フォルトゥナの瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォルトゥナの瞳
著者 百田尚樹
発行日 2015年12月1日
発行元 新潮社
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫判
ページ数 494
公式サイト shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-120191-7
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

フォルトゥナの瞳』(フォルトゥナのひとみ)は、作家百田尚樹が著した日本小説である。2015年12月1日新潮社より刊行された[1]。仕事に打ち込んできた青年が1人の女性と出会い、愛することで生きる喜びを見出しつつも、人の死の運命が透けて見えてしまう能力である「フォルトゥナの瞳」を手に入れてしまったことにより、死の運命にあることが分かってしまった愛する女性の死を回避しようとする恋愛小説である。

2019年に映画が公開された[2]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

木山慎一郎
桐生葵
金田大輝
宇津井和幸
植松真理子
黒川武雄
遠藤美津子
遠藤哲也

映画[編集]

フォルトゥナの瞳
監督 三木孝浩
脚本 坂口理子
三木孝浩
原作 百田尚樹
『フォルトゥナの瞳』
製作 臼井央
(企画プロデュース)
春名慶
(企画プロデュース)
川田尚広
西野智也
製作総指揮 山内章弘
出演者 神木隆之介
有村架純
志尊淳
DAIGO
松井愛莉
北村有起哉
斉藤由貴
時任三郎
音楽 林ゆうき
主題歌 ONE OK ROCK
In the Stars(feat. Kiiara)
撮影 山田康介
編集 坂東直哉
制作会社 東宝映画
製作会社 「フォルトゥナの瞳」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗2019年2月15日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2019年2月15日に全国公開された[3]。主演は神木隆之介、監督は三木孝浩[4]

舞台が原作の横浜地区から神戸地区に変更されている。

ロケは、神戸市・西宮市・大阪市と橿原市などの奈良県など、2018年5月から6月まですべて関西で行われた[5]

キャスト[編集]

木山慎一郎
演 - 神木隆之介
事故で家族を失って以降、仕事ひと筋に生きてきた青年。ある日、死ぬ直前の人間が透けて見える「フォルトゥナの瞳」を手に入れてしまう。
桐生葵
演 - 有村架純[4]
初めて慎一郎が愛した女性。「フォルトゥナの瞳」を手に入れたことで苦しむ慎一郎の心の支えとなる。
金田大輝
演 - 志尊淳[6]
慎一郎が勤務する「GARAGE ENDO」に勤める青年。仕事はできるが、社長に気に入られている慎一郎を快く思っていない。
宇津井和幸
演 - DAIGO[6]
「GARAGE ENDO」の常連客。
植松真理子
演 - 松井愛莉
かつて「GARAGE ENDO」に勤めていた慎一郎の同僚。
黒川武雄
演 - 北村有起哉
慎一郎の主治医。「フォルトゥナの瞳」を手に入れてしまった慎一郎に助言をする。
遠藤美津子
演 - 斉藤由貴
遠藤哲也の妻。慎一郎を陰ながら見守る。
遠藤哲也
演 - 時任三郎
慎一郎と金田が勤務する「GARAGE ENDO」の社長。仕事ひと筋に生きようとする慎一郎を気遣う。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]