ワインスタイン・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ザ・ワインスタイン・カンパニー(The Weinstein Company, 略称:TWC)は、アメリカ合衆国の独立系映画会社

1979年にミラマックス社を創業し映画業界の実力者となったハーヴェイ・ワインスタインボブ・ワインスタイン兄弟が、2005年にミラマックス社を退社した直後に創設した会社である。

ミラマックス社の所有していたレーベル、「ディメンション・フィルムズ(Dimension Films)」はワインスタイン兄弟とともにこの新会社に移され、また2006年以降は、アンソニー・ミンゲラケヴィン・スミスジョン・マッデンスティーヴン・フリアーズロバート・ロドリゲスクエンティン・タランティーノら、ミラマックス時代にワインスタイン兄弟が育てた映画監督たちがこの会社のために撮影したほか、チェン・カイコー黒沢清などかつてミラマックスが配給を手がけたアメリカ国外の監督たちの映画もこの会社で配給されたり製作されたりすることになり、またそうした予定が組まれた。

だが2017年10月頃から、経営者のワインスタインが長年に渡り、女優らをはじめ非常に多数の女性に対しセクハラや性的暴行を繰り返していたことが発覚し、国境を越えて世界的に大きな社会問題となり、それを反映して当社は経営が悪化、支払いが滞るようになり、2018年3月19日に連邦破産法適用の申請手続きに入った。

社史[編集]

  • 2006年3月にはメトロ・ゴールドウィン・メイヤーと配給で協力することを発表している。MGMはワインスタイン・カンパニーが製作した映画のアメリカ国内での配給を行い、映画の権利はワインスタイン・カンパニーが長期にわたり保有する計画となっている[1]。またワインスタイン・カンパニーとハバード・メディア・グループはアート系映画を放送するケーブルテレビチャンネル、 Ovation TV を買収すると発表した。
  • 2018年3月19日、連邦破産法第11章(米国では一般に簡潔に「Chapter11」と呼ばれているもの)の適用の申請手続きを開始し[4][5]倒産会社となった。昨年10月にハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題が明るみに出てから、経営難が深刻化していた。投資会社のランタン・キャピタル・パートナーズが同社を買収することで合意が成立した[6]

作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]