ターミネーター:新起動/ジェニシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ターミネーター:
新起動/ジェニシス
Terminator Genisys
Terminator-genisys-logo.svg
監督 アラン・テイラー
脚本 レータ・カログリディス
パトリック・ルシエ英語版
原作 キャラクター創造
ジェームズ・キャメロン
ゲイル・アン・ハード
製作 デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
製作総指揮 ビル・カラッロ
レータ・カログリディス
パトリック・ルシエ
ミーガン・エリソン
ロバート・コート
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
ジェイソン・クラーク
エミリア・クラーク
ジェイ・コートニー
J・K・シモンズ
ダイオ・オケニイ英語版
マット・スミス
コートニー・B・ヴァンス
イ・ビョンホン
音楽 ローン・バルフ
主題歌 「Fighting Shadows」ジェーン・チャン
撮影 クレイマー・モーゲンソー英語版
編集 ロジャー・バートン
製作会社 パラマウント映画
スカイダンス・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年7月1日
日本の旗 2015年7月10日
中華人民共和国の旗 2015年8月23日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $155,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $89,760,956[1]
世界の旗 $440,603,537[1]
日本の旗 27億4000万円[2]
前作 ターミネーター4
次作 ターミネーター:ニュー・フェイト
テンプレートを表示

ターミネーター: 新起動/ジェニシス』(原題: Terminator Genisys)は、2015年アメリカ合衆国SFアクション映画。監督はアラン・テイラー、脚本はレータ・カログリディスパトリック・ルシエ英語版が務める。本作は、「ターミネーター」フランチャイズのリブート作品であり、オリジナル作品の基本的なストーリーを別の方向に展開している。アーノルド・シュワルツェネッガージェイソン・クラークエミリア・クラークジェイ・コートニーJ・K・シモンズ、ダヨ・オケニー、マット・スミスらが出演している。

ターミネーター4』(2009年)の続編は、ハルシオン・カンパニーが破産を申請したために中止された。2011年5月、ミーガン・エリソンとその製作会社であるアンナプルナ・ピクチャーズがフランチャイズ権を獲得した。翌年には、エリソンの兄デヴィッドが経営するスカイダンスと共同で、シリーズ続編の製作が決定した。

2015年7月1日にパラマウント・ピクチャーズからRealD 3DとIMAX 3Dで公開された。シュワルツェネッガーの復帰と演技は賞賛されたものの、プロットや演技を批判する批評家からは酷評された。全世界で4億4,000万ドル以上の興行収入を記録し、『ターミネーター2』に次いで、シリーズ、そしてシュワルツェネッガーのキャリアの中で2番目に高い興行収入を記録した。

当初は2つの続編とテレビシリーズが計画されていたが中止となった。最終的に、映画化権は、共同制作者であるジェームズ・キャメロンに戻り、『ターミネーター2』の直接の続編である『ターミネーター:ニュー・フェイト』が製作された。

ストーリー[編集]

西暦2029年。「審判の日」から30年以上に渡って繰り広げられていた、未来を知る男ジョン・コナー率いる人類とスカイネット率いる殺人機械群の戦いは、人類の勝利に終わった。窮地に陥ったスカイネットは、ジョンの母サラ・コナーを殺害することで彼の存在自体を抹消すべくタイムマシンでターミネーターT-800を1984年に送り、人類側もそれを阻止すべく志願したカイル・リースが送り込まれることになる。しかしタイムトラベルの瞬間、カイルはジョンが何者かに背後から襲われるのを目撃する。転移中、カイルは「ジェニシスがスカイネットだ。起動すると審判の日が始まる。その前に殺せ。」「審判の日は2017年」と、子供の頃の自分が語りかけてくるという謎の光景を見る。

1984年に到達したカイルを待っていたのは、液体金属ターミネーターT-1000の襲撃だった。予想外の窮地へ追い込まれたカイルを助けたのは、屈強な女戦士となっていたサラと、彼女に「おじさん」と呼ばれる中年姿のT-800(守護者)だった。サラは幼少時にT-1000の襲撃によって両親を失い、彼女を護るべく何者かが派遣した守護者の保護と教育を受けて育ち、カイルがやってくることや彼のその後の運命もすべて知っていた。そして、スカイネットから送り込まれていた青年姿のT-800も、サラと守護者によって倒されていた。

カイルは、自分がジョンから聞いていた過去と違うことに戸惑いつつも、追撃してきたT-1000を倒す。そこでサラが、守護者からもたらされた未来の情報を用いてタイムマシンを製作していたことをカイルに明かす。サラは青年姿のT-800の頭脳から摘出したチップを使い、「審判の日」の起こる1997年にタイムトラベルしてスカイネットを起動直前に破壊しようと考えていたが、それに違和感を覚えたカイルは転移中に見た謎の光景のことを伝える。守護者に、謎の光景が「別の時間軸の記憶」であることを告げられたカイルは、そこで見た2017年へタイムトラベルすることを主張し、サラを説得する。T-1000に生体組織を損傷させられ、タイムトラベルができなくなっていた守護者を残し、カイルとサラは2017年に向かう。

2017年に到達したサラとカイルは警官に逮捕され、連行された先の病院で「ジェニシス」がサイバーダイン社のダイソン父子が開発したすべてのコンピュータデバイスを結びつけるシステムであること、その起動=新たな「審判の日」が間近であることを知る。そこへ2029年からやってきたジョンが現れる。2人はジョンがこの場にいることに疑問を覚えつつも、病院からの脱走を始める。そこに生体組織が劣化して老人の姿となっていた守護者が合流し、突然ジョンを銃撃する。驚くサラとカイルの前でジョンは平然と立ち上がり、自らがスカイネットによって新型ターミネーターT-3000へ改造されたことや、カイルとサラだけを残して他の人類は抹殺することを告白する。守護者は病院内でT-3000と戦い、彼の弱点である磁力を利用して撃退に成功する。なんとか危機を脱したサラとカイルと守護者は、ジェニシスを破壊すべくサイバーダイン社へ向かうことを決意するが、T-3000はまもなく復活して3人の追撃に移る。

T-3000の追撃をかいくぐりつつ、3人はサイバーダイン社のメインコンピューターに爆弾を仕掛けるが、ジェニシスは急激な進化を遂げ、起動までの時間が残り数分まで迫っていた。守護者は作戦を成功させるため、サイバーダイン社に置かれた未完成のタイムマシンにT-3000と自分を閉じ込めて起動させるよう、カイルとサラに告げる。サラの反対を押し切って装置を起動させたカイルに、守護者は「俺のサラを守ってくれ」と告げた後、T-3000を抑え込んだまま爆発に巻き込まれる。T-3000は高磁場と大爆発によって完全に消滅し、守護者の残骸は液体金属のプールへ没した。

一方サラとカイルは地下施設に逃げ込み、大爆発から身を守る事に成功するが、サラは感情を抑えつつも「パーツ(守護者)を回収しないと危険」と守護者を探そうとするが、カイルは「彼は君を愛していた」と伝える。

「私を愛する人は、全員死んでしまう」と言うサラに、カイルが慰めようとしていた時、T-1000の能力を得た守護者が地下施設の扉を破壊し、登場する。

3人は再会を喜び、T-3000が死んだ事を聞いたカイルは「じゃあ、するべき事はあと1つだ」と呟く。

それからしばらく経った後、サラ、カイル、守護者の3人が少年時代のカイルの家を訪れていた。

カイルは少年時代の自分に、転移した時に聞いた言葉を伝え、「自分自身への大切な伝言だ」と言い聞かせる。スカイネットを消滅させ、自らの死の運命をも乗り越えたカイルは、不確定な未来の可能性に希望を見出だすのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[3]

スタッフ[編集]

製作[編集]

プリプロダクション[編集]

ゲーム・オブ・スローンズ』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のアラン・テイラーが監督を務める[4]。かつてT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーが同役で復帰するほか、『ゲーム・オブ・スローンズ』のエミリア・クラークサラ・コナーを演じる。エミリアは『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』のブリー・ラーソン、『PAN AM/パンナム』のマーゴット・ロビー、『オーファン・ブラック』のタチアナ・マズラニーら他候補の中から選ばれた。2013年12月の時点では、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェイソン・クラークジョン・コナー役を交渉中であった[5]。カイル・リース役はジェイ・コートニーが演じる。

2014年4月3日にはイ・ビョンホン[6]が、同年5月3日にはマット・スミス[7]がそれぞれキャスティングされたことが報じられた。

2014年4月22日には撮影が開始されたことが報じられた[8]

プロモーション[編集]

発表当初のタイトルは『ターミネーター: ジェネシス』(Terminator: Genesis)であったが、2014年8月8日には『ターミネーター・ジェニシス』(Terminator Genisys)へ変更されたことが発表された[9]。また、同年9月6日には第2弾の全米公開日が2017年5月19日、第3弾の全米公開日が2018年6月29日にそれぞれ決定されたことが発表された[10]

2014年12月5日には予告編が公開され、邦題が『ターミネーター:新起動/ジェニシス』に決定したことが発表された[4]

2015年3月9日には本編のワンシーンが公開され、サラとカイルが並んで発砲する姿などが解禁された[11]

2015年3月27日にはシュワルツェネッガーの表皮が顔から剥がれてT-800の姿が出現し、手にしたショットガンを見ている者へ向けて撃つというモーションポスターが公開された[12]

2015年4月21日には最新の日本版予告編「人類の救世主編」が公開された[13]

2015年6月15日には当初は同年7月11日に公開予定だったが、1日繰り上がりとなったことが報じられた[14]

2015年7月6日にはジャパンプレミアがTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、シュワルツェネッガー、クラーク、そして日本語吹替版のシュワルツェネッガー役声優の玄田哲章が登壇した[15]

2015年7月10日、日本で公開された。

2015年7月17日、本編序盤のT-800登場シーンが日本限定でウェブ公開された[16]

シュワルツェネッガー[編集]

作中には青年姿のT-800を中年姿のT-800(守護者)が迎え撃つシーンが存在するが、これは製作当初、『ターミネーター4』に登場したT-800の試作品と同じく、若い頃のシュワルツェネッガーに似たボディビルダーブレット・アザーの身体に当時のシュワルツェネッガーの顔をデジタル合成する予定だった。しかし、BDの特典映像によると若い頃のシュワルツェネッガーの完全再現を実現させるにあたり、アザーの動きが完全再現とはほど遠いものだったため、青年姿のT-800はフルCGでの再現となったことが明かされている。

なお、レガシー・エフェクツ社のスタッフにより、シュワルツェネッガーのシリコンレプリカが制作されている[17]

評価[編集]

公開前の時点で、ジェームズ・キャメロンには「最新作は私にとって『ターミネーター』の3作目だ!」「期待を遥かに超える、予想外のどんでん返し!必見の作品だ!」と絶賛されている[14]。しかし、公開後にシュワルツェネッガーへの友情から発言しただけであり、本意ではなかったと語っている。

批評家の見解は否定的なものが優勢となっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには196件のレビューがあり、批評家支持率は26%、平均点は10点満点で4.6点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「神話の沼にはまってしまった作品だ。『ターミネーター:新起動/ジェニシス』はテーマに深みが足りず、コンセプトに知性が感じられない。また、『ターミネーターシリーズ』の魅力であったスリリングな視覚効果も、この作品には欠けている。まるで不格好な再生タイヤのような映画だ。」となっている[18]。また、Metacriticには、40件のレビューがあり、加重平均値は39/100となっている[19]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[20]

全米ボックスオフィスランキング(2015年7月3日 - 7月5日分)では、興収2,701万8,486ドル(約32億4,221万8,320円)で初登場3位となった[21]。一方、日本ではオープニング3日間で約6億7000万円を記録した[17]

このように酷評の嵐にまで陥った『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ではあるが、世界興行収入は4億4千万ドル(約527億円)を突破し、シリーズ第2位の成績を記録して何とか赤字を免れた。『ハリウッド・リポーター』によれば1億5000万ドル強(約180億円)の予算に対し、主題歌を自国の歌手ジェーン・チャンが担当した中国での興行収入は1億1200万ドル(約134億円)となるも、中国の映画館が政府の推すプロパガンダ映画とチケットをすり替える不正行為が問題となった[22]。アメリカでの興行収入は約8976万ドル(約107億円)と、世界興行収入の2割で予想を下回る結果となったため、続編は製作されない可能性があるという[23]。しかし、製作総指揮のデイナ・ゴールドバーグは続編製作中止の報道を正式に否定したうえ、「北米での興行収入は残念な結果になったが、世界興行収入には満足しており、ソフト、配信、レンタルなどの収入も好調でシリーズの続編企画は停止ではなく、2016年初頭の撮影を中止して観客の声を受け止め、今後の予定を再調整して早くても2017年の撮影予定だ」とコメントしている[24]

その後、パラマウント・ピクチャーズは本作の続編製作を打ち切ったとニューヨーク・デイリーニュース紙が報じた[25]。『ターミネーター』シリーズの映画化権はスカイダンス・プロダクションズの設立者でもある映画プロデューサーのデヴィッド・エリソンが所有しており、2018年にスカイダンス・プロダクションズの株式を取得した中国の企業テンセントが中国でヒットした同作の続編を2019年に共同製作するとサウスチャイナ・モーニング・ポストは報じた[26][27]

エンターテイメント・ウィークリー』が選ぶ2015年のワースト5では、ワースト5位にランクイン[28]

世界最大の映画データベースIMDbで2015年最も試聴された予告編トップ10では、5位にランクイン[29]。また、同データベースで2015年最も注目されたスターでは、2位にサラ・コナー役のエミリア・クラークがランクイン[30]

2015年に最も違法ダウンロードされた映画では、9位に本作がランクイン[31]

日本では、HIHOはくさい映画賞の「HIHOはくさいアワード」(2015年度)で、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』に続いて2位になった[32]

続編[編集]

中止された続編とテレビシリーズ[編集]

2013年12月、ハリウッド・リポーターは新たなターミネーター映画3部作に結びつくテレビシリーズが制作されていると報じた[33]。『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』の続編は『Terminator 2』と『Terminator 3』という仮タイトルで2017年5月19日と2018年6月29日に公開が予定されていた[34][35]が、最終的には中止された[36]。2つの続編は9ヶ月間の連続撮影で背中合わせに撮影される予定だった。2つの続編のストーリーラインはカログリディスとラスシャーによって考案された。新三部作では、サラ・コナーを守るためにポップスを送り返したのが誰なのかが説明されるはずだった。J・K・シモンズは新3部作にさらに関与し、ダヨ・オケニイは第2作でダニー・ダイソンを再現して重要な役を演じ、一部の機械になった後のジョン・コナーの人生に焦点を当てていたとされる[37]。ジェイソン・クラークは、キャンセルされた『ジェニシス』の続編について次のように語っている[38]

私が覚えているのは、2作目はスカイネットに連れ去られたジョンの旅を描いたものだということ......半分機械、半分人間になってしまった彼の姿に迫るような。それが2作目の始まりで、それしか知らなかった。それができなかったのはとても残念。

2015年、『ターミネーター ジェニシス』の興行成績が振るわなかったことで、開発は停滞した[39]。2015年10月1日、ハリウッド・リポーターは、映画の全体的な興行成績を受けて、続編とテレビのスピンオフが無期限に保留されていることを確認した[40]。2016年1月、予定されていた『Terminator 2』はパラマウントの公開スケジュールから外された[41]。2016年4月、エミリア・クラークは続編には戻らないと発言した[42]

ジェームズ・キャメロンの復帰[編集]

最終的に、「ターミネーター」フランチャイズの映画化権は共同制作者であるジェームズ・キャメロンに戻り、キャメロンはデヴィッド・エリソンとともに『ターミネーター2』の直接の続編である『ターミネーター:ニュー・フェイト』を製作した。 この作品は、計画されていた新たな3部作の最初の作品となることが意図されていたが、後にこの作品の興行成績が悪かったために中止された。

備考[編集]

  • ターミネーターが量産されている場面で1984年のターミネーターシリーズ第1作に登場した安川電機製の産業用ロボットMOTOMAN(ただし、最新のMPK50モデル)が出演している[43]
  • 第1作でカイルがサラに最初に言った台詞、"Come with me if you wanna live."を、本作では逆にサラがカイルに対して発している。因みに、同様の台詞をT2ではT-800がサラに対して、T3ではジョンがケイト・ブリュースターに対して、T4ではカイルがマーカス・ライトに対して、またTSCCではキャメロン・フィリップスTOK715)がジョンに対して発している。

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Terminator: Genisys” (英語). Box Office Mojo. 2020年8月15日閲覧。
  2. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2017年10月29日閲覧。
  3. ^ ターミネーター:新起動/ジェニシス”. ふきカエル大作戦‼︎ (2015年7月11日). 2015年7月11日閲覧。
  4. ^ a b “ターミネーター:新起動/ジェニシス【予告編で先取り映画】”. シネママニエラ. (2015年5月25日). https://www.cinemaniera.com/movie/13302 2020年8月15日閲覧。 
  5. ^ “ニュース:『ゲーム・オブ・スローンズ』エミリア・クラーク、リブート版『ターミネーター』のサラ・コナー役に決定!”. 海外ドラマNAVI. (2013年12月16日). https://dramanavi.net/news/2013/12/post-2484.php 2020年8月15日閲覧。 
  6. ^ 入倉功一 (2014年4月3日). “イ・ビョンホン『ターミネーター』新作に出演!シュワちゃんと共演へ”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0061935 2020年8月15日閲覧。 
  7. ^ 福田麗 (2014年5月3日). “「ドクター・フー」マット・スミス、『ターミネーター』新作に出演決定!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0062755 2020年8月15日閲覧。 
  8. ^ 福田麗 (2014年4月22日). “『ターミネーター』新作、ついに撮影スタート!シュワちゃんが12年ぶりにカムバック!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0062407 2020年8月15日閲覧。 
  9. ^ 宮本裕人 (2014年8月8日). “『ターミネーター』新作のタイトル発表!シュワルツェネッガーがインスタグラムで明かす”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0065287 2020年8月15日閲覧。 
  10. ^ 市川遥 (2014年9月6日). “新『ターミネーター』第2、3弾の公開日決定!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0066156 2020年8月15日閲覧。 
  11. ^ “『ターミネーター/ジェニシス』は続編でもリメイクでもない新設定!衝撃シーンが解禁”. AOLニュース. (2015年3月9日). https://news.aol.jp/2015/03/08/terminator/ 2020年8月15日閲覧。 
  12. ^ 入倉功一 (2015年3月27日). “『ターミネーター』シュワちゃんの顔面がT-800に!興奮必至の最新映像!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0071932 2020年8月15日閲覧。 
  13. ^ 高橋克則 (2015年4月21日). “「ターミネーター:新起動/ジェニシス」新予告編公開 ストーリーの全貌が明らかに”. アニメ!アニメ!. https://animeanime.jp/article/2015/04/21/22947.html 2020年8月15日閲覧。 
  14. ^ a b ユマ (2015年6月15日). “予定より1日早い帰還 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 劇場公開が7月10日に変更”. アニメ!アニメ!. https://animeanime.jp/article/2015/06/15/23683.html 2020年8月15日閲覧。 
  15. ^ 中山雄一朗 (2015年7月7日). “玄田哲章、シュワちゃんと30年越しの初対面!専属認定に感無量”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0074698 2020年8月15日閲覧。 
  16. ^ “日本限定公開!「ターミネーター」第1作T-800登場場面、“完コピ”特別映像”. 映画.com. (2015年7月17日). https://eiga.com/news/20150717/20/ 2020年8月15日閲覧。 
  17. ^ a b “『ターミネーター』最新作は“あの”名シーンが秒単位で再現されていた!”. RBB TODAY. (2015年7月17日). https://www.rbbtoday.com/article/2015/07/17/133474.html 2020年8月15日閲覧。 
  18. ^ Terminator Genisys (2015)” (英語). Rotten Tomatoes. 2015年7月5日閲覧。
  19. ^ Terminator Genisys Reviews” (英語). Metacritic. 2015年7月5日閲覧。
  20. ^ McClintock, Pamela (2015年7月1日). “Box Office: 'Magic Mike 2' Beats 'Terminator 5' But Both Need Bigger Fireworks” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/box-office-magic-mike-2-806211 2015年7月5日閲覧。 
  21. ^ 市川遥 (2015年7月7日). “『ターミネーター』新作、初登場3位に沈む…1位は公開3週目の『インサイド・ヘッド』【全米ボックスオフィス考】(1/2)”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0074700 2020年8月15日閲覧。 
  22. ^ Brzeski, Patrick (2015年9月7日). “China Film Execs Claim 'Terminator' a Victim of Box-Office Fraud to Boost Propaganda Movie” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/china-film-execs-claim-terminator-820874 2017年11月28日閲覧。 
  23. ^ “『ターミネーター』続編は白紙? 無期延期の憂き目を見るか”. クランクイン!. (2015年10月2日). https://www.crank-in.net/news/39188 2015年11月16日閲覧。 
  24. ^ Verhoeven, Beatrice (2015年10月6日). “TheGrill 2015: 'Terminator: Genisys' Producer on Franchise's Future: Not on Hold but 'Re-Adjusting' (Video)” (英語). The Wrap. https://www.thewrap.com/thegrill-2015-terminator-genisys-producer-on-franchises-future-not-on-hold-but-re-adjusting/ 2016年1月4日閲覧。 
  25. ^ “米パラマウント「ターミネーター:新起動」続編2作を断念”. 映画.com. (2017年3月23日). https://eiga.com/news/20170323/9/ 2018年4月19日閲覧。 
  26. ^ Wong, Jacky (2018年1月29日). “ターミネーターに助け求めたテンセント”. The Wall Street Journal. https://jp.wsj.com/articles/SB12681989539525134277904584008032195961114 2019年1月1日閲覧。 
  27. ^ Chen, Celia; Deng, Iris (2018年4月23日). “Terminator to make return in 2019 in new trilogy backed by Tencent” (英語). South China Morning Post. https://www.scmp.com/business/companies/article/2142876/terminator-make-return-2019-new-trilogy-backed-tencent 2019年1月1日閲覧。 
  28. ^ “エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ2015年の映画トップ10”. 映画.com. (2015年12月27日). https://eiga.com/news/20151227/4/ 2015年12月27日閲覧。 
  29. ^ “世界最大の映画データベースIMDbで2015年最も試聴された予告編トップ10”. 映画.com. (2015年12月28日). https://eiga.com/news/20151228/16/ 2016年1月4日閲覧。 
  30. ^ “世界最大の映画データベースIMDbで2015年最も注目されたスター10人”. 映画.com. (2015年12月31日). https://eiga.com/news/20151231/3/ 2016年1月4日閲覧。 
  31. ^ “2015年違法ダウンロードされた映画1位は『インターステラー』 DL数増加の要因は?”. クランクイン!. (2015年12月28日). https://www.crank-in.net/movie/news/40657 2016年1月4日閲覧。 
  32. ^ 入倉功一 (2016年1月21日). “最もガッカリした2015年のトホホ映画はコレ!映画秘宝はくさいアワード決定!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/page/N0079690 2016年2月9日閲覧。 
  33. ^ Goldberg, Lesley (2013年12月6日). “New ‘Terminator’ TV Series in the Works” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年8月24日閲覧。
  34. ^ Team, The Deadline (2014年9月6日). “Paramount Carves Out Dates For Next Two ‘Terminator’ Pics, Sets ‘The Gambler’ Redo For Oscar-Qualifying Run” (英語). Deadline. 2021年8月24日閲覧。
  35. ^ McClintock, Pamela (2016年1月20日). “Paramount Takes ‘Terminator’ Sequel Off Release Schedule” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年8月24日閲覧。
  36. ^ Evangelista, Chris (2018年4月6日). “Abandoned Terminator Genisys Sequel Plot Involved Cyborg John Connor” (英語). SlashFilm.com. 2021年8月24日閲覧。
  37. ^ Bishop, Bryan (2015年7月2日). “How the director of Terminator Genisys recreated James Cameron’s 1984” (英語). The Verge. 2021年8月24日閲覧。
  38. ^ Evangelista, Chris (2018年4月6日). “Abandoned Terminator Genisys Sequel Plot Involved Cyborg John Connor” (英語). SlashFilm.com. 2021年8月24日閲覧。
  39. ^ 'Mission: Impossible – Rogue Nation' Becomes Highest Grossing 2D Film in China”. Deadline Hollywood (2015年9月23日). 2015年10月1日閲覧。
  40. ^ Masters, Kim (2015年10月1日). “The Dangers When Financiers Think They Can Produce Movies, Too”. The Hollywood Reporter. 2015年10月1日閲覧。
  41. ^ McClintock, Pamela (2016年1月20日). “Paramount Takes 'Terminator' Sequel Off Release Schedule”. The Hollywood Reporter. 2016年1月20日閲覧。
  42. ^ Lesnick, Silas (2016年4月20日). “Emilia Clarke Says No to More Terminator Sequels”. Comingsoon.net. 2016年4月20日閲覧。
  43. ^ YASKAWA NEWS No.267 (PDF)”. 安川電機. 2017年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]