20世紀スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
20世紀フォックスから転送)
20世紀スタジオ
20th Century Studios, Inc.
以前の社名
20世紀フォックス映画
Twentieth Century-Fox Film Corporation (20th Century-Fox)
(1935–1985)
Twentieth Century Fox Film Corporation (20th Century Fox)
(1985–2020)
種類
子会社
業種 映画
前身
設立 1935年5月31日 (87年前) (1935-05-31)
創業者
本社
事業地域
世界中
主要人物
スティーブ・アスベル(会長)[1]
製品
所有者
従業員数
2,300人 (2018)
親会社
部門
子会社
ウェブサイト www.20thcenturystudios.com
Footnotes / references
[2][3][4][5]

20世紀スタジオ(にじっせいきスタジオ、20th Century Studios, Inc.)、旧社名は20世紀フォックス映画(にじっせいきフォックス、Twentieth Century-Fox Film Corporation(1935年 - 1985年)、Twentieth Century Fox Film Corporation(1985年 - 2020年))は、ロサンゼルスセンチュリー・シティ地区のフォックス・スタジオ・ロットに本社を置くアメリカ合衆国映画会社映画スタジオである。現在はウォルト・ディズニー・カンパニーの一部門であるウォルト・ディズニー・スタジオの子会社である。

1935年の設立から2019年(ウォルト・ディズニー・スタジオに買収される)まで、80年以上にわたり、Twentieth Century-Fox Film Corporationは、当時のアメリカの大手映画スタジオ「ビッグ6」のひとつであった。旧称は20世紀フォックス映画で、1935年にフォックス・フィルム20世紀ピクチャーズが合併して(TCFホールディングスが所有しながら)、ハリウッド黄金時代のメジャー8社のうちの元祖ビッグ5の1社として設立されたものである。1985年にニューズ・コーポレーションに買収され、20世紀フォックス映画と改称(ハイフンなし)、2013年に出版資産をスピンオフして21世紀フォックスが事業を継承して閉鎖された。2019年3月20日にディズニーによる21世紀フォックスの買収が行われ、Twentieth Century Fox Film Corporationを含む。スタジオの現在の名称は、2020年1月17日に採用された。

歴史[編集]

1939年の広告に描かれた20世紀フォックスのロゴ

創業から1956年まで[編集]

1934年12月28日フォックス・フィルム・コーポレーション1915年ウィリアム・フォックスにより設立)と20世紀ピクチャーズ1933年ダリル・F・ザナックにより設立)が合併し、20世紀フォックス映画として設立される。戦前はシャーリー・テンプル主演作やジョン・フォード監督、戦後はマリリン・モンロー映画により知られる。

1940年代から1950年代にかけては『イヴの総て』『わが谷は緑なりき』『紳士協定』といったドラマ・社会派作品を製作した。

1950年代以降は、ロジャース&ハマースタインブロードウェイミュージカルの映画化に取り組み、世界的に有名な『王様と私』『サウンド・オブ・ミュージック』を制作。他にも舞台の演出をそのまま映画に取り込んだ『南太平洋』や『オクラホマ!』などがある。

1953年には、ワイドスクリーンのひとつ「シネマスコープ」を開発。これは当時普及してきたテレビに対抗するもので、大画面で楽しむという映画の醍醐味をあらためて認識させるものとなり、同年の史劇『聖衣』がその第一作となった。以来ハリウッド映画をはじめとする大作映画はほとんどシネマスコープで撮影されている。

製作と財政問題[編集]

しかし、巨額な製作費をつぎ込んで1962年に製作した『クレオパトラ』は興行的に大失敗に終わり、スタジオは倒産の危機に陥る。そこへ20世紀映画の創始者だった、ダリル・F・ザナックが経営陣に戻り、1965年に公開され空前の大ヒットとなりアカデミー作品賞を受賞した『サウンド・オブ・ミュージック』、1968年に第1作が公開され以降シリーズ化された『猿の惑星』が大成功をおさめ、スタジオの経営は徐々に軌道に戻った。以来SF作品とシリーズ作品が好調。1977年からの『スター・ウォーズ』シリーズや、『エイリアン』シリーズ、『ダイ・ハード』シリーズ、『ホーム・アローン』シリーズなど、大成功を収める。

マーヴィン・デイビスとルパート・マードック[編集]

1987年に完成したセンチュリー・シティの本社、フォックス・プラザ

20世紀フォックスは1981年6月8日に7億2,000万ドルで投資家のマーク・リッチとマービン・デイビスに売却された。 1984年までに、リッチは脱税、恐喝、イラン人質事件の際のイランとの違法取引などの容疑で米国連邦検察官に起訴された後、スイスに逃亡していた。リッチの資産は米国当局によって凍結された[6]。1984年、マービン・デイヴィスはマーク・リッチの20世紀フォックス映画会社の50%の持分を1億1600万ドルと報じられた非公表の金額で買い取った[7]。デイヴィスは1985年3月、この持分をルパート・マードックニューズ・コーポレーションに2億5000万ドルで売却した。その後、デイヴィスはマードックとのジョン・クルージのテレビ局、メトロメディアを買収するという取引から手を引いた。後にマードックは単独でテレビ局を買収し、後にデイヴィスの20世紀フォックスの残りの株式を3億2500万ドルで買い取った。1985年以降、20th Century-Foxから20th Century Foxに変更され、ハイフンはひっそりと取り除かれた[8]

1994年マーベルより『ファンタスティック・フォー』と『X-MEN』の映画化権を購入。実写映画のシリーズを展開した。1997年には『タイタニック』をパラマウント映画と共同製作し、アカデミー賞の11部門を受賞した。2000年代には第3世代光ディスク(当時の「次世代DVD」)規格争いにおいて、ソニー・ピクチャーズや現親会社のディズニーと並んでBlu-ray Discのみを強力に支持していた。2009年、『アバター』を公開。劇場映画に本格的な3D映像を取り入れたことが大きな話題を呼び、世界中でヒットを記録。同作と『タイタニック』で、世界歴代興行成績の1位と2位を長らく保持した(2019年に『アベンジャーズ/エンドゲーム』が首位を更新)。

21世紀フォックス[編集]

2012年、ルパート・マードックはニューズ・コーポレーションを出版・メディア系の新会社ニューズ・コープと、フォックス・エンターテイメント・グループと20世紀フォックスを運営していた21世紀フォックスに分割することを発表[9][10]、同年6月末には分社化を完了して20世紀フォックスは21世紀フォックスの傘下となった[11]

ディズニーによる買収[編集]

20世紀スタジオの現在のプリントロゴを横長にしたもので、映画(主にHulu/Starのオリジナル作品で製作)のブランディングに使用されている。最初に使用された作品は Vacation Friendsである。

2017年12月14日、ウォルト・ディズニー・カンパニーは、20世紀フォックスを含む21世紀フォックスの資産の大半を524億ドルで買収する計画を発表した[12][13][14]。2018年6月13日、コムキャストNBCユニバーサルの親会社)が650億ドルで買収を提案[15]、ディズニーは713億ドルの新条件で対抗した[16]。 2018年7月19日、コムキャストはSky plcとSky UKを支持して21世紀フォックスの入札を断念した。その8日後、ディズニーと21世紀フォックスの株主は、両社の合併を承認した。2019年3月20日、買収が完了した[17]

2020年1月17日、フォックス・コーポレーションとの混同を避けるため、社名を20世紀スタジオ(20th Century Studios)へ変更すると発表され、20世紀スタジオは、ウォルト・ディズニー・モーション・ピクチャーズ・グループを構成する一社となった。また、フォックスが映画化権を持っていたマーベル・コミック原作のシリーズ「ファンタスティック・フォー」と「X-MEN」は、マーベル・スタジオが製作を引き継ぐと発表された[18]

ファンファーレ[編集]

20世紀フォックスのオープニングロゴとファンファーレ(1947年)

20世紀スタジオの映画といえば、ロゴと共に冒頭で流れる、スネアドラムの軽快な刻みから始まる華やかなファンファーレが有名である。この曲は、1935年当時、同社の音楽部長だったアルフレッド・ニューマン(1901年 - 1970年)により作曲された、わずか9小節という短い曲(1953年のシネマスコープ導入以前はもっと短く、書き足された後のヴァージョンは"Cinemascope Extension"と呼ばれる)で、もともとはニュース映画の冒頭に流す事が主目的だった。ニュース映画の時代ではなくなったものの、映画の本編が始まる前の臨場感を高めるメロディとして、今なお同社の映画には欠かせぬ存在となっており、他の映画会社には見られない、インパクトあるスポットとして広く知られている(「ハード・プレイ」や「ロッキー・ホラー・ショー」、「ボヘミアン・ラプソディ」等では音楽にアレンジが加わっている)。後述の「0」の修正に合わせた再録音が1981年に行われている。これとは別にジョン・ウィリアムズが指揮した『帝国の逆襲』のヴァージョンは、同シリーズの『シスの復讐』まで一貫して使われた。

1994年のロゴCG化に伴い、プロデューサーのケヴィン・バーンズが、ブルース・ブロートンにこの曲のリメイクを依頼した。作曲者の息子であるデヴィッド・ニューマンがスコアの改作を手掛け、1997年から使われている。

20世紀フォックスが音楽著作権をワーナー・ミュージック・グループに売却した中にこの曲も入っており、一時期はこの曲が映画に使われる度にワーナー傘下の音楽出版社(ワーナー・チャペル)[19]に使用料を支払うという事態となっていた(現在は20世紀スタジオが買い戻している)[1]。また、一時期このファンファーレが流れず、オープニングロゴが無音のまま映し出されることもあった。

日本においても、古くは横山ノック・青芝フック・横山パンチらで結成された漫画トリオが、このファンファーレをモチーフにした「パンパカパーン~パンパンパンパンパカパーンー今週のハイライトー」というギャグを展開していた他、現在では野球場(特に西武ドーム)で試合開始の合図に流したり、演奏会の際、本演奏の前にトップでこのファンファーレを演奏する等、多岐に使用される様になった。

オープニングロゴ[編集]

20th CENTURY STUDIOS」(1935年から2020年までは「20th CENTURY FOX」)の文字を立体的に象ったロゴで、20世紀ピクチャーズ時代からデザインはほぼ変わっていない。

1994年以前はサーチライト部分のみが動く平面アニメーションだった。1953年からシネマスコープ作品を中心に「0」が右に傾いたものが使われていたが、1979年にリニューアルされ、「0」は傾かなくなった。これ以降、ワイドスクリーン用のロゴを使わずに、ビスタ用を横に引き伸ばしたものや、ロゴを拡大して使用することもあった。

1994年にプロデューサーのケヴィン・バーンズによって、全面的にリニューアルされ、上方から視点が回り込む3次元コンピュータグラフィックスアニメーションとなった[注釈 1]。ロゴの周りにはフォックス本社の所在地であるロサンゼルスの景色、ハリウッドサインも映っている。2009年にブルースカイ・スタジオにより、新たに作りなおされた。2010年度公開作品では創業75周年を記念して、フォックスロゴの上部に 「CELEBRATING 75 YEARS」と描かれたものが使われた。

また、ニューズ・コーポレーション傘下時代は「A NEWS CORPORATION COMPANY」と下に表示されていた。

フィルムライブラリー[編集]

20世紀スタジオの興行収入ベスト25(全世界)
順位 タイトル 公開年 興行収入
1 アバター 2009年 $2,789,679,794
2 タイタニック 1997年 $2,187,463,944
3 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 1999年 $1,027,044,677
4 ボヘミアン・ラプソディ 2018年 $903,655,259
5 アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの 2009年 $886,686,817
6 アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険 2012年 $877,244,782
7 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 2005年 $848,754,768
8 インデペンデンス・デイ 1996年 $817,400,891
9 デッドプール2 2018年 $785,046,920
10 デッドプール 2016年 $783,112,979
11 スター・ウォーズ 1977年 $775,398,007
12 X-MEN:フューチャー&パスト 2014年 $747,862,775
13 猿の惑星: 新世紀 2014年 $710,644,566
14 アイス・エイジ2 2006年 $660,940,780
15 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 2002年 $649,398,328
16 オデッセイ 2015年 $630,161,890
17 ヒックとドラゴン2 2014年 $621,537,519
18 LOGAN/ローガン 2017年 $616,225,934
19 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2012年 $609,016,565
20 クルードさんちのはじめての冒険 2013年 $587,204,668
21 ナイト ミュージアム 2006年 $574,480,841
22 スター・ウォーズ /帝国の逆襲 1980年 $547,969,004
23 デイ・アフター・トゥモロー 2004年 $544,272,402
24 X-MEN:アポカリプス 2016年 $543,934,787
25 レヴェナント: 蘇えりし者 2015年 $532,950,503

日本[編集]

映画の配給や製作を行う20世紀フォックスの日本支社[注釈 2]と、映像ソフトを担当する「20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社」(20thFOX HEJ)を展開していた。なお、形式上はハンガリー法人の子会社扱いとなっている。2010年前後はローカルプロダクションの流れにのって『群青 愛が沈んだ海の色』『サイドウェイズ』『パラダイス・キス』『はやぶさ/HAYABUSA』『カラスの親指』などの邦画を製作した(『群青』は配給のみ担当、『パラダイス・キス』はワーナー ブラザース ジャパンが配給を担当)。2018年には日本のテレビアニメ『バキ』の販売などを手掛けた(第2期からDMM picturesが販売)[20]

なお日本法人は20世紀フォックス以外に、2020年6月30日まで、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)やユナイテッド・アーティスツ(UA)作品についても日本における劇場配給とソフトの発売・販売(オライオン・ピクチャーズの作品も含む)の権利を持っていた[注釈 3]

2019年に本国の20世紀フォックスがディズニー社に買収されて以降は、映画配給と、映像ソフト(旧作含む)の発売・販売元がウォルト・ディズニー・ジャパン名義となった。そのため、一部のディズニーストアでも映像ソフト(旧作含む)が発売されている。日本国内での版権管理は引き続き上記の二社が担っていたが、21世紀FOXジャパン(20世紀フォックス日本支社)は2020年9月1日に、20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンは同年11月16日にそれぞれ解散した[21][22]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この時CGを制作した会社はパラマウントユニバーサルのCGロゴも担当している。
  2. ^ なお、日本国内での映画パンフレットの発行と劇場販売商品は主に東宝(東宝洋画系)、テレビ放送の配給については主に東映が担当していた。
  3. ^ 2000年ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ(UIP)から権利を承継・踏襲。一部作品はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが劇場配給とソフトの発売・販売を行っているものもあった。

出典[編集]

  1. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年3月12日). “Steve Asbell Takes Over 20th Century Studios Post Emma Watts; Vanessa Morrison Named Walt Disney Studios Streaming Production President”. Deadline Hollywood. 2020年4月7日閲覧。
  2. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年10月18日). “Disney Finalizes Film Studio Brass Under Alan Horn: Emma Watts Confirmed To Run Fox”. Deadline. 2019年3月20日閲覧。
  3. ^ “It's Getting Awkward at Fox's Movie Studio as Disney Deal Looms”. The Wall Street Journal. (2018年8月10日). https://www.wsj.com/articles/its-getting-awkward-at-foxs-movie-studio-as-disney-deal-looms-1533906010 2019年2月28日閲覧。 
  4. ^ Disney Closes $71.3 Billion Fox Deal, Creating Global Content Powerhouse”. The Hollywood Reporter (2019年3月20日). 2019年3月20日閲覧。
  5. ^ McClintock, Pamela; Bond, Paul (2019年2月6日). “Anxiety, AWOL Executives and "Bloodshed": How Disney Is Making 21st Century Fox Disappear” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/features/how-disney-will-make-21st-century-fox-disappear-1182704 2019年8月13日閲覧。 
  6. ^ Hayes, Thomas C. (1984年6月20日). “RICH TO SELL FOX STAKE TO DAVIS (Published 1984)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1984/06/20/business/rich-to-sell-fox-stake-to-davis.html 2021年3月9日閲覧。 
  7. ^ Wolff 2010, p. 167.
  8. ^ Slide, Anthony (1998-06-11) (英語). The New Historical Dictionary of the American Film Industry. Scarecrow Press. ISBN 978-0-8108-6636-2. https://books.google.com/books?id=je4lAAAAQBAJ&q=20th%20century-fox%20hyphen&pg=PA211 
  9. ^ 新会社「21世紀フォックス」が誕生!「20世紀フォックス」は存続(シネマトゥデイ 2013年4月17日)
  10. ^ 米ニューズ、TV・映画部門名「21世紀フォックス」に(日経新聞 2013年4月17日)
  11. ^ ニューズ・コーポレーション分社化が完了、21世紀フォックスが誕生(映画.com 2013年7月3日)
  12. ^ ディズニー、21世紀フォックス事業買収を発表(映画.com 2017年12月15日)
  13. ^ ディズニー、フォックスの映画・TV事業などを524億ドルで買収へ(ロイター通信 2017年12月15日)
  14. ^ 米ディズニーのフォックス事業買収 競争環境の変化映す(BBCニュース 2017年12月15日)
  15. ^ コムキャスト、21世紀フォックス買収正式提案(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2018年6月14日). 2021年11月11日閲覧。
  16. ^ コムキャスト、21世紀フォックスの事業買収を断念 ― ディズニーが競争に勝利、買収実現の見通し” (日本語). THE RIVER (2018年7月19日). 2021年11月11日閲覧。
  17. ^ ディズニーによる21世紀フォックスの買収が完了(IGN Japan 2019年3月20日)
  18. ^ 「X-MEN」シリーズはマーベル・スタジオが製作 ディズニーCEOが明言”. 映画.com. 2019年8月24日閲覧。
  19. ^ ただし、買収の時点ですでにWMGはワーナー・ブラザース映画との資本関係は切れている。
  20. ^ バキ|映画/ブルーレイ・DVD・デジタル配信|20世紀スタジオ公式” (日本語). 20世紀スタジオ. 2020年12月16日閲覧。
  21. ^ https://otakuindustry.biz/archives/99817
  22. ^ https://otakuindustry.biz/archives/104969

外部リンク[編集]

公式ホームページ
公式SNS