フィル・ティペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィル・ティペットPhil Tippett1951年 - )は、アメリカストップモーション・アニメーターで、特殊効果スタッフ、または映画監督イリノイ州出身。カリフォルニア大学アーバイン校卒。

経歴[編集]

7歳の時にレイ・ハリーハウゼンの『シンバッド七回目の航海』を見て特殊撮影に魅せられ、その道を志した。

カリフォルニア大学でデニス・ミューレンと出会い、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に参加し、モンスター・チェスの場面などを担当。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』では冒頭のトーントーンや帝国軍のAT-ATスノーウォーカーのシーンを作り出し、一躍有名になる。

1981年、映画『ドラゴンスレイヤー』の為にストップモーションを洗練した独自の手法「ゴー・モーション」を開発する。

1983年の『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ではILMのクリーチャー部門主任として参加、アカデミー賞特殊視覚効果賞を受賞した。

1984年にはILMから独立してSFX会社ティペット・スタジオを設立。『ロボコップ』シリーズなどを手掛ける。

自身が恐竜マニアで独自に研究も重ねており、1985年には恐竜時代を描いたストップモーション・アニメによる短編"Prehistoric Beast"を監督した。

また製作にも進出。1987年の『ロボコップ』はもともとティペットのストップモーション・アニメの技術を前提とした企画で、シリーズ3作でストップモーション・アニメを製作しただけでなく第1作と第2作ではアソシエイト・プロデューサーも担当した。

しかし1991年スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『ジュラシック・パーク』で転機を迎える。当初この映画では恐竜の表現にゴー・モーションを使う予定だったが、デニス・ミューレン率いるILMが試作したコンピュータグラフィックス(CG)の恐竜の映像が素晴らしかったためティペットは降板となる。作品の「私は失業(絶滅)だ」という台詞は実際にティペットがCG恐竜の感想として漏らした言葉である。

しかしながらILMのCGスタッフも恐竜の動作に個性を与える事は出来ず、ティペットは再び招聘されストップモーション・アニメのように動きを一コマずつコンピュータに入力するDID(Dinosaur Input Device=恐竜入力装置)を開発し恐竜全体の動きを監修するだけでなく、CGスタッフたちにも恐竜の動きを教え、再びアカデミー賞特殊視覚効果賞を受賞。

1997年の『スターシップ・トゥルーパーズ』でもDIDを使用し、CGIによる昆虫型エイリアンを演出した。2004年には続編となる『スターシップ・トゥルーパーズ2』で長編監督デビュー。また両方で視覚効果と製作補を兼任した。

2012年5月、個人的な企画として1990年に着想し一旦ボツになったストップモーション短編シリーズ『MAD GOD』を再始動させるため、クラウドファンディングサービスのKickstarterでその第一部の制作資金を募り、4万ドルの目標額を大きく上回る12万4156ドルを獲得した。『MAD GOD』の第一部は2013年12月に完成し、カリフォルニア州のニュー・パークウェイ・シアターで初公開された。また、現在では公式ウェブサイト上でも有償公開されている。このシリーズに関しては、フィル・ティペット自身がライフワークであると公言しており、2014年には第二部の資金をKickstarterで集めた(6万ドルの目標額に対して6万1567ドル獲得)ほか、公式サイトには第三部の公開枠も既に用意されている。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]