アンナプルナ・ピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンナプルナ・ピクチャーズ
Annapurna Pictures
種類 非公開会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
設立 2011年4月2日
業種 映画
事業内容 映画製作および配給
テレビ番組の制作
ビデオゲームの販売
代表者 ミーガン・エリソン(CEO)
主要子会社 アンナプルナ・インタラクティブ
アンナプルナ・テレビジョン
アンナプルナ・インターナショナル
ユナイテッド・アーティスツ・リリーシング(50%出資)
外部リンク http://annapurna.pictures/
テンプレートを表示

アンナプルナ・ピクチャーズ(Annapurna Pictures)は、映画プロデューサーのミーガン・エリソンが代表を務めるアメリカ合衆国の映画製作・配給会社。

同社の子会社として、映画作品の配給・販売・資金融資を行うアンナプルナ・インターナショナル(Annapurna International)[1]、テレビ番組の制作を行うアンナプルナ・テレビジョン(Annapurna Television)[2][3]、ビデオゲームの販売を行うアンナプルナ・インタラクティブ(Annapurna Interactive)がある[4]

歴史[編集]

アンナプルナ・ピクチャーズ(以下アンナプルナ)はミーガン・エリソンによって映画製作および資金融資事業を行う会社として2011年[5]に設立。社名はエリソンがネパール旅行の際に訪れたアンナプルナ山群に由来し[6]、彼女の親友であるチェルシー・バーナード(Chelsea Barnard)は設立当初からの従業員だった[7]

2012年4月、アンナプルナは映画作品の製作・資金融資・海外販売を行うパノラマ・メディア社に対し資金提供を行う契約に同意[8]。同社は2014年5月、アンナプルナ・インターナショナルに社名変更した[1]

2016年9月27日、同社はテレビ番組制作部門としてアンナプルナ・テレビジョンを設立し、アメリカのテレビ局HBOの元役員であるスー・ネーグル英語版が同社代表に就任した[2][9]。12月にはビデオゲームの製作・開発・販売を担うアンナプルナ・インタラクティブを設立し、開発中だったいくつかのゲームタイトルを2017年にリリースすることを発表した[10][11]

2017年1月10日、アンナプルナ・テレビジョンがコーエン兄弟監督のテレビ映画『バスターのバラード』に制作会社として携わることが報じられた[12]。同月、チェルシー・バーナードが映画製作部門の代表に就任した他[7]、同社が映画配給事業に乗り出すことが発表され、キャスリン・ビグロー監督の映画『デトロイト』が同社初の配給作品となった[13]

2017年3月27日、アンナプルナはメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)と複数年にわたる配給契約を締結し、MGMは特定の地域におけるアンナプルナ作品の配給パートナーとなった[14][15][16]。4月6日には動画配信大手Huluと、アンナプルナ作品の独占配信に関するライセンス契約を締結した[17][18][19]。また、5月にはプランBエンターテインメントと3年間共同で映画製作を行う契約を交わしており[注釈 1][20]、7月には20世紀フォックスとアンナプルナ作品の家庭向けリリースに関する長期契約を締結している[21]

2017年10月、アンナプルナがMGMと合弁会社ミラー・リリーシング(Mirror Releasing)を設立し、同社を通じて個別に自社作品を配給することが報じられた[22][23]。この合弁会社は2019年2月にユナイテッド・アーティスツ・リリーシング(United Artists Releasing)としてリブランディングされている[24][25]

2018年10月にはワーナー・チャペル・ミュージック英語版と、自社の映画とテレビ番組で使用される楽曲および楽譜の管理に関する音楽出版契約を締結した[26]。しかしその一方で、自社配給を開始した2017年以降経営が悪化しており、アンナプルナがこれまで公開を手掛けた5作品は全米での興行収入よりも高い経費を計上している。さらにバーナードが映画製作部門の代表を辞任した他[27]、製作会社として携わっていた映画2作品からの撤退を発表している。なお、これら2作品の中には2019年に公開されたジェニファー・ロペス主演の映画『ハスラーズ』が含まれている[28][29]

フィルモグラフィ[編集]

製作に携わった作品[編集]

公開年 邦題
原題
備考
2012年 欲望のバージニア
Lawless
ワインスタイン・カンパニーとの共同製作
ザ・マスター
The Master
ジャッキー・コーガン
Killing Them Softly
プランBエンターテインメントとの共同製作
ゼロ・ダーク・サーティ
Zero Dark Thirty
コロンビア映画との共同製作
2013年 スプリング・ブレイカーズ
Spring Breakers
Muse Productionsとの共同製作
グランド・マスター
一代宗師
Block 2 Pictures、Jet Tone Films、Sil-Metropole Organization、Bona International Film Groupとの共同製作
her/世界でひとつの彼女
Her
ワーナー・ブラザースとの共同製作
アメリカン・ハッスル
American Hustle
コロンビア映画、アトラス・エンターテインメントとの共同製作
2014年 フォックスキャッチャー
Foxcatcher
ソニー・ピクチャーズ・クラシックスとの共同製作
2015年 ジョイ
Joy
20世紀フォックスとの共同製作
2016年 エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
Everybody Wants Some!!
パラマウント映画との共同製作
トッド・ソロンズの子犬物語
Wiener-Dog
キラー・フィルムズとの共同製作
ソーセージ・パーティー
Sausage Party
コロンビア映画、Point Grey Pictures、Nitrogen Studiosとの共同製作
20センチュリー・ウーマン
20th Century Women
2017年 マッドタウン
The Bad Batch
デトロイト
Detroit
First Light Productions、Page 1との共同製作
ファントム・スレッド
Phantom Thread
フォーカス・フィーチャーズ、Ghoulardi Film Companyとの共同製作
2018年 ゴールデン・リバー
The Sisters Brothers
Why Not Productions、Page 114 Productionsとの共同製作
ビール・ストリートの恋人たち
If Beale Street Could Talk
プランBエンターテインメント、Pastel Productionsとの共同製作
バスターのバラード
The Ballad of Buster Scruggs
クレジット記載なし、Netflixとの共同製作
バイス
Vice
プランBエンターテインメント、Gary Sanchez Productionsとの共同製作
2019年 ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒
Missing Link
ライカとの共同製作
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
Booksmart
グロリア・サンチェス・プロダクションズとの共同製作
ウェアド・ユー・ゴー、バーナデット
Where'd You Go, Bernadette
Color Forceとの共同製作
ハスラーズ
Hustlers
クレジット記載のみ
ワウンズ: 呪われたメッセージ
Wounds
Two & Two Pictures、AZA Filmとの共同製作
スキャンダル
Bombshell
クレジット記載のみ

配給を手掛けた作品[編集]

公開年 邦題
原題
備考
2017年 デトロイト
ブラッズ・ステータス
Brad's Status
アマゾン・スタジオとの共同配給[30]
ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密
Professor Marston and Wonder Women
Stage 6 Filmsとの共同配給[31][32]
2018年 ホワイト・ボイス
Sorry to Bother You
ゴールデン・リバー
ビール・ストリートの恋人たち
バイス
ストレイ・ドッグ
Destroyer
2019年 ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒 ユナイテッド・アーティスツ・リリーシングを通じて配給[24][33][34]
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
ウェアド・ユー・ゴー、バーナデット

ビデオゲーム[編集]

アンナプルナの子会社の一つであるアンナプルナ・インタラクティブは、2017年4月25日に同社初のビデオゲーム『What Remains of Edith Finch』(邦題:フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと)をリリースした。レビュー集積サイトのMetacriticによれば、同ゲームはPC版においては「誰もが称賛」、プレイステーション4版においては「おおむね肯定的な」レビューを獲得している[35]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この契約にはプランBの作品の配給およびマーケティングを、少なくとも年に3作という形でアンナプルナが行うことも含まれている。

出典[編集]

  1. ^ a b Tartaglione, Nancy (2014年5月12日). “Cannes: Panorama Media Rebrands As Annapurna International, Boards Charlize Theron Project 'American Express'”. Deadline Hollywood. 2014年5月12日閲覧。
  2. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2016年9月27日). “Annapurna Pictures Launches TV Division Headed By Former HBO Executive Sue Naegle”. Deadline Hollywood. 2016年10月3日閲覧。
  3. ^ Littleton, Cynthia (2016年9月27日). “Megan Ellison's Annapurna Pictures Taps Sue Naegle to Head TV Division”. Variety. 2016年10月3日閲覧。
  4. ^ Spangler, Todd (2016年12月1日). “Megan Ellison's Annapurna Pictures Launches Video-Game Division”. Variety. 2016年12月1日閲覧。
  5. ^ Pierson, David. “Annapurna Pictures' Megan Ellison pays $40 million for five West Hollywood properties”. Los Angeles Times. 2016年12月22日閲覧。
  6. ^ Oscars 2014: How best picture maker Megan Ellison became the most powerful woman in movies”. National Post. 2016年12月22日閲覧。
  7. ^ a b Tatiana, Siegel (2018年10月10日). “Megan Ellison Mystery: What's Going on at Annapurna Pictures?” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/megan-ellison-mystery-what-s-going-at-annapurna-pictures-1151067 2019年2月7日閲覧。 
  8. ^ Fleming, Jr., Mike (2012年4月26日). “Megan Ellison To Back New Shingle Panorama Media, Launching At Cannes”. Deadline Hollywood. 2012年4月26日閲覧。
  9. ^ Elise Sandberg, Bryn (2016年9月27日). “Annapurna Pictures Taps Sue Naegle to Head TV Division”. The Hollywood Reporter. 2016年11月15日閲覧。
  10. ^ Verhoeven, Beatrice (2016年12月1日). “Annapurna Pictures Launches Interactive Video Game Division”. The Wrap. 2016年12月1日閲覧。
  11. ^ Kay, Jeremy (2016年12月1日). “Annapurna Interactive launches to produce, publish video games”. Screen International. 2016年12月1日閲覧。
  12. ^ Petski, Denise (2017年1月10日). “Coen Brothers To Write & Direct First TV Project 'The Ballad Of Buster Scruggs'”. Deadline Hollywood. 2017年1月11日閲覧。
  13. ^ Busch, Anita (2017年1月20日). “Annapurna Pictures, Part II: Distribution And Marketing Team In Place As Company Flexes Indie Studio Muscle”. Deadline Hollywood. 2017年1月20日閲覧。
  14. ^ McNary, Dave (2017年3月27日). “Megan Ellison’s Annapurna Partners With MGM for International Releases” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/megan-ellison-annapurna-partners-mgm-internationa-1202017126/ 2017年6月18日閲覧。 
  15. ^ “MGM, Annapurna Pictures Ink Movie Distribution Deal” (英語). The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/mgm-annapurna-pictures-ink-movie-distribution-deal-988964 2017年6月18日閲覧。 
  16. ^ Lodderhose, Diana (2017年3月27日). “MGM & Annapurna Seal Multi-Year Movie Distribution Deal” (英語). http://deadline.com/2017/03/mgm-annapurna-pictures-movie-distribution-partnership-kathryn-bigelow-megan-ellison-untitled-detroit-project-1202052928/ 2017年6月18日閲覧。 
  17. ^ Spangler, Todd (2017年4月6日). “Hulu Inks Annapurna Pictures Pay-One TV Window Movie Output Deal” (英語). Variety. https://variety.com/2017/digital/news/hulu-annapurna-pictures-movie-output-deal-1202024899/ 2017年6月18日閲覧。 
  18. ^ “Hulu Lands Expansive Output Deal With Annapurna Pictures” (英語). The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/hulu-lands-expansive-output-deal-annapurna-pictures-991694 2017年6月18日閲覧。 
  19. ^ Busch, Anita (2017年4月6日). “Annapurna Pictures Pacts With Hulu For Streaming Rights In Big, Multi-Year Deal” (英語). Deadline.com. http://deadline.com/2017/04/annapurna-pictures-hulu-streaming-rights-multi-year-deal-1202063637/ 2017年6月18日閲覧。 
  20. ^ Ford, Rebecca (2017年5月4日). “Brad Pitt's Plan B Inks Three-Year Deal With Annapurna”. The Hollywood Reporter. 2017年5月21日閲覧。
  21. ^ Annapurna, 20th Century Fox Sign Multi-Year Home Entertainment Pact” (2017年7月11日). 2019年8月12日閲覧。
  22. ^ Metro-Goldwyn-Mayer And Annapurna Pictures Form Joint Venture To Distribute Films Theatrically In The U.S.”. www.prnewswire.com. 2019年8月12日閲覧。
  23. ^ Geier, Thom (2017年10月31日). “MGM Teams With Annapurna for Joint Distribution Deal”. The Wrap. 2019年8月12日閲覧。
  24. ^ a b Annapurna, MGM Joint Distribution Venture Rebrands as United Artists Releasing”. Variety (2019年2月5日). 2019年8月12日閲覧。
  25. ^ MGM, Annapurna Set Joint Venture To Theatrically Distribute Under United Artists Releasing Banner”. Deadline Hollywood (2019年2月5日). 2019年8月12日閲覧。
  26. ^ Annapurna Pictures Announces Global Publishing Deal with Warner/Chappell Music - Warner Music Group Official Blog” (英語). Warner Music Group Official Website. 2019年2月6日閲覧。
  27. ^ Chelsea Barnard Exits Annapurna as President of Film (EXCLUSIVE)”. Variety (2018年10月9日). 2019年10月18日閲覧。
  28. ^ 米アンナプルナ・ピクチャーズ、2つの企画から撤退 経営悪化で製作部門トップが辞任”. 映画.com (2018年10月23日). 2020年7月26日閲覧。
  29. ^ Annapurna Bailout By Larry Ellison Likely As Chapter 11 Looms For Megan Ellison’s Oscar-Winning Studio”. Deadline.com (2019年8月7日). 2020年7月26日閲覧。
  30. ^ McNary, Dave (2017年5月18日). “Ben Stiller’s ‘Brad’s Status’ Gets Joint Distribution From Annapurna, Amazon”. Variety. 2019年8月11日閲覧。
  31. ^ A. Lincoln, Ross (2016年10月7日). “Sony Nabs 'Professor Marston'; Biopic About Wonder Woman Creator Stars Luke Evans, Rebecca Hall & Bella Heathcote”. Deadline Hollywood. 2017年9月18日閲覧。
  32. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年6月8日). “Annapurna To Release MGM's 'Death Wish' Over Thanksgiving; Sets October Date For 'Professor Marston & The Wonder Women'”. Deadline Hollywood. 2017年9月18日閲覧。
  33. ^ Booksmart (2019) - Company creditsInternet Movie Database、2019年10月13日閲覧。
  34. ^ Wounds (2019) - Company creditsInternet Movie Database、2019年10月13日閲覧。
  35. ^ What Remains of Edith Finch”. Metacritic. 2017年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]