニューヨーク映画批評家協会賞:受賞者一覧)”. Entertainment Weekly. 2016年12月1日閲覧。
  184. ^ The 2016 WAFCA Awards Nomination(2016年WAFCA賞ノミネート一覧)s” (2016年12月3日). 2016年12月4日閲覧。
  185. ^ Hipes, Patrick (2016年12月8日). “AFI Awards: Best Of 2016 Film List Includes ‘Silence’, ‘Hacksaw Ridge’ & More(AFI賞:『サイレンス』『ハックソー・リッジ』他、2016年の傑作映画)”. Deadline.com. 2016年12月8日閲覧。
  186. ^ Flores, Marshall (2016年12月9日). “San Francisco Film Critics Circle Nominations! (サンフランシスコ映画批評家協会 ノミネート作品)”. AwardsDaily.com. 2016年12月10日閲覧。
  187. ^ Nordyke, Kimberly (2016年12月12日). “'Moonlight' Named Best Picture by San Francisco Film Critics Circle”. The Hollywood Reporter. 2016年12月12日閲覧。
  188. ^ San Francisco, Boston, Toronto, NY Online Critics Spread Awards Honors (サンフランシスコ、ボストン、トロント、ニューヨークオンライン映画批評家協会が受賞者を公開)”. 2016年12月12日閲覧。
  189. ^ La La Land Leads with 12 Nominations for the 22nd Annual Critics' Choice Awards(『ラ・ラ・ランド』ほか 第22回放送映画批評家協会賞 受賞作品12点)”. Critics' Choice (2016年12月1日). 2016年12月1日閲覧。
  190. ^ Adams, Ryan (2016年12月9日). “San Diego Film Critics Society Nominations 2016(サンディエゴ映画批評家協会 2016年のノミネート作品)”. AwardsDaily.com. 2016年12月10日閲覧。
  191. ^ San Diego Film Critics Society’s 2016 Award Winners(サンディエゴ映画批評家協会 2016年の受賞者)” (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  192. ^ DFW Film Critics Name 'Moonlight' Best Film of 2016(DFW映画批評家協会賞『ムーンライト』が2016年の最優秀映画に)”. Dallas–Fort Worth Film Critics Association (2016年12月13日). 2016年12月13日閲覧。
  193. ^ The 2016 Chicago Film Critics Association Award Nominees (2016年シカゴ映画批評家協会賞 ノミネート対象作品)”. Chicago Film Critics Association (2016年12月11日). 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  194. ^ 2016 StLFCA Annual Award Nominations(2016年StLFCA賞ノミネート作品)”. St. Louis Gateway Film Critics Association (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  195. ^ Merin, Jennifer (2016年12月16日). “2016 AWFJ EDA Award Nominees”. Alliance of Women Film Journalists. http://awfj.org/eda-awards-2/2016-awfj-eda-award-nominees/ 2016年12月17日閲覧。 
  196. ^ McCue, Michelle (2016年12月16日). “'Arrival', 'La La Land', 'Hell or High Water' Among The Nominees for the 2016 AWFJ EDA Awards (『アライバル』『ラ・ラ・ランド』『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』他 2016年記者連盟賞ノミネート対象作品)”. WeAreMovieGeeks.com. http://www.wearemoviegeeks.com/2016/12/arrival-la-la-land-hell-high-water-among-nominees-2016-awfj-eda-awards/ 2016年12月17日閲覧。 
  197. ^ ‘MOONLIGHT’ LEADS 2016 FLORIDA FILM CRITICS AWARDS NOMINATIONS (『ムーンライト』筆頭に 2016年フロリダ映画批評家協会賞 ノミネート作品)”. Florida Film Critics Circle (2016年12月21日). 2016年12月21日閲覧。
  198. ^ Anderson, Erik (2016年12月15日). “Austin Film Critics Association (AFCA) Nominations: The Handmaiden Lands Top Mentions, Trevante Rhodes Double Nominated(ノミネート:『ザ・ハンドメイデン』トップに躍り出る トレバンテ・ローズ ダブルノミネート)”. AwardsWatch.com. 2016年12月15日閲覧。
  199. ^ Miller, Neil (2016年12月15日). “2016 Austin Film Critics Awards Nominees, 'Moonlight' and 'Arrival' lead the way in AFCA's 2016 nominations (2016年オースティン映画批評家協会賞のノミネート対象作品『ムーンライト』『アライバル』、本賞受賞)”. Medium.com. 2016年12月15日閲覧。
  200. ^ 20th Annual Online Film Critics Society Awards Nominations(第20回オンライン映画批評家協会賞ノミネート作品)”. Online Film Critics Society (2016年12月27日). 2016年12月27日閲覧。
  201. ^ Houston Film Critics Nominations for 2016 Films”. MovieAwardsPlus.com (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。
  202. ^ Houston Film Critics Society Nominations – ‘The Nice Guys’ and Rebecca Hall Get a Deserved Boost”. AwardsCircuit.com (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。
  203. ^ Film Poll 2016”. The Village Voice (2017年1月6日). 2017年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月27日閲覧。
  204. ^ Golden Globes 2017: The Complete List of Nominations(ゴールデングローブ2017:ノミネート作品全作一覧)”. The Hollywood Reporter (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  205. ^ Golden Tomato Awards - Best of 2016”. Rotten Tomatoes (2017年1月12日). 2017年1月18日閲覧。
  206. ^ Tangcay, Jazz (2017年1月9日). “Denver Film Critics Society Announce Nominations”. AwardsDaily.com. 2017年1月11日閲覧。
  207. ^ Park, Andrea (2016年11月15日). “People's Choice Awards 2017: List of Nominations - CBS News”. CBS News. 2016年11月15日閲覧。
  208. ^ Paul Sheehan (2017年1月3日). “ACE Eddie Awards 2017: Full list of nominations includes Oscar frontrunner ‘La La Land’(2017年エディー賞:ノミネート作品一覧 オスカー賞でトップを走る『ラ・ラ・ランド』他)”. Gold Derby. http://www.goldderby.com/article/2017/ace-eddie-awards-2017-nominations/ 2017年1月3日閲覧。 
  209. ^ 2017 Producers Guild Film Nominations Revealed”. 2017年1月10日閲覧。
  210. ^ 44th Annie Award Nominees”. International Animated Film Society (2016年11月28日). 2016年11月29日閲覧。
  211. ^ “アニー賞『君の名は。』作品賞&監督賞にノミネート!ジブリ新作も5部門”. シネマトゥデイ. (2016年11月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087873 2016年11月30日閲覧。 
  212. ^ Rahman, Abid (2016年12月15日). “Denzel Washington's 'Fences' Leads Nominations for AARP's Movies for Grownups Awards(ダンツェル・ワシントン作『フェンス』AARPの成年映画賞受賞)”. The Hollywood Reporter. 2016年12月26日閲覧。
  213. ^ Giardina, Carolyn (2016年1月10日). “'Rogue One' Leads Visual Effects Society Feature Competition With 7 Nominations As 'Doctor Strange,' 'Jungle Book' Grab 6 Each(『ローグ・ワン』視覚効果協会賞の長編映画部門受賞、他『ドクター・ストレンジ』『ジャングル・ブック』など6作品)”. Hollywood Reporter. 2016年1月10日閲覧。
  214. ^ Nordyke, Kimberly (2016年12月12日). “'Moonlight' Named Best Picture by the African American Film Critics Association”. The Hollywood Reporter. 2016年12月12日閲覧。
  215. ^ Ritman, Alex (2017年1月9日). “BAFTA Awards: 'La La Land' Leads Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年1月10日閲覧。
  216. ^ Davis, Clayton (2016年12月14日). “Black Reel Award Nominees – 'Moonlight' Leads with 13 Nominations”. AwardsCircuit.com. 2016年12月15日閲覧。
  217. ^ 2017 Grammy Awards: Complete list of nominees”. Los Angeles Times (2016年12月8日). 2016年12月8日閲覧。
  218. ^ ‘La La Land’, ‘Rogue One’, ‘Hacksaw Ridge’ Among Cinema Audio Society Nominees”. 2017年1月11日閲覧。
  219. ^ Kilday, Gregg (2016年11月29日). “Satellite Awards Nominees Revealed”. The Hollywood Reporter. 2016年11月29日閲覧。
  220. ^ Levy, Dany (2017年2月9日). “'Arrival,' 'La La Land' Among Film Music Critics Nominees”. Variety. オリジナル2017年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170304120232/http://variety.com/2017/film/in-contention/international-film-music-critics-association-awards-la-la-land-1201983114/ 2017年6月8日閲覧。 
  221. ^ Nordyke, Kimberly (2017年1月24日). “Oscars: 'La La Land' Ties Record With 14 Nominations”. The Hollywood Reporter. http://edit.hollywoodreporter.com/lists/oscar-nominations-2017-complete-list-nominees-960044 2017年1月24日閲覧。 
  222. ^ “Oscar Nominations: Complete List”. Variety. (2017年1月24日). http://variety.com/2017/film/news/2017-oscar-nominations-academy-awards-nominees-1201968107/ 2017年1月24日閲覧。 
  223. ^ 日本アカデミー賞公式サイト”. Japan Academy Prize. 2017年3月12日閲覧。
  224. ^ 【第40回日本アカデミー賞】「シン・ゴジラ」が作品賞含む7冠!”. eiga.com. 2017年3月12日閲覧。
  225. ^ Justin Timberlake and Kevin Hart Lead Nickelodeon’s Kids’ Choice Awards Nominations”. Variety (2017年2月24日). 2017年2月24日閲覧。
  226. ^ Nebula Awards Nominees and Winners: Ray Bradbury Award for Outstanding Dramatic Presentation”. Nebula Awards. 2017年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月8日閲覧。
  227. ^ McNary, Dave (2017年3月2日). “Saturn Awards Nominations 2017: 'Rogue One,' 'Walking Dead' Lead”. 'Variety'. 2017年3月3日閲覧。
  228. ^ 'Give her some meat!' Shakira reveals she asked for her Zootopia character Gazelle to have 'bigger hips' because she was 'too skinny'(シャキーラ「もうちょっと太くしてあげて!」 痩せすぎガゼルを大きなヒップにするよう頼んだことを明かす)”. Mail Online (2016年3月2日). 2017年12月11日閲覧。
  229. ^ {{Cite web|url=https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/disney-shelves-jack-beanstalk-film-gigantic-1047482%7Ctitle=Disney Shelves 'Jack and the Beanstalk' Film 'Gigantic' (Exclusive)(独占:ディズニー、ジャックと豆の木原作の『ジャイガンティック』製作を中止)|accessdate=2017-12-11|date=2017-10-10|publisher=The Hollywood Reporter

補足[編集]

  1. ^ 日本語吹替では「動物」とされているが、英語音声ではほぼ一貫して「哺乳類(Manmmal)」とされる。
  2. ^ 音声としては、英語版の冒頭でスチューが警察官になりたいというジュディを諫めるシーンでこの名前がでてくる。
  3. ^ 英語版ではreal cop(本物の警官)に対してmeter maid(直訳:パーキングメーターの世話係)と呼ばれており、ジュディは本物の警察官として扱われていない。日本に交通巡視員制度があったのと同様、アメリカの警察でも古くから通常の警察官とは別に駐車違反取締のみを行う女性職員を採用しており、その業務に当たる女性がmeter maidと呼ばれている。ジュディが劇中で使用する三輪車も駐車監視員の象徴の一つ。
  4. ^ 本人が書いた納税申告書や、警察学校の卒業式で受け取るバッジなどにはNicholas P. Wildeと記されている。音声では英語版でジュニアスカウトの誓いを述べる時などに本名を言う。劇中でミドルネームは"P"とのみ表記されていたが、バイロン・ハワードはファンからの質問に対して、スター・トレックジェームズ・タイベリアス・カークに由来する"Piberius(パイベリアス)"と答えている。
  5. ^ ジュディがニックの脱税を伝えるシーンで、日本語吹替版では「12歳から20年として…」と言っていたが、英語版では"...since you were twelve, that's two decades!"と言っている。
  6. ^ 身長と体重は警察の応募用紙に、住所は納税申告書にそれぞれ記載がある。
  7. ^ ベルウェザー本人曰く「市長が冗談で付けたあだ名」。「クサイウェザー」は英語では"Smellwether"、日本語字幕版では「フンウェザー」、「ライオナラ市長」は、英語では"Lionfart"、日本語字幕版では「ライオナラハート」とされた。
  8. ^ 監督のツイートから。
  9. ^ 日本語字幕版では「陸運局」。モデルとなったアメリカのDMVでも日本の陸運局の一部と免許試験場の業務を一緒に行っている。また、彼以外の職員も全てナマケモノとなっているが、DMVの事務手続きが異常に時間がかかることに対する風刺である。
  10. ^ 英語版ではニックはフラッシュのことを'pal'と称している。
  11. ^ 日本語吹替の山路和弘は、アル・パチーノ演じる息子のマイケル・コルレオーネの吹替を担当していた。
  12. ^ 北米では一般的に6月から9月が夏休みとなり、日本でいう春休みのような年度間の長期休みを兼ねる。
  13. ^ 後に同年6月18日・19日の『ファインディング・ドリー』に抜かれる。
  14. ^ 興収と動員数で順位が違うのは『植物図鑑』『名探偵コナン』が2D版のみの公開に対し、本作は2Dより料金の高い3D/4DX/MX4D版も公開されているため。『デッドプール』は前述4種に加えIMAX版も公開され、またR15+指定のため、割引料金での観客数が相対的に減少し、動員数に比べて興収が高くなる。
  15. ^ モアナと伝説の海』のアウリイ・クラヴァーリョと同率1位
  16. ^ モアナと伝説の海』のアウリイ・クラヴァーリョと同率1位
  1. ^ 原文: precinct 1, city center(precinctとは警察管区のことを指し、日本の警察における「分署」とは意味が異なる)
  2. ^ 原文 : "Jude the dude"
  3. ^ 原文 : "Flash, Flash, hundred yard dash!"
  4. ^ 原文: The most feared crime boss in Tundratown
  5. ^ 原文 : "ungloved trunk" 日本語字幕版では「素鼻(=素手+鼻)」と表記。
  6. ^ 原文 : "crazy neighbors"
  7. ^ 原文 : The brilliantly well-rounded Zootopia offers a thoughtful, inclusive message that's as rich and timely as its sumptuously state-of-the-art animation – all while remaining fast and funny enough to keep younger viewers entertained.
  8. ^ 原文 : generally favorable reviews.
  9. ^ 原文 : "funny, smart, thought-provoking.
  10. ^ 原文 : may be the most subversive movie of 2016
  11. ^ 原文 : Zootopia is a wonderful example of how Disney, at its best, can mix its past and present together in a very cool, compelling way. It takes the classic animation trope of animals walking, talking and acting like humans, but gives it a modern spin both in terms of its humor and animation style ... and also in its themes, which are meaningful and fascinatingly topical.
  12. ^ 原文 : very funny, and very likable holiday treat.
  13. ^ 原文 : The ensuing drama is nominally a tale of predators succumbing to their animal instincts while frightened prey fear their neighbours. In fact, it's a delightfully well-orchestrated parable about trust and tolerance versus panic and prejudice. An encouragingly upbeat celebration of love and diversity in times of hate and uncertainty. If that all sounds overly on-message, then fear not – the jokes are funny, the characters engaging, and the animation packed with delicious visual detail,
  14. ^ 原文 : this is proper family fun with genuine cross-generational appeal. Hooray!
  15. ^ 原文 : The lion doesn't just lie down with the lamb, they run for City Hall on a joint ticket. It's the diversity dream come true. Or is it? […] Think Busytown by way of Chinatown. It's almost certain to be the most existentially probing talking animal cartoon of the year.
  16. ^ 原文 : Like Nick Nolte and Eddie Murphy in 48 Hrs., albeit considerably cuter, Judy and Nick make a hilariously strained but effective double act – not least thanks to Goodwin and Bateman's tremendous vocal work, which trips along with the effortless swing and snap of great bebop.
  17. ^ 原文 : You could read a blunt racial equivalence into this – and there are moments in which the film openly invites us to do so. (“Go back to the forest, predator!” a sheep shouts at a cheetah. “I’m from the savannah,” comes the weary reply.) But the allegory is far from rigid, and one of the film’s great strengths is the trust it puts in its young audience to decode its complex, nuanced message about the value of difference. “Turns out real life’s a little bit more complicated than a slogan on a bumper sticker,” Judy sighs after a few days on the beat. “Real life is messy.” Yes it is – and all the more funny, chaotic and beautiful because of it. So too, in the best possible way, is this film.
  18. ^ 原文 : Zootropolis has a few more women than most Disney movies - around a third of the cast. But it is Judy who breaks the mould; a character who has no interest in being saved by Prince Charming, she’s too busy saving everyone else. As Ginnifer Goodwin, the actress who voices Judy and has two sons, has said: “If I had little girls, I would kill for Judy Hopps to be their role model. And I would kill for Judy to be my boys’ role model, too.” (...) So perhaps it is time to get our daughters a Judy Hopps cop costume and tell them to put away their princess dress. If they protest, we can remind them of the advice given by Judy’s boss, Chief Bogo: “Life isn’t some cartoon musical where you sing a little song and your insipid dreams magically come true. So Let It Go.” 
  19. ^ Best Original Score TV Spot
  20. ^ Most Original TV Spot
  21. ^ Best Pre-Show Theatrical Advertising for a Brand
  22. ^ Choice Music: Song from a Movie or TV Show
  23. ^ Hollywood Animation Award
  24. ^ Best Original Score – Animated Film
  25. ^ Best Song – Animated Film
  26. ^ BAFTA Kids' Vote
  27. ^ Best Voice Performance
  28. ^ a b c d Best Animated Feature
  29. ^ Top Ten Films of The Year
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m Best Animated Film
  31. ^ Best Animated Female
  32. ^ Best Animated Feature Film
  33. ^ Best Animated Feature Film
  34. ^ Best Wide Release 2016
  35. ^ Best Animated Movie 2016
  36. ^ Favorite Movie
  37. ^ Favorite Family Movie
  38. ^ Favorite Animated Movie Voice
  39. ^ Best Edited Animated Feature Film
  40. ^ Best Animated Motion Picture
  41. ^ Outstanding Achievement, Animated Effects in an Animated Production
  42. ^ Outstanding Achievement, Character Animation in a Feature Production
  43. ^ Outstanding Achievement, Character Design in an Animated Feature Production
  44. ^ Outstanding Achievement, Directing in an Animated Feature Production
  45. ^ Outstanding Achievement, Production Design in an Animated Feature Production
  46. ^ Outstanding Achievement, Storyboarding in an Animated Feature Production
  47. ^ Outstanding Achievement, Voice Acting in an Animated Feature Production
  48. ^ Outstanding Achievement, Writing in an Animated Feature Production
  49. ^ Outstanding Achievement, Editorial in an Animated Feature Production
  50. ^ Best Movie for Grownups who Refuse to Grow Up
  51. ^ Outstanding Visual Effects in an Animated Feature
  52. ^ Outstanding Effects Simulations in an Animated Feature
  53. ^ Outstanding Voice Performance
  54. ^ Best Song Written for Visual Media
  55. ^ Outstanding Achievement in Sound Mixing for a Motion Picture – Animated
  56. ^ Best Animated or Mixed Media Feature
  57. ^ Best Original Score For An Animated Film
  58. ^ Favorite Animated Movie
  59. ^ Favorite Frenemies
  60. ^ 『Gigantic(ジャイガンティック)』は童話「ジャックと豆の木」をモデルとした作品で、2020年公開予定とされていたが、2017年に製作を中止することが発表された[229]

外部リンク[編集]