この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ターミネーター:ニュー・フェイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ターミネーター:ニュー・フェイト
Terminator: Dark Fate
監督 ティム・ミラー
脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー[1][2]
ジャスティン・ローズ
ビリー・レイ
原案 ジェームズ・キャメロン
ゲイル・アン・ハード
原作 ジェームズ・キャメロン
チャールズ・H・イグリー
ジョシュ・フリードマン
デヴィッド・S・ゴイヤー
ジャスティン・ローズ
製作 ジェームズ・キャメロン
デヴィッド・エリソン
製作総指揮 ジェームズ・キャメロン
出演者 リンダ・ハミルトン
アーノルド・シュワルツェネッガー
マッケンジー・デイヴィス
ナタリア・レイエス英語版
ガブリエル・ルナ英語版
ディエゴ・ボネータ英語版
音楽 ジャンキーXL[3]
撮影 ケン・セング
編集 ジュリアン・クラーク
製作会社 パラマウント映画
20世紀フォックス
スカイダンス・プロダクションズ
ライトストーム・エンターテインメント
テンセント・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
中華人民共和国の旗 テンセント・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年11月1日[4]
日本の旗 2019年11月8日[5][6]
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ターミネーター:新起動/ジェニシス
次作 未定
テンプレートを表示

ターミネーター:ニュー・フェイト』(原題:Terminator: Dark Fate)は、2019年制作のアメリカ合衆国SFアクション映画。監督はティム・ミラー。ターミネーターシリーズ生誕35周年記念作品。

ターミネーターシリーズ』のうち『ターミネーター2』(1991年公開)の正統な続編と本作を位置付けるシリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作に復帰するほか[7]リンダ・ハミルトンも28年ぶりにサラ・コナー役で復帰する[5]。また、ターミネーターとは別に常人より強い能力を持つ強化人間(Enhanced Human Being, エンハンスド・ヒューマン・ビーイング)も登場する[8][9]

あらすじ

キャスト

※括弧内は日本語吹替[10] [11]

スタッフ

製作

2019年4月4日(米国時間)にラスベガスにて開催された「Cinema Con」に登壇したシュワルツェネッガーやハミルトン、デイヴィス、スタッフによれば、本作は「『ターミネーター2』に残してきたものを再開する物語」とされている[15]。ハミルトンは出演の依頼に6週間ほど熟考する時間をもらったうえでトレーニングを積んで撮影に臨んだ。『2』当時と同じく現場では腕立て伏せや懸垂を重ねてシュワルツェネッガーを驚かせたそうである。『ターミネーター3』以降の作品についての質問には「忘れてもらってもいい」と言っている[15]。23日には『ターミネーター』シリーズの映画化権を持つスカイダンス・プロダクションズの株式を取得した中国の企業テンセント・ピクチャーズが共同製作に加わることも発表された[16]

2019年5月23日に予告編が公開された。さらに、同年8月29日(審判の日)に、2つの予告編が公開された。また、ターミネーターシリーズ恒例の 「また戻ってくる」を意味する「 I'll be back」は今作にも存在する[17]

評価

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには268件レビューがあり、批評家支持率は71%、平均点は10点満点で6.2点となっている。

興行収入

シネマトゥデイIGNの報道によれば、2019年11月1日アメリカ合衆国で世界初公開された北米初日興行収入は1060万ドル(約11億円)で、前作の『新起動/ジェニシス』を下回る。製作費の1億8,500万ドル(約204億円)の他にも巨額のマーケティング費用がかかっており、1億ドル(約110億円)の赤字計上が予想されている[18][19]

脚注

  1. ^ Fleming Jr, Mike (2018年4月13日). “Gabriel Luna Is New Terminator; Natalia Reyes & Diego Boneta Also Set To Star In Tim Miller-James Cameron Skydance Reboot”. Deadline. 2018年10月24日閲覧。
  2. ^ Topel, Fred (2018年1月10日). “David Goyer Offers A Krypton First Look, Updates On Green Lantern Corps And The Sandman”. Rotten Tomatoes. 2018年1月27日閲覧。
  3. ^ Couch, Aaron (2019年3月22日). “Junkie XL to Score 'Terminator: Dark Fate' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2019年3月22日閲覧。
  4. ^ Trumbore, Dave (2018年10月23日). “Terminator 6 and Charlie's Angels Set the Same November 2019 Release Date”. Collider. 2018年10月23日閲覧。
  5. ^ a b “ターミネーター最新作『ニュー・フェイト』11月日本公開!”. シネマトゥデイ. (2019年4月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0107955 2019年4月6日閲覧。 
  6. ^ “ジェームズ・キャメロン製作「ターミネーター」新作が11月公開、邦題も決定”. 映画ナタリー. (2019年4月5日). https://natalie.mu/eiga/news/326807 2019年4月6日閲覧。 
  7. ^ “New Terminator film is a “direct sequel” to Terminator 2, says James Cameron”. ShortList. (2019年5月28日). https://www.shortlist.com/news/new-terminator-film-is-a-direct-sequel-to-terminator-2-says-james-cameron-400175 2019年6月27日閲覧。 
  8. ^ “『ターミネーター:ニュー・フェイト』新キャラクターは「強化人間」 ─ 『ブレードランナー2049』女優が挑む”. THE RIVER. (2019年4月11日). https://theriver.jp/t6-nf-enhanced-human/ 2019年4月13日閲覧。 
  9. ^ “『ターミネーター:ニュー・フェイト』新ヒロインに抜擢された注目の新進女優”. 映画board. (2019年4月20日). https://eiga-board.com/posts/1723?p=1 2019年4月21日閲覧。 
  10. ^ 『ターミネーター:ニュー・フェイト』に玄田哲章・戸田恵子・坂本真綾!吹替版キャスト発表”. シネマトゥデイ (2019年10月11日). 2019年10月11日閲覧。
  11. ^ ターミネーター:ニュー・フェイト”. ふきカエル大作戦‼︎ (2019年11月8日). 2019年11月8日閲覧。
  12. ^ Barrington’s Azar is back in Terminator: Dark Fate
  13. ^ Taniguchi, Munenori. “『ターミネーター』新作ジョン・コナー役にエドワード・ファーロング復帰。舞台裏映像も公開 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2019年7月23日閲覧。
  14. ^ インターネット・ムービー・データベース (IMDb)_Jude Collie
  15. ^ a b “『ターミネーター:ニュー・フェイト』サラ・コナー役リンダ・ハミルトンが復帰を語る ─ シュワちゃん&監督も歓喜、新キャストや作風の見どころも”. THE RIVER. (2019年4月6日). https://theriver.jp/t6-new-fate-linda-came-back/ 2019年4月13日閲覧。 
  16. ^ Tencent Boards Skydance's 'Terminator'”. Skydance Media (2018年4月23日). 2019年6月27日閲覧。
  17. ^ ターミネーター:ニュー・フェイト (2019)”. シネマトゥデイ. 2019年10月2日閲覧。
  18. ^ 『ターミネーター』新作、首位デビューも苦戦:全米ボックスオフィス考”. シネマトゥデイ (2019年11月5日). 2019年11月6日閲覧。
  19. ^ 【北米興行成績】『ターミネーター:ニュー・フェイト』がコケる? 現時点で約100億円の損失になる見込み”. IGN Japan (2019年11月7日). 2019年11月7日閲覧。

外部リンク