ビール・ストリートの恋人たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビール・ストリートの恋人たち
If Beale Street Could Talk
監督 バリー・ジェンキンス
脚本 バリー・ジェンキンス
原作 ジェームズ・ボールドウィン
ビール・ストリートに口あらば英語版』(新訳邦題『ビール・ストリートの恋人たち』)
製作 バリー・ジェンキンス
ミーガン・エリソン
デデ・ガードナー
ジェレミー・クライナー
アデル・ロマンスキー
サラ・マーフィ
製作総指揮 ブラッド・ピット
出演者 キキ・レイン英語版
ステファン・ジェームズ英語版
コールマン・ドミンゴ英語版
セヨナ・パリス英語版
マイケル・ビーチ
デイヴ・フランコ
ディエゴ・ルナ
ペドロ・パスカル
エド・スクレイン
ブライアン・タイリー・ヘンリー英語版
レジーナ・キング
音楽 ニコラス・ブリテル
撮影 ジェームズ・ラクストン
編集 ナット・サンダース英語版
ジョイ・マクミロン英語版
製作会社 プランBエンターテインメント
パステル・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 アンナプルナ・ピクチャーズ英語版
日本の旗 ロングライド
公開 カナダの旗 2018年9月9日 (TIFF)
アメリカ合衆国の旗 2018年11月30日
日本の旗 2019年2月22日
上映時間 119分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ビール・ストリートの恋人たち』(ビールストリートのこいびとたち、If Beale Street Could Talk)は、2018年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はバリー・ジェンキンス。主演はキキ・レイン英語版ステファン・ジェームズ英語版。共演はコールマン・ドミンゴ英語版セヨナ・パリス英語版マイケル・ビーチデイヴ・フランコディエゴ・ルナペドロ・パスカルエド・スクレインブライアン・タイリー・ヘンリー英語版レジーナ・キングら。

レジーナ・キングアカデミー助演女優賞ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞を含めて、208もの授与候補にノミネートされ、うち85もの賞を受賞した。[2]

あらすじ[編集]

19歳の少女ティッシュと彼女の婚約者で22歳のファニー[3]は幸せな生活を送っていた。ある日、ファニーが無実のレイプ容疑で逮捕されてしまう。ファニーが投獄された後、ティッシュが妊娠していることが発覚する。生まれてくる赤ん坊のために、ティッシュは自分の家族や弁護士と協力し、ファニーの無実を証明する証拠を探していく。

キャスト[編集]

製作[編集]

2017年7月10日、バリー・ジェンキンスジェームズ・ボールドウィンの『ビール・ストリートに口あらば英語版』を映画化することが分かった。脚本はジェンキンスの前作『ムーンライト』と同じ2013年に執筆された[4]。同年8月29日、ステファン・ジェームズ英語版がキャストに加わった[5]。同年9月、キキ・レイン英語版セヨナ・パリス英語版がキャストに加わった[6][7]。同年10月18日、ニューヨークで撮影が始まった[8]。同月、レジーナ・キングコールマン・ドミンゴ英語版ブライアン・タイリー・ヘンリー英語版デイヴ・フランコエド・スクレインがキャストに加わった[9][10][11][12]。同年11月、マイケル・ビーチフィン・ウィットロックアーンジャニュー・エリスディエゴ・ルナがキャストに加わった[13][14][15]。同年12月、ペドロ・パスカルエミリー・リオス英語版がキャストに加わった[16][17]。本作の劇伴は『ムーンライト』に続き、ニコラス・ブリテル が務めた[18]

公開[編集]

本作は、2018年9月9日にトロント国際映画祭で世界初上映される[19]。本作は、アメリカで2018年11月30日に公開される[20]

出典[編集]

  1. ^ ビール・ストリートの恋人たち”. 2018年11月27日閲覧。
  2. ^ 公式サイト_受賞一覧(2019年2月25日付)”. ANNAPURNA PICTURES. 2019年4月14日閲覧。
  3. ^ 『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督、新たなラブストーリー手がける”. 2018年8月22日閲覧。
  4. ^ Kroll, Justin (2017年7月10日). “‘Moonlight’ Director Barry Jenkins Sets Next Movie (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/moonlight-director-barry-jenkins-new-movie-if-beale-street-could-talk-1202490903/ 2018年8月23日閲覧。 
  5. ^ Kroll, Justin (2017年8月29日). “Barry Jenkins’ New Film Casts ‘Shots Fired’ Star Stephan James (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/barry-jenkins-new-movie-stephan-james-1202541730/ 2018年8月23日閲覧。 
  6. ^ Kroll, Justin (2017年9月13日). “Barry Jenkins’ New Film Finds Lead in Newcomer Kiki Layne (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/barry-jenkins-new-movie-beale-street-kiki-layne-1202555719/ 2018年8月23日閲覧。 
  7. ^ “Teyonah Parris In Talks To Join Barry Jenkins' "Moonlight" Follow-Up "If Beale Street Could Talk" (Exclusive)”. The Tracking Board. (2017年9月25日). http://www.tracking-board.com/teyonah-parris-to-join-barry-jenkins-moonlight-follow-up-if-beale-street-could-talk-exclusive/ 2018年8月23日閲覧。 
  8. ^ “‘Moonlight’ director Barry Jenkins starts work on new movie”. Malay Mail Online. (2017年10月18日). http://www.themalaymailonline.com/showbiz/article/moonlight-director-barry-jenkins-starts-work-on-new-movie#idvDDlVjBEACrPuo.97 2018年8月23日閲覧。 
  9. ^ Busch, Anita (2017年10月24日). “Regina King Joins Barry Jenkins’ Next Film ‘If Beale Street Could Talk’”. Deadline Hollywood. 2018年8月23日閲覧。
  10. ^ McNary, Dave (2017年10月25日). “Colman Domingo Joins Barry Jenkins’ Drama ‘If Beale Street Could Talk’”. Variety. 2018年8月23日閲覧。
  11. ^ N'Duka, Amanda (2017年10月30日). “‘Atlanta’ Star Brian Tyree Henry Joins Barry Jenkins’ ‘If Beale Street Could Talk’” (英語). http://deadline.com/2017/10/atlanta-brian-tyree-henry-barry-jenkins-if-beale-street-could-talk-1202197622/ 2018年8月23日閲覧。 
  12. ^ N'Duka, Amanda (2017年10月30日). “‘If Beale Street Could Talk’: Dave Franco & Ed Skrein Cast In Barry Jenkins’ Film” (英語). http://deadline.com/2017/10/if-beale-street-could-talk-dave-franco-ed-skrein-barry-jenkins-film-1202197893/ 2018年8月23日閲覧。 
  13. ^ N'Duka, Amanda (2017年11月4日). “Eloise Mumford Joins ‘We Are Unsatisfied’; Michael Beach Boards ‘If Beale Street Could Talk’; Nickola Shreli In ‘Killerman’” (英語). http://deadline.com/2017/11/eloise-mumford-we-are-unsatisfied-michael-beach-if-beale-street-could-talk-1202201564/ 2018年8月23日閲覧。 
  14. ^ N'Duka, Amanda (2017年11月6日). “Finn Wittrock & Aunjanue Ellis Cast In ‘If Beale Street Could Talk’”. Deadline Hollywood. 2018年8月23日閲覧。
  15. ^ “Exclusive: Diego Luna Joins Barry Jenkins’ Love Story "If Beale Street Could Talk"”. (2017年11月20日). http://www.blackfilm.com/read/2017/11/exclusive-diego-luna-joins-barry-jenkins-love-story-if-beale-street-could-talk/ 2018年8月23日閲覧。 
  16. ^ “Pedro Pascal Joins Barry Jenkins’ ‘If Beale Street Could Talk’; Ashlie Atkinson Cast In ‘Black Klansman’”. (2017年12月4日). http://deadline.com/2017/12/pedro-pascal-if-beale-street-could-talk-movie-ashlie-atkinson-black-klansman-1202219616/ 2018年8月23日閲覧。 
  17. ^ N'Duka, Amanda (2017年12月11日). “Emily Rios Joins ‘If Beale Street Could Talk’; Craig Di Francia Cast In ‘Green Book’”. Deadline Hollywood. 2018年8月23日閲覧。
  18. ^ Nicholas Britell to Score Barry Jenkins "If Beale Street Could Talk"”. FilmMusicReporter (2018年3月21日). 2018年8月23日閲覧。
  19. ^ Vlessing, Etan (2018年7月24日). “Toronto: Timothee Chalamet Starrer 'Beautiful Boy,' Dan Fogelman's 'Life Itself' Among Festival Lineup”. The Hollywood Reporter. 2018年8月23日閲覧。
  20. ^ Sharf, Zack (2018年8月2日). “‘If Beale Street Could Talk’ First Trailer: Oscar Winner Barry Jenkins Returns After ‘Moonlight’ Breakout”. IndieWire. 2018年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]