ジュラシック・ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュラシック・ワールド
Jurassic World
Jurassic-World-logo.svg
監督 コリン・トレヴォロウ
脚本 リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
デレク・コノリー英語版
コリン・トレヴォロウ
原案 リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
原作 マイケル・クライトン (キャラクター原案)
製作 フランク・マーシャル
パトリック・クロウリー
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
トーマス・タル
出演者 クリス・プラット
ブライス・ダラス・ハワード
ヴィンセント・ドノフリオ
タイ・シンプキンス
ニック・ロビンソン
オマール・シー
B・D・ウォン
イルファーン・カーン
音楽 マイケル・ジアッチーノ
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 ケヴィン・スティット英語版
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年6月12日
日本の旗 2015年8月5日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000(推定)
興行収入 95.3億円[1][2]日本の旗
$624,083,950[3] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$1,542,568,684 [3]世界の旗
前作 ジュラシック・パークIII
次作 Jurassic World: Fallen Kingdom
テンプレートを表示

ジュラシック・ワールド』(Jurassic World)は、2015年公開のアメリカ合衆国SF映画。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、『ジュラシック・パークIII』から続くシリーズの第4作である。ユニバーサル映画提供。

ストーリー[編集]

イスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」の惨劇から22年後、インジェン社はマスラニ・グローバル社(マスラニ社)に買収され、島はサイモン・マスラニ社長の所有に渡る。マスラニ社は、亡くなったジョン・ハモンドが夢見たテーマパークジュラシック・ワールド」を実現させ、今や世界中から毎日二万人の旅行者が訪れる人気の観光施設として成功を収めていた。

パークの運営責任者のクレア・ディアリングは、訪ねてきた甥のザックとグレイに構う間もないほど多忙な日々を送っていた。クレアは二人をアシスタントのザラに任せ、オーナーのサイモンと遺伝子操作によって生み出された新種のハイブリッド恐竜インドミナス・レックスについて話し合う。サイモンは、インドミナスを飼育するための防壁が適当かどうか、ヴェロキラプトル(ラプトル)の調教師であるオーウェン・グレイディに評価させるよう命じた。

インジェン社の警備部門長であるヴィック・ホスキンスはオーウェンと会い、ラプトルを兵器として軍事利用する話を持ちかけるも一蹴される。その直後、アクシデントにより飼育員の一人が4頭のラプトル(ブルー、デルタ、エコー、チャーリー)が暮らす飼育エリアに落下してしまう。オーウェンは自ら飼育エリアに入ってラプトル達に「待て」と命令して止め、辛くも飼育員を救い出す。それを見ていたホスキンスは改めてラプトルを人間の支配下に置けると確信していた。

クレアはオーウェンのバンガローを訪れ、マスラニからの要請を伝える。二人は以前にデートに出かけたことのある仲だったが、性格の不一致でその後交流していなかった。オーウェンは彼女と言い合いをしたものの要請を受け入れることにし、インドミナスの飼育エリアに向かう。しかしそこにいるはずのインドミナスは姿を消しており生体反応も確認されない上、内部の防壁に真新しい爪痕が残されていた。クレアは直ちに恐竜が脱走したとの報をパークのコントロール・ルームに連絡。オーウェンと二人の職員も飼育エリア内に入り防壁の爪痕を調べる。だがそれはインドミナス自身が仕掛けた罠であり、インドミナスは最初から外へ逃げ出してはおらず、自らの生体反応を隠蔽し待ち伏せしていたのだ。クレアはコントロール・ルームからの連絡でようやくインドミナスが脱走していないことを知るも時すでに遅く、インドミナスは飼育エリア内にいたオーウェンらを襲撃、職員二人を捕食し殺害して本当に脱走してしまう。

管理棟に戻ったクレアはACU(Asset Containment Unit - 資産管理部隊)を出動させインドミナスの追跡・捕獲作戦を開始。だがインドミナスは自ら剥ぎ取った追跡装置を使った罠と保護色によるカモフラージュで部隊を撹乱して返り討ちにし、捕獲作戦は失敗する。この事態を受けサイモンがインドミナスのDNAを設計したウー博士を問い詰めると、様々な生物のDNAを組み込んだことでインドミナスにはカモフラージュ能力や体表からの赤外線放射を抑制し赤外線カメラを欺く能力が備わっていることが判明する。

クレアはパークの北半分を閉鎖し、来場客全員をパーク中央のメインエリアに避難させるようスタッフに命じたが、同じ頃何も知らないザックとグレイはザラの目を盗んで彼女の元を離れて二人でパークを満喫し、ジャイロスフィアで恐竜たちを間近で見るアトラクションに参加していた。二人は避難指示とクレアからの電話にも構わず散策を続け、立ち入り禁止の森林エリアでインドミナスの襲撃を受ける。兄弟は滝壺に飛び込んで危機を逃れ、旧ジュラシック・パークのビジターセンターに放置されていた古いジープを修理し、パークへの帰還を図る。 一方、インドミナスを抹殺する作戦でサイモンは兵士らを同乗させて自らヘリコプターを操縦しながらインドミナスを追うが、逃げるインドミナスはそのまま翼竜園のドームへ突進、ガラス壁を突き破りドーム内部へと侵入する。その結果多くのプテラノドンディモルフォドンなどの翼竜が次々とドームから逃げ出していき、サイモンらの乗るヘリコプターはその翼竜達の襲撃を受けて同乗していた兵士らを殺された挙句、同様にドームのガラス壁を破壊しながら墜落。サイモンもそのヘリコプターと運命を共にする。そしてその事態により、ドーム内の翼竜達が一斉に脱走し始めてしまう。

脱走した翼竜の群れはそのままパークのメインエリアに飛来し、そこに避難していた多くの来場者らやスタッフらを襲い始めたことでパークは大パニックに陥る。同じくそこにいたザラは戻ってきたザック、グレイと再び合流するが、プテラノドンに捕らえられてモササウルスがいる湖に落とされ、二人の目の前でプテラノドン諸共モササウルスに一飲みにされてしまう。そこへ、ザックとグレイを探しに行き同様にインドミナスの襲撃を受けながらも生き延びたオーウェンとクレアが戻って兄弟と再会を果たし、翼竜の群れを掻い潜って管理棟を目指す。 管理棟では、パークの実質的指揮権を握ったホスキンスがこの混乱を好機と考えてインジェン社の兵士を呼び寄せ、ラプトルを兵器として利用する実地テストを兼ねてインドミナスを追う作戦を立てていた。不本意ながらもその作戦に協力することにしたオーウェンは、ラプトル達の頭にカメラを付けて放ち、援軍のインジェン社兵士のチームとともにバイクで後を追う。

そしてオーウェンらはインドミナスを発見するが、予想だにしない事態が起こる。インドミナスはラプトルのDNAをも有しており、追ってきたラプトル達と意思疎通して追跡部隊を襲うよう仕向けたのだ。兵士が次々とラプトル達に襲われ殺されていく中、ラプトルの一頭チャーリーはロケットランチャーで爆殺されるが、インドミナスはジャングルの中へと逃げ去り、残りのラプトル三頭の内ブルーがオーウェンと攻防し、デルタとエコーが脱出を図るクレアと兄弟を乗せて走るトラックを襲撃する。追いかけてくるラプトルをどうにか撃退した三人はオーウェンと合流し、パークのメインエリアに戻りインジェン社の遺伝子研究所へ入った。そこで四人は証拠隠滅と逃走を図るホスキンスと鉢合わせする。彼は既に遺伝学者のウーをはじめ、残りの人員全てをインドミナスの受精卵とともに島から脱出させていたのだ。しかし突然そこへ侵入してきたデルタがホスキンスを襲い殺害。四人はその隙に研究所から抜け出すも遂に目抜き通りでブルーら三頭のラプトルに囲まれてしまう。だがオーウェンはラプトル達にもう一度人間側に付かせるよう語りかけ、三頭はオーウェンとの絆を思い出し再び彼の味方に付く。そこへインドミナスが現れ、ラプトル達が反旗を翻したと知るやブルーを壁に叩き付ける。オーウェンは銃を手に残るエコーとデルタ二頭のラプトルと共にインドミナスに立ち向かうが、その圧倒的な強さにデルタとエコーは殺され、オーウェンもザック、グレイと共にインドミナスに追い詰められてしまう。

クレアはインドミナスに対する最後の対抗策として、22年前にパークで暴れたあのティラノサウルス・レックスを飼育エリアから解放、発煙筒でインドミナスの下へ誘導する。相見えた二頭の肉食恐竜は激突し死闘を展開するが、インドミナスの力はティラノサウルスをも凌駕していた。手負いのティラノサウルスにインドミナスがとどめを刺そうとした刹那、意識を回復したブルーが現れインドミナスに飛びかかった。その隙にティラノサウルスは反撃に転じ、ブルーと共にインドミナスに猛攻を仕掛け湖エリアの縁へと追い詰めた。重傷を負いながら尚も二頭に対して闘志を剝き出しにするインドミナスだが、騒ぎと血の匂いを嗅ぎつけて湖から跳び出してきたモササウルスに喰らい付かれ、水中へと引きずり込まれていったことで戦いは決着。その直後、ティラノサウルスは目の前のブルーを一瞥し襲うことなくその場を後にし、ブルーもまた、オーウェンとの別れを惜しみながら去っていった。

そしてオーウェンら四人は無事、コスタリカの避難所に到着。ザックとグレイは両親と再会し、オーウェンとクレアの仲も戻る。そして朝を迎えたイスラ・ヌブラル島では、死闘を終え再び自由を取り戻したティラノサウルスが、崩壊し無人となったパークを見下ろしながら王者の如く咆哮を轟かせていた。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

オーウェン・グレイディ
演 - クリス・プラット
元海軍の軍人でヴェロキラプトル行動を研究し、ヴェロキラプトルの訓練を試みるパークの恐竜監視員(管理人)。第1作目で死亡した旧パーク恐竜監視員ロバート・マルドゥーンの役職を引き継いでおり、マルドゥーンの着用していた物と同じ型のジャケットを着用している。
恐竜たちを畏怖しているものの、対等な生物として敬意を持って接しており、同僚たちだけでなくサイモンからの信頼も厚い。恐竜を「生体兵器」や「商品」としか捉えず、敬意を見せないホスキンスやクレアの考えには反発している。
インドミナスの脱走の際に襲われるも咄嗟の機転で生き延び、インドミナスの暴走と殺戮を止めるために奔走し始める。クレアとは張り合いながらも協力し合い、1度はインドミナスに服従させられたラプトル達を再び自らの味方に戻し、インドミナスに立ち向かった。しかし圧倒的な強さを前に苦戦し、窮地に追い込まれるが、クレアが最後の切り札として放ったティラノサウルス、ラプトルのブルーに助けられ、事無きを得る。インドミナスがモササウルスにより倒された直後、唯一生き残ったブルーを呼び戻すことはせず、静かに逃がした。
クレア・ディアリング
演 - ブライス・ダラス・ハワード
インジェン社の科学者で、パークの運用管理者。前下がりストレートボブの髪型が特徴。融通の利かない性格で、姉のカレンに観光に来た甥達の世話を頼まれたが、仕事を優先しザラに世話を押し付けた。しかしインドミナス・レックスが脱走し、甥たちが行方不明になった際はオーウェンの反対を押し切って自ら捜索に出る。
恐竜たちのことはビジネスの道具と割り切って無関心であり[4]、インドミナス脱走時もパークの損害を真っ先に心配し、インドミナスの殺処分を主張したオーウェンに反発していた。だが彼と共に甥達の救出に向かった道中、インドミナスに殺害されたアパトサウルスの最期をオーウェンと共に看取ったことで、命を軽んじた己の愚行を痛感し改心。その後はザックとグレイの捜索に奔走、再会すると空回りながらも二人を必死で守り抜こうとオーウェンと協力し、終盤でのインドミナスとの最終決戦の際はグレイの機転によりティラノサウルスを解き放つなどをして、勝利への一端を担う事となった。
オーウェンとは1度交際していたが、初デートで互いに辟易して破局している。
グレイ・ミッチェル
演 - タイ・シンプキンス
ザックの弟。11歳。大の恐竜好きでパーク内ではよくはしゃいでいる。恐竜やパークの事情に関する知識に詳しい。
洞察力に優れており、両親が離婚しようとしていることに気付いて動揺していた。終盤、インドミナスの歯がティラノサウルスより少ないことに気付き、ティラノサウルスと戦わせることをクレアに提案し、勝利に導いた。
ザック・ミッチェル
演 - ニック・ロビンソン
グレイの兄。16歳。パークのアトラクションにグレイと一緒に歓声を上げたりもするが恐竜にはあまり興味がなく[5]、いつもスマートフォンを操作している。恋人がいるものの、パークでは度々若い女性観光客に色目を使っていた。ダメと言われたことをやろうとするなど、迷惑な一面もある。
車に関して博識であり、インドミナス・レックスに追われた際は廃車同然の車を修理し、自ら運転して自力で窮地を脱し、オーウェンを驚かせた。

ジュラシック・ワールド関係者[編集]

サイモン・マスラニ
演 - イルファーン・カーン
マスラニ・グローバル社(マスラニ社)のCFOで「ジュラシック・ワールド」の設立及び所有者。1970年代初期に設立されたインドの通信ネットワーク会社マスラニの設立者サンジェイ・マスラニの息子。なお、父サンジェイ・マスラニはジョン・ハモンドの親友でもある。1992年に父親が亡くなった為、父に代わってマスラニ社の後を継いだ。通信ネットワーク以外にもアブダビで石油部門の会社を設立し、石油発掘を始め、世界各国で様々な産業を成功させる。
1997年に財政難から再建の道を探っていたインジェン社の買収に乗り出し、交渉の末1年後に買収に成功、インジェン社を傘下にした。2002年からの3年間、「ジュラシック・ワールド」の建設を行った。自らヘリを操縦してパークを訪れる行動派だが、ヘリの操縦免許自体はまだ交付されておらず、操縦はかなり未熟。やや自信過剰な面もあるものの、企業倫理を重んじる良識や人間的な器量の大きさも持ち合わせる人物。
作中では脱走したインドミナスを殺処分しようというオーウェンの提案に対し、一度は「巨費を投じたのだから簡単には殺せない」と金銭的な損得勘定で捕獲を命じるが、後に新種開発がウーの独断専行で進められていた事実を知り激昂。インドミナス掃討作戦に自らヘリ操縦士として兵士ら2名を同乗させて参加するも、インドミナスの策略でドームから脱走した翼竜の群れにより兵士らを殺され、ヘリを撃墜されて墜落、爆死した。
ヴィック・ホスキンス
演 - ヴィンセント・ドノフリオ
「ジュラシック・ワールド」のパークの安全と警備を担当するインジェン社のセキュリティ部門幹部。パークの安全対策でマスラニに雇われた。
インジェン社上層部と裏でつながっており、恐竜を生体兵器として軍事利用を画策する野心家。
III』の後、イスラ・ソルナ島から脱出してカナダ上空にやって来た3羽のプテラノドンの掃討を手伝い、その後「ジュラシック・ワールド」建設工事中の労働者の安全の為マスラニに雇われた。ヴェロキラプトルの知能を研究する目的で2012年から開始された「IBRIS計画」を監督。
終盤、ラプトルによるインドミナスの討伐作戦が失敗したため、ウーに密告して研究棟で証拠隠滅を図り逃走を図っていた。そこに避難してきたオーウェンらにインドミナスの兵器としての利用価値を告げていたところをデルタに詰め寄られ、オーウェンの様になだめようとするも伸ばした腕に噛み付かれ惨殺された。その際、デルタに対して「Easy, boy (落ち着け、ボーイ)」と呼びかけており、ラプトル達が雌であることすら理解していなかった。
バリー
演 - オマール・シー
オーウェンの友人で、オーウェンと共にヴェロキラプトルの調教を務める。
オーウェンほど信頼関係は築けてはいないものの、彼と同様にラプトル達には敬意を払って接している。そのためインドミナス脱走時には、恐竜たちのストレスや危険性を全く考慮していなかった上層部に「何も学んでいない」と怒りを露わにしていた。
終盤、オーウェンらとともにインドミナス討伐に向かうが、裏切ったラプトル達の襲撃から逃げ遅れて朽木の中に隠れた際、ブルーに襲われる。育ててきた愛着からブルーを攻撃できなかったものの、オーウェンが囮になって彼女の注意を引いた事で難を逃れた。パーク撤退後は他の職員とともに負傷した観客の手当てをしていた。
ヘンリー・ウー
演 - B・D・ウォン
一作目にも登場していた「ジュラシック・パーク」の元遺伝子学者。ジュラシック・パーク事件の後の1年後、イスラ・ヌブラル島の恐竜が、どの様に繁殖しているか確認する為、インジェン社のチームと一緒にイスラ・ヌブラル島に同行。その後、様々な種を組み合わせる事で新しい種を造る事が出来ると主張した。サイモン・マスラニはその主張に興味を持ち、マスラニの署名で『The Next Step :An Evolution of God ’s Concepts』という本を出版した。
『2』の事件のインジェン社の財政危機の中、絶滅した植物のサンプルを使用して、様々な種を組み合わせた新種の植物カラコシス・ウータニス(Karacosis wutansis、ウー・フラワー)を造り、サイモン・マスラニを含め世界中から注目を集めた。これがマスラニによるインジェン社買収の契機となり、インジェン社を傘下にした後の2000年に、マスラニは彼を昇進させ、「ジュラシック・ワールド」の建設におけるマスラニ・グローバル社(マスラニ社)の重要な遺伝子学者として活躍させることとなった。2014年11月にインジェン社がシベリアに新しく造った「マーテル」と呼ばれる研究所に彼は勤めた。「マーテル」の計画は、永久凍土から発掘された更新世の有機材料を抽出し、「ジュラシック・ワールド」の為、新生代の動物ウーリーマンモスなどを造る事を目的にしており、彼は「マーテル」での研究で中心的な第一人者であった[6]
ワールドの新しい目玉となるインドミナス・レックスを誕生させたが、その過程で数々の生物の遺伝子を独断で組み合わせたことにより惨劇の一因を喚ぶ。
裏ではホスキンスと繋がっており、パークの混乱の中ヘリで脱出した。
ロウリー・クルーザース
演 - ジェイク・ジョンソン
パークで働くテクノロジーに精通したオペレーター。大学卒業後にマスラニ社の「ジュラシック・ワールド」の仕事に就いた。
eBayで購入した旧パーク「ジュラシック・パーク」のTシャツを着ており、デスクには恐竜のフィギュアを何体も飾っているオタク気質。原作小説でも劇場映画版でも『ジュラシック・パーク』第1作での出来事は劇中関係者に口止め料が支払われた上で箝口令が敷かれているが、本作では既に部外者も知るところとなっている。彼もその一人であり、子供の頃から恐竜が好きで、失敗した旧パークに興味をそそられていた。職務に対しては誠実で、インドミナスが脱走し、他のスタッフが避難する中で一人だけコントロール・ルームに残った。同僚であるヴィヴィアンに恋心を抱いていたものの、失恋してしまう。
ヴィヴィアン(ヴィヴィ)・オキアミ
演 - ローレン・ラプカス英語版
パークのオペレーター。少々気弱な性格で、インドミナス脱走の際には動揺のあまり泣きだしてしまう一面も見られた。終盤、他のスタッフとともにパークから避難する。別れ際にキスしようとしたロウリーに恋人がいることを告げた。
ザラ・ヤング
演 - ケイティ・マクグラス
クレアの個人秘書。イギリス人。パークを訪れていたクレアの甥のザックとグレイの兄弟の世話をしていたが、プライベートの電話に出ている間に逃げられてしまう。ドームの翼竜が脱走した混乱の中、プテラノドンに捕らえられてモササウルスの湖に落ち、プテラノドン共々モササウルスに丸飲みにされてしまった。
タカシ・ハマダ
演 - ブライアン・ティー
インジェン社のセキュリティ部門Asset Containment Unit(ACU)のメンバーで、パークの日本人警備管理者。捕獲チームのリーダーも兼任している。
脱走したインドミナスの捕獲に赴くが、逆にインドミナスが仕掛けた罠にかかり、襲撃してきたインドミナスに鷲掴みにされ、他のメンバーがインドミナスを攻撃した際に地面に叩き付けられ踏み潰されて死亡。
オースティン、クーパー、クレイグ、リー、マイヤーズ、ミラー、スピアーズ、ACUガンナー、ACUトルーパー
演 - トム・ブイ、Nico Woulard、ポール・ダーネル、ケヴィン・フォスター、ティモシー・ユーリック、その他(ノンクレジット)
タカシ・ハマダと同じインジェン社のセキュリティ部門Containment Unit(ACU)のメンバー達。脱走したインドミナスの捕獲に赴いていた。ハマダとオースティンの2人を司令官に、2つのチームに分かれて、脱走したインドミナス捕獲の任務に当たっていた。唯一の女性メンバーであるマイヤーズ以外はインドミナスに殺害された。クーパーも殺されるが、小説版では彼は生き残っている。
ジミー・ファロン
演 - ジミー・ファロン
ジャイロスフィアと呼ばれる球体の乗り物に搭載されている端末で、訪問者を案内する教育ビデオの案内人。
ジャイロスフィアのオペレーター
演 - マーティ・カルバロプリー
ジャイロスフィアのオペレーターを担当する若い従業員で、作中では「やる気の無いスタッフ」であった。
ザックとグレイをジャイロスフィアに乗り込ませたが、直後に非常事態宣言が発令された時は混乱していた。
映画では名前は示されていないが、ゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』でジョシュと言う名前が付けられている。
ミスター・DNA
声 - コリン・トレヴォロウ[7]
1作目で、クローン再生の概要を解説する、アニメ映画に登場したアニメキャラクター。1作目のミスター・DNAとほぼ同じ姿だが、青と白だけの配色となっている。
インジェン社の契約者
演 - マイケル・パパジョン英語版
インジェン警備課のリーダーで、傭兵として部下とともに事件が起きたイスラ・ヌブラル島のパークに派遣された。作戦失敗後、ヘンリー・ウーをヘリに乗せてイスラ・ヌブラル島から去った。
パドックの監視員
演 - エリック・エデルシュタイン英語版
インドミナスのパドック(檻)の監視員。オーウェンと共にパドックの中の防壁の爪痕を調べていたが、待ち伏せしていたインドミナスが襲撃してきたことでパニックになり、扉を開けて外へ逃げ出したことで結果的にインドミナスをパドックから脱出させてしまう。その直後、逃げ遅れて車の陰に隠れていたところをインドミナスに見つかり食い殺された。映画では単に「パドックの監視員」(Paddock Supervisor)の役名だったが、マスラニ・グローバル社のオフィシャルサイトでは、演じた本人の名のままで、サイモン・マスラニが「ジュラシック・ワールド」のパドックの監視員エリック・エデルシュタインと紹介されていた[8]
パドックの労働者
演 - エディ・J・フェルナンデス(ノンクレジット)
インドミナスのパドック(檻)の労働者の1人。オーウェンとパドックの監視員らと共にパドックの中の入り防壁の爪痕を調べていたが、待ち伏せしていたインドミナスに襲撃され、逃げようとするも捕らえられて食い殺された。
ゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』でエリスと言う名前が付けられている。
若いラプトル調教師
演 - コルビー・ブースマン・シェパード
オーウェンの元で働く、新人の若いラプトル調教師。序盤、アクシデントによりラプトル4姉妹がいる檻の中へ転落しピンチに陥るも、オーウェンに助けられ命拾いする。その後のラプトルによるインドミナスの討伐作戦では、檻の扉を開けてラプトル4姉妹を解き放っていた。
ゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』でレオンと言う名前が付けられている。
ハル(ハロルド)・オスタリー
演 - ジェームズ・デュモン
ベライゾン社の副社長で、「ジュラシック・ワールド」のパークの投資家。ベライゾン社のジム・ドラッカー(演 - マット・バーク)とエリカ・ブランド(演 - アンナ・タラクコッテル)を連れてパークのアトラクションへ投資する為にやって来た
ライアン・クレスト博士
演 - ブレント・カペル(ノンクレジット)
インドミナスの作成に関わっていたヘンリー・ウーのハモンド・クリエイション・ラボに勤める遺伝子学者の1人。インドミナスが逃げ出し暴れた時は他の科学者と共に避難した。

その他[編集]

カレン・ミッチェル
演 - ジュディ・グリア
ザックとグレイの母親でクレアの姉。夫のスコットとは一見仲が良さげに見えるが、実は離婚調停中。
スコット・ミッチェル
演 - アンディ・バックリー英語版
ザックとグレイの父親。

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
劇場公開版[9] 日本テレビ[10]
オーウェン クリス・プラット 玉木宏[11] 山本耕史[12]
クレア ブライス・ダラス・ハワード 木村佳乃[11] 仲間由紀恵[12]
グレイ タイ・シンプキンス 松岡茉優[13] 村瀬歩
ザック ニック・ロビンソン 内山昂輝 上村祐翔
マスラニ イルファン・カーン 大塚芳忠 江原正士[12]
ホスキンス ヴィンセント・ドノフリオ 石塚運昇 玄田哲章[12]
ヘンリー・ウー B・D・ウォン 近藤浩徳 堀内賢雄[12]
バリー オマール・シー 安元洋貴 星野貴紀
ロウリー ジェイク・ジョンソン 小川剛生 岩田光央
ヴィヴィアン ローレン・ラプカス英語版 たかはし智秋 栗田エリナ
ザラ ケイティ・マクグラス 川庄美雪 土井真理
カレン ジュディ・グリア 魏涼子 田中敦子
スコット アンディ・バックリー英語版 根本泰彦 志村知幸
ハマダ ブライアン・ティー 野沢聡 坂詰貴之
ミスター・DNA コリン・トレヴォロウ 江原正士 高戸靖広
ハル ジェームズ・デュモン 麦人 白熊寛嗣
ジム マット・バーク 関雄 益山武明
パドックの監視員 エリック・エデルシュタイン英語版 かぬか光明 あべそういち
モサ・ガイド コートニー・ジェームズ・クラーク 小林未沙 木村珠莉
インジェン社の契約者 マイケル・パパジョン英語版 佐瀬弘幸 志賀麻登佳
ジミー・ファロン 藤森慎吾[11] 田中直樹[14]
オペレーター マーティ・カルバロプリー 中田敦彦[11] 永野[14]
男性アナウンス 清水秀光 森圭介[14]
女性アナウンス 竹内夕己美 水卜麻美[14]
演出 簑浦良平 木村絵理子
翻訳 平田勝茂
制作 ニュージャパンフィルム 東北新社
初回放送 2017年8月4日
21:00 - 23:24
金曜ロードSHOW!
本編ノーカット

登場する恐竜・古生物[編集]

以下のリストには劇中に登場した恐竜・翼竜・海棲爬虫類だけでなく、映画で使われるとされている公開された「ジュラシック・ワールド」のガイドマップのパンフレットに表示されている動物一覧に存在のみが確認できる恐竜も含めている[15]。小説によるとワールドの恐竜は体内にインプラントによりGPSを埋め込まれており、ジャイロスフィアや立ち入り禁止地域に入り込んだ場合は気分を害するようになっている。ただし、特別飼育されていたヴェロキラプトルや、第1作目と同一種のティラノサウルスなどの一部の恐竜にはインプラント処理が行われていない為、パーク内で自由に行動が可能である。

劇中に登場する恐竜[編集]

今作では獰猛ゆえに一般公開はされておらず、人間を信頼するようオーウェンらの訓練を受けている。
ヴェロキラプトルの行動を研究していたオーウェンによって長女「ブルー」、次女「デルタ」、三女「エコー」、四女「チャーリー」と名付けられた4姉妹が登場する。これらはブルー以外、アルファベットNATOフォネティックコードと、群れを形成し順位制を有する動物の個体序列の生態学での呼び方をダブルミーニングさせたものである。
遺伝子操作と戦闘訓練により以前の個体よりも戦闘能力が高く、加えて過去作同様に高い知能を持ち、訓練者であるオーウェンの指示を聞き分けることができる。孵化した頃からオーウェンに育てられたため、オーウェンにとっては実の娘同然の存在である。脱走したインドミナスに対抗する為、オーウェンと共に討伐作戦に赴く。名前の由来は英単語のB、C、D、Eから。オーウェンはA(アルファ)に当たる。実際のアルファベットの並びとは異なり、B、D、E、Cとなっている。ノベライズでは役割と最期がそれぞれ異なる。
マスラニ・グローバル社のオフィシャルサイトによると2012年から始まったヴェロキラプトルの知能を研究するIBRIS(Integrated Behavioral Raptor Intelligence Study)計画の為に産み出された。当初は「V-2」と呼ばれるヴェロキラプトルも誕生して、最初は五姉妹のヴェロキラプトルだったが、V-2は攻撃的で危険だった為、安楽死による処分がされた。2013年には他にもこの計画で多くのヴェロキラプトルを産み出されたが様々な原因で死んだ。
なお、シリーズの他作品同様、映画に登場するヴェロキラプトルのモデルとなっているのは、デイノニクスなど、より大型の近縁種であるとされている。
ブルー
ヴェロキラプトル四姉妹の長女でリーダー。オーウェン率いるラプトル隊ではサブリーダーのベータにナンバリングされる。妹達の名前は個体順位の頭文字をNATOフォネティックコードに置き換えたものなので、本来彼女の名前はブラボーとなるはずであるが、例外的に体色に着目した「ブルー」となっている。日本語吹き替え版では妹達の(ナンバリングではなく)名前を先に紹介したオーウェンが最後にブルーの名前を紹介する際、ブラボーの代わり、ではなく「ベータの代わり」と述べており、呼び名とその由来の対応が誤っている。
ノドグロオオトカゲとナイルオオトカゲのDNAを組み込まれて誕生したため、体には美しい青銀色の模様がある。
リーダーのアルファであるオーウェンはブルーに序列を覚えさせる為、餌を与える時は彼女には最後に与えるようにしている。また、餌そのものも、妹たちの場合は肉の切り身だが、ブルーだけはラットをまるごと与えられている。オーウェンに対する信頼と愛情はラプトルの中で最も強い。特殊な遺伝子操作により誕生した為、シリーズ史上最強のラプトルであり、インドミナスとの戦いではティラノサウルスとインドミナスの体を駆け登りながら戦い、その能力の高さの片鱗[要出典]を見せている。
劇中では最後まで生存し、インドミナスとの戦いの後、オーウェンに名残惜しそうな一瞥をくれティラノサウルスとは逆の方向へと去って行った。前述のとおり餌を与えられる順番は四番目。
また、イノベーションセンターにあるホログラフィック映像のヴェロキラプトルは、ブルーの特徴とされる目尻から続く太く長い模様という事から、ブルーが表示されている。
デルタ
四姉妹の次女(本来は三女だが次女のV-2が殺処分された為、繰り上げられた)でサブリーダー。チャーリーと同様に緑に近い体色をしており、リーダーで長女のブルーには従順。爬虫類の遺伝子を組み込まれている他の姉妹と違い、の遺伝子を多く受け継いでいる。
馴れていない人間に触れられることを嫌がり、ホスキンスに頭を撫でられた際には露骨に不快感を示していた。インドミナス脱走騒動の最中にインドミナスに操られ、オーウェンたちを追って研究棟に侵入し、そこで自分に待てをして制止しようとするホスキンスを殺害した。
オーウェンに説得されて再びインドミナスに立ち向かうが、レストランのグリルの上に落とされバーナーが誤作動し焼死した。
ノベライズ版ではロケットランチャーで爆殺される。餌を与えられる順番は三番目。
エコー
四姉妹の三女でオレンジ色かまたは赤色に近い体色で体にはチャーリーと同様の黒い縞模様がある。過去にブルーとリーダーの座を巡って戦い敗れ、その時の傷が右側の鼻先にあり、目立たないが体にはそれ以外にも傷がある。飼育員からは「エルビス」の愛称でも呼ばれている。ノベライズではデルタと役割が逆でホスキンスを噛み殺している。
ラプトル姉妹の中では唯一、映画とノベライズでの最後が同じでインドミナスとの最終決戦時、デルタが殺されたことによりコンビネーションのバランスが崩れ、インドミナスに噛み殺され投げ飛ばされる。餌を与えられる順番は二番目。
チャーリー
四姉妹の四女で末っ子。オーウェンは彼女が誕生してから姉妹たちの訓練を開始した。グリーンイグアナの遺伝子を持つ為、緑色の体色をしており黒い縞模様がある。また瞳孔も他の姉妹とは異なり円形の形をしている。
戦闘訓練で食料を得た際には真っ先にブルーに献上するなど、ブルーへの信頼と忠誠心は姉妹の中で最も強い。
インドミナスに操られ人間を襲撃している最中オーウェンと対面し襲うのを躊躇い、直後に背後からインジェン社兵士のロケットランチャーの直撃を受けて爆死する。チャーリーを殺害したインジェン社兵士は敵討ちに燃えるブルーに追跡されるが、寸での所でバリーの残したバギーで逃走されてしまった。頭部に装着したカメラモニターごと爆死した為、コントロールルームのチャーリーのカメラモニターの画面のみがブラックアウトしていた。
ノベライズではインドミナスにレストランのフライヤーに投げ込まれ油に火花が引火しフライヤーごと爆死する。オーウェンに餌を与えられる順番は一番目。
1作目に登場した雌の個体と同一であり、首には1作目終盤のヴェロキラプトルとの戦いで付けられた傷跡が残っている[16]
1990年6月生まれで、ジュラシック・ワールド建設に前後してホスキンス率いる部隊に麻酔銃で捕獲され、20年間以上生きた長寿のティラノサウルスとして、「ティラノサウルス・レックス・キングダム」にてパークの目玉として飼育されていた。終盤でクレアによりインドミナスに対する切り札として解き放たれ、ブルーと共にインドミナスと死闘を繰り広げる。知能に勝り強大な前脚を持つインドミナスに劣勢を強いられ一時絶体絶命となるが、ブルーの加勢により体勢を立て直し、そのままブルーと共闘してインドミナスに猛攻を仕掛け湖の側へと追い詰めた。モササウルスによってインドミナスが倒された後は目の前に居たブルーに視線を送り、襲うことなく去って行った。島が無人となった後はヘリポートで廃墟と化したパークを見渡しながら、再び自由を取り戻した事への歓喜と、憎き人間たちに二度とこの地に近づくなという警告を込めて雄叫びを上げていた。
1作目の小説版ではロバート・マルドゥーンが「レクシィ(Rexy)」というニックネームを付けており、ファンの間では2作目および3作目の個体と区別してこの名で呼ばれることもあるが、1作目を含めて映画でこの名が使われることはない。公式サイト及び公式ブックによると歯の数は50〜60本。
歴代シリーズにおいて今作で初めて登場する巨大な肉食海棲爬虫類。パーク内で飼育されている肉食動物としては最大の大きさを誇るが、分類上は恐竜ではない。
湖エリアではイルカショーのように餌のホホジロザメに喰らい付くアトラクションが催されている。複数飼育され一番大型の雌の個体は、飼育員によると性格はシャイで恥ずかしがり屋とのことで、餌を与えられる時以外は水中から出てこない。体内のインプラントの効果もあり、餌やりの際に観客に襲いかかるということはなく、またある程度人間には懐いている。歯の本数は88本。
ザラ・ヤングとそれを襲うプテラノドンを諸共喰らい、終盤ではティラノサウルス、ブルー、インドミナスの戦いの最中に湖から飛び出し、インドミナスの首に喰らい付き水中に引きずり込んで絶命させた。
パーク最大の巨体を誇る恐竜。
脱走したインドミナスに襲われた際、巨体ゆえに逃げ遅れてしまい群れごと虐殺されてしまう。唯一生き残った1頭も致命傷を負い、ザックとグレイの救出にやって来たオーウェンとクレアに看取られながら息を引き取った。
なおこのシーンのアパトサウルスの頭部はアニマトロニクスで再現されている。
「生きた装甲車」とも呼ばれる鎧竜。他の草食恐竜とは異なりジュラシックワールド来園者への展示、観覧対象とはされておらず、園外のジャングルの中に4頭が棲息している。
脱走したインドミナスに襲撃され逃げ遅れた1頭が交戦するも、武器である尻尾の棍棒攻撃がインドミナスには通じず、仰向けにひっくり返されて頭部に噛みつかれ、そのまま首をへし折られて殺されてしまう。
「ガリミムス・バレー」にて群れで飼育されている。
「パキケ・アリーナ」にて飼育されている。
劇中では施設から逃げ出した1頭が麻酔で眠らされた映像が監視カメラに登場する。
プテラノドン以外では初となる翼竜。プテラノドンのような巨体を持たないが、インドミナスによって多くの個体が脱走し、パーク内に取り残された観光客を襲撃する。
大型の翼竜。インドミナスによって多くの個体が脱走し、パーク内に取り残された観光客を襲撃する。
本作ではカツオドリなどの海鳥のように潜水して獲物を狩る姿が描かれている。
  • インドミナス・レックス Indominus Rex
本作に登場する架空の恐竜。製作段階ではディアボルス・レックス(Diabolus Rex)とも示されていた。「インドミナス」はラテン語で「獰猛・制御不能」を意味する。
ティラノサウルスのDNAをベースに、ヴェロキラプトル、アベリサウルスカルノタウルスマジュンガサウルスルゴプスギガノトサウルステリジノサウルス等のDNAを加えて遺伝子組み換えによって誕生させたキメラ恐竜。コウイカアマガエル等の現存種の遺伝子も取り込まれている[17]。また、ティラノサウルスの遺伝子をベースとしている為、雌のほうが大型である[18]。ただ、その頭部容姿はティラノサウルスよりも、むしろギガノトサウルスのそれを彷彿とさせる厚みの比較的薄いものとなっている。これは腕部が著しく肥大化したために、体のバランスを崩すことを防ぐためのデザインと推測[要出典]される(実際、ティラノサウルスの前肢が異様に小さい理由として、その巨大な頭部と釣り合いをとる為という説[要出典]がある)。
有事の際の予備として2匹の姉妹が孵化していたが、共食いで姉に妹が食い殺され、作中には姉である雌一頭のみが登場する[19][20]
特徴
  • ティラノサウルスを上回る巨体になるようデザインされており、現時点でも全長12mだが、完全に成長すれば15m以上に達すると言われている。
  • 成長促進のために取り込まれたコウイカのDNAによりカメレオンの様に体色を変える事が出来るカモフラージュ能力を獲得している。この特徴は、小説版『ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-』に登場したカルノタウルスに影響を受けたとも言われている。
  • 熱帯での発熱調節のために取り込まれたアマガエルのDNAにより赤外線放射抑制能力をもち、この能力で檻内不在を装い赤外線センサーを潜り抜けた。
  • テリジノサウルスのDNAによる、非常に大きく、50口径の弾丸を防ぐガラスを一撃で突き破るほどの力を誇る前肢と爪をもつ。4本指で第一指と他の指が向かい合う構造であるため、対象を掴むことが可能。
  • 747型飛行機の離着陸時の音量に相当する、140 - 160デシベルにもなる雄叫び。
  • 檻の中でも最高時速48kmで走行可能。
  • アベリサウルスのDNAにより、皮膚が頑強な皮骨板で覆われており、ライフルの弾丸やアンキロサウルスの尾の棍棒による打撃を受けてもほとんどダメージを受けない防御力を持つ。また眼窩の上には2本の角が生えており、前肢や首には羽毛らしきものも確認されている。
  • ヴェロキラプトルのDNAにより、高い知能を持つ。施設の壁にフェイクの爪跡を刻み、体温調節とカモフラージュ能力を使って脱走したと見せかけて人間をおびき寄せたり、生まれた時に埋め込まれた追跡装置の位置を正確に記憶して体内から取り除き、更にそれすらも囮として利用する。また前脚を“手”として使うことができ、獲物となる人間に噛みつかず掴み取ったり、隠れ潜んだシェルター奥に腕を伸ばして捕らえようとしたりするなど、ここにも知能の高さが現れている。
  • 他の恐竜を楽しんで殺す残忍性を持ち、ヴェロキラプトルのDNAにより備わるコミュニケーション能力で群れを服従させ味方に引き込む狡猾さも併せ持つ。
  • 歯の本数はマスラニCEOの意向を汲んで意図的に増やされており、74本。キメラによる外観上の弊害として、歯並びがいびつである。

劇中未登場の恐竜[編集]

以下の恐竜たちは劇中には登場しないものの、ジュラシック・ワールドで飼育されているなどの設定となっている。

エリマキトカゲに似たフリルと特徴的な頭部を持つ肉食恐竜。
パークの公式に含まれないかつてのパークで造られた恐竜だが、イノベーションセンターにあるホログラフィック映像の恐竜リストの一つとして含まれている。威嚇する様子の立体映像映像が映し出された事で、デルタの足止めに利用された。なお、ジュラシック・ワールドのレゴブロックにも登場しており、ジャイロスフィアに乗ったグレイがパークで道に迷い、ディロフォサウルスに追い掛けられ、Asset Containment Unit(ACU)が乗る4WDに救出されるというコンセプト内容が付けられて発売された。
パークの公式に含まれない恐竜で、パークのメインストリートに標本骨格が展示されているのみ。また、イノベーションセンターにあるホログラフィック映像の恐竜リストの中の一つとしても表示されている。
  • 5頭目のヴェロキラプトル
マスラニ・グローバル社のオフィシャルサイトにて明らかになった、インジェン社のセキュリティ部門の監守の下、行っていた「ブルー」、「デルタ」、「エコー」、「チャーリー」と共にIBRIS計画の為に産み出された5頭目のヴェロキラプトル。愛称となる名前は付けられておらず、「ブルー」の次の2番目に誕生した為、単に「Subject V-2(V-2)」と呼ばれている。攻撃的で予測出来ない非常に危険な性格だった為、IBRIS計画の間に安楽死の処分にされた。ブルーにも多少類似し、映画1作目に登場したヴェロキラプトルと似た外見をしており、茶色の体色をしている[21]
  • ステゴケラトプス Stegoceratops
映画でハモンド・クリエイション・ラボにあるヘンリー・ウーの秘密の研究部屋にあるコンピュータモニター画面上のみ示された遺伝子組み換えの架空の恐竜[22]。インドミナス・レックスと他の名前無しの架空恐竜と共に誕生させる予定であったとされる、ステゴサウルストリケラトプスのDNAを加えたキメラ恐竜で、設定ではカブトムシヘビの現存種の遺伝子も取り込まれていると言う。見た目はトリケラトプスに似ているが、背中や尾にステゴサウルスの特徴である棘などがある。コリン・トレヴォロウ監督は映画を製作する前に、ステゴケラトプスも登場させようとステゴケラトプスのコンセプトアートも制作し、オーウェンとクレアがジャングルでインドミナス・レックスとは別のハイブリッド恐竜と出会う構図も考えていたと言う[23]。結局、映画に登場しなかったが、ハズブロから発売されたジュラシック・ワールドのおもちゃのアクションフィギュアとモバイルゲームの「ジュラシック・ワールド ザ ゲーム」にステゴケラトプスが登場している。
  • 未確認の架空の恐竜
映画でハモンド・クリエイション・ラボにあるヘンリー・ウーの秘密の研究部屋にあるコンピュータモニター画面上のみ示された、名前不明の謎の遺伝子組み換えの架空の恐竜[24]パキケファロサウルス獣脚類コウイカアマガエル他、不明の生物などのDNAを加えたキメラ恐竜で、外見はパキケファロサウルスに似ているが、甲虫類の特徴もあり、ハエ目の様な足があり、ティラノサウルス科の様に2本の指がある姿だった。
  • ハイブリッドのテリジノサウルス
映画でハモンド・クリエイション・ラボにあるヘンリー・ウーの秘密の研究部屋にあるコンピュータモニター画面上のみ示された、遺伝子組み換えの架空の恐竜[25]。長い爪を持つテリジノサウルスと未知の生物のDNAを加えたキメラ恐竜であったとされる。

また管理されていない未開の立ち入り禁止エリアにはかつての旧「ジュラシック・パーク」で造られた一部の恐竜が生きており、野生化しているとされている。因みにゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』では、廃墟の旧ビジターセンターにコンプソグナトゥスが住み着いていた。

さらにイスラ・ヌブラル島にはこれらの造られた恐竜とは別に夜行性の哺乳類ヌブラルマエガミジカ(Nublar Tufted Deer、Elaphodus cephalophus nublarus)と言う元々島に生息していた在来種のマエガミジカカッショクペリカンも休憩所として島に立ち寄る。これらの島の在来種の保護でマスラニ社はコスタリカの環境保護協会と2005年に調印されている[26]

舞台となった島[編集]

舞台となった島は1作目と同じ、イスラ・ヌブラル島という架空の島である。イスラ・ヌブラル島はマスラニ社のCFOサイモン・マスラニにより、インジェン社を買収した事から、新たにマスラニ・グローバル社(マスラニ社)が島を所有する事となる。そしてマスラニ・グローバル社が再び島で新たに恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を作る為、子会社のアクシス・ボルダー・エンジニアリング社(Axis Boulder Engineering)とチマック・コンストラクション社(Timack Construction)を雇いパーク建設を行った。マスラニはパーク建設の為に建設材料として12億ドルを費やしたとされている。

『ジュラシック・パーク』の小説の原作版では島の中心にある広大な人造湖があるとされているものの、作中では描写しなかったが、映画本作では、「ジュラシック・ワールド・ラグーン(イスラ・ヌブラル・ラグーン)」という名前の湖で登場し、湖に面して「ジュラシック・ワールド」のビジターセンターなどの観光施設が作られる。「ジュラシック・ワールド」のビジターセンターには創設者ジョン・ハモンドへの敬意を払って、彼の銅像が設置されている[27]

「ジュラシック・ワールド」のパークは「ジュラシック・パーク」と違い、2005年6月に開園し、開園1か月目で9万8120人の訪問客が訪れたとされている[28]、年間1000万人の観光客が訪れるパークとなっている。当初は来園者がそれ以降、なかなか増えず利益も苦労していたが、さらなる訪問客を増やすため、様々な新型アトラクションを行い、訪問客は増えて行った。島の中心の人造湖「ジュラシック・ワールド・ラグーン(イスラ・ヌブラル・ラグーン)」に面したビジターセンターを中心に島の最南端まで、パークが新たに作られており、生物学的な要素の維持、サファリ、動物園とテーマパークからなる、シーランド風のリゾート地の様な要素があるパークとなっている。島への交通ではヘリポート[29]や港施設などがあり、ヘリコプターやフェリーボート[30]で島に行ける様になっている。ビジターセンターを中心にモノレール駅、恐竜を造る為の創造ラボ、植物園、サムスンイノベーションセンター、ヒルトンホテルやレストランやゴルフコースなどの施設がある観光客領域。パーク内での乗り物やアトラクションによる観光では、T・レックス王国、鳥小屋、白亜紀クルーズ、ラグーンに面した水中観測所などの施設がある。恐竜ショーではトリケラトプステリトリーとパキケアリーナと、ラグーンで行われるモササウルスの餌やりショーなどが行われ、パーク内には18種の恐竜がいる[31]。 他インドミナス・レックスという新種の恐竜を飼育する為の檻がある[32]

島の北部の方には活火山であるシボ山(Mount Sibo)があり、パークの約65%は火山による地熱エネルギーを利用した電力供給量を行っている[33]。火山のシボ山はゲームの『Jurassic Park: The Game』でも示されており、映画本作用の「ジュラシック・ワールド」のガイドマップに載っているイスラ・ヌブラル島の地図でも火山がある事が示されている。他の島北部及び島西部の一部には「ジュラシック・パーク」の放置されたままのビジターセンターなどの施設が今も残っているが開発されていない。

また、イスラ・ヌブラル島は千年以上前の古代からTun-Si(水の男)とも呼ばれる、先住民のブリブリ族というインディオが1980年代まで島に定住しており、マスラニ社はかつて島に住んでいたブリブリ族の歴史と文化に貢献する事を希望している。なお、ゲーム『Jurassic Park: The Game』でも島にかつてインディオが定住していた事が言及されている。

登場する施設及びメカニック[編集]

ジュラシック・ワールド
イスラ・ヌブラル島に新たに建設された恐竜のテーマパーク。宿泊施設、恐竜の科学施設も兼任している。インジェン社からインドの企業「マスラニ・グローバル社」が買い取り、顧客を喜ばすために新たな新種の恐竜を創造する。ワールドは既に開園しており、1日に2万人が来場する大人気のテーマパークとなっている。
ビジターセンター
島の中央にある「ジュラシック・ワールド・ラグーン(旧イスラ・ヌブラル・ラグーン)」と言う巨大な湖に面したパークの中心施設。
コントロール・ルーム
パーク内をセキュリティー面など異常がないかモニターで監視する建物。パーク内には監視カメラが幾つかあり、インジェン社のセキュリティ部門Asset Containment Unit(ACU)と連携している。またイスラ・ヌブラル島の天候などもモニターでサーモグラフィーを通して映る。
サムスン・イノベーション・センター
「ジュラシック・ワールド」のメイン・ストリートにある建物。ジョン・ハモンドの銅像があり、恐竜の歴史を扱った展示などがある。建物には恐竜を造る為のハモンド・クリエイション・ラボと言うガラス張りの実験室があり、訪問者の見学が出来るようになっており、これは旧「ジュラシック・パーク」の見学が出来る実験室に影響されたものである。一般公開されていない、ヘンリー・ウーの秘密の実験室もある。
フェリー・ランディング
イスラ・ヌブラル島の南端の西岸にある船乗り場。訪問者を乗せたフェリーが到着する。すぐ隣がモノレール駅になっている。
ヘリポート
ヒルトン・イスラ・ヌブラル・リゾート&スパ

パークに来た訪問者が泊まる為の5つ星の高級リゾート施設。テニスコートやゴルフなどもある。

ティラノサウルス・レックス・キングダム
1作目に登場した雌のティラノサウルスが、20年間以上生きた長寿のティラノサウルスとしてパークの目玉として飼育されている。別名「9番パドック」
ラプター・リサーチ・アリーナー
サイモン・マスラニがヴェロキラプトルの知性を調査する為に、ヴェロキラプトルを収容する為に造られた施設。ブルー、デルタ、エコー、チャーリーの4羽[要出典]のヴェロキラプトルが収容され、オーウェンが訓練していた。
IBRIS(Integrated Behavioral Raptor Intelligence Studyの略)計画
ヴェロキラプトルの知性を研究するため2012年に開始された研究プログラム。インジェン社のセキュリティ部門幹部のヴィック・ホスキンスが監督を担当していた。後にラプター・リサーチ・アリーナーに収容する為に、ブルー、V-2、デルタ、エコー、チャーリーの5羽のヴェロキラプトルはこの計画の為に造られた。V-2と呼ばれたヴェロキラプトルは非常に危険だった為、計画段階の間に安楽死された。2013年に他にも多くのヴェロキラプトルが造られたが様々な原因で死に、最終的にはブルー、デルタ、エコー、チャーリーの4羽[要出典]だけ生き残ることとなった。
鳥小屋
翼竜のプテラノドンとディモルフォドンがいる。
ジェントル・ジャイアンツふれあい動物園
飼育されたトリケラトプスなど、草食恐竜の子供とふれあえる動物園。
パキケ・アリーナー
アクア・パーク
「ジュラシック・ワールド」のプール施設。
モササウルスの餌やりショーと水中観測所
「ジュラシック・ワールド・ラグーン」と言う巨大湖に面したモササウルスの餌やりショーの為の施設と水中観測所。モササウルスの餌やりショーを見る為の客席が常設されている。水中観測所ではガラス張りの水槽から水中を泳ぐモササウルスを見る事が出来る。
インドミナス・レックスのパドック
キメラ恐竜である「インドミナス・レックス」を隔離、飼育するパドック。当然ながら非公開で、内部はエリア別で分割管理されている。インドミナスが脱走する日、皮肉にも壁の強化工事の話が為されていた。
オーウェンの住処
オーウェンがイスラ・ヌブラル島で住処にしていた湖畔にあるバンガローの小屋とトレーラーハウス。
モノレール
施設内を移動するために使用される。入口には、かつてジュラシックパークと同じ形の門が制作されており文字の色は青色に変わっている。
ゴンドラ・リフト
訪問者の移動で使用される。
ボタニガル・ガーデン
イスラ・ヌブラル島の南西にある観光用の植物園。約2,000種にも及ぶジュラ紀を含む植物がある。この植物園にある植物は草食恐竜の餌として提供されている。
ギャラクシー・ギア
インジェン社のセキュリティ部門Asset Containment Unit(ACU)が身に着けているサムスン製のスマートウォッチ。
ジャイロスフィア
施設内の草食恐竜達の生活エリアを自由に探索できるアトラクション用につくられた透明球体の乗り物。自動操縦ではなく、観光客の好きなように操縦が出来る。最新鋭の技術を搭載しており、球体の表面の絶対安全[34]を紹介するための映像が流されている。(なおその安全を紹介する人物の姿はトム・ディクソンのオマージュ)。作中ではザックとグレイが搭乗し立ち入り禁止の森林エリアでインドミナスの襲撃を受けた際に無残に破壊されてしまう。
オーウェンのオートバイ
オーウェンが個人所有で、パークで乗り回していたトライアンフ・スクランブラーと言うオートバイ。
メルセデス・ベンツ
パークの従業員が乗る車両。4WDやRVや獣医の運搬車など様々なタイプのメルセデス車両が登場する。クレアはGLEクーペに乗っていた。
ピンツガウアー
シュタイア・ダイムラー・プフ社の改造4WDトラック。映画では後部席に訪問者が乗れるように改造され、ガリミムス・バレーのツアーで使われた。
ユーロコプター EC 120 コリブリ
マスラ二CEOが「ジュラシック・ワールド」を訪れる際に操縦して来たヘリコプター。中盤、恐竜達が脱走した際、ドアガンとしてM134(劇中では電動式ガトリングガンM134という設定)を搭載して恐竜達へ向け攻撃した。
カワサキのバギーカー
従業員が乗るカワサキ社のオフロード・バギーカー。エンブレム部分が「ジュラシック・ワールド」のロゴなどになっている車両もある。映画でオーウェンとバリーが乗っていた。またインドミナス・レックスに破壊されたと思われる整備用車両のカワサキのバギーカーが旧ビジターセンター近くでザックとグレイによって発見され、旧パークのジープ・ラングラーを動かす為、バギーカーからバッテリーを使用した。
シボレー・C-2500、テレックス RT-シリーズ
「ジュラシック・ワールド」の建設車両のトラックとクレーン車両の一つ。インドミナス・レックスのパドックにトラックとクレーン車両が停っていた。トラックはインドミナス・レックスに破壊された。
ハンヴィー
インジェン社のセキュリティ部門が乗る軍用SUV。
ジュラシック・パーク
映画第一作の惨劇となったインジェン社の跡地。小説版ではロストワールドの時点で軍によってパーク自体が爆撃されて破壊されたが、本作では何も手つかずの状態のまま廃墟として登場する。
旧ビジターセンター
映画第一作に登場した施設。廃墟の姿のまま残っており、建物の中は草木が生え荒れ果てている。
1993年型ジープ・ラングラー
映画第一作で使用された職員用の4WD。パーク跡地である廃墟の旧ビジターセンターの地下ガレージから、保存状態のよいまま発見され、ザックによるバッテリー交換によって窮地を脱出するために再び使用される。

削除されたシーン[編集]

  • クレアが恐竜の糞を自らの体に塗り付け、自ら恐竜を誘き寄せようとするシーン。
  • 枯葉に半ば埋もれた、1作目でネドリーがジープで誤って倒した、船乗り場行きの東ドック(East Dock)の道路標識があるシーン[35]。当初ザックとグレイは旧ビジターセンターからジープに乗って戻る途中、映画1作でネドリーがディロフォサウルスに殺された場所に辿り着き、3匹[要出典]のディロフォサウルスと遭遇し、ザックとグレイは映画1作でネドリーが恐竜の胚が入ったシェービングクリームの缶を落として失った地点で3匹のディロフォサウルスから一時隠れて動けなくなるシーンがあった。

スタッフ[編集]

制作[編集]

2002年6月にスティーヴン・スピルバーグは、自らが製作総指揮を取り、『ジュラシック・パークIII』のジョー・ジョンストンが監督で『ジュラシック・パーク4』の製作計画が行われると語っていた。11月には4作目の脚本にウィリアム・モナハンが雇われていた。2004年9月には脚本に新たにジョン・セイルズが雇われ、モナハンの代わりに未完成だった4作目の脚本を書き上げた。モナハンとセイルズが書いた4作目の脚本は軍が恐竜と人間の遺伝子を掛けあわせた兵士を作り上げるという内容で、コンセプトアートも制作されたが[36]、この内容のジュラシック・パーク4の製作計画は結局、後にキャンセルとなった。その後は長く延期され、製作は遅れていた。

2007年3月にローラ・ダーンは、スピルバーグからジュラシック・パークの新作に再び出演するように頼まれていた[37]リチャード・アッテンボロー(2014年他界)と、ジェフ・ゴールドブラムは、ジュラシック・パーク4に若干の関心を示したため、再びイアン・マルコム博士とジョン・ハモンドとしての役割を果たすだろうと報告された[38]

2011年サンディエゴで行われたコミコン・インターナショナルに出席したスティーヴン・スピルバーグは『ジュラシック・パーク4』の製作準備が進行中で、新しい脚本もすでに書かれている事を話した。

2013年1月11日にユニバーサル・ピクチャーズは『ジュラシック・パーク4』は3Dカメラで撮影され、2014年6月13日にリリースすると発表していたが、プロデューサーのフランク・マーシャルはそのリリース日を否定していた。そして3月14日にコリン・トレヴォロウがジュラシック・パークの4作目『ジュラシック・ワールド』の監督及びデレク・コノリーと共同でモナハンとセイルズの脚本から大幅に変更した脚本を新たに書き上げ、製作される事が明らかになった。6月24日にルイジアナ州バトンルージュのローリースタジオで撮影が始まり、映画で観光客役の数百人のエキストラを募集してオーディションを行っていた。後にハワイのカウアイ島で撮影が始まった。初期の製作企画でアラン・グラント博士役のサム・ニールは出演に関心を示していたが、2013年5月19日に、本作『ジュラシック・ワールド』の出演について出演の可能性は極めて低いと語っていた[39]。1作目でデニス・ネドリーを演じたウェイン・ナイトは2013年7月19日のコミコン・インターナショナルでのインタビューで『ジュラシック・パーク4』への出演の興味を示す意見を述べていた。ネドリーは死んでおらず、眼帯で片腕の人を演じたいと彼は語った[40]

2013年9月10日にユニバーサル・ピクチャーズは2015年6月12日に3Dで公開する事を正式に発表した[41]

出演に2014年2月24日にヴィンセント・ドノフリオが悪役で出演する事が決まり、イルファーン・カーンはイスラ・ヌブラル島のパーク施設を所有するパテル社の所有者として、1作目にヘンリー役で登場したB・D・ウォンが再び、22年ぶりに同じ役で出演する事も決まった。3月21日にオマール・シーがキャスティングされ、3月26日にジェイク・ジョンソン、4月3日にジュディ・グリアとケイティ・マクグラスらの出演が決まった。主役は11月にジョシュ・ブローリンとの出演交渉に失敗した為、クリス・プラットが代わりに決まった[42]

噂されていた羽毛恐竜の登場は無いと、トレヴォロウは自身のTwitterで否定していた[43]。また、脚本を書いたコリン・トレヴォロウとデレク・コノリーによると、映画に登場させる新しい恐竜の1つに「海棲爬虫類」を示していた[44]。本作でもテクニカルアドバイザーを務める古生物学者ジャック・ホーナーによると夜行性の恐竜が登場する事を示している。スコミムスマジュンガサウルスコエロフィシスアクロカントサウルスティロサウルスカルノタウルスギガノトサウルスアロサウルストロオドンの10匹が登場するのではないか?とリストに示して噂もされていた[45]。なお、映画に登場する新しい恐竜の1つ「海棲爬虫類」はモササウルスだとされている。また、カルノタウルスに描写の影響を受けた様な、遺伝子組み換えによって造られた、新種のティラノサウルス、ディアボルス・レックス(Diabolus Rex)という新種の肉食恐竜が登場するとも言われ、映画で重要な役割をする恐竜になるとも言われている[46]

公開に向けて2014年、ユニバーサル・ピクチャーズが本作のジュラシック・ワールドのマスラニ・グローバル(Masrani Global)というバイラルサイト のオフィシャルサイトを開始した[47]。マスラニ・グローバルはイスラ・ヌブラル島の「ジュラシック・ワールド」を所有する架空の会社で、ユニバーサル・ピクチャーズが映画公開に向けてマスラニ社の「ジュラシック・ワールド」の歴史などをこのバイラルサイトで共有している。また、同じくジュラシック・ワールドのパーク運営のバイラルサイトのオフィシャルサイトも開始した[48]

なお、第1作と第2作にジョン・ハモンド役で出演したリチャード・アッテンボロー、その2作品とゲーム『経営シミュレーション ジュラシック・パーク』でもハモンドの日本語吹き替えを担当した永井一郎、第1作から第3作までの日本語吹替版に出演した納谷六朗はそれぞれ公開前の2014年に死去したため、本作には未出演となった。

封切り[編集]

2015年6月12日に全米をはじめ世界各国で封切られ、オープニング週末3日間の興行成績が、全世界合計で5億2410万ドル(約630億円/1ドル120円換算)という驚異的な数字を記録。それまでトップだった『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』(11年)を抜き去り、堂々の第1位を記録した[49]

日本での公開予定日は当初2015年8月7日の予定だったが、世界でのメガヒットを受けて同年8月5日に繰り上げた[50]。よって、公開曜日は異例といえる水曜日となった。 8月19日には公開2週間という驚異的なスピードで、日本国内での累計興行収入50億2,714万3,440円、観客動員数340万9,556人を記録した[51]。 8月23日までの国内累計観客動員数は401万1,474人、国内累計興行収入は59億5,737万9,700円を記録、公開から19日間という早さで、8月23日時点での2015年国内公開作興収1位の座に躍り出た[52]。更に前作『ジュラシック・パークⅢ』(2001年)の日本国内興行収入51.3億円を上回った。9月10日時点での国内累計興収は80億87万1,500円、累計観客動員数は535万3,143人を記録し、ハリウッド実写作品としては『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』(2011年日本公開)以来約4年ぶりとなる、日本国内累計興行収入80億円の大台を突破した[53]。2016年1月に日本映画製作者連盟より発表された「2015年の国内映画産業統計」では95.3億円で第1位[1]となった。

受賞[編集]

映画賞 対象 結果
2015 第33回ゴールデングロス賞 外国映画部門 優秀銀賞 受賞[54]
Yahoo!検索大賞 2015 映画部門賞 受賞[55]
2016 第22回全米映画俳優組合賞 映画スタント・アンサンブル賞 ノミネート
2016 キッズ・チョイス・アワード[56] お気に入りの映画 未決定
お気に入りの映画俳優 クリス・プラット 未決定
MTVムービー・アワード 2016 [57] 最優秀映画賞 未決定
最優秀男優賞 クリス・プラット 未決定

ゲーム[編集]

  • アーケードゲームJurassic Park Arcade) - 「ジュラシック・ワールド」の建設に繋がるストーリー内容と示されており、映画版に基づき、プレイヤーはマスラニ社からイスラ・ヌブラル島に派遣された、セキュリティチームの部隊の隊員となり、新しい「ジュラシック・パーク(ジュラシック・ワールド)」建設の為の準備として、イスラ・ヌブラル島の恐竜達を麻酔銃で打ち倒して進んでいく内容のガンシューティングゲームが、Raw Thrillsにより開発され[58][59]、2014年11月25日にIAAPA Attractions Expo 2014にて出展された[60]。2015年3月に登場した。日本ではバンダイナムコゲームスから発売された。
  • レゴ ジュラシック・ワールド(LEGO Jurassic World) - トラベラーズテイルズが開発し、PlayStation 4PlayStation 3Xbox OneXbox 360PlayStation VitaWii Uニンテンドー3DS、PCにて2015年6月にリリース予定のレゴのジュラシック・ワールドのアクションアドベンチャーゲームが発表された。因みにジュラシック・ワールドのレゴ玩具が発表されており、それに基づいたゲーム作品となる。
  • モバイルゲームとして「ジュラシック・ワールド ザ ゲーム」 がリリースされた。
  • Cryptic Studiosがジュラシック・ワールドのゲームを開発していたが、2015年6月に閉鎖された為、開発キャンセルを余儀なくされている。Xbox LivePSN対応のゲームとしてリリース予定し、プレイヤーは映画の主人公オーウェンとなって、「H1Z1」に類似したオープンワールドTPSタイプのアクションアドベンチャーゲームとして開発されていた。3DアーティストのNate LangeとCatherine Rokitkaが雇われ、幾つかの3Dで描かれたゲームの為のキャラクターと恐竜の画像も公開され、開発していたデモ映像も公開された[61][62]
  • Jurassic World Evolution - Frontier Developmentsが開発を行う2018年Xbox OnePlayStation 4Steamにて発売される『ジュラシック・ワールド』の経営シミュレーションゲーム。ゲームは映画『ジュラシック・ワールド』と関係し、プレイヤーはイスラ・ヌブラル島と5つの島のラス・シンコ・ムエルテス諸島(イスラ・マタンセロス島、イスラ・ムエルタ島、イスラ・ソルナ島、イスラ・タカニョ島、イスラ・ペナ島)の島々の操作して管理し、恐竜造りとアトラクション施設や恐竜の封じ込め、研究施設を建設など様々な対処に挑みながら「ジュラシック・ワールド」を構築してゲームを進めていく。

ノベライズ[編集]

コミック化[編集]

  • 2016年8月にサンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルからの報告によるとIDWパブリッシングは2017年に本作の『ジュラシック・ワールド』に基づいたコミックを出版すると発表した[63]。なお、IDWパブリッシングは過去に『ジュラシック・パーク』シリーズに基づいた『ジュラシック・パーク』のコミックを幾つか出版している。

地上波放送[編集]

2017年8月4日に日本テレビ系列の「金曜ロードSHOW!」で本編ノーカットで地上波初放送。また、番組オリジナルの吹替版も制作され、テレビ用に新録の吹替が製作されるのはシリーズでは初めての事である。視聴率は13.4%であった。

その他[編集]

  • 映画の原題は『Jurassic Park: Extinction』だった。
  • パークのメインストリートのセットの撮影は2005年のハリケーン・カトリーナで壊滅したニューオーリンズにあるシックスフラッグス・ニューオーリンズと言う廃墟と化した遊園地で行われた。
  • ザックとグレイの家族が住む、雪が積もった住宅地はウィスコンシン州にあると言う設定だが、撮影はニューオーリンズにある住宅街で行われ、地面の雪などを作って表現されている。またザックとグレイの家族がいる空港はルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港で撮影されている。CGではなく、実際に製作された[64]
  • 球体の乗り物、ジャイロスフィアのアイディアはスティーブン・スピルバーグによるものである。
  • 『1』、『2』に登場していたイアン・マルコム博士が書いた『God Creates Dinosaurs』と言う本がコントロール・ルームのロウリー・クルーザースの机にある。
  • 映画で、クレアを演じたブライス・ダラス・ハワードはジミー・ファロンの番組『ザ・トゥナイト・ショー』にゲスト出演した時、 映画でジェントル・ジャイアンツふれあい動物園でアパトサウルスの子供を抱く少年は実際、自分の息子だと語った。
  • リック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーが最初に書いたオリジナルのスクリプトでは中国で発見された新しい恐竜の骨から人間と恐竜のDNAによる遺伝子組み換えで誕生した新種の人型恐竜を思いついていた。この原案はボツになったが、トレボロウ監督は遺伝子組み換えの新種の恐竜の概念は映画でインドミナス・レックスで登場させる事となった。
  • ブライス・ダラス・ハワード演じるクレアが着る白い服は、1作目でリチャード・アッテンボローが演じたジョン・ハモンドの白い服装へのオマージュである。
  • アパトサウルスは小説版では1作目・2作目の両方に登場していたが、映画ではブラキオサウルスマメンチサウルスに置き換えられてしまい、映像作品として登場するのは本作が初である。
  • ジェントル・ジャイアンツふれあい動物園に登場するトリケラトプスの子供は元々、1作目に登場するはずであったトリケラトプスの子供であるが、キャンセルされた。映画本作にトリケラトプスの子供を新たに登場させた。
  • ハワイで撮影されたガリミムスが登場する「ガリミムス・バレー」は、1作目で撮影された「ガリミムス・バレー」の撮影場所から182.88m離れたクアロア牧場で撮影された。
  • モササウルスの餌にサメを与える概念はコリン・トレボロウ監督のアイディアだが、スティーブン・スピルバーグが監督として制作した『ジョーズ』に触発されたものである。
  • 映画でクレアの女性秘書であるザラがモササウルスに捕食されるシーンは、スピルバーグ監督の『ジョーズ』で水遊びをしている女性が捕食されるシーンへのオマージュでもある。また本シリーズで女性キャラクターが初めて死亡するシーンとなった。
  • シリーズで唯一、雨のシーンが存在しない。
  • ザックとグレイが「ジュラシック・パーク」の旧ビジターセンターに行った時に乗ったジープ・ラングラーは「29」の番号が付けられている。これは1作でハモンドが乗っていたものと同じで、旧ビジターセンターでオーウェンとクレアがインドミナス・レックスから身を潜めていたジープ・ラングラーは「18」の番号があり、1作でグランドとエリーとマルコムが乗っていたのと同じである。
  • ザックとグレイが「ジュラシック・パーク」の旧ビジターセンターに行った時に、1作で破壊されたティラノサウルスの標本骨格の一部と、「When Dinosaurs Ruled the Earth」と書かれた横断幕の一部を発見する。
  • 当初ストリートボートの段階ではプレシオサウルスも登場予定であった。首長竜魚竜を特徴としたプレシオサウルスの池があり、訪問者はモノレール式のレールに沿った潜水艇に乗って首長竜と魚竜を見ると言うものである。最終的にこのシーンはキャンセルされた。
  • クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジェイク・ジョンソンの3人はジェームズ・コーデンのトーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』にゲスト出演した際、トークでブライス・ダラス・ハワード演じるクレアがハイヒール履きながら走っていた事で話題となり、プラットはハワードが足首の運動をしていて「まるで私がオリンピックでいるように、踵で動作することに備えてトレーニングする」と言った。その後、番組で用意された赤いハイヒールを、プラットが履き、映画のハワードを真似して走って笑わせた[65]
  • 映画の中でインジェン社の傭兵が登場するが、ヘリに乗りながら海上の上空で理由もなく翼竜を撃つ、顎鬚を生やした傭兵が登場しているが、これは、ケナー・プロダクツ(ハズブロに吸収された)から発売されたジュラシック・パークのアクションフィギュアのおもちゃ「Jurassic Park Evil Raiders」に登場する「Skinner」と言う名前の恐竜ハンターのキャラクターに基づいており、それの皮肉を込めたパロディである。
  • 彼らを乗せたヘリが上陸した位置は、一作目でハモンド一行が上陸した位置である。
  • ジミー・バフェットのレストランチェーン店「マルガリータヴィル」がパークのメインストリートの店にある。
  • Mr.インクレディブルトゥモローランドの監督として知られているブラッド・バードが、モノレールの車内放送の声としてカメオ出演している[66]
  • 劇中の中心となる施設の名前が「サムスン・イノベーション・センター」となっており、劇中で出てくるスマートフォンは全てサムスン製の『Galaxy』になっているほか[67]、施設内のモニターもサムスン製品である。サムスンとユニバーサル・ピクチャーズがグローバルパートナーシップを組んでおり、これにより劇中にサムスン名やサムスン製品が出てきている[68]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング通信” (2016年2月1日). 2016年2月6日閲覧。
  3. ^ a b Jurassic World”. Box Office Mojo. 2015年7月4日閲覧。
  4. ^ 彼女曰く「展示物」。
  5. ^ 恐竜の知識を把握しなかったことで、危機に陥った描写が実際にあった。
  6. ^ Masrani NewsNovember 2014: InGen expands its excavations to Siberia
  7. ^ カメオで監督自らミスター・DNAの音声を提供する。
  8. ^ ID Card - Masrani
  9. ^ “話題のふきカエ ジュラシック・ワールド”. ふきカエル大作戦!!. http://www.fukikaeru.com/?p=1114 
  10. ^ “ジュラシック・ワールド”. 金曜ロードシネマクラブ. https://kinro.jointv.jp/lineup/20170804 
  11. ^ a b c d 玉木宏「ジュラシック・ワールド」には「守ってくれそうな人と行きたい」”. 映画.com. 2015年5月13日閲覧。
  12. ^ a b c d e 仲間由紀恵&山本耕史が『ジュラシック・ワールド』新吹き替え版に起用”. オリコン (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。
  13. ^ 松岡茉優「ジュラシック・ワールド」少年役で声優初挑戦!”. 映画.com (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。
  14. ^ a b c d 『ジュラシック・ワールド』新吹替え版にココリコ田中、永野、水卜麻美&森圭介アナ”. 2017年8月3日閲覧。
  15. ^ Jurassic World brochure gives dinosaur clues and map of the island Mail Online
  16. ^ Is The Original Jurassic Park T-Rex In Jurassic World
  17. ^ Creating Jurassic World’s New Genetically Modified Dinosaur
  18. ^ Indominus Rex - Jurassic World
  19. ^ Jurassic World SPOILERS Diabolus Rex vs Chris Pratt!! moviepilot.com
  20. ^ Confirmed List of Jurassic World Dinosaurs & Attractions So Far! Jurassic World Movie
  21. ^ Masrani Backdoor - IBRIS
  22. ^ Jurassic World Hidden Lab UI — Rudy Vessup Interactive Designer / VFX Artist
  23. ^ Empire Spoiler Podcast: Ten Secrets Of Jurassic World , Feature | Movies - Empire
  24. ^ Unidentified hybrid Jurassic Park wiki FANDOM powered by Wikia
  25. ^ Therizinosaur hybrid Jurassic Park wiki FANDOM powered by Wikia
  26. ^ Jurassic World - Masrani GlobalProtecting Nublar-Respecting local wildlife
  27. ^ This Is How Jurassic World Is Paying Tribute To John Hammond - CinemaBlend.com
  28. ^ Jurassic World - Masrani
  29. ^ New photos of Jurassic World's helipad! - Jurassic World
  30. ^ Get Your First Look At Isla Nublar, The Ferry To ‘Jurassic World’
  31. ^ Jurassic World (park) - Park Pedia - Jurassic Park, Dinosaurs, Stephen Spielberg
  32. ^ First Image of Diabolus Rex Paddock
  33. ^ Jurassic World - Masrani Global
  34. ^ 表面のガラスは50口径の弾丸を防ぐことが出来る。
  35. ^ Movie News & Tidbits : シリーズ復活の第4弾「ジュラシック・ワールド」が、スピルバーグ監督の「ジュラシック・パーク」とリンクする写真をリリース
  36. ^ Human-Dinosaur Hybrids in Abandoned 'Jurassic Park 4' Concept Art
  37. ^ JURASSIC PARK IV News
  38. ^ Jeff Goldblum Mulls 'Jurassic Park 4,' Open To Possible Return
  39. ^ Sam Neil's vintage year
  40. ^ Wayne Knight to Spielberg: Put Me In "Jurassic Park IV!"
  41. ^ Universal to Release Jurassic World on June 12, 2015! - ComingSoon.net
  42. ^ Chris Pratt circling lead role in Jurassic World - Josh Brolin out - Horror Movie News Arrow in the Head
  43. ^ No feathered Dinosaurs in Jurassic Park 4
  44. ^ ‘Jurassic World’ Image & Artwork Hint at New Dinosaur
  45. ^ ‘Jurassic Park 4′: 10 New Dinosaurs You Could See
  46. ^ Jurassic World SPOILERS Diabolus Rex vs Chris Pratt!! moviepilot.com
  47. ^ Masrani Global
  48. ^ Jurassic World Official website
  49. ^ “『ジュラシック・ワールド』が全世界興収で史上最大のロケットスタート!”. ムービーコレクション. (2015年6月17日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=8425 2016年1月26日閲覧。 
  50. ^ IMAX版は当初の予定通り8月7日公開。
  51. ^ “『ジュラシック・ワールド』公開2週間で50億円突破!今年最大のヒットか”. シネマトゥディ. (2015年8月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0075850 2016年1月26日閲覧。 
  52. ^ “『ジュラシック・ワールド』観客動員数400万人を突破!2015年興収1位の座に”. シネマトゥディ. (2015年8月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0075913 2016年1月26日閲覧。 
  53. ^ . シネマトゥディ. (2015年9月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0076475 『ジュラシック・ワールド』興収80億円を突破!『ハリポタ』以来4年ぶりの快挙 2016年1月26日閲覧。 
  54. ^ 第60回「映画の日」中央大会開催、金賞は「妖怪ウォッチ」「ベイマックス」”. 映画.com (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  55. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  56. ^ 『アベンジャーズ』が最多5部門!2016年キッズ・チョイス・アワードノミネーション発表(1/2)”. シネマトゥデイ (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  57. ^ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最多11部門!MTVムービーアワードノミネーション発表”. シネマトゥデイ (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  58. ^ Jurassic Park Arcade - Raw Thrills, Inc.
  59. ^ Arcade Heroes Q&A On Jurassic Park Arcade With Eugene Jarvis - Arcade Heroes
  60. ^ IAAPA 2014 Videos Jurassic Park, Star Wars Battle Pod, Showdown, Armed Resistance, Redline Rampage - Arcade Heroes
  61. ^ Information, Pictures and Videos Surface from the Unreleased Jurassic World Video Game! - Jurassic World
  62. ^ Images and Videos of Unreleased Jurassic World Game Surface Online!
  63. ^ Jurassic World Comes To Comics In 2017. No Feathers. - Bleeding Cool Comic Book, Movie, TV News
  64. ^ http://www.celebtimes.net/archives/1826342.html
  65. ^ Chris Pratt Runs In Heels - YouTube
  66. ^ 'Jurassic World' Easter Eggs: Did You Catch These 'Jurassic Park' References?
  67. ^ Samsung Galaxy S5 – Jurassic World (2015) Movie
  68. ^ 大ヒット映画『ジュラシック・ワールド』はサムスンによって作られた世界だった? | ゴゴ通信」2015年8月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]